2016年3月22日

彼氏持ちを落とすアプローチとは?好きになった子を奪う方法

好きな人が彼氏持ちだ…!とお困りの貴方に彼氏持ち女性を落とすアプローチをお教えします。そう、まさに略奪愛です。好きな人に彼氏がいるなら、奪うのみ。デートや告白のタイミングなど、彼氏がいる女性への片思いを成就させる「男のためのノウハウ」をご紹介します。

彼氏持ち女性を落とす最強のハウツーがここに。

彼氏持ち 女性

「好きになった女性に彼氏がいた!」という胸に刺さるシチュエーション、ありますよね。でもそこで諦めたら男が廃る。諦める前に、まずは女性の状況をリサーチしましょう。諦めるか頑張るか、決めるのはそれからです。好きな子が彼氏と別れてからアプローチしようという「逃げの策」を考えている貴方は、もう負け組ですよ。ゆったりしている間に、全く別の男に奪われてしまうでしょう。その女性が魅力的であればあるほど!

 

勇気を持って、今すぐGO

彼氏持ち アプローチ

だからこそ勇気を持ってGOしましょう!大丈夫です。彼氏持ち女性の中には、次の彼氏候補ができるまで今の彼とは別れないという人もいます。彼氏持ち女性も出会いを欲している可能性大!「自分のほうがその男よりも良い株だぜ」という心意気でアピールしにいきましょう。諦めないなら動くのみ!!!今すぐ実践できる具体的な略奪ハウツーを解説していきます。

 

まずは、絶対に守るべき「略奪3原則」から

彼氏持ち女性 3原則

  1. 焦らない・がっつかない
  2. 彼氏の悪口を言わない
  3. 共感すること

焦りは禁物です。この3つのマインドセットを徹底的にしてください。勝負をかけるなら一瞬です。がっつかずに、落とす時に一気に落としましょう。どうしても待てない!という方は「諦め」も肝心です。

 

次に事前準備。好きな子の“友達”と仲良くなっておきましょう

仲良くなるメリット

彼氏持ち女性 メリット

  • 貴方と彼女をつないでくれる。
  • 女性の本音を聞き出すことができる。
  • 女性の現状を聞き出すことができる。
  • いざアプローチすることになった時に、女性の相談役として貴方を推してくれる。
  • あの人は良い人だと言うことで女性の背中を押してくれる。
  • 付き合えたら、彼女へのプレゼントも悩み事も相談することができる。
  • 自分の友達とも仲良くなれる=良い人という印象を女性に与えることができる。

好きな子の友達と仲良くなるために、敢えて合コンなどを組んでも良いかもしれませんね。男友達の協力も仰げますし。とにかく複数人で遊ぶなどして、好きな子の外堀から固めていきましょう。

 

ただし、デメリットもあり

彼氏持ち女性 デメリット

  • 悪い印象を与えてしまったら女性へのアプローチが厳しくなる
  • 女友達に惚れられたら厄介

仮に友達の方に惚れられてしまったらもう「定め」だと思いましょう。また、それを防止するために予め狙う女の子をアピールしてしまうと、彼氏持ち女子の世話焼き友達が貴方を遠ざけようとするかもしれません。頃合を見て立ち回りを考えましょう。味方になってもらえればとても心強い存在です。リスクを踏まえても余りあるメリットのために、仲良くなっておくと良いのではないでしょうか。

 

アプローチの仕方を決めるリサーチ「好きな人の彼氏との関係性をチェック」

彼氏持ち女性 リサーチ

好きな女性の彼氏との関係性をチェックしましょう。関係性によって落とし方は変わってきます。リサーチ結果は2つのパターンに分かれるでしょう。

  • 彼への不満・愚痴が増えてきている→行動A
  • 付き合いたて or ラブラブ→行動B

 

【行動A】彼への不満・愚痴が増えてきている場合は、勝負

彼氏持ち女性 行動A

彼氏がいない女性と変わりありません。普通にアプローチしちゃいましょう!女性も次を探しているはずです。少なくとも、貴方にとってその女性の彼氏は既にライバルではありません。彼氏のいない女性と同じようにアプローチしちゃって大丈夫です。

勇気を持って勝負をかけましょう!ただし、くれぐれも間違ったアプローチには気をつけてくださいね。

また、女性の潜在的な不満を引き出すのも略奪のテクニックとしては便利に使えます。女性の本音を確認して▽、好きな人が彼氏に対する愚痴を無意識に抱えていないか確認してみましょう。

 

【行動B】付き合いたて or ラブラブ の場合は長期戦で落とす

彼氏持ち女性 行動B

大変なのはこちらです。今の彼氏よりも自分のが“絶対に”良い!と思わせなければダメ。家を引っ越すにも、仕事を転職するにも、現状を変えるには相当のエネルギーが必要ですよね。彼氏持ち女性にも「絶対にこっち!」という確信を持たせてあげることが大切です。4つの手順でアプローチしましょう。

 

アプローチの4つの手順

彼氏持ち女性 アプローチ

最初は①仲の良い友達になりましょう。そして、友達から②相談役に昇格します。だんだん彼女からの連絡が増えてきたら少しずつ③好意を示し、彼女の気持ちが傾いてきたら④押しの一手です。決して、初めから好意を見せないように。少しでも貴方に気を許したことが確認できてからにしましょう。

彼女が自分に気を許していなければ、「この人、私に気があるな」とすぐに避けられてしまうかもしれません。彼氏持ちですから、注意してアプローチしましょう。簡単にいえば、プラスのポイントになるタイミングを掴めばいいだけです。では①〜④の手順を、詳しく解説していきます。

 

① 仲の良い友達になる

彼氏持ち女性 仲良い友達

ここで「略奪3原則」の一つを思い出してください。

 

焦らない・がっつかない

彼氏持ち女性 焦らない

これを忠実に実行してください。まずはただ単に仲の良い友達になることを目指します。貴方の狙う女性にも女性の彼氏にも警戒されないために重要なステップです。良い人、良い友達になりましょう。遊びに誘うときは、二人きりになるのを避け複数人で集まります。「みんなでご飯に行こう」などと誘うと良いでしょう。ここで、女性の友達とも自然に仲良くなって置けるとより良い結果に恵まれます。

 

② 相談役になる

彼氏持ち女性 相談役

女性の悩みや愚痴を聞いてあげましょう。ここで大切なのは、無理やり聞き出すのではなく、話し始めたら聞くという姿勢を貫くこと。話してもらえるように、ここまでに信頼と仲のよさを積み上げていきましょう。共通点をたくさん見つけておくといいですね。女性との会話が苦手な人は、しっかりと知識を付けて、コミュニケーションを鍛えてくださいね▽

 

また先ほどの「略奪3原則」が再び重要になってきます。

彼氏の悪口を言わない

彼氏持ち女性 彼氏の悪口

悪口は貴方の良さに陰を落とします。たとえ彼氏というライバルが話題になったとしても、悪口は避け、親身にひたすら話を聞いてあげるようにしましょう。

【正解例】

♀「彼氏が携帯ばっかり見ててねー、」

♂「彼氏さん忙しいんだね。俺だったら携帯はしまっておくけど。」

上記のように、「自分はそんなことしないよ」というセリフが付け加えられればなお良いですね。くれぐれも「彼氏ひどいね」とか言っちゃダメですからね!

 

共感すること

彼氏持ち女性 共感

基本的には、共感しながら相槌を打つことも大切です。女性は共感が大好きな生き物ですからね。

【正解例1】

♀「こないだ見た映画がね、すっごく良かったの!」

♂「そうなんだ!どんな映画だったの?」

【正解例2】

♀「仕事で失敗しちゃってさー…」

♂「大変だったね。(ゆったりと話を聞く姿勢)」

 

③ 好意を示す

彼氏持ち女性 好意

しばらく相談役に徹していると、女性からの連絡がだんだん増えてきます。増えなければ、彼氏とまだまだうまくいっている証拠なので奪うのは難しいでしょう。だんだん連絡が増えてきたら、彼氏との関係性の悪化と同時に、貴方への好意も確実に以前より膨らんでいます。つまり、受け入れ態勢ができてきています。好意を伝えると、「えっ、彼が気になる!」とポジティブな方向に作用する段階です。「もう俺と付き合っちゃえば?(笑)」などと、軽い調子で好意を伝えていきましょう

 

連絡回数が増えなくても焦らない

彼氏持ち女性 連絡回数

連絡が増えなくても焦らず、長期的目線で勝負しましょう。絶対に焦りは禁物です。彼氏と喧嘩などをした時の相談相手として、好きな人のNo.2として役割を全うしましょう。ずるいですが、彼氏とひどく揉めたときに優しく寄り添ってあげれば大丈夫ですから。連絡頻度が増えなくても、焦らずに勝負時を見極めましょう。

 

④ 押しの一手

彼氏持ち女性 押しの一手

もうフリーの女の子にアプローチするときと変わりません。彼より貴方のほうが良いと思えば、現・彼氏のほうは清算して貴方に向き合うようになります。ガンガン狙っていきましょう!

デート回数や場所などは入念に準備しておくと良いでしょう。付き合う前の段階なら、水族館デートに行くのもおすすめです▽

 

まとめ

彼氏持ち女性 まとめ

ここまで読んでいただければお分かりのように、大切なのは初めのリサーチです。そして「略奪3原則」を忘れないことです!

  1. 焦らない・がっつかない
  2. 現・彼氏の悪口を言わない
  3. 共感する

好きな人が彼氏と別れるタイミングなら、貴方はラッキー!長期戦覚悟の貴方も、頑張ってくださいね!当たって砕けても漢!その気持ちがあれば、きっと大丈夫です。

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!