男に“愛されたい”と思う心理とは│彼氏や夫に愛される女性の特徴12選

誰かに愛されたい…と思う時ってありますよね。ここでは男性に愛されたい女性に絞って、愛されたい心理や、愛される女性の特徴を性格や行動と細かく分けてご紹介します。最後には愛される女性になるための方法まで詳細にレクチャーしていきます!

ふと誰かに愛されたい…と思う時ありますよね。

愛される女性の特徴

「パートナーにもっと愛情表現してほしい」「誰かに愛されて、大切に思われたい……」。このような悩みを抱えている女性って、意外と多いのではないでしょうか。

この記事では、「愛される女性になる方法や特徴」から「愛されたいと思う女性の心理」まで、たっぷりご紹介していきます。愛されたいと感じている女性は、ぜひチェックしてみてくださいね。


それって愛されたい症候群?「愛されたい症候群」とは?

「愛されたい症候群」という言葉をご存知でしょうか。聞きなれない言葉なので、知らない方も多いかと思います。簡単にご説明します。

この「愛されたい症候群」は、簡単に説明すると、愛されたい願望が非常に強く、過度にその欲求を感じること

愛されたいと感じる気持ちは、男女問わず持っているものです。そんな愛されたい欲求があまりに強すぎる人のことを指す言葉なのです。

強すぎてしまうとお互いに負担になるため、注意が必要になります。


彼氏や夫に愛されたいと思う女性の心理

彼氏や夫、好きな人など、男性に愛されたいと感じる女性の心理について詳しくチェックしていきましょう。


女性の心理1. 寂しがり屋で甘えたい

愛されたいと感じている女性の心理には、いくつか特徴があります。まずは「寂しがり屋で甘えたい」性格であること。寂しがり屋な女性は、いつも誰かと一緒にいないと寂しさを感じてしまう傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


女性の心理2. 独占欲が強く、特別扱いして欲しい

「独占欲が強く、自分を特別扱いしてほしい」と望む女性も、愛されたい願望が強い傾向にあります。

この独占欲は、彼氏や夫といった恋愛関係にある男性はもちろん、親しい友人が対象になることもあります。

相手の興味が自分以外に向くと「自分のことは好きじゃないのかも」と不安に感じてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


女性の心理3. 受け身で感情表現が苦手

引っ込み思案で受け身な女性も、愛されたい願望が強いことが多くあります。

受け身で控えめな女性は、あまり自己主張が強くないイメージがありますよね。自分の意思や感情を表現するのが苦手なので、受け身になってしまうのです。

そのため、なかなか相手に自分の気持ちを伝えることができず、結果的に寂しさを感じてしまう傾向にあります。


本質は自分が愛情表現をしたい

感情表現が苦手で引っ込み思案な性格の女性も、本音は違います。

「自分から愛情表現したい」「自分の気持ちを分かってほしい」と感じている場合も多いのです。自分の気持ちと行動が一致しないために、寂しさを感じてしまうこともしばしば。

【参考記事】はこちら▽


女性の心理4. 相手に必要とされたい

「相手に必要とされたい」と望む女性も、愛されたい願望が強い傾向にあります。

このタイプは、世話好きで面倒見の良い性格の女性なので、男性に対して尽くしてくれます。身の回りのことや、家事などをこなしてくれる家庭的な女性が多いんですよ。

しかし、尽くすという行為に喜びを感じている場合も多いでしょう。男性側から「そこまでする必要はないよ」と言われると「私のこと愛してないんだ」と一方的にガッカリしてしまうこともあるのです。


女性の心理5. 相手の気持ちがわからなく、愛情を確認したい

「愛情を確認したい」と思うのは、愛情表現が少ない、シャイな彼氏や夫を持つ女性に多い特徴。

言葉や態度で表現されないので、相手の気持ちが分からなくなってしまうのが原因の場合が多いのです。

「愛情を確認したい」という心理から、いつの間にか寂しさを感じてしまうこともあります。男性は女性と比べて、愛情表現が少ない生き物

しかし、女性は見えるかたちの愛情表現を望むことも多く、この考え方によってケンカになるカップルも多いんですよ。

【参考記事】はこちら▽


女性の心理6. 捨てられるのではないか?という不安

「彼氏や夫に捨てられるかもしれない」という不安感から、愛されたい症候群になってしまう女性も少なくありません。

浮気をされたりケンカが多かったりと、具体的な原因がない場合にも、不安を感じる女性が多いのです。

自分の持っている愛情と同じだけの愛情表現を相手に望む女性であることが多い傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


愛される人になる!愛される女性の12個の特徴

「愛されたい症候群」の女性のなかには「本当に愛される女性になりたい、でもそうしたらいいか分からない」と悩んでいる人もたくさんいるのではないでしょうか。

ここからは、男性に愛される女性の特徴をいくつかご紹介します。愛されたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


愛される女性の「性格」

まずは特徴の中でも特に大切になってくる「性格」の部分。どのような性格が男性から愛されるのでしょうか。


1. 常に前向きで、明るく振る舞う

まず、愛されている女性に共通するのは「前向きで、明るい性格」であること。いつも明るくポジティブな女性は、周囲の人を幸せにするパワーをもっていますよね。

男性が疲れている時に、女性といると自然と前向きになれるパワーがもらえる。そんな人が愛される女性の代表格になります。


2. 相手を気遣える余裕がある

相手を気遣った丁寧な対応ができる女性に、男性は自然と惹かれていきます。また、心に余裕のある大人な女性も、男性から大切にされます。

自分の思っていた通りにならない時に、怒ったり泣いたりわめいたり。このように感情の起伏が激しく余裕のない女性は、男性にとって、一緒にいてしんどさを感じてしまうものなんですよ。

【参考記事】はこちら▽


3. 聞き手に回るのが上手い

女性は男性と違って、聞き上手よりも話し上手な性格の人が多い傾向にあります。

しかし、仕事の疲れや悩みなど、男性が相談したいことを全く聞かないのはNG。男性から大切にされて愛される女性は、聞き手に回るのが上手だという特徴があります。

普段は会話をリードしてくれていても、男性が話をはじめた場合は、そっと聞き手に徹することができる。そんな気遣いができる女性に、男性は惹かれてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


4. 背伸びせず、誰とでも平等に接する

つい見栄を張って背伸びをしてしまったり、人によって対応を変えてしまったりすることってありますよね。

しかし、男性は背伸びをせず、誰にでも平等な態度で接する女性にグッときます。まっすぐで素直な性格の女性は、誰から見ても魅力的なもの。

そんな女性を、彼女や奥さんとしている男性は、「自慢だなあ、大切にしなきゃ」と感じているものなんです。

【参考記事】はこちら▽


5. 新しい価値観を柔軟に受け入れる

自分の意見ばかり主張する人と話すのは、誰しも疲れるもの。彼氏や夫だからといって「それはおかしいよ、私はこう思っている」と頭ごなしに否定するのはやめましょう。

自分が見たり聞いたりしたことのない新しい考え方も、素直に受け入れられる女性って魅力的ですよね。

男性から愛される女性は、自分と違う意見や価値観を受け入れることのできる柔軟さを持っているのです。


愛される女性の「行動」

ここまで、男性から愛される女性の性格についてご紹介しました。次は、実際に男性が惹かれる愛される女性の行動について詳しくチェックしていきましょう。


1. 女性らしい上品な振る舞いが出来る

まず、重要なのは「上品で優雅な振る舞い」です。女性らしい動作や行動は、男性にはなかなか出せないもの。そのため、特別な魅力を感じることが多いのです。

デートをしている時、食事をしている時、などふとした時に上品さを演出できるのがポイント。どこでも一緒に行っても大丈夫と思われるのもメリットですね。

【参考記事】はこちら▽


2. 家庭的で料理や家事が得意

料理や掃除が得意な、家庭的な女性にも男性は惹かれるのです。

疲れて帰ってきた時に美味しい手料理が用意してあったり、いつもキレイな部屋がキープされていたり。母性を感じる家庭的な一面に、男性はイチコロなんですよ。

また、意外と男性が見ているのが「職場での昼休み」の様子。周りがコンビニ弁当や栄養ゼリーを食べているなか、栄養満点の手作り弁当を食べている女性にキュンとすることも。

【参考記事】はこちら▽


3. 両親や家族を大切にしている

自分の両親やおじいちゃんおばあちゃんなど、家族への愛情が深い女性も、男性にとってはかなり魅力的。

まだ付き合っている段階であれば、「この子と結婚すると、こんな風に大切にしてもらえるんだろうな」と結婚後のイメージをする男性も多いのです。また、結婚後は自分の家族だけでなく、夫側の家族も大切にする女性は、パートナーから愛されるんですよ。


4. 一歩引いて、男性を立てることが出来る

最近では、女性が男性をリードするカップルも少なくありません。しかし、一歩下がった位置から、男性を立ててくれる女性に憧れる男性も多いんですよ。

カップルは対等な関係なので、必要以上に相手を立てる必要はありません。しかし、相手の家族や友人などと一緒にいるときには、男性を立ててあげましょう。そんなちょっとした気遣いが、男性は嬉しいものなのです。


5. 適度に甘えることができ、スキがある

適度に甘え上手で、ほどよいスキがある女性も、男性に愛される傾向にあります。

この場合にポイントとなるのは「甘える様子」や「スキ」の度合い。いつでもどこでもべったりするのはNGなので、注意しましょう。外ではしっかりしているのに、ふたりきりの時には甘えるなど、そんなギャップに男性は愛情を感じることが多いのです。


6. 彼氏や夫の悪口は絶対に言わない

仲の良い友人との女子会や、自分の家族と話す時間など、本音が出るシーンでついパートナーのことを悪く言ってはいませんか。

男性から愛されている女性は、どんな時でも彼氏や夫の悪口を言わない特徴があります。パートナーの愚痴や悪口を話す女性よりも、「いつも優しいよ」「大切にしてもらって幸せだよ」とニコニコ話す女性の方がはるかに魅力的ですよね。


7. 礼儀やマナーを守る

一般的なマナーや、特別な場所での礼儀をわきまえている女性も、男性から愛されている傾向にあります。

礼儀やマナーをしっかり身に付けている女性の動作・行動って、自然と上品さや女性らしさを感じられるものですよね。周囲の女性とは一味違う、気品溢れる大人な女性に男性は惹かれてしまうのです。


愛される女性になる6つの方法

ここからは、愛される女性になるための方法をご紹介します。「パートナーから愛されたい」と感じている女性は、ここで紹介する6つの方法を、ぜひ実践してみてくださいね。


1. 愛されることに受け身にならないこと

まず、重要なのは受け身にならないこと。相手にばかり望んでいても状況や環境は変わりません。自分がポジティブに変化していくことで、相手との関係も変わっていくものなのです。

愛されるためにはまず、自分が愛することから。自分が相手のことをイマイチという場合はまず、愛してみてはいかがでしょうか。


2. 無駄な駆け引きをしない

愛されたいと願う女性に多いのが「無駄な駆け引き」をしてしまうこと。これは逆効果なのでやめましょう。

男性は女性と違って、まわりくどい言い方や感情表現が苦手な生き物。そっけない素振りを見せたり、連絡を返さなかったり。愛されたいがためにする駆け引きは、結局無駄になる場合がほとんどですよ。


3. ポジティブな考え方や発言を心がける

いつもマイナス思考でネガティブな女性は、男性にとってストレスにもなりかねません。

笑顔で前向きな性格って、本当に魅力的ですよね。ポジティブな考え方や発言を意識することで、自分の性格を少しずつ変えていきましょう。

どうしても寂しい時や悲しい時も、回りくどい表現はNG。「さみしいから会いたいな〜!」と素直に甘えてみるのがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


4. 見返りを求める恋愛をしない

愛されたい女性の多くは、相手への見返りを求めすぎています。しかし、男性は愛情表現が苦手な場合も多く、女性が望むだけの見返りを与えられないこともしばしば。

「私がこんなに愛情表現をしているのだから、向こうもしてくれるだろう」「この前寂しいって言ったから、デートしてくれるはず」。このように見返りを求める恋愛は、今日からやめにしましょう。


5. 愛されることに執着しない

「愛されたい症候群」を克服するためには、まず愛されることに執着するのをやめる必要があります。

「パートナーから、もっと愛されたい」「自分のことを今以上に大切にしてほしい」など。相手からの愛情を望めば望むほど、執着してしまうことを理解しましょう。この負のスパイラルから脱却することで、自然と愛される女性になれるのです。


6. 自分を褒める、認める

自分で自分を褒めてあげることも、愛される女性に近付くために有効的な方法。小さな出来事には、なかなか他人は気づいてくれないものです。

いくらパートナーだからといって、あなたの行動一つひとつに反応してくれるわけではありません。

そのため、「今日はお風呂場をピカピカにした」「新しい口紅が自分にぴったり似合っていた」など、自分で自分を褒めてあげる時間を持つようにしましょう。


自己肯定感をあげることで自信につながる

「自己肯定感」を高めることも、自信をつけるのに効果的なんですよ。

自信のある女性は、キラキラして魅力がありますよね。自分を認めてあげることは、「自己肯定感」アップに繋がります。自分に自信をつけて、愛される女性に成長していきましょう。


愛されるためにまず「自分が自分を愛すること」が大切

「パートナーである男性からもっと愛されたい」という思いは、女性であれば自然と生まれる感情ですよね。

しかし、この愛されたい欲求が強すぎると、相手との関係がギクシャクしてしまう可能性もあります。人から愛される女性になるためには、まずは「自分」が「自分」を好きになることが重要です。

自信をつけて、キラキラ輝く女性を目指していきましょう

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事