彼女との電話の頻度はどのくらい?男女の本音やおすすめの話題や時間帯も解説!

彼女との電話の頻度はどのくらいがいいのか?を知りたい人へ。本記事では、彼女と電話をする頻度と本音から、おすすめの話題や時間帯まで解説します。

彼女との電話の頻度はどのくらい?男女の意見を交えて解説!

彼女との電話の頻度はどのくらい?

「彼氏から毎日電話されたら迷惑かな...」

「話のネタがないけど、定期的に電話したほうがいいの?」

どのくらいの頻度で彼女に電話していいのか、悩んだことってありますよね。

では周りのカップルは、どのくらい電話で話しているのでしょうか。

彼女との電話の頻度について、男女の意見とともに紹介します。

電話の頻度に対する男性と女性の本音を学んでいきましょう。


電話の頻度1. 毎日電話をしたい

「彼女と話していると幸せを感じられる」

「遠距離でなかなか会えないから、声だけでも聞きたい」

「共通の話題が多くていつも楽しい」

付き合い始めた当初は、相手の存在を常に感じていたくなるもの。

直接顔を合わせていなくても相手との繋がりを認識したいという心理により、毎日彼女に電話をしたくなるのです。


電話の頻度2. 週に1回はしたい

「頻繁に電話すると、自分の時間が少なくなってしまう」

「毎日電話するのは正直めんどくさい。週1程度がちょうどいい」

「休日に彼女とゆっくり話したい」

週1日の頻度で電話しているカップルは、「恋人との時間だけじゃなくて、自分の時間も楽しみたい」のが本音。

毎日電話すると自分のために使える時間が少なくなるので、週1日程度の頻度で通話するのがちょうど良いと感じています。


電話の頻度3. 2~3日に1回はしたい

「毎日となると、電話しなきゃいけない感じがして嫌」

「LINEのやり取りはあるけど会話も楽しみたい」

「彼氏の声はたまに聞くくらいでちょうど良い」

毎日の電話が徐々に義務化してしまうことを避けたいカップルは、少し電話の頻度を減らしたいと思うもの。

2~3日おきに電話するくらいが、お互いにとって無理なく通話を楽しめる頻度だと考えています。


電話の頻度4. 4~5日に1回はしたい

「1週間に何度も電話をするのがおっくう」

「頻繁に電話すると共通の話題がなくなる」

「普段はLINEだけど、たまには電話で話したい」

4~5日間隔の電話で十分と考えているのは、1週間のうち半分以上も電話するのがめんどくさいから。

また、相手に話したいことが徐々になくなり、電話をする楽しさを感じなくなってしまっています。


電話の頻度5. 全くしなくていい

「LINEがあれば事足りる」

「別に電話で声を聞かなくてもいい」

「電話よりもLINEのほうが楽にコミュニケーションが取れる」

カップルによっては、日常生活の話題や些細な出来事をLINEで頻繁にやり取りしていることも。

わざわざ電話する必要性を感じないため、基本的に電話せずLINEで済ませます。


電話の頻度6. できる時だけでいい

「話したいことがある時だけで十分」

「しょっちゅう電話しても盛り上がる話題がない」

「勉強したいのに頻繁に電話がくると正直めんどくさい」

自分の時間を大切にしたい人は、電話によって生活リズムを乱されることに嫌悪感を抱きがち。

「時間が空いたときでいいや」と思っているため、電話をする頻度やタイミングは決まっていません


【年代別】彼女との電話の頻度|中高生と社会人の違いは?

「社会人になったら電話の頻度が減った…。これって普通?」

「中学生カップルって頻繁に電話するもの?」

年代によって電話の頻度が変わるのか気になる人もいるはず。

では実際、中学生と社会人で電話の頻度に差はあるのでしょうか。

ここからは、彼女との電話の頻度を年代別に解説します。

同世代のカップルと自分たちの電話の頻度を比較してみましょう。


パターン1. 中高生カップルの電話の頻度

中学生や高校生くらいの彼氏は、常に彼女との繋がりを感じていたいのが本音。

基本的にほぼ毎日電話しても飽きることはないでしょう。

話のネタは学校や家庭で起きた出来事など、雑談にも似た話題で盛り上がることが多いです。


パターン2. 大学生カップルの電話の頻度

大学生になるとバイトやサークルなどの時間が増加し、中学生や高校生のころよりも忙しくなります。

電話の頻度は平均2日に1回程度に減るでしょう。

バイトのシフトなどで時間が合わず電話できないなど、電話の頻度は生活リズムでも変化します。


パターン3. 社会人カップルの電話の頻度

社会人は仕事が忙しく、学生と比較しても圧倒的に自由な時間が少なくなります。

職種によっては彼氏と彼女の休みが合わず、時間の都合がつかないことも。

社会人が電話する頻度は平均して1週間に1回程度が妥当でしょう。


【結論】彼女との電話の頻度は2〜3日に1回がおすすめ

毎日のように電話すると自分の時間がなくなりますし、負担が大きくなって関係悪化につながることも。

一方で頻度が少なすぎると、1回の電話にかかる時間が長くなりやすいです。

男性と女性の本音や年代別の頻度を踏まえると、彼氏も彼女もストレスなく会話を楽しむためには2〜3日に1回の電話が理想的

自由な時間を確保できる頻度で留めておくといいでしょう。


電話をしてくれない彼氏・彼女の心理|どんなことを考えているの?

電話の頻度に対する考え方を読んでみて、基本的に電話で話したいカップルが多いことがわかりました。

ではあなたの恋人は、なぜ定期的に電話をしてくれないのでしょうか。

ここからは電話をかけてこない男性や女性の心理について解説します。

電話しない人の気持ちを理解してみましょう。


心理1. 一人の時間を大切にしたい

電話してこない彼氏や彼女は、プライベートをあなたとの時間よりも、自分の好きなことに優先したいと考えている人が多いでしょう。

電話してしまうと、自由な時間が取られ、ゆっくりできないとの思いから、つい電話を後回しにしてしまうのです。


心理2. 疲れていて面倒くさく感じている

忙しい毎日が続くと、何もせずただひたすらダラダラ過ごしたいと思うのが人の心理です。

特に繁忙期は仕事量も増え、心身ともに疲れを感じることも多いはず。

何もしたくないため、電話をすらことすら、めんどくさいと感じてしまいます。


心理3. 会った時にたくさん話したい

一般的には電話で近況報告したい人が多いですが、中には顔を合わせて話したいと考えている人がいるのも事実。

それは、こまめに電話してしまうと、いざ会う時に会話のネタがなくなってしまうから。

デートしても黙ったままになるのは嫌なので、基本的に電話をしません。


心理4. 中身のない会話をしたくない

次のデートの日時を連絡する際、LINEなら必要事項だけを送ればいいので必要最低限の手間で済みます。

といったように、電話してこない男性は、論理的思考の持ち主であることが多いです。

彼女に電話してしまうと、必要事項以外にも話題が及ぶので、めんどくさいと感じてしまうのですね。


心理5. そもそも電話が苦手に感じている

恋人との会話を楽しいと思う人が多い一方、電話で話すこと自体に抵抗を感じる人は少なくありません。

そもそもコミュニケーションに苦手意識を持つ男性がいることも。

普通の電話はもちろん、長電話になると大きなストレスがかかるので、電話を避けがちになります。


恋人と電話をする時のコツ|おすすめの時間帯や通話時間は?

「電話は苦手だけど、上手く話せる方法ってある?」

「彼女の負担にならないような電話の仕方が知りたい!」

恋人とおしゃべりして楽しい時間を過ごすためにも、電話をかける際のポイントは把握しておきたいですよね。

では何に気をつければ気軽に電話できるのでしょうか。

ここからは、恋人と電話をする際のコツを解説します。


コツ1. 通話時間は30分以内にする

通話時間を長くても30分以内にすれば、お互いの生活に支障をきたすことなく電話できます

負担が大きくならずに済むので、相手も「また電話したい!」と思えるでしょう。

電話する時は、

  • 時計をチェックしながら話す
  • あらかじめ「〇〇時まで」と切る時間を決めておく

などの方法を試してみてください。

ちょっと声が聴きたい程度の時には10分、じっくり語り合いたい時は30分など、話す内容に適した時間を設定してみましょう。


コツ2. 寝る前の23時前後に電話する

寝る支度を整えてから1日の終わりに電話することで、寝る直前まで気兼ねなく恋人と話せます。

就寝時間に合わせて「おやすみ」と言って切れるため、「いつも長電話になってしまう…」という人も電話しやすいでしょう。

恋人に電話する前には、

  • お風呂やスキンケアなどは済ませておく
  • 提出課題やレポートなどを準備しておく

などに気をつけて、後は寝るだけの状態にしてください。

お互いの就寝時間が合わないと恋人を夜ふかしさせてしまう恐れがあるので、事前に就寝時間を聞いておきましょう


コツ3. お互いが休みなら、夜中に電話してもOK

翌日に仕事や学校があると就寝時間が気になりますが、休みの前日なら長い時間電話して夜更かししても支障はありません

「話したいけど長くなるから」と我慢していた話がある人や遠距離恋愛中の人は夜中に電話してみてください。

  • 金曜日の深夜
  • ゴールデンウィークやお正月休みなど連休の前日

など、翌日が休みならいつでもOK。

ただし翌日に予定がある場合は夜更かしできないため、確認は忘れずにしてください。


コツ4. 仕事終わりの帰り道に電話する

家で過ごす時間は社会人にとって疲れを癒すための貴重な時間であり、電話をめんどくさいと感じることも。

帰宅途中なら移動時間を有効に使える上に、家に着いたタイミングや交通機関に乗る時に電話を切りやすいですよ。

  • バス停から自宅までの間
  • 電車が来るまで待っている時間

など、都合のいいときでOK。

会話が途中で切れないよう、通話できる時間に見合った話題を探してみましょう。


コツ5. 楽しい話題を提供する

気持ちが明るくなる話題を話せば、電話自体をストレスに感じることはないはず。

前向きな気分になって「また今度も電話したい!」と思えるので、話して楽しいと感じる話を振ってみてください。

話のネタは何でも良く、

  • デートで遊びに行きたいスポット
  • 今欲しいものや興味がある話題

など、2人の気分が上がる話題にすることがポイント。

お互いが楽しいと思えないと電話が苦痛になってしまいます。


コツ6. 相槌を打って、しっかり聞く

嫌そうな返事や気だるそうな相槌は相手を不快にさせ、最悪の場合はケンカにまで至ることも。

険悪なムードにならないよう、しっかり相槌を打って「楽しく聞いている」ことを相手に伝えましょう。

  • 相槌を打つときは声のトーンを少し高くする
  • ながら電話を避け、相手の話に集中する

などに気をつけると、「楽しく聞いている」ことを自然にアピールできます。

「うん」「そうなんだ」など、**相槌のバリエーションを増やすとさらに気分が良くなるので試してみてください。


彼氏・彼女との電話で盛り上がる話題|会話に困らないおすすめネタをご紹介!

「会話のネタが全然思いつかないから電話できない…」

「何を話せば会話が続くんだろう?」

話のネタが思い浮かばなくて、最近電話する回数が減った人は少なからずいるでしょう。

では一体、何を話せば恋人との電話が盛り上がるのでしょうか。

今から解説する会話のおすすめネタを参考にして、彼氏や彼女との電話を思いっきり楽しみましょう。


話題1. 今日起こった出来事

会社や学校で起きたハプニングや出来事には、たいてい会話の糸口が隠れているもの。

時系列に沿って話すだけでも話を展開するには十分です。

話を聞く側も「なんで?」「どうなったの?」などと聞きやすいため、沈黙を回避しやすいでしょう。


話題2. 次のデートの話

カップルにとってデートは、同じ時間を共有できる幸せいっぱいのイベント。

彼氏も彼女も心待ちにしているので、予定を立てるだけでも楽しめます

行ってみたい場所や当日やりたいことなど、話題は尽きないでしょう。


話題3. お互いの将来について

将来の夢や理想の夫婦生活などを語り合うことで、気持ちが前向きになりやすいです。

気分が良い状態なら考え方もポジティブになり、「もっと話したい」と思えるでしょう。

あれこれと想像するうちに話が弾んで、電話が盛り上がりますよ。


話題4. 共通の趣味について

興味があることや好きなものを話している時間は、誰しも楽しくていつまでも話していたいと思うもの。

気になるキャンプグッズや最近観た映画など、共通の趣味を話題に出せば話題は尽きないでしょう。

沈黙ができる瞬間が訪れることはまずありません。


話題5. お互いの仕事の話

社会人は1日のうち大半を仕事に取られており、ストレスなどが溜まりがち。

毎日働く中で愚痴を聞いてもらいたい時や、誰かに相談したくなることもあるでしょう。

お互いに話したいことがあれば話題に事欠きませんし、話すことで気持ちも楽になりますよ。


彼氏・彼女からの電話が面倒だと感じた時の対処法は?

「めんどくさいけど、どうやって断ればいいんだろう…」

「彼氏を傷つけずに電話を断る方法が知りたい」

電話には出たくないものの、めんどくさいと伝えるのも気が引けますよね。

断り方を誤ると恋人を怒らせてしまう可能性もあります。

上手な対応を身につけるためにも、彼氏や彼女からの電話に対する対処法を学んでおきましょう。


対処法1. 忙しいアピールをする

疲れている人に対して、人は気遣ってくれるもの。

「恋人を傷つけたくない」と思っている人は、忙しいことを理由に電話を断ってみてください。

「年度末で仕事量が増えてしまい、毎日ヘトヘト」

「最近課題が多いから、時間がなくてちょっと疲れている」

あなたが多忙で疲れていると知った恋人は、「それならしょうがない」と思って電話を切ってくれるでしょう。

勝手な理由で電話を断られたとは感じないため、恋人との間にわだかまりも残りません


対処法2. 電話に気付かないフリをする

その日の状況や気分によっては、「電話に出ることすらめんどくさい。」と感じることもあるはず。

着信がきていることに気付かなかったフリをすれば、恋人と一切話さずに済みますよ。

後日電話に出なかった理由を聞かれたら、

「夕食の支度中だった」

「うたた寝してて気付かなかった」

「スマホを鞄に入れたままだった」

などと答えればOKです。

毎回、恋人からの電話を無視していると、不信感を抱かれてしまうこともあります。

関係をギクシャクさせないためにも、無視しすぎないように注意しましょう。


対処法3. きちんと自分の気持ちを伝える

恋人があなたに頻繁に電話してくるのは、あなたが電話を「めんどくさいと思っている」ことに気付いていないから。

あなたの気持ちを恋人に理解してもらうためにも、言葉で気持ちを伝えてみましょう。

「電話は緊張して苦手だから、直接会って話す機会を増やしたい」

最もらしい理由を伝えることで、気持ちを考えてくれるはず。

キツイ言い方や直接的すぎる表現をすると、相手との関係が悪化する恐れがあるので、柔らかい口調を心がけてください。


最適な電話の頻度を見つけて、彼氏や彼女と楽しい時間を過ごしてみて。

彼氏や彼女との電話は、カップルにとって大事なコミュニケーションの一つ。

良好な関係を保つためには、お互いにとってちょうど良い頻度で電話することが大切です。

恋人との電話の頻度を考える際は、ぜひ今回ご紹介した男女の本音や電話のコツを参考にしてみてください。

楽しく電話できて、会話も盛り上がること間違いなしですよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事