爽やかな人とは?見た目・性格の特徴&清潔感を出す15の方法をレクチャー!

爽やかな人を目指す方へ。本記事では、爽やかな人の特徴から、爽やかになる方法まで大公開!気になった方はぜひチェックしてみてください!

そもそも『爽やか』とは?どんな意味?

『爽やか』とは?

爽やかという言葉は

「気持ちが晴れやかで心地良いさま」

「言葉などがはっきりとしていて聞きやすいさま」

などの意味を持ちます。

そのため、人の性格を表す際には、言動が明るく、ハキハキしていて親しみやすい雰囲気を持っている人を爽やかな人と表現することがあります。


爽やかな人の特徴|さっぱり清らかな印象を与える人の共通点とは?

爽やかな人の特徴

「爽やかでモテる人の行動にはどんな特徴があるの?」

「自分にも当てはまるところがないかチェックしたい」

学校や職場にいる、いつも爽やかな人が普段どんな行動をしているのか気になりますよね。

そこでここでは、爽やかな人の特徴をご紹介します

爽やかな人に憧れている人は、自分の行動にも当てはまるところがあるかチェックしてみましょう。


特徴1.筋トレや運動が好き

運動で汗を流している姿は健康的で爽やかに見えるものです。

  • 定期的にジムに通っている
  • 趣味でスポーツを楽しんでいる

など、体を動かす習慣を大切にしている人が多いでしょう。


特徴2. 洋服の手入れが行き届いている

爽やかさと清潔感は切り離せないもの

いくらお気に入りのファッションに身を包んでいても、その洋服自体にシワや汚れがあると爽やかな印象は持たれません。

そのため、爽やかな人は見た目にも気を遣っています。

  • 脱いだスーツや制服は皺にならないように、すぐハンガーにかける。
  • 忙しくてもシャツにはきちんとアイロンをかける。

など、洋服の手入れを欠かさないのも爽やかな人の特徴。


特徴3. 明るい笑顔の表情をよくしている

笑顔が多く表情が明るい人は、性格もポジティブで心から爽やかな人というイメージを持たれます。

  • まるで芸能人のように綺麗な歯並びで、笑顔が可愛い
  • 楽しそうに声をあげて笑う
  • いつも自然と口角が上がっている

このような笑顔をしていることが爽やかな人の特徴だと言えるでしょう。


特徴4. イキイキと働いている

爽やかな人の特徴は生き生きと働いている

自分から仕事を見つけてどんな仕事に対しても決して手を抜かない一生懸命に働くひたむきな姿に、人はポジティブな印象を持ちます。

職種に関係なく、目の前の仕事に真面目に取り組んでいる姿は、爽やかな印象を持たれ尊敬されるでしょう。


特徴5. 背筋が伸びいて、常に姿勢が良い

姿勢が良く、背筋が伸びている人は、立ち姿や歩き姿もすっきりして爽やかな印象を与えます

  • 頬杖をついたりしない
  • 足を組まない
  • 椅子に座っていても背もたれに寄りかからない

など、一目見ただけで分かる、魅力的な姿勢をしているのが爽やかな人です。


特徴6. 石鹼のような良い匂いがする

香りは人に与える印象を大きく左右するもの。

ほのかにいい匂いがするのも爽やかな人の特徴です。

その匂いも香水というよりは、スタイリング剤の柔らかい香りがほんのりと匂うことで、清潔感のある印象を持たれます


特徴7. ハキハキとした話し方をしている 

物怖じしないではっきり喋る人には多くの人が好感を持つでしょう。

そのため、話し方一つにしても受ける印象は大きく変わります。

  • 明るいトーンで声がよく通る
  • 聞き取りやすいように大きな声で話す

などをモゴモゴ喋らずハキハキした話し方をする人は爽やかな印象を抱かれるでしょう。


特徴8. 清楚系のメイクをしている

爽やかな人の特徴は清楚系のメイク

盛った濃いメイクよりも素肌を生かした清楚系メイクの方が爽やかな印象を持たれます。

優しい雰囲気になるので、親しみやすさも感じられて好印象。

例えば、

  • 透明感のあるベース
  • シアーな質感のあるリップ
  • 軽く陰影が出るくらいのアイメイク

などのようなメイクをしている人が該当するでしょう。


爽やかな人になるための方法|清潔感を出すために心がけることは?

爽やかな人になるための方法

「笑顔の可愛い爽やかな人になるにはどうしたらいいの?」

「爽やかでモテる人に近づく秘訣を教えて欲しい」

普段大人しい性格だと言われているけれど、爽やかで活発な性格になりたい人もたくさんいらっしゃるでしょう。

そこでここからは、爽やかな人になる方法について解説します。

爽やかさを手に入れたい人は、ぜひ実践してみてくださいね。


方法1. 淡いカラーのシンプルな服装を着る

爽やかな見た目に大切なのが洋服の選び方。

爽やかさを出すには、清潔感のあるファッションが1番です。

色や形に少し気を遣うだけで、爽やかな印象を身にまとうことができます。

服装で意識するポイントは、女性なら、

  • シンプルな形のワンピースやスカート
  • 色は白やベージュなど淡いカラーを選ぶ

男性の場合は、

  • 自分の体に合ったジャストサイズ
  • 色は、白や青の清潔感を感じさせるカラーを選ぶ

などを心がけましょう。


方法2. 人の悪口を言わないようにする

どんな人であっても、悪口を言っている時の表情は爽やかとは程遠いものです。

もし、他人に腹が立ってしまった時には

  • 一度相手の立場になって考えてみる
  • 紙に不満を書いてストレスを吐き出す

などを実践することで、自分にも悪いところがなかったか見つめ直す時間ができて、ムカムカした気持ちが落ち着きます。

悪口を言わなくなると、人の良い所を見るようになるため、内側から美しさが作られていきますよ。


方法3. 規則正しい生活を意識する

規則正しい生活を送るよう心がけると健康的になり、爽やかな人特有のエネルギッシュな振る舞いが出来るようになります。

規則正しい生活をするには、

  • 睡眠時間をしっかり確保する
  • 朝、昼、夜の3食しっかり食べる
  • 運動習慣を身につける

などを意識するといいでしょう。

生活習慣が改善されると肌も綺麗になり、より健やかで爽やかな印象に変わっていきますよ。


方法4. 化粧やクリームで、肌の保湿を怠らない

爽やかな人になるための方法は肌の保湿を怠らない

肌は年齢を重ねることで、水分量や油分量が減って乾燥すると言われています。

何もせずに放置をしていると乾燥して爽やかさからは離れていってしまうでしょう。

そうならないためには、保湿を欠かさず、綺麗な肌を保つことで清潔感と爽やかさを与えられますよ。

例えば、

  • 化粧水やクリームなどできちんと保湿をする
  • こまめな日焼け止めで紫外線対策

などが効果的。

自分の肌に合う商品を見つけて、こまめな保湿を心がけましょう。


方法5. 何もしない時でも笑顔を心掛ける

無表情だったり、仏頂面で過ごしていると、実際は違うのに

「機嫌が悪いのかな?」

と誤解されてしまうことも。

日ごろから自然な笑顔を心がけることで、

「爽やかで話しかけやすい人だな」

と親しみを持たれますよ。

自然な笑顔を作るためには、表情豊かに過ごすことを意識するのがオススメ。

顔の筋肉が鍛えられて口角も上がります。

ただし、愛想笑いや作り笑いは意外と気づかれてしまうものなので、無理は禁物です。


方法6. 柔軟剤や香水のいい匂いを漂わせる

人間は清涼感のある良い香りを嗅ぐと爽やかさを連想することがあります。

そのため、いい香りを身にまとっていると爽やかな印象をアピールできます。

爽やかさを演出するには、

  • 柑橘系の香りの香水
  • フローラル系や石鹸系の柔軟剤

などの自然な香りの物がおすすめです。

男性で香水をつけるのはちょっと抵抗があるという方は、ヘアワックスなどで香りを演出するといいでしょう。

すれ違った時にふわっと香り、清潔感を印象付けられます。


方法7. ポジティブな思考を持つように意識する

常に否定的な考えを持っているとどんよりとして暗いイメージを持たれてしまいます。

前向きな考え方を持ち、周囲にいい影響を与えられるようになると、明るく爽やかな印象を周囲に与えられるでしょう。

  • きっとできる
  • 何とかなる

という考えを持ってどんなことにも一生懸命に取り組んでいれば

「最近、なんだか前向きになったね」

と学校や職場の人の見る目が変わりますよ。


方法8. ヘアスタイルを変える

爽やかな人になるための方法は髪型をセットする

髪型も人の印象を大きく左右します。

髪型を変えると人に与える印象を大きく変えられるのでオススメ。

耳やおでこが出る程度の不快感を持たれない長さの髪型に整えることで、清潔感のある爽やかな印象を持たれやすくなります。

せっかく髪型を変えたら、セットするのも忘れずに。

美容師さんにやり方を教えてもらうとうまくセットできるようになりますよ。


方法9. 相手の目を見てきちんと話す意識を持つ

アイコンタクトという言葉があるように、視線を合わせる事は大切なコミュニケーションの1つと言われています。

爽やかな人を目指すなら、きちんと相手の目を見て話すように習慣を変えていきましょう。

  • 挨拶する時は笑顔で目を合わせる。
  • 体ごと相手の方を向いて話す。

などを実践すると、爽やかで自信のある印象を与えられますよ。

逆に、相手の目を見ない話し方は自信と余裕がないように映るので、しないように気を付けましょう。


方法10. 日頃から爪は短く切り揃える

指先は人に見られることが多いもの。

手入れをしておくことで、爽やかさを演出しやすい部分です。

伸びすぎた爪は不潔な印象を与えてしまうので、いつも切り揃えおくようにしましょう。

その他に、爪の手入れでおすすめなのが、

  • 切りっぱなしにしないでヤスリをかける
  • ハンドクリームを爪先まで塗る

などです。

爪の保湿はあまり意識されないことが多いですが、乾燥を防ぐことで美しい爪になります。

綺麗な爪は爽やかさと好感度を上げる武器になります。


方法11. 髭は毎朝綺麗に剃って肌をケアする

中にはヒゲが好きな女性もいますが、基本的にヒゲは不潔な印象を与えがちで、爽やかさとは相反するものです。

爽やかになるためには、毎日綺麗に剃るようにしましょう。

ただし、一つ注意したいのがカミソリ負け。

カミソリ負けで肌が荒れていると女性から爽やかさからは程遠くなってしまいます。

髭を剃り終えた後は、化粧水で肌をケアして肌荒れを防止しましょう。

毎日の手入れが大変という方は、レーザー脱毛を検討してもいいかもしれません。

手間をかけずに爽やかな印象が手に入ります


方法12. 食後は歯磨きをして、白い歯をキープする

爽やかな人になるための方法は歯磨きは毎食後する

笑顔になった時に見える白い歯は爽やかさの象徴とも言えます。

白い歯をキープするための努力を欠かさないようにしましょう

簡単にできる歯を白く保つ方法としては、

  • 会社や学校など出先でも、食後はできるだけ歯を磨く
  • 煙草を吸っているならやめる
  • コーヒー、赤ワインなどの着色しやすい飲み物を控える

などがあります。

もし、芸能人のように真っ白な歯を手に入れたいのであれば、費用はかかりますがクリニックでホワイトニングを受けるのもおすすめ。


方法13. リップクリームを常備して、唇の潤いを保つ

カサついた唇は不潔な印象を持たれがちです。

特に空気が乾燥する寒い季節は、唇が荒れてしまいがちなのでケアに気を使いましょう。

唇の乾燥対策といえばリップクリームです。

「いつも使っているけれど効果がでない」

という場合は、正しく使えていないのかもしれません。

  • 少しでも唇が乾燥していると感じたら塗る
  • 唇に刺激を与えないようにやさしく塗る

といった正しいケアで唇の潤いを保ちましょう。

潤いのある唇は爽やかで健康的に見え、モテるポイントにもなります。


方法14. スーツはこまめにクリーニングし、きちんとした状態で着る

ピシッとしたスーツは、ビジネスパーソンにとって清潔感を演出しやすいアイテムです。

スーツのシルエットが崩れてきたらすぐにクリーニングに出すことで、清潔感を保つことができます。

また、同じスーツばかり着ていると、どうしてもすぐに傷んでヨレヨレになってしまうのでスーツは3着は準備しましょう。

1回着たら2日程度は休ませるローテーションを組むと、スーツも傷みにくくなります。


方法15. アイロンがけをして、シワの無い服装で外出する

いくらスーツがピシッとしていても、襟元や袖口から見えるシャツ、そしてネクタイがよれよれでは清潔に見えません。

そのため、きちんとアイロンをかけて皺を伸ばしておきましょう。

アイロンがけがちょっと苦手だなという人は、衣類スチーマーがおすすめ。

洋服をハンガーにかけたまま皺伸ばしができますし、誰がやっても同じような仕上がりになります。

普段から綺麗な服装で出かけることを意識すれば、いつも見た目に気を遣っている爽やかな人という印象を与えられますよ。


爽やかな人の特徴を知って自分も爽やかな人になりましょう!

今回は『爽やか』という言葉の意味をはじめ、爽やかな人の性格や特徴、爽やかな人に近づく方法について紹介しました。

「爽やかな人になりたいけど、何をしたらいいんだろう…」

という方も、具体的なイメージが湧いてきたのではないでしょうか。

爽やかさは容姿だけでなく、行動や言動にも表れるものなので、意識を変えることで爽やかになることはできます。

この記事を参考に、爽やかな人気者を目指していきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事