高校生相手に使える話のネタ13選|若者との会話が盛り上がる流行りの話題とは?

高校生同士でも、世代が違っても、会話を盛り上げるのって難しいですよね。この記事では、高校生との会話におすすめの鉄板ネタから、会話する時のコツや注意点を詳しく解説します!

高校生相手に使える話のネタ13選|盛り上がる話題のおすすめとは?

高校生相手におすすめの話のネタ

「新しく雇った高校生バイトたちと上手にコミュニケーションを取りたい」

「高校生同士なんだけど知り合った人と親しくなるにはどうしたらいいのかな?」

まだ大人と言えないし子供とも言えない高校生が相手だと、何を話題にすれば仲良くなれるか悩んでしまいますよね。

そこでここからは、高校生と会話する時に盛り上がれる話題をご紹介します。

高校生相手に何を話していいか分からない方は、おすすめのネタを覚えて会話に役立てましょう。


会話ネタ1. 恋バナ

思春期真っ盛りの女子高生は恋愛に興味津々な子が多いので、話のネタとして恋バナは鉄板の話題だと言えます。

「今の高校生って、どんなタイプの人をいいなって思うの?」
「学校の先輩とか同級生で気になってる人っているの?」
「高校生同士のカップルって最近はどういうデートしてるの?」

などの恋愛トークをすれば、かなり盛り上がるでしょう。


会話ネタ2. 部活の話

自分とあまり関係のない話を振られても高校生は困るだけですが、部活のようにほぼ毎日学校でやっていることなら自然と話題が出てきます

「◯◯高のサッカー部って最近強いらしいけど、県の大会だとどれくらいのとこまで勝ち進むの?」
「自分も同じ高校で陸上やってたけど、その時顧問してた◯◯先生ってメチャクチャ厳しかったよ」

のように、具体的なネタを絡めて話してみましょう。


会話ネタ3. YouTuberの話

高校生はYouTubeをよく視聴していて、お気に入りのYoutuberがいることが多いので、話のネタにすると盛り上がるでしょう。

「最近いいなって思うYoutuberっている?」
「面白いYoutuberを知ってたら教えてくれないかな」

と聞いてみれば、そこから話が広がって楽しいトークになっていきますよ。


会話ネタ4. TikTokの話

TwitterやInstagramなどSNSに熱心な高校生は多く、特にTikTokは人気があって高校生のほとんどがやっているので会話しやすいでしょう。

「面白い動画とかおすすめのtiktokerがいたら教えてほしいな」
「スポーツしてる動画に使ったらバズりそうな音源ってある?」

など、知りたいことを聞いてみるといいですよ。


会話ネタ5. K-POPの話

特に女子高生たちはK-POPアイドルのファンが多く、流行りの曲や人気グループをこまめにチェックしています。

「最近BTSが気になってるんだけど、おすすめの曲があったら教えてくれる?」
「TWICEって可愛いメンバーが多いけど、誰が一番人気あるのかな?」

のように、K-POPをきっかけにして話題を広げていきましょう。


会話ネタ6. 韓国ドラマの話

韓国ドラマはNetflixなどのサブスクで人気コンテンツになっているので、チェックしている高校生も少なくありません。

「愛の不時着ってすごく泣けるんだけど、楽しいシーンもけっこうあるから重くならないのがいいよね」
「イカゲームはカイジっぽいとか言われてるけど、韓国ならではの設定もあってけっこう面白いよね」

というように、韓国ドラマならではのシチュエーションやあるある話をすると盛り上がるでしょう。


会話ネタ7. 話題の映画の話

映画は話題作や最新作が定期的に公開されるし、世代を問わず楽しめるコンテンツなので、高校生相手のトークでも話のネタとしてぴったりです。

「斎藤工が主役やってる新作を見てきたけど、けっこう出来のいい映画だったよ」
「ピクサーの新作って評判いいみたいだけど、◯◯さんはどう思う?」

など、人気俳優が出ている映画や話題になっている作品の感想を共有してみましょう。


会話ネタ8. グルメの話

食べ物の話題は世代を問わず楽しめる鉄板の話のネタになります。なので、高校生を相手に話をする時も盛り上がること間違いなしでしょう。

「昨日テレビで地元の町中華を特集してたけど見た?」
「駅前にできたラーメン屋に行ったけどメチャクチャ美味かったよ」

のように、食べ物に関係する話題をピックアップして話しかけてみてください。


会話ネタ9. おしゃれカフェの話

おしゃれなカフェはインスタなどのSNSで話題になることが多く、高校生たちもよくチェックしています。

「隣街の喫茶店のケーキはすごくバエる見た目だから、インスタにアップしたらバズリ間違いなし」
「あのカフェって外見は古臭いけど、店内は昭和レトロって感じの渋さでメチャいいよ」

など、情報共有すればJKたちは話に食いついてくるでしょう。


会話ネタ10. 話題のアニメの話

人気マンガをテレビや映画でアニメ化したものや流行りのアニメは、多くの高校生がチェックしているため話題にしやすいでしょう。

「ジャンプで連載している◯◯がアニメ化するって聞いたけど、それって本当?」
「劇場版の◯◯ってすごく作画が綺麗で動きもいいし、絶対におすすめだよ」

と話をすれば、「◯◯さんもそれ好きだったんですか?」と話に乗ってくるはずです。


会話ネタ11. 学校イベントの話

学校イベントは楽しい思い出が多いので、自分の学校のイベントとの違いを話してみると会話が盛り上がります。

「自分が高校生の時は修学旅行で異性の部屋へこっそり遊びに行ったけど、今の高校生も同じ感じ?」
「うちの高校は10月に文化祭するんだけど、◯◯さんの高校は6月にやるってホント?」

といった感じで話をすれば相手も話しやすいでしょう。


会話ネタ12. 将来の話

まだ社会に出る前なので、多くの高校生は将来の夢をたくさん思い描いているはず。

「20年後の自分って、どんなオッサンやオバサンになってると思う?」
「自分で会社をやってメチャクチャ儲かったらどんな生活したい?」

など、飛躍しても構わないので、将来の自分がどうなっているかお題にして話すと盛り上がるでしょう。


会話ネタ13. 高校卒業後にやりたいことの話

大学受験を控えている3年生の子などは、近い将来である卒業後にどうしたいかを話のネタにすると話しやすくて盛り上がるでしょう。

「大学へ行ったらどんなサークルに入ってみたいの?」
「東京の大学に合格したらどの街で一人暮らししたい?」

と質問すれば、相手も「◯◯にしようかと思ってます」のように答えられてその後も会話が弾んでいくはずですよ。


高校生と話す時の4つのポイント|仲良くなるコツとは?

「年齢が離れているし、高校生と話すのって難しそう」

「高校生と上手に会話できるようになるコツを知りたい!」

高校生と接する機会があって仲良くなりたくても、どう会話すればいいか悩む事ってありますよね。

そこでここからは、高校生と話す時に心がけたいポイントを説明していきます。

話し方のコツを理解して、年齢の差を気にせず楽しくコミュニケーションしましょう。


ポイント1. わからないことは素直に聞く

分かったふりをして高校生に合わせようとしても、ジェネレーションギャップを感じさせたり、無理しているのが伝わってしまいます。

現役の高校生世代とは感覚や考え方にズレがあることを素直に認めて、

「それって高校生の間で流行っているの?」
「どこに魅力があるのか教えてくれないかな」

と、分からないことがあったら質問するようにしましょう。


ポイント2. 距離感を詰めすぎないようにする

悩みやコンプレックス、プライベートなどに深入りしてしまうと、高校生はウザい大人だと感じて警戒してしまいます。

相手は思春期で秘密にしたいことが多くなる年頃なので、

  • 恋愛や私生活などプライベートな部分が話題に上がっても嫌そうなら突っ込まずにサラリと流す
  • 相手が悩みを打ち明けても、話しづらそうな雰囲気を見せたらそれ以上詳しく聞かない

など、配慮してあげましょう。


ポイント3. 反応は「いいね!」と肯定的な感じを意識する

会話の内容を否定されてしまうと、高校生は「聞く気がないじゃないか」「何を言っても否定するんでしょ」という気持ちになってしまいます。

相手を話す気にさせるには、彼らの考え方や趣味嗜好をなるべく認めてあげたほうがいいので、

「そんなことまで詳しく知っててスゴイね」
「その話ってすごく面白くていいね!ウケるぅ!」

と相手を持ち上げるようなリアクションをしてみましょう。


ポイント4. 前に話したことを覚えておく

仲良くなるためだけに上辺だけの会話をしてしまうと、高校生はそれを感じ取って「なんだか適当だなあ」と思ってしまいます。

上辺だけに思われないためには、ちゃんと相手の話すことを聞いていると印象づけたほうがよく、

「◯◯君が言ってた映画って、アメリカで人気がすごいみたいだね」
「◯◯さんに教えてもらったお店へこないだ行ってきたよ」

のように、以前相手が話したことと絡めた話題を振るように意識してみましょう。


高校生との会話におすすめの話のネタで距離を縮めてみて。

話し相手と年齢が離れていると、何を話せば会話のキャッチボールが上手くできるのか悩んでしまうでしょう。

自分の感性だけで高校生に話題を振っても、「何を言ってるんだろう?」「面白くない」と距離が離れていってしまいます。

高校生と会話で距離を縮めるには、彼らが興味を持っている話題で話しかけていくのが一番です。

高校生と接する機会が多い方は、会話する時に今回の記事を役立ててみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事