働きたくない女性は意外と多い?仕事をしたくない理由/やる気がない時の対処法を解説

働きたくない女性の特徴について詳しく知りたい女性へ。今記事では、働きたくないと思ってしまう主な原因や特徴から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。仕事をあまりしたくないと考える女性は、自分に該当する点はないか、ぜひ読み進めてみてください!

働きたくないと考える女性って意外と多い?

働きたくない女性は意外と多い?

近年、女性の社会進出の割合はますます増えており、女性で管理職についている人や女性起業家など、キャリアウーマンの活躍が目立っています。しかし、その一方で「本音ではバリバリ働きたくない」と考える女性がいるのも事実。

実際、SNSや各種アンケート調査などを見ても、「バリバリ働くというよりはゆるく働きたい」とか、「プライベートを大切にしたい」という人は多いもの。

このように、本音では仕事に前向きになれない、という女性がたくさんいるのが現状のようです。


女性が働きたくないと思ってしまう主な原因とは

女性のキャリアアップが推進される中、流れに逆らい働きたくないと思ってしまう現代女性たち。しかし、社会進出のチャンスが与えられる中、なぜ働きたくないと思ってしまうのか、その心理を疑問に思う人は多いでしょう。

そこでここからは、働きたくないと思ってしまう女性の特徴やその原因などを具体的に紹介していきます。


働きたくない原因1. 好きな仕事ではないから

世の中には、好きなことを仕事にできているという人は少なく、なんとなく仕事をやっている場合はなかなか前向きに働けないもの。

特に、就職活動の時にとりあえず安定するために就職したという人や、複利厚生が良いので適当に会社を決めたという人はこの傾向が強いでしょう。

自分が楽しくて仕事をやっている訳ではないため、働きたくないと感じてしまうのだと考えられます。


働きたくない原因2. 人間関係で悩むから

一日の大半を過ごす場所である職場。そんな職場で人間関係が上手くいかないと、多くの人はかなりストレスを感じてしまいます。

苦手な人や距離をおきたい人がいても一緒に働き続ける必要があるので、毎日ただひたすら我慢するしかありません。

現状を打開する方法がないため、仕事場から逃げ出してしまいたくなる人は多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


働きたくない原因3. 身体的に疲れるから

働くことが身体的な負担になりやすい人は、体調を考えるとなかなか積極的に働こうと思えないという特徴があります。

例えば、身体が元々弱かったり生理痛や偏頭痛がひどかったりすると、出勤するだけで相当な負担になるもの。また、会社によっては体調不良に理解を示さない場合もあるでしょう。

働いていても自分の身体や心が疲弊するだけなので、「仕事を辞めたい」と思いがちになるのだと考えられます。


働きたくない原因4. 給料が安いから

毎日一生懸命働いているのにその対価が十分でない場合は、人間はやる気がなくなってしまうものです。

特に、女性がよく就く職業である保育士や介護士、サービス業界などはストレスの割りに給与が低い場合が多く、仕事に嫌気がさす人は多いでしょう。

頑張って働いても金銭的に報われないため、働く意味を見出せなくなる人が多いのだと考えられます。


働きたくない原因5. 婚期が遅れそうだから

仕事をしていると、どうしても生活の中心が仕事になってしまい、なかなかプライベートまで気が回らないもの。

せっかく合コンやデートの誘いがあっても、どうしても仕事の予定を調整できない場合もあり、「このままだと結婚できないのでは」と焦る人もいると思います。

仕事に時間を取られている間に婚期を逃すことを恐れ、「いっそのこと辞めたい」と思う人は少なくないでしょう。


働きたくない原因6. 若いうちしかできなそうだから

女性のキャリアアップが推進されているものの、実際は若いうちしか活躍できない職場が多いのが働く女性の現状。

例えば、ブライダル業界や観光業界などは20代女性が職場の中心となっており、その業務の過酷さから30代になる前に転職したり寿退社したりする人が多いのが特徴です。

「そのうち辞めるだろう」と思っているため、なかなか前向きに働く気になれないという人は多いと考えられます。


働きたくない原因7. 男女の格差を感じるから

どれだけ女性の社会進出が進んでいても、業種や企業によっては根強く男女の格差が残っているもの。

自分の方が結果を出していても男性が優遇されたり、女性というだけで昇進できなかったりするという特徴を持つ会社は、未だに存在しているのです。

自分ではどうすることもできない格差に納得できず、前向きに働けないという女性は多いと考えられます。


「バリバリ働きたくない」と思った時にとるべき対処法とは?

様々な原因から、働きたくないと思ってしまう現代の女性。しかし、無職になると生活できなくなるため、どんなに悩んでいても何かしらの職に就く必要があるものです。

そこでここからは、バリバリ働きたくない時に試すと気持ちが楽になる対処法を5つ紹介していきます。

「仕事と私生活のバランスを取りたい」とか、「なんとか気楽に働きたい」と思う人は、ぜひ参考にしてくださいね。


働きたくない時の対処法1. 旅行などで休息をとる

人は、ストレスが溜まり気持ちが張り詰めすぎていると、どうしても物事を前向きに考えられないもの。

そこで、思い切って長期休暇を取り、旅行やアウトドアなどを楽しむことをおすすめします。

一度仕事以外のことをして気持ちをリセットすると、また就業意欲が戻るものです。心身ともに疲れている女性はぜひ試してみてくださいね。


働きたくない時の対処法2. 転職してみる

仕事にやり甲斐を見出せないのは、あなたの性格が原因なのではなく、今の仕事内容や職場が自分に合っていないのかもしれません。

そこで、どうしても今の職場で働きたくない場合は、転職を検討してみるのも一つの手です。

環境を変え新しいことを始めると、これまでの悩みが嘘のように仕事に打ち込めたり、気持ちをリフレッシュして積極的に働けたりする可能性があるものですよ。

【参考記事】はこちら▽


勤務形態を変えてみるのもアリ

どうしても仕事が負担になっている場合、生活費に支障をきたさない範囲内で勤務形態を変えてみるというのも一つの対処法です。正社員にこだわらず、パートをしたり契約社員になったりと、新しい働き方を模索してみましょう。

勤務形態が変わりストレスなく働ける状況を作ると、身体的にも精神的にも楽になり、働く意欲が戻るかもしれませんよ。


働きたくない時の対処法3. 副業を始めてみる

働きたくないと感じる人の中には、本音では今の仕事をしたくないけど、生活のために仕方なく続けているという人は多いでしょう。

そのような人には、手軽に取り組める副業を始めてみることをおすすめします。

副業をすることで金銭的な余裕ができるため、本当にやりたいことが見つかるかもしれませんよ。また、本業に縛られず自由なものの考え方ができるようになるため、気持ちが楽になるという効果もあるでしょう。


働きたくない時の対処法4. 夢中になれる趣味を始めてみる

人は、自分が好きではなかったり興味がなかったりすることに対しては、なかなか前向きに頑張れないものです。

そこで、好きなことを仕事にするためにも、まずは趣味を持つことから始めてみましょう。

将来的に好きなことの延長線上で仕事ができると、毎日が刺激的で楽しく仕事に取り組むことができるため、働きたくないと悩むことはなくなりますよ。


働きたくない時の対処法5. 専業主婦を容認してくれる男性と巡り合う

世の中には、どんなに働こうと思っても性格的に働くことが向いていない人もいるものです。

そこで、専業主婦になることを容認してくれる男性と結婚することも、一つの対処法として検討してみましょう。

自分一人で取り組める対処法ではありませんが、専業主婦でいることを認めてくれる男性は必ずいるもの。外で働きたくないという悩みを解決するため、真剣に婚活することも考えてみましょう。


働きたくないと思ったら、自分のキャリアを見つめ直してみて。

女性の社会進出を推進する流れとは裏腹に、働きたくないと思ってしまう多くの現代女性。仕事にやり甲斐を見出せなかったり、性格的に働くことが合わなかったりするものの、生活のために仕方なく働いているという人は多いでしょう。

しかし、新しい仕事や働き方を検討したり、好きなことや副業を始めてみたりすると、気持ちが楽になる働き方を見つけられる可能性が出てきます。

自分に合ったキャリアプランを見つめ直し、身体的にも精神的にも前向きに働ける方法を模索してみましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事