オタク女子はモテる!かわいいオタク女子の特徴や性格、落とし方をレクチャー

漫画、ドラマ、アニメ、アイドルなど、趣味や好みがハッキリしているオタク女子。一昔前はオタク女子に対して嫌悪感を抱く女性もいましたが、今となっては男性からモテる女性に。そんなかわいい魅力を持ったオタク女子の特徴や彼氏になる方法をレクチャー。オタク女子に恋をしている男性は必見ですよ!

人気急上昇中!オタク女子の全貌を大公開

オタク女子が人気

「オタクはダサい」と言われていた時代は、もう終わり。今では、オタク文化に対して社会が優しくなったこともあり、オタクを公言する人が増えてきています。

その中でも増えているのは女性のオタク。オタク女子は「ダサい」「暗そう」「かわいくなさそう」と思われがちですが、実際は容姿が整っているかわいい人も多いのです。

今回は、オタク女子の性格や行動の特徴だけでなく、かわいいオタク女子と付き合いたい男性に向けてオタク女子の落とし方をご紹介します。


そもそもオタク女子とは?

オタク女子の特徴

オタク女子とは、自分が好きな趣味に向かって一直線な女子のこと。アニメや漫画、ゲーム、コスプレ、プラモデル、アイドル、声優、電車など、種類はさまざま。

しかし、どのオタクにも共通しているのは「趣味が生きがい」にしていること。

趣味のために徹夜で作業をしたり、仕事を変えたり、住む環境を変えたり、恋愛なんて後回しにして、趣味が生活のど真ん中にある女子は「オタク女子」と言えるでしょう。


オタク女子の特徴

オタク彼女

オタク女子の定義を理解したところで、オタク女子の特徴について理解していきましょう。

オタク女子は、漫画やアイドルなどの趣味に熱を上げている女性という印象がありますが、具体的な性格はわからない人も多いですよね。

改めてオタク女子の性格や特徴についておさらいしてみましょう。


1. 趣味を否定されたくない。

オタク女子は、趣味を否定されることをとても嫌がります。

学生時代や家族から「その趣味早くやめたほうがいいよ」「何が楽しいのかわからない」など、快く思われていない場合もあるでしょう。周囲から否定されたら「この人もそうやって否定するのか」と、オタク女子は心を閉じるでしょう。

オタク女子の趣味を否定することは、その人の生き方や人生、人間性も否定しているのと同じなのですよ。


2. 趣味が同じ相手にはとことん心を開く。

偶然知り合った人が同じ趣味だと、一気にその距離は縮まるでしょう。出会ったその日に連絡先を交換して次の日に飲みに行く、なんてこともあります。

オタク女子は「趣味が同じ」というだけで、相手が女性でも男性でも、年齢も職業も関係なく「オタク仲間」として認めるのです。そして、一緒に趣味を楽しんで関係を深めていきます。


3. 服装は意外とオシャレ。

オタク女子の特徴で、服装は意外とオシャレ

オタク女子は「センスがない」「ダサい」と思われがちです。

しかし、「○○オタク」というだけでマイナスイメージを持たれることがあるので、最近のオタク女子たちは「世間一般の人」「オタクに見えないオタク」でいられるよう努力をしています。

二次元、三次元問わず、「好きな人のためにおしゃれをがんばりたい」という女子は、意外とおしゃれや流行に敏感なのです。


4. 不思議な顔文字やLINEスタンプを使う。

オタク女子は「普通の女子がすること」をよくわかっていません。「男性にどう思われるか」ということも考えていないので、自分が好きなスタンプや顔文字を好きなタイミングで使います。

SNSのオタク界隈の中で流行っている顔文字やスタンプを、普通の友達とのLINEでの連絡で使うので、「不思議なスタンプだな…」「なんだこの顔文字…」と思われることもしばしば。


オタク女子が男性からモテる理由

オタク女子はモテる

一般的な印象とはイメージが変わってきているオタク女子。オタク女子は男性からモテるといいますが、なぜ男性からモテているのでしょうか。その理由や原因について追求していきましょう。


1. 単純に周りに男性が多い。

オタクコミュニティの男女比率によって、数人の男性の中に女性が1人、という状態になることがあります。すると、そのコミュニティは「オタサーの姫と騎士」と呼ばれるようになります。

オタサーの姫はかわいい子は当たり前にモテますが、正直な話、どんな見た目でもモテます。さらに、見た目だけでなく、多少性格が悪くてもモテるのです。

そして、恋愛関係をこじらせてコミュニティ自体が終わることも少なくありません。


2. 女の子らしい子が多い。

オタク女子が男性からモテる理由で、女の子らしい子が多い

男性が好むような、処女性がある女の子も多くいます。特に学生時代からオタクをしていて、特に男性と関わることなく過ごしてきた人も少なくないのです。

大学生になって男性とも関わるようになったオタク女子は「純粋そう」「男を知らなさそう」という理由から「彼女にしたい」と思う男性が多く、モテることがあります。

男性と関わることが少なかったので、男性好みの女に染められるという、男性にとっては夢のある存在なのです。


【参考記事】はこちら▽


アイドルやアニメキャラに憧れを持ってることも多く、美意識が高い傾向に。

「アイドルみたいになりたい」「推しキャラみたいになりたい」と思う、「なりたい系」のオタク女子もいます。

「○○ちゃんのメイクを参考にしよう」「○○ちゃんみたいな体型になれるようにダイエットをしよう」など、自分磨きをがんばっている女性は多いです。

しかし、かわいいアイドルやアニメキャラと比べがちなので、普通体型でも「私はデブだから」と異常に自己肯定感が低い女性も同じくらい存在します。


【参考記事】はこちら▽


3. 反応が初々しく、新鮮なリアクションをしてくれる。

オタク女子は自分の趣味以外に興味がないので、普通に生きている女子が当たり前に知っていることも知りません。

職場の同僚の女子トークでも「わからない単語だ」と思ったところで興味がないので「それってなんですか?」とも聞かなければ調べることもしません。性格もあっさりしている人が多いので余計にその傾向があります。

結果、オタク仲間以外の異性とデートをすると「初めて」が多く、新鮮なリアクションになることが多いのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 価値観が独特で、話が面白い。

オタク女子が男性からモテる理由で、価値観が独特で、話が面白い

オタク女子には、「その筋のオタク」として生きている人間として当たり前の知識や考え方が備わっています。

「1000円」という値段について、普通の女子であれば「ランチなら普通」「服なら安い」などと考えますが、アイドルオタクは「握手1回の値段」を連想します。

オタクとしては当たり前でも、オタクではない人からすると「独特の考え」「面白い性格の人」と思われるのです。


【参考記事】はこちら▽


5. 純粋で一途に愛してくれる。

オタク女子は、好きになった人にのめり込んでいるように、「彼氏にも同じく、のめり込んで一途に愛してくれるはず」と思われがち。

一途に好きな対象を追いかけているイメージがあるので、元カノに浮気をされた男性や、一途に愛されたい男性は「ぜひ彼女にしたい」と感じてモテるでしょう。

しかし、趣味への気持ちと男性への気持ちは違うと考えるオタク女子もいるので、オタク女子の全員が一途であるとは信じすぎない方が良いかも知れません。


【参考記事】はこちら▽


オタク女子の落とし方。彼氏になる方法を教えて!

オタク女子の落とし方

女性らしく、かわいい一面を持つオタク女子。そんなオタク女子の彼氏になる方法が知りたいですよね。かわいいオタク女子の落とし方を大公開します!


1. 趣味を理解して、一緒に楽しんであげる。

オタク女子に近づくには、まず、趣味を否定しないことが一番大切。オタク女子の趣味を好きになろうとしたり、ハマろうとしたりしなくていいので、否定しないことが大切です。

「その人をどうして好きなの?」

「どんなところが好きなの?」

と、オタク女子が趣味のことについて話すのを「すごい!知らなかった!おもしろい!」と聞いてあげましょう。楽しんだ様子を見せてあげるとオタク女子は喜びますよ。


【参考記事】はこちら▽


理解できなくても否定しない。

もし気になるオタク女子の趣味がBLだとしたら、男性はうまく受け入れることができないかもしれません。

しかし、自分が受け入れられないからといって「気持ち悪い」「信じられない」と相手の好きなことを否定してしまったら、あなたはオタク女子にとって「敵」になってしまいます。

理解できないことだとしても、否定せず、無関心でいることが大切です。


2. 女の子扱いしてあげる。

オタク女子の落とし方で、女の子扱いしてあげる

いくら熱狂的なオタクとはいえ、女性は女性。「どうせオタクだから」などと、オタクではない人に軽視されることもあります。

オタクを見下している人もいる中で、きちんと1人の人間として、女性として見てあげるだけでオタク女子は喜びます。

特に、今まで男性と付き合ったことがないようなオタク女子はその傾向が強くなるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


わかりやすい優しさに弱い。

少女マンガにあるような、雨の日に傘を貸してあげて自分は濡れて帰ったり、重い荷物を持ってあげたり、わかりやすい優しさにオタク女子は弱いです。まさにオタク女子の王道な落とし方といえるでしょう。

オタク女子は自分に恋愛沙汰があると思っていないので鈍感な女性が多く、わかりやすい優しさでないと何も気づきません。


3. マメに連絡をして、しっかりと男性から誘ってあげる。

オタク女子の落とし方で、マメに連絡をして、しっかりと男性から誘ってあげる

オタク女子は、「ちょっと気になる人だから」とLINEをするような積極的な人は少ないので、男性がしっかりとリードしてあげることが大切。

オタク女子はデートの予定があっても「夕方からライブになったからそっちに行くね」「アニメがはじまるから帰る」となってしまうもの。

「今度は丸一日デートでもいい?」など予定をしっかり伝えてから誘うことも大切です。


【参考記事】はこちら▽


4. 見た目に清潔感を忘れない。

オタク女子はもちろんですが、普通の女性に好かれたいときも清潔感は重要。

しかし、オタク女子の中には今まで多くの男性と関わってこなかった人もいるので、ヒゲや体毛など、「男性っぽさ」を苦手だと感じる人もいます。

ですので、ヒゲをきれいにしたり、眉毛を整えたり、普通の女性と会うときよりも清潔感を気にするといいかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


オタク女子と付き合うときの注意点

オタク女子と付き合うときの注意点

オタク女子相手ならではの落とし方で、かわいいオタク女子とお付き合いができたら、次は付き合う上での注意点を把握していきましょう。これらを把握した上で、オタク女子とのラブラブなカップル生活を楽しんでくださいね。


1. 浮気に敏感。

オタク女子は、浮気に敏感です。男性経験が豊富ではなく、「告白したこともされたこともない」という人もいます。ですので、一度の浮気を許せず、「もうおしまいだ、別れる」と思ってしまうことも。

オタクではありますが、ちゃんとした女性です。「オタクだから浮気してもいい」ということはないので、浮気は絶対にしないようにしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽


2. 趣味の時間を邪魔しない。

オタク女子と付き合うときの注意点で、趣味の時間を邪魔しない

彼女になったからといって、オタクを辞めるわけではありません。趣味への情熱と、彼氏ができることは別の出来事です。

「彼氏ができたから彼氏優先になる」ということもないので、きちんと趣味の時間を尊重してあげましょう。

「趣味と俺どっちが大切なんだよ!」なんて言われてしまったら、彼氏を捨ててしまうこともあるのがオタク女子です。


3. 束縛が強い。

オタク女子は男性経験が少ない人も多いので、「オタク趣味を理解してくれて好きになってくれるのは、人生でこの人だけかも」と思い、束縛をしてしまうことがあります。

「私みたいなオタクはいつか捨てられる」と考えてしまうオタク女子もいるので、「捨てないから大丈夫だよ、好きだよ」と、きちんと安心をさせてあげると束縛は弱まるでしょう。


【参考記事】はこちら▽


意外といる!オタク女子のかわいい芸能人は誰?

オタク女子のかわいい芸能人

最後にオタク女子と言われている芸能人について解説していきます。芸能人のかわいい女性でもオタク趣味の人は多いのできっと驚きますよ。早速ご紹介していきましょう。


1. 松岡茉優さん

女優として活躍する松岡茉優さんは、『モーニング娘。』の大ファン。特に鞘師里保さん単推しでしたが、卒業後は箱推しになったようです。

2016年にはモーニング娘。'16のコンサートに「まゆまゆ」として出演。鞘師里保さんが初めてセンターを務めた曲を、鞘師さんのポジションでパフォーマンスをしたのです。

推しから直接ダンスを教えてもらっていた曲でもあり、松岡茉優さんは勝ち組のオタクと言われています。


2. 山本美月さん

女優として活躍する山本美月さん。かわいらしいイラストも描けるアニメオタクです。

見た目を気にするのも、仕事を頑張るのも「ちゃんとしている方が、好きなキャラクターが私のことを好きになってくれる」と思っている、ガチオタです。


3. 加藤夏希さん

『新世紀エヴァンゲリオン』が好きなことでも有名な、タレントとして活躍する加藤夏希さん。

バラエティ番組でコスプレをしたり、好きな声優さんもいたりするアニメオタクです。また、ゲーマーな一面もあり、結婚したきっかけもゲームだったそうです。


魅力的なオタク女子と末永く付き合いましょう。

オタク彼女と長く付き合うコツ

オタク女子の特徴や落とし方について紹介してきました。

オタク女子といっても、オタクスタンスはさまざま。恋愛より趣味が大切な人もいますが、同じジャンルのオタク同士で結婚をする例も増えてきています。

オタク女子にとって、恋愛と推しへの気持ちは全くの別物なのです。オタク女子の気持ちを汲み取って、恋愛を始めてみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事