セフレ関係から復縁する方法|男性心理と元彼との体の関係を抜け出すコツを解説!

セフレ関係から復縁したい方へ。本記事では、セフレを続ける元カレの心理から、復縁する方法まで大公開!復縁する時の注意点も解説していきます!

元彼とセフレになったら復縁は難しい!体の関係を持ったらよりを戻すのは困難です。

セフレ関係から復縁する方法

初めに念頭に入れておきたいことが、元カレとセフレになった場合、復縁するのは難しいでしょう。

元カレにとっては、簡単に体の関係を持っている相手とわざわざよりを戻そうとは思いません

しかし、セフレになっているということは、元カレとの繋がりは残っているということ。

復縁できる可能性はかなり低いですが、関係を持てている限りはチャンスはあるかもしれないことは、頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。


セフレ関係を続ける元彼の心理|大人の関係を続けるのはなぜ?

一度セフレになったら、復縁するのはかなり難しいです。

では、なぜ元カレはセフレ関係を続けるのに寄りを戻すことはしてくれないのでしょうか。

ここからは、セフレ関係を続ける元彼の心理を紹介します。

彼が今の関係を続ける理由を理解していきましょう。


男性心理1. 気を遣わなくて良いから楽だと思っている

一度、付き合っていた相手だから、気に入られるために自分を取り繕う必要はないです。

新たに関係を作る必要がなく、自分がエッチしたい時にエッチできるので、元カレにとっては非常に都合の良い関係。

だからこそ今のままの状態でいいと思っています。


男性心理2. とりあえずエッチがしたい

セフレ関係から復縁する方法

元彼が求めているのはあなた自身ではなく、その体だけ。簡単にエッチできれば誰でも良いのが本音でしょう。

元カノがたまたまセフレになっただけで、自分の欲求を満たすのに便利な相手だと思っていますよ。


男性心理3. 自分を認めて欲しい

男性は基本的に認めてもらいたい気持ちが強い生き物。

セフレ関係でいることは男として認められている気分になるので、そのために元カノ利用しようとする心理が働いています。

体の関係を持てていれば誰でもいいから、一番近い関係であったあなたを選んでいるだけですよ。


男性心理4. 新しい彼女ができるまでキープしたい

恋愛体質で寂しがり屋な男性に多いです。

寂しい気持ちや性欲をすぐに満たしてくれる女性が欲しいけど、なかなか見つからないからセフレでいるあなたとの関係を続けています。

あなたとは復縁するつもりはなく、新しい彼女が見つかるまでの場繋ぎでしかありませんよ。


男性心理5. 身体の相性が良いから手放したくない

セフレ関係から復縁する方法

性格は合わなくて付き合うの無理だけど、エッチなら大歓迎だとあなたの事を都合の良い関係にしたいパターンかもしれません。

体の相性が抜群で、なかなか手放したくないと元カレは思っているのだけ。

ただ相性が良かったから、体の関係だけは手放せないと思っているのでしょう。


男性心理6. 復縁したいと思っている

元彼の中に、元カノといつかよりを戻そうと考えている男性もいます。

そんな心理から、あなたとの関係を終わらせたくないため、体の関係を求めているのでしょう。

加えて、あなたと繋がっていることに安心して、ズルズルと関係を続けてしまいます。


セフレ関係から復縁する方法|体の関係を持った元彼とよりを戻すには?

「別れた彼氏と復縁することはありえるの?」

「元彼とセフレになったけど、よりを戻すのは可能?」

未練がましいと分かっていても、元恋人のことはなかなか諦め切れませんよね。

どうにかして元カレとよりを戻す方法はないのでしょうか。

そこで、ここからはセフレ関係から復縁する方法を6つ紹介します。

ここでのポイントをしっかり押さえれば復縁もあるはずですよ。


復縁方法1. 元カレの気持ちを知る 

元カレと復縁したくても、そもそも本当に相手が体の関係しか求めていなければ、何もしても寄りを戻すことはできません

なので、元カレの気持ち知って脈ありかどうかは判断するのがまず先です。

「今日会える?」など、エッチの誘いが来た時に体調不良を理由に断ってみましょう

もし、脈ありであれば、看病しに来てくれるなどあなたの気遣う行動を見せてくれます。逆に脈なしなら、「そっか、治ったらまた会おうね」など、メッセージだけでそっけない対応です。

復縁できるかどうかを確かめるために、一旦彼の気持ちを知って、これからの行動が無駄にならないかを確認しておきましょう


復縁方法2. 身体以外の価値をアピールする

セフレから関係が発展しないのは、身体しか価値がないと思われているからかも。

身体以外の価値をアピールできれば、相手はあなたに再び好意を抱くはずです。

  • 将来に対して真剣に考えている
  • 自分の価値観を持っていて、しっかりした意見を言える
  • ライベートを思いっきり楽しんでる様子を見せる

など、人間として魅力的なところをアピールすればただのセフレにしておくのはもったいないと思います。

身体以外の価値をアピールするには、相手に依存しないで自分のことを大切にしましょうね。


復縁方法3. 2人で楽しめる物を探す

セフレ関係から復縁する方法

以前は恋人関係だったので、居心地の良さを感じさせれば復縁の可能性が見えてきます

セフレになった今は、エッチして終わりの関係になってしまっているため、恋人の頃のような関係を思い出させましょう。

  • 元カレが好きなものや趣味を一緒にやる
  • 家でできるゲームを一緒にやる

など、セフレでいる間はあなたの優先順位が低くなっているから、なるべく相手に寄り添いつつ家でできるものがおすすめ

相手に合わせることが大事なので、自分の趣味は押し付けないように注意してくださいね。


復縁方法4. 自分磨きをして外見を変える

今あなたがセフレなのは、見た目でふるいに掛けられているから。男性は、女性を判断する時に容姿を第一に見ます

「復縁したいな」と思ってもらうには、別れた頃よりも綺麗になって見返すのが一番です。

  • 食事制限や筋トレをして、ボディメイクしてみる
  • 自分に合う髪型や化粧を見つけて、イメチェンする

外見を変えられる自分磨きからまずは始めましょう。

元カレの好みを知っておいて、その見た目に近づけるようにするとより効果的ですよ。


復縁方法5. 心に余裕を持つようにする

男性は、一度手に入った女性がいると安心してしまい「このままセフレの関係でいい」と思います。

逆に、心に余裕がある様子だと、自分のものになってない気がして追いかけたくなる心理が働くのです。

  • 掃除や自炊をこまめにして、丁寧な暮らしを心掛ける
  • 人に優しくして他人を受け入れる気持ちを持つ
  • 他人ではなく、自分のために時間を使う

心に余裕を持つ方法は様々あります。

自分に合った方法で無理のないように行っていきましょう。


復縁方法6. 対等な立場を目指す

セフレになってしまうと、相手にとって都合の良い関係と思われて、前に進むことはありません。

まずは対等な立場を目指す必要があり、そのためにも恋人の時のような関係を目指しましょう。

  • エッチの誘いが来ても毎回受け入れない
  • 家やホテル以外で会うようにする
  • 元カレに遠慮せずに話し合いをする

嫌われることを恐れて、元カレの言うことを全て受け入れてしまっては、復縁は叶いません。

勇気を持って、対等な立場を目指せるように行動していきましょう。


復縁方法7. 復縁したいことを素直に伝える

恋愛の上で素直な気持ちは非常に大事です。案外ストレートに復縁したいと伝えれば、上手くいくこともあります。

もし相手にも復縁したい気持ちがあるならなおさらです。

「もっと一緒にいたい」 「今度食事でも行こうよ」

などの、相手から脈ありを思わせる言動があるなら、すぐにでも復縁を切り出すのが良いでしょう。

しかし、素直に気持ちを伝えず、大人の関係をずるずると続けていると相手の気持ちも離れてしまい、間に合わなくなることも。

「復縁したい」と想いを伝えるのは勇気がいることですが、幸せな恋人のいる生活を取り戻すためにも頑張りましょう。


セフレ関係から復縁する時に注意すること|本命になるために気をつけることは?

ここまででセフレ関係から復縁する方法を紹介しましたが、これだけでは失敗してしまう可能性が高いです。

確実に成功させるためにも注意点を把握するのが大事。

ここからはそんなセフレ関係から復縁する時に注意することを4つ紹介します。


注意点1. 簡単にエッチをしないようにする

セフレ関係から復縁する方法

元カレは、自分がエッチしたい時にエッチできる都合の良い関係を求めているから、あなたをセフレにしています。

簡単にエッチしてしまうと、軽い女だと思われたままです。

もし誘われたとしても「今日はそういう気分じゃない」と断ってみましょう。

エッチをしないことで一人の女性としてみてもらえるようになるので、そこで初めて復縁ができるかどうかが決まっていきますよ。


注意点2. 突然の連絡で会わないようにする

もしも向こうに好意があったとしても、すぐに会ってしまうと都合の良い女だと思われる危険性が。

都合の良い女と判断されると、次第に恋愛対象に見られなくなるかもしれません。

なので、「今から会わない?」と突然連絡が来ても、断るのが大事です。

セフレになったとしても、よりを戻そうと考えている時は、相手に合わせず、以前のような関係を維持しましょう


注意点3. セフレ期間は長くならないようにする

セフレ期間が長くなればなるほど、相手にとって居心地が良くなり、便利な元カノだと思われてしまいます。

そのため、体の関係を持ってしまっても、セフレ期間は長くならないように努力しましょう。

別れた後はショックと未練で、「セフレでもいいかな」と妥協してしまいがちですが、すぐにでも行動しないとずっとその関係が続くかも。

恋愛は時間との勝負ですよ


注意点4. 一度距離を置いてみる

人は失って初めてその大切さに気づくものです。

もし振られた場合、元彼から一度距離を置いてみるのも良いでしょう。

頻繁に会っていると、いつでも会ってくれる都合の良い女だと思い込んで、あなたの大切さに気づくことができません。

一度距離を置いてみることで、きっと元彼もあなたの大切さに気づくはずです。


セフレを抜け出して本命彼女になろう。

一度別れて、セフレの関係になってしまうとそこから復縁するのは難しいものです。

ですが、どうしても諦めきれずに復縁したいと思う人も結構いるはず。

「やっぱりもう二度と以前の関係には戻れないのかな」と不安になって病んでしまいそうになりますが、 復縁の可能性は決してゼロではありません。

上手に行動することできっとまた付き合えるはずです

あなたの幸せにこの記事が少しでも助けになればと祈っています。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事