女性から体調を気遣うメールを好きな人に送るコツ|おすすめの言葉も紹介!

女性から体調を気遣うメールを知りたい方へ。本記事では、女性から体調を気遣う時のおすすめのメールから、メールを送る時のコツまで大公開!メールを送る時の注意点も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

女性が体調を気遣う時のおすすめのメール|好きな人に好印象を与える連絡とは?

女性が体調を気遣う時のおすすめのメール

職場の同僚や先輩、上司、仕事の取引先や好きな人など、誰かを心配していて気遣うメールを送りたいタイミングがありますよね。

ここでは、女性が送る、相手の体調を気遣ったメールについて解説していきます。

同じ職場の人や仕事の関係者には好印象を、好きな人には好感度をグッと上げられるメールを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


気遣うメール1. 気遣いや優しさを感じさせるメール

ちょっとした熱であっても、体調不良で寝込んでいる時は誰もが不安になりやすく弱気になってしまうものです。

そんな時に気遣いのメールをもらえると、心が元気になり相手に好感を持つでしょう。

体調が戻ってから気遣いのメールを送ってもあまり効果的ではありません。

ですので、相手が体調不良で休んでいるという事情を知ってすぐに送るようにしましょう。


気遣うメール2. 短文で読みやすくまとめられたメール

体調が悪い相手にとっては、メールを読むだけでもしんどいこともあります。そんな時に長文メールを送るのはマナー違反。

なるべく短文で内容が分かりやすくまとめられているメールを送ることで、相手に「気遣いができる人だな」と、思いやりも伝わるでしょう。

特にビジネス上だけの付き合いの人など、そこまで親しくない間柄の相手に送るシーンでは、短文で簡潔なメールを送るようにしたいです。


気遣うメール3. 仕事の心配を解消してくれるメール

締切のある仕事をしているシチュエーションでは、相手は「迷惑かけちゃったな」と考え、家で休んでいても気持ちが休まることはないはず。

そんな時に「あの仕事は無事にまとまりました」など、仕事の完了報告をしてもらえると、安心できて相手の気遣いに感謝します。

進行途中の仕事があるのに体調を崩してしまった仕事仲間には、体調を気遣いつつ仕事が無事に進行していることを伝えてあげるといいでしょう。


気遣うメール4. 気が楽になるような言葉をチョイスしたメール

女性が体調を気遣う時のおすすめのメールは気が楽になるような言葉をチョイスしたメール

あまり体調を崩すことがなく、元気だけが取り柄なんていう男性ほど、体調を崩すと不安でいっぱいになってしまうものです。

そんな時に、あまりに深刻な心配しすぎのメールを送ると不安をあおってしまうかもしれません。

「しっかり休んで出社しろ~」と、軽く笑いのエッセンスを交えた文面で送ると、落ち込んでいる気持ちを少しでも軽くすることができます。

いつも元気で敬語で話さずに済む間柄の同僚や後輩などには、明るくなれるような文面のメールの方が思いやりが伝わるでしょう。


気遣うメール5. 体調が良くなることを願うメール

一人暮らしの男性や独身の男性は、体調を崩してしまうと看病してくれる人もいないので、普段よりも心細さを感じやすくなります。

そんな不安な状況の時に回復を願うメールを受け取ると、相手の優しさが伝わり元気づくきっかけになるでしょう。

回復を願う文面は誰に対して送っても失礼にはなりませんが、やはり一人暮らし、独身男性に送るシーンで勇気づけてあげられます。


気遣うメール6. 相手の頑張りを称えるメール

体調を崩して家で寝込んでいる状態の人は、職場に迷惑をかけたことなどを考え不安を抱いているはずです。

「いつも頑張っているから、今はゆっくり休んで」など、普段の頑張りを褒めてあげると、「見てくれていたんだ」と嬉しく思うでしょう。

相手を労い、頑張りを称えるメールは、同僚や後輩などに送りたいですね。自分より目上の人には失礼になることがありますのでやめておきましょう。


気遣うメール7. 風邪に効く情報を伝えるメール

体調不良を心配する言葉と共に効果的な情報を添えて送ると、ただ心配の気持ちを並べたメールよりも優しい印象を与えます。

「風邪には〇〇が効くそうです」など具体的なひと言に、相手は「自分のためにわざわざ調べてくれたんだ」と感じ、誠実さが伝わるでしょう。

相手を気遣い、相手の気持ちになって考えられる人というイメージを与えるので、好意を持っている男性に送ると効果的ですよ。


気遣うメール8. 差し入れを持っていくか気遣うメール

好きな人に好印象を与える連絡とは差し入れをもっていくか気遣うメール

体調が悪い時というのは不安で寂しくなっているので、誰かに甘えたい気持ちも強いです。

そんな時に「ドリンク買って行こうか?」など差し入れの提案をされると、自分を思ってくれる気持ちに優しさや頼りがいを感じます。

差し入れの提案メールは、仲の良い友人や同僚など近い間柄の人がいいでしょう。

ビジネス上の付き合いしかないようなあまり仲の良くない相手に送ってしまうと、逆に恐縮させてしまう可能性があるので注意したいです。


気遣うメール9. 楽しみなことを提案するメール

仕事を休み体調の悪さを抱えていると、考え方もネガティブになり落ち込んでしまいがちに。

明るいことなど考えられない状態でいる人が多いので、「治ったら〇〇行こうね。」など、楽しみになることを提案をしてみてください。

治った後のご褒美のような感覚で、「頑張って治療に専念しよう」と、前向きな気持ちになってくれるでしょう。

実際に約束をしていたけれど体調不良で予定が没になった相手に送ってもいいですし、好きな人に送ればデートの約束ができるかもしれませんよ。


女性が体調を気遣うメールを送る時のコツ|好感度をアップさせるポイントとは?

女性が体調を気遣うメールを送る時のコツ

「体調を気遣うメールには書き方のコツがあるの?」

「マナー違反にならず、相手に好意も伝わるメールの書き方は?」

気になっている相手が体調を崩して休んでいたら、心配ですぐに連絡をしたいですよね。

でも、メールの内容で嫌われるのは嫌なので、どんな内容にするか悩むのではないでしょうか。

ここでは、相手の体調を気遣い好感度もアップできるメールの書き方のコツをご紹介。

どんなメールがいいのか、送り方がよく分からないという女性は参考にして、好感度をあげてくださいね。


コツ1. 具体的な労いの言葉を入れる

労いの言葉を一つ添えると、相手に優しい気遣いが伝わります。

例えば、

  • 同僚や後輩には「いつも〇〇では頑張ってるね」
  • 目上の人なら「先日は〇〇していただき、ありがとうございました。」

など、より具体的な内容の方が相手も答えやすいですし、相手の気持ちに寄り添っていると感じてもらえるでしょう。

労う言葉をかける時は上から目線になりがちなので、特に自分より目上の人への言葉には注意したいです。


コツ2. 安心して休めると感じさせる言葉を使う

仕事熱心で真面目なタイプの男性は、休んでいても仕事のことばかり考えてしまうことがあります。

そういったタイプの男性には、

  • 「早く元気な顔が見たいから、しっかり休んでね」
  • 「今はちゃんと休んで、回復したらまたバリバリ頑張って」

といった、休むことを前向きに捉えられるような言葉を伝えてあげるのがコツ。

注意点は、真面目な男性に会社の話をしすぎると、余計な心配をさせる可能性があります。

具体的な仕事内容に関しては書かないようにしましょう。


コツ3. 負担にならない連絡しやすい一文を入れる

好意を持っている人が体調を崩していると、自分に頼ってほしいですよね。

重くならない程度に助けたい気持ちを伝えれば、「いざとなれば助けてくれる人がいる」と心強く思ってもらえます。

  • 「必要なものない?あるなら買っていくよ」
  • 「食欲はどう?ちゃんと食べれてる?」

と、相手からも連絡が取りやすいようなメールを入れてみましょう。

プライベートでは連絡を取ったことがない間柄の相手に送ると、重くなりすぎるので注意。

逆に相手に負担をかけてしまうと迷惑になるので、あくまで軽い感じで負担にならない程度を心がけてください。


コツ4. 「何でも言ってね」と心遣いのある言葉を入れる

女性が体調を気遣うメールを送る時のコツは心遣いのある言葉を入れる

体調が悪い時は弱気になり不安な気持ちでいっぱいになるもの。

特に一人暮らしで寝込んでいると、人の優しさがとても嬉しく感じます。

  • 「私にできることならなんでもするから、遠慮せずに言ってね。」
  • 「手伝えること何かありますか?なんでも言ってください。」

というような言葉を入れると、弱気になっている相手を励ませるでしょう。

実際に何かをしてもらう気はなくても、そうした心遣いが嬉しくて好意を抱くのです。

注意点としては、行く気もはない社交辞令の場合は表現に気をつけましょう。

実際に相手から「じゃあ…」とお願いされて、時間や距離に無理があるなどで断ってしまうと、最悪な印象を与えてしまいます。


コツ5. 返信不要の気遣いを入れる

体調が悪い時はメールチェックすら大変な状態。メールを返信するのは、想像以上にきついはずです。

  • 「ご返信には及びません。ゆっくりお休みください。」
  • 「返信はしなくていいからね。元気になったら連絡して。」

というように、返信不要のひと言はちょっとした気遣いですが、相手には「こちらを気遣ってくれるんだな。」と感じてもらえます。

プライベートで仲の良い相手にはもちろんですが、特にビジネス上での付き合いの人、目上の人には必ず入れたい一文です。


女性が体調を気遣うメールを送る時の注意点|好きな人に失礼のないようにするには?

好きな人に失礼のないようにするには?

気遣いメールの送り方は分かったけれど、相手に失礼があるメールは送りたくないですよね。

女性から体調を崩した男性へ送る、気遣うメールにはいくつか注意点があります。

ここからは好きな人に体調を気遣うメールを送る際の注意点を解説。

送る前にぜひチェックしてみてくださいね。


注意点1. むやみに「大丈夫?」と聞かない

体調が悪くて休んでいる相手は、「大丈夫ではない状態」です。

そんな状態の相手に「大丈夫?」としつこく聞いてしまうと、相手は「大丈夫なわけないでしょ…。」とイラッとさせてしまう可能性があります。

心配していることを伝える際、普段から何気なく大丈夫を使ってしまいますが、体調を崩している相手にはNG。

「お大事に」「心配してます」といった言葉で気遣うようにしましょう。


注意点2. 読むのが疲れる長文は送らない

具合が悪く寝込んでいる時は、何をするのもダルくて一苦労な状況です。

メールを読むだけで疲れてしまうはずなので、長文メールを送るのはマナー違反。「この人は気遣いができない人なんだな…。」と思われてしまいます。

心配な気持ちを盛り込みたいですが、迷惑をかけてしまう可能性があるので、長くても3行程度におさめた内容にしておきましょう。


注意点3. 過度に元気づけようとしない

相手の体調が悪いというシチュエーションでは、つい「励ましてあげよう」「元気づけてあげなくては」と思ってしまいます。

しかし、元気のない状態で励まし続けても、「辛いのを分かってくれないんだな…。」と思われてしまうでしょう。

本当に辛い時に元気になることは考えられないので、相手の気持ちに寄り添うことが大切。

勇気づけようとするよりも、「焦らずゆっくり休んでね。」といった回復を願う言葉の方が相手の気持ちに届きますよ。


注意点4. 仕事や職場の細かい報告をしない

好きな人に失礼のないようにするには仕事の細かい報告はしない

仕事中心の生活をしている男性が体調を崩すと、何よりも仕事のことが気がかりなはず。

だからといって職場の状況を細かく報告すると、「気になるから知りたくなかった…。」逆に心配をさせ気がかりを増やしてしまいます

体調の悪い相手には「会社は大丈夫だよ。」と軽く伝える程度にし、聞かれたことだけサラッと答えようにしましょう。


注意点5. 相手が年上なら敬語を忘れない

いくら仲の良い先輩であっても、相手が年上だったらきちんとした敬語を使うのが基本。

関係を深めようとすると馴れ馴れしくなりがちですが、敬意を表するためにも言葉遣いには気をつけたいです。

ただし、それなりに仲が良い関係の先輩にあまりにガチガチな敬語を使うと堅苦しいと思われてしまいます。

「ゆっくり休んでくださいね。」「また元気になるのを待ってますよ。」と、語尾を柔らかくしてみましょう。


体調を気遣うメールで好きな人との距離を近づけてみて。

仕事でお世話になっている人や友達、好きな人が体調を崩したらとても心配になります。

そんな気持ちを相手に伝えるなら、失礼のない文章でメールを送りたいですよね。

本記事では女性が好きな人やお世話になっている人に体調を気遣うメールを送るコツをまとめてみました。

書き方や注意点も紹介していますので、メールで好感度を上げたい女性は参考にしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事