非モテコミットとは?女性からモテない理由とモテ男になる方法を紹介!

一途なのにモテない男性へ。本記事では、非モテコミットする男性がモテない理由から、非モテコミットしてしまう男性の特徴まで大公開!非モテコミットから抜け出す方法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

そもそも『非モテコミット』とは?どんな状態のこと?

『非モテコミット』とは?

非モテコミットとは、「非モテ」「コミット」を組み合わせた造語。

男性が特定の女性に対し、一方的に好意を持つことを指す言葉です。

恋人関係であれば彼女に尽くす一途な男性なのですが、まだ付き合ってもいない状態だとただのしつこい非モテコミットと判断されてしまいます。

また、一人の女性に尽くすことの他に、自分を良く見せようと必死すぎる自己アピールをするのも非モテコミットの特徴。

一般的に、非モテコミットの男性は女性ウケが悪く、モテないと言われています。


非モテコミットの具体例|当てはまる男性の特徴を紹介

では、具体的にどのような言動が非モテコミットとされるのでしょうか。

代表的な例は、

  • 親しい関係ではないのに、LINEや電話で毎日好意をアピールしてしまう
  • 会うたびにプレゼントを渡してしまう
  • 聞かれてもいないのに、経歴や収入など自分の凄さを必死にアピールしてしまう
  • 嫌われたくないため、女性の言うことを全て聞いてしまう
  • デートの予定はいつでも女性の都合に合わせる

など、彼氏だったら彼女に一途で素敵と思われる行動を、付き合う前に行ってしまうのです

また、自己アピールが強すぎるため、女性の反感を買ってしまいがちなのも特徴ですよ。


非モテコミットは『ぼくは愛を証明しようと思う。』を読むと分かりやすい!

ぼくは愛を証明しようと思う。

進化生物学の理論や心理学、金融工学、そして世界中の恋愛市場で培った経験を取り入れ、「恋愛工学」という新しい分野を創出した一冊です。

男女関係を生き抜くための戦略的内容は、非モテコミットに悩む男性にとって参考になることばかり。

「どうすればモテるのか?」という世の中の男性の最大の疑問を解決するヒントが盛りだくさんですよ。

Amazonで詳細を見る


非モテコミットする男性がモテない理由|良い人止まりになるのはなぜ?

非モテコミットする男性がモテない理由

「どうして非モテコミットはモテないの?」

「いつも良い人止まりで終わってしまう…」

良かれと思って相手にアプローチしたり尽くたりしても、なかなか恋愛関係に発展しないと悩む男性も多いでしょう。

そこでここから、非モテコミットする男性がモテない理由を解説。

「良い人なんだけどね…」で終わってしまう女性心理や理由を把握しながら、今後の対処法の参考にしてみてください。


理由1. 刺激が少なくつまらないから

追いかけられる恋愛より追いかける恋愛のほうが、気持ちが燃え上がるという女性は少なくありません。

  • なんでも言うことを聞いてしまう
  • 会う時はいつでも女性の都合に合わせてしまう
  • いつも奢ってしまう

など、嫌われたくないための言動が、女性からすれば何でも手に入るのが当たり前のように感じ、物足りなくなります。

追いかけたい女性にとって、非モテコミットする男性は刺激が足りずにつまらないんです。


理由2. 男性として魅力を感じないから

女性は、恋愛だけでなく仕事や遊びも全力で行う男性に惹かれやすいもの。

例えば、仕事があるのに無理やり予定を合わせて二人で会う機会が多いと、「仕事は適当なのかな…」と思います。

また、友達よりも女性を優先してばかりだと、「恋に必死すぎない?」とウンザリされてしまいがち。

恋愛の優先度が高い非モテコミットの男性を見ると、女性が自分よりも遺伝子が劣っていると感じて惹かれないんです。


理由3. 自己アピールが必死で余裕がなさそうだから

女性は本能で繁殖能力が高い男性を求めています。つまり、恋愛において余裕が感じられるモテる男が好きなんです。

一方、余裕が感じられない男性は「モテない」と判断し、興味を惹かれません。

  • 毎日LINEや電話で好意をアピールする
  • LINEの返信が遅いと、追いLINEなどで返信を急かす
  • 女性の都合が悪くても、無理やり会ったりデートしようとしたりする

など、しつこいアプローチをしたり相手の都合を考えなかったりすると、余裕がない男性だと判断されてしまいます。

積極性を勘違いしている言動に恋愛偏差値の低さを感じるため、恋愛対象外になってしまうのです。


理由4. 自分より下の人に見えて、尊敬できないから

非モテコミットする男性がモテない理由は尊敬出来ないから

多くの女性は、男性にリードされたいと思っています

そのため、嫌われたくない一心で、

  • デートプランは女性の行きたいところばかり優先する
  • 女性の言うことには何でも「そうだね」と同意する

など、女性の顔色ばかり伺ってばかりでリードしてくれない男性には魅力を感じません。

女性は本能的に優秀な遺伝子に惹かれる傾向があるもの。

女性に迎合してばかりの男性は尊敬することができず、惹かれないのです。


非モテコミットをするデメリット|一途すぎる人の末路は?

非モテコミットをするデメリット

非モテコミットする男性が、女性からモテない理由が分かったと思います。

そこでここから、非モテコミットをしてしまうと起こり得るデメリットを紹介。

女性を一途に想っているだけなのに、悲しい末路を辿ってしまう非モテコミット。どんな結末を迎えてしまうのか確認しておきましょう。


デメリット1. いつも『良い人止まり』で終わる

嫌われたくない一心で、相手に尽くそうと必死になる非モテコミットする男性。

その姿を見た女性は、男性に魅力を感じず異性として見られなくなります。

女性は男性を見ると本能的に恋人枠なのか友達枠なのか判断する生き物。

オスとしての魅力に欠ける男性は友達枠に入れられ、恋人枠への昇格が難しいんです。

結果的に、どれだけ尽くしても「良い人なんだけど…」で終わってしまいます。


デメリット2. 女性との出会いのチャンスが少なくなる

一途に女性を想い続けるのが非モテコミットする男性の特徴。

一見良いことのように思えますが、一人の女性だけを追いかけるので、新たな出会いや恋愛のチャンスを逃します。

他の出会いを断ることで、視野や選択肢が狭まるんです。

また、女性と触れ合う機会や恋愛経験が足りずに男性としての魅力が欠けてしまうのもデメリット。

女心がわからなかったり勘違いしたりした言動が増え、恋愛がうまくいかない悪循環に陥ります。


デメリット3. 貢がされたり、騙されたりする

女性の要望にはできるだけ応えたいと思うのが、非モテコミットする男性の心理。

その姿を見て女性は、「何をしても私を嫌うことはないだろう」と感じてしまいます。

なかには、好意を利用して高価なプレゼントを買わせたりご飯を奢らせたり、お金を騙し取ろうとする女性もいるのは事実。

男性側からするとギブはしてもテイクしてもらえない、完全な一方通行です。

単に都合の良い人として、利用されるだけのケースも少なくありません


デメリット4. 女性に振り回され、他のこともうまく行かなくなる

非モテコミットをするデメリットは女性に振り回され他のこともうまく行かなくなる

恋愛に必死すぎて余裕がないのも、非モテコミットに陥っている男性の特徴です。

恋愛が自分の生活の軸となっているため、仕事が手につかなくなったり、周りの意見を聞けない状態に陥ったりします。

「騙されてるよ」「もう諦めようよ」という友達の声を無視して、関係が悪化することも。

好意を寄せる女性の対応次第で浮き沈みが激しく、精神的に不安定となり、恋愛だけでなく仕事や人間関係もうまくいかなくなってしまうのです。


非モテコミットを直す方法|モテ男になるには?

非モテコミットを直す方法

「非モテコミットにがっつり当てはまる…」

「非モテコミットを直すにはどうすればいい?」

良かれと思っていた言動が非モテコミットだった場合、どうすれば非モテコミットに陥らないようにできるのか気になりますよね。

そこでここから、非モテコミットを直す方法を解説。

非モテコミットから脱出する方法を知って、ただのしつこい男から、一気にモテ男へと昇りつめましょう。


直す方法1. 『優しい人がモテる』という認識を捨てる

一般的に「優しい男性はモテる」と言われますが、実はそうではありません。

付き合ってはいけないと言われる4B、

  • 美容師
  • バンドマン
  • バーテンダー
  • 舞台俳優

のほうが、ただ優しい男性よりモテるのが現実。

つまり、優しいからモテるというのは、間違った認識なんです。

  • 女性から「会いたい」と言われても、毎回は会わない
  • なんでもかんでも奢らない
  • イベント以外でプレゼントを贈らない

など、尽くすことと優しいことは別物だと知りましょう。

一方的に押してばかりだと女性は慣れてしまいます。駆け引きの一環として、時には引くことも大切ですよ。


直す方法2. 出会いの場に積極的に顔を出す

モテる男性はモテない男性より、圧倒的に出会いの量が多いんです。

非モテコミットする男性は、女性との出会いが少ないため「自分にはこの人しかいない!」と勘違いして、一人の女性に固執してしまいがち。

それが余裕のなさとして表れ、女性から下に見られる悪循環に繋がります。

  • 飲み会やコンパに参加する
  • 友達に女性を紹介してもらう
  • マッチングアプリを活用してみる

など、多くの女性と知り合える場所を積極的に探しましょう。

女性と触れ合う機会が増えれば選択肢が増えるだけでなく、女性に慣れたり恋愛偏差値が上がったりするメリットもありますよ。


直す方法3. 複数の女性を同時にアプローチする

多くの女性にアプローチすることで「上手くいかなくても他にもいるからいいか」と、気持ちに余裕を持ちやすくなります。

また、複数の女性に対してアプローチすることで、一人の女性に偏ったアプローチをせずに済むんです。

  • LINEでやり取りする女性を複数作る
  • 二人きりでもグループでも、一緒に遊ぶ女性を増やす

など、一極集中型にならないよう心掛けてみましょう。

気持ちに余裕が持てるだけでなく、多くの女性と接することで自然と女性の扱い方にも慣れてきますよ。


直す方法4. 学歴や年収などのステータスを自慢しない

非モテコミットを直す方法はステータスを自慢しない

女性は男性の見栄に敏感です。自分から率先してステータスを言うと「アピールが凄い…」と引いてしまいます。

なので、年収や学歴など自慢できる部分は、女性に聞かれるまでは自分から言わないようにしましょう

聞かれた場合もドヤ顔することなく、サラリと流すように言うとGOODです。

「自慢しないんだ」と、女性に好印象を与えやすくなります。

自身の誇れる事こそ、あえて後出しする方が魅力を感じてもらえるので、非モテを抜け出せますよ。


直す方法5. 恋愛以外に没頭できるものを見つける

女性は余裕のある男性に惹かれます

余裕を感じさせるためには、恋愛に使う時間を減らしたり、恋愛の優先順位を下げたりするのが効果的。

例えば、仕事や趣味など、恋愛以外に自分の軸となる部分を確立しましょう。

仕事に打ち込んでいる姿は女性から見てもかっこいいですし、趣味を広げることで新たな出会いや刺激があるかもしれません。

仕事やプライベートが充実することで男性としての魅力が増し、周りから違う目で見られるメリットもありますよ。


直す方法6. 1人の女性を執拗に追わない

一人の女性を一途に想う気持ちは決して悪いことではありません。

しかし、執拗にアプローチしてしまうとガッツいているように思われ、本能的にモテる男性を追いたい女性にとっては逆効果です。

  • LINEの返事が遅くても催促しない
  • 断られているのに何度もデートに誘わない
  • 毎日LINEしていたなら2~3日に1回にするなど、連絡する頻度を下げる

など、「あなただけじゃないから」と余裕を感じさせる言動を心掛けましょう。

押してダメなら引いてみるは、恋の駆け引きの基本中の基本。

断った時にあっさり引く男性の方が、意外と女性は興味を惹かれるものですよ。


非モテコミットを抜け出して恋愛を楽しんでみて。

一人の女性を執拗に追う非モテコミットをしてしまう男性はモテません。

女性は本能的に追われる恋より追いかける恋の方が好きなんです。

「非モテコミットをしていた…」と思う男性でも、すぐにできる対処法はあります。

まずは、連絡頻度を下げ、多くの女性と触れ合う場所に積極的に出向きましょう。

より多くの女性と出会うことで、必然的に非モテコミットはなくなっていきます。

世の中には素敵な女性が数多くおり、そのなかにあなたの本当の恋のお相手がいるかもしれませんよ。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事