幼馴染の恋愛はありorなし?幼馴染から好きな人に変わる瞬間&きっかけとは

あなたは物心がつく前から仲良くしていた幼馴染がいますか?漫画でよくあるシチュエーションですが、幼馴染同士でも恋愛に発展する可能性が大いにあります。今回は、幼馴染が恋愛対象に変わるきっかけや瞬間、幼馴染で付き合うメリットとデメリットを大公開!また、好きになる前の注意点まで解説します。

「幼馴染」に恋をしている男女へ。

幼馴染の恋愛

幼馴染に恋愛感情を抱くことは、漫画やドラマでよくあるシチュエーションですよね。現実世界においては、幼馴染同士で恋愛に発展する可能性はあるのでしょうか。

今回は、幼馴染が恋愛対象に変わるきっかけや瞬間、幼馴染同士で付き合うメリット・デメリットを大公開。

また、幼馴染と上手に付き合うコツや注意点についても解説していきます。


幼馴染との恋愛はあり?なし?

そもそも、幼馴染との恋愛は「あり」なのでしょうか。それとも「なし」なのでしょうか。

「幼馴染である以上、恋愛対象として見られない」という人もいれば、「ふとしたきっかけで好きになることもあるかもしれない」という人もいます。

幼馴染との恋愛の「あり」「なし」は、それぞれ本人次第のようです。

ここでは、幼馴染同士の恋愛について、男性側の意見と女性側の意見に分けてご紹介していきたいと思います。


幼馴染の恋愛について。男性側の意見は?

幼馴染との恋愛あり派の男性の意見として、「気楽に恋愛できるから」「すでによく知っているから幻滅する心配がない」というものが多く聞かれます。

自分のことも相手のこともお互いによく知っているため、かっこつけずに楽に恋愛できると考えているようです。

その反対に、幼馴染との恋愛なし派の意見には、「兄妹みたいな関係だから対象外」「家族や親戚からの目が恥ずかしい」などがあります。

異性の幼馴染であったとしても女性ではなく家族と見ているため、恋愛対象にはならないのですね。


幼馴染の恋愛について。女性側の意見は?

幼馴染との恋愛あり派の女性の意見として、「良くも悪くも知り尽くしているから恋愛や結婚のイメージが湧きやすい」「相手の家族と親しいから安心感がある」などが挙げられます。

恋愛だけでなく結婚後の生活を想像する意見もあり、かなり現実的に考えていることが分かります。

その反対に、幼馴染との恋愛なし派の意見には、「家族みたいなものだから今さら男性として見られない」というものが。

男性のなし派の意見と同じく、幼馴染を恋愛対象として見るのは難しいようです。


好きかも?幼馴染に恋をしていると感じた瞬間やきっかけ

ただの幼馴染が恋愛対象に変化するというのは、漫画やドラマの世界だけでなく現実でも多く起こっているようです。

ここでは、幼馴染に恋をしていると感じた瞬間やきっかけについて、男女別にご紹介していきたいと思います。


女性が幼馴染に恋をしていると感じた瞬間

小さなころから家族のように接してきた幼馴染が恋愛対象に変わるきっかけには、一体どんなものがあるのでしょうか。

女性の場合、相手の幼馴染のことを異性として全く意識していないつもりだったのに、ふとした出来事をきっかけとして自分の恋心を自覚するパターンが多いようです。

ここでは、女性が幼馴染に恋をしていると感じた瞬間について、具体例を挙げてお伝えしていきたいと思います。


1. 男らしいギャップをみたとき

幼馴染の男らしいギャップを見たときに、恋を自覚した女性も多くいます。

幼いころから一緒に過ごしてきた幼馴染のことは、性格から好みまでほとんどのことを知り尽くしているもの。

当然、情けない性格やかっこ悪い部分もよく知っていることから、姉さん気分で励ますこともあったことでしょう。

そんな幼馴染の男らしい発言や頼もしい態度を目の当たりにしたとき、今までとのギャップに思わずときめいてしまうようです。


2. 他の女性と一緒にいるところを見て嫉妬してしまったとき

幼馴染の男性が、他の女性と一緒にいるところを見て嫉妬してしまったとき、恋をしている自分に気がつく女性もいます。

今まで他の女性と親しくする場面に遭遇しても、全く気にならず関心もなかったのに、ある日突然、心がざわつくことがあるようです。

自分の中の嫉妬心に気がついたことがきっかけになり、恋をしているという自覚が芽生え、幼馴染のことを男性として意識するようになります。

【参考記事】はこちら▽


3. 屈託のないくしゃくしゃの笑顔をみたとき

屈託のない笑顔というのは、本当に安心できる相手や信頼できる相手の前でしか出てこないものです。

幼馴染が無防備で無邪気な笑顔を見せるのは、自分のことを深く信頼し、安心しているからこそ。

幼馴染が自分の前で見せる表情は自分だけが知る素顔」と、ふと気付いたことをきっかけに恋が始まることもあるようです。

心を許せる相手としての嬉しさや特別感が恋に変わることもあります。

【参考記事】はこちら▽


男性が幼馴染に恋をしていると感じた瞬間

女性が幼馴染に恋をすることがあるように、男性もある出来事をきっかけとして、幼馴染を女性として意識し始めます。

日常の何気ない出来事から女性らしさを感じ、愛おしさに気がつくこともあるようです。男性が女性の幼馴染への恋心を自覚するきっかけには、一体どんなものがあるのでしょうか。

ここでは、男性が幼馴染に恋をしていると感じた瞬間についてご紹介していきたいと思います。


1. 相談されたり、必要とされて、愛おしく感じたとき

同じ地域で育ち、常に顔を合わせてきた幼馴染は、お互いの存在が当たり前なものになりがちです。

幼馴染同士で家族のような関係性になることも多く、感謝や謝罪の言葉が雑になることもしばしばあります。

そんな中で、改めて真剣に相談されたり、頼られたりすると、ただの幼馴染と思っていた女性がかわいらしく見えることも。

自分を必要とする姿を愛おしく感じ、そこから恋をしている気持ちを自覚することもあるようです。


2. 落ち込んだ際に、甘えてきたとき

幼馴染の女性が甘えてきたときに、恋をしている自分に気がつくパターンもあります。

幼馴染の女性がとても落ち込んだ様子で甘えてきたとき、反射的に「自分がしっかり守ってあげないと」という気持ちが沸き起こり、それをきっかけに恋心を自覚します。

幼馴染としてそばにいたいのではなく、男性としてそばにいたいという気持ちに気がつくことで、幼馴染のことを女性として意識し始めます。


3. いつもとは違う大人っぽい服装やメイクをしてきたとき

他の女性がおしゃれに気を配ったり、ヘアメイクに力を入れたりするのは見慣れているものですが、幼馴染の女っぽい一面を見ることはなかなかないもの。

そのため、普段よりぐっと大人っぽい服装やメイクの幼馴染を見たときに、今まで感じたことがなかった女らしさに気付き、ドキッとしてしまうこともあるようです。

幼馴染として一番近くで何でも見てきたはずなのに、知らない一面があったようにも感じられ、そのギャップから恋が始まるのです。

【参考記事】はこちら▽


幼馴染と付き合うメリット・デメリット

小さなころから家族同然の関係として、親しく過ごしてきた幼馴染。いざ付き合うとなると、メリットもあればデメリットもあります。

ここでは、幼馴染と付き合うメリット・デメリットについて具体的に解説していきます。


幼馴染と付き合うメリット

もし、幼馴染と付き合うことになったら、どんなメリットがあるのか知っておきたい人もいるのではないでしょうか。

今現在、幼馴染のことが気になっていたり、片思いをしていたりする人は、特に興味があることだと思います。また、幼馴染と恋愛を始めるべきか迷っている人にとっても判断材料になるはずです。

それでは、幼馴染と付き合うメリットについて代表的なものを挙げていきたいと思います。


メリット1. お互いの良い部分と悪い部分をよく知っている

小さなころから一緒に過ごしてきた幼馴染同士は、お互いに良い部分と悪い部分をよく知っています。

もし、彼氏彼女の関係になったとしても、知らなかった嫌な一面や、隠していた素の部分が出てくることは少ないと言えるでしょう。

また、お互いに得意なことや苦手なことがよく分かっているため、お互い上手にフォローし合えます。ケンカをしてもお互いの性格を理解しているため、仲直りをしやすいメリットもあります。


メリット2. はっきりなんでも言いやすい

昔から変に気を遣わず、良好な関係を築いてきた幼馴染同士は、お互いのことをよく理解しています。

そのため、付き合ったとしても、言いたいことが言える関係を維持できるので、関係が長続きしやすいという特徴があります。

どちらか一方が言いたいことを我慢して不満が募り、ある日突然別れを切り出すようなこともないでしょう。

自然体で一緒にいられるため、恋愛から結婚までトントン拍子で話が進むこともめずらしくないようです。


メリット3. リラックスできる関係で、素を出しやすい

良好な恋愛関係を続けていくためには、一緒に居て楽でいられることが大切です。

幼少期や思春期を共に過ごしてきた幼馴染は、肩肘張らずに付き合える関係

お互いに良い面も悪い面もよく分かっているので、自分を良く見せようと繕う必要もありません。また、素を出しても嫌われることがないと分かっているため、安心感もあります。

一緒に居て疲れない、リラックスできる関係が持続できますよ。


メリット4. 両親からの信頼や応援をされやすい

恋愛だけでなく、その先の結婚を見据えるとなると、両親からの印象を気にする必要が出てきます。

幼馴染同士が付き合う場合、それぞれの両親が二人の幼いころからの姿を見ており、性格や考え方がある程度分かっているので、付き合うことに安心感や信頼感を持っています。

昔から家族ぐるみで交流があったり、幼馴染の親同士で仲がよかったりすることから、二人が付き合うことを積極的に勧めたり、後押しする場合もあるようです。


幼馴染と付き合うデメリット

幼馴染と付き合う場合、たくさんの素敵なメリットがあることをご紹介しましたが、その反面、デメリットが存在することも頭に入れておく必要があります。

もし、幼馴染と付き合うことになったら一体どんなデメリットがあるのでしょうか。

後で困ったことにならないためにも付き合う前に知っておくと安心ですよ。ここでは、幼馴染と付き合う場合の代表的なデメリットについてお伝えしていきたいと思います。


デメリット1. 付き合っている場合は周りからチヤホヤされやすい

幼馴染同士で付き合うとなると、周囲から話のネタにされやすいというデメリットがあります。

付き合っている噂はすぐに広がるので、同級生や近所の人から冷やかされたり、からかわれたりすることも。

気にしなければ良いだけのことですが、周囲からの視線や噂されることに疲れてしまう人もいるかもしれません。

また、万が一別れることになった場合も、周囲から話のネタにされてしまいます。


デメリット2. 別れた後が気まずい関係になりやすい

幼馴染同士、住んでいる家の距離が近く生活圏が同じ場合は、コンビニや駅など近所でバッタリ顔を合わせることも出てくるでしょう。

また、近い距離で生活していると、新しい恋人と一緒にいるところに遭遇して気まずい気持ちになることもあるかもしれません。

元々幼馴染同士だったとはいえ、一度恋愛感情を持った相手と別れた後に仲良くするのは非常に難しいもの。

付き合う前のような幼馴染の関係に戻れなくなることも、十分に考えておく必要があるでしょう。


デメリット3. 別れた後に周りに気を使わせる

幼馴染同士というのは、共通の友人が多いもの。もし、二人が別れた場合、共通の友人は遊びの誘いや連絡など色々な面で気を遣うことになるでしょう。

例えば、同窓会をする計画が上がったとしても、二人が別れたことを知っていれば、計画を進めることに躊躇してしまうかもしれません。

また、別れの原因がどちらかの浮気や裏切りだった場合、友人の強い反感を買い、共通の友人関係から排除される可能性もあります。


デメリット4. 今更イチャイチャすることが恥ずかしい

男女が付き合うとなると、手をつないだりキスをしたり、自然とその先の関係に進んでいくものです。

しかし、元々幼馴染の関係から付き合うことになった場合、今さらイチャイチャすることが恥ずかしくなってしまいます。

幼いころからお互いのことをよく知っているだけに、照れ臭くて仕方がないためです。

恥ずかしさや照れ臭さが先行して、恋人らしい関係になるのに時間がかかることもあります。


幼馴染との恋愛を上手に進めるコツって?

もし、幼馴染と恋愛関係になりたいと思ったら、日頃からどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは、幼馴染との恋愛を上手に進めていくコツについて、詳しくレクチャーしていきます。幼馴染のことが気になっている人や、片思い中の人は必見ですよ。


コツ1. まずは相手の家族や、共通の友人を味方につける

普段から相手の家族と仲良くしていると、「〇〇くん最近かっこよくなったね」「〇〇ちゃんみたいな子がお嫁に来てくれたら良いのに」などと、恋愛関係に進展させるような助言をしてもらえるかもしれません。

また、共通の友人に幼馴染への片思いを告白することで、二人の関係を後押ししてくれるような発言をしてくれたり、シチュエーション作りに協力してくれたりと、何かしら協力してもらえることもあるでしょう。


コツ2. 相手を異性として見ている、発言や振る舞いを心掛ける

幼馴染に恋愛対象として見てもらうためには、異性として接していることに気付いてもらう必要があります。

異性として意識した発言や振る舞いをするようになると、相手もその雰囲気の変化に気付き、それを機に相手からも異性として見てもらえるようになるかもしれません。

「今さら恋愛の雰囲気を出すのが恥ずかしい」と思うかもしれませんが、幼馴染から恋愛関係に進展させるには大切なことです。

【参考記事】はこちら▽


コツ3. いつもは見せない一面を見せ、異性として意識させる

小さなころから兄妹や家族のような関係を続けてきた幼馴染は、何かきっかけがないかぎり、なかなか相手のことを異性として見られないものです。

幼馴染と恋愛関係を望むなら、いつもは見せない一面を見せ、意識させることが大切です。

二人で会う時におしゃれな服装や髪型を意識してみたり、恋人同士が行くようなデートスポットに誘ってみたりなど、普段とは違う雰囲気やシチュエーションにこだわると良いでしょう。


コツ4. 相手に素直になり、無駄な意地をはらない

気になっている幼馴染から紳士的なエスコートや、女性らしい優しい気配りをされたとき、つい照れ臭くなって素直な態度が取れないことはないでしょうか。

小さなころからお互いをよく知っている関係性ゆえに、照れ隠しで素っ気ない態度をとったり、意地をはって素直になれなかったりするのは仕方がないことかもしれませんね。

そんな時、今までとは違った素直な態度を見せるようにすれば、相手はその変化に驚き、何かしら意識するはずです。

【参考記事】はこちら▽


コツ5. クリスマスや誕生日を活用し、特別感を出す

クリスマスや誕生日などのイベントは、恋人同士で過ごすイメージが強いものですよね。

そんな特別な日を二人で一緒に過ごすことで、「まるで恋人同士みたい」と相手の中に異性として意識するきっかけが生まれるかもしれません。

恋人同士が行くようなおしゃれで雰囲気の良いお店を予約したり、相手が喜びそうなプレゼントを準備したりするなど、念入りに計画を立てておくのが成功のコツです。


コツ6. 軽いノリで遠出のデートに連れ出してみる

小さなころから一緒に過ごすことが多かった幼馴染とは言えど、二人っきりで遠出した経験はそんなにないのではないでしょうか。

山や海へのドライブや、話題の観光スポットに出かけるなど、相手の好みに合った遠出のデートをするのがおすすめ。

楽しい時間を過ごす間に、「もし付き合ったらこんな感じなのかな」と、相手に幸せな想像をさせることができたら成功です。

真面目なテンションで遠出のデートに誘うと身構えられてしまうので、明るく軽いノリで誘うのがポイントです。

【参考記事】はこちら▽


コツ7. 好きな気持ちを恥ずかしがらず、ストレートに伝えてみる

片思いの気持ちが高まってくると、相手のことが好きすぎて苦しい気持ちになることもあるかもしれません。

好きな気持ちに確信があり、幼馴染の関係から恋人同士の関係になりたいと強く思うなら、思い切って告白するのも一つの手です。

相手がどんな反応をするかは分かりませんが、今の関係性を変化させることは確実にできます。

上手くいっても失敗してしまっても、ただ想っている片思いの状態からは大きく前進することになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幼馴染と恋愛する上での4つの注意点をレクチャー

幼馴染との恋愛を進展させたり付き合ったりしていく上で、いくつか注意するべきポイントがあるのをご存知でしょうか。

ここでは、幼馴染と恋愛していく上での4つの注意点について詳しく解説していきたいと思います。


注意点1. 距離間を近づけすぎて、友人や家族のようにならないように気をつける

幼馴染と恋愛をする上で、距離感を近づけすぎないことは大切なポイントです。

あまりにも親しい関係になってしまうと、男女の枠を飛び越え、友人や家族のような雰囲気になってしまいます。

その状態から恋愛関係に進展させるのは大変なこと。

また、せっかく付き合っている状態でも、「やっぱり恋愛感情がわかない」と別れを切り出される可能性もあります。

親しい関係でいることは悪いことではありませんが、異性として意識してもらえるポジションを心がけることが大切です。

【参考記事】はこちら▽


注意点2. どれだけ仲が良くても、相手に対しての思いやりを忘れない

両親や兄弟に対して、つい思いやりの心を忘れて接してしまうことはないでしょうか。

小さなころから一緒にいることが多い幼馴染との関係は、家族の関係と似たような面があります。幼馴染と距離が近付きすぎることで、いつの間にか自分本位になってしまうこともあるようです。

幼馴染とどれだけ仲が良くても、思いやりを忘れないことが大切。

何かしてもらったときは「ありがとう」とお礼を伝え、普段から相手を気遣う心や思いやりを持つようにしましょう。


注意点3. 素を出しすぎて、恥じらいをなくさないようにする

お互いの良いところも悪いところも理解している幼馴染の関係は、変に自分を飾らなくて良いため、いつも自然体で居られます。

しかし、素を出しすぎて何もかもさらけ出してしまうと、異性としての認識がなくなり、ただの友人や家族のような存在になってしまいます。

「男らしい頼もしさ」「女性らしい恥じらい」など、セクシャルな部分はきちんと持っておくようにするといつまでも良い関係でいられるでしょう。


注意点4. 相手の恋愛相談に乗らないようにする

幼馴染と恋愛関係になりたいなら、相手の恋愛相談に乗らないようにしましょう。

相談相手として頼りにされるのは嬉しいことですが、一度相談相手になると異性ではなく友人として認識されてしまいます

また、恋愛相談をされると相手のことを応援しなければいけないような気持ちになり、強いストレスになる可能性もあります。

相手に好意を抱いている以上、恋愛相談には乗らないようにするのが一番です。


幼馴染との恋は、少しの努力で関係を変えられますよ。

幼いころから多くの時間を共有し、お互いに分かり合える関係の幼馴染。とても大切な相手だけに、恋愛感情を抱くことによって関係が崩れてしまうのを恐れる人も多いでしょう。

しかし、お互いのことをよく知る幼馴染なら、良好な恋愛関係が長く続きやすいと言われています。幼馴染同士で結婚したカップルがその良い例です。

幼馴染から恋愛関係に進展させるのは勇気がいることですが、好きな気持ちが本物なら、思い切って一歩踏み出してみるのも良いのではないでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事