愛想がいい人の特徴とは?男女からモテる理由&愛想が良くなる習慣を解説

男性も女性も愛想がいい人っていますよね。愛想がいい人は周りから好かれ、人気があると思われていますが、実際の長所や短所はどのようなものがあるのでしょうか。今記事では、愛想がいい人の特徴や周りにモテる理由、愛想を良くするための習慣を徹底レクチャーしていきます。

愛想がいい人ってモテますよね。

愛想がいい人の特徴

愛想が良い人とそうでない人がいた場合、愛想が良い人の方が人から好かれていることが多いですよね。できれば自分も愛想が良い人になりたいと思う人もいるでしょう。

そこで今回は、愛想が良い人の特徴について徹底解説していきます。愛想が良い人が男女からモテる理由や愛想が良くなる習慣を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。


前提として「愛想が良い」の意味とは?

愛想とは、人と接する時の態度や人当たりのいい態度を表す言葉です。つまり、愛想が良いというのは、人と接する時に相手から好感のもたれる態度の事を表しています。

愛想が良い人は、誰に対しても感じの良い態度で接することができ、周りをパッと明るくするような好印象を与える人なので、人から好かれることが多いのです。


【男女共通】愛想が良い人の8つの特徴

愛想が良い人は誰からも好かれそうなイメージがありますよね。ここでは、愛想が良い人にはどのような特徴があるのか説明していきます。

愛想が良い人になりたいと思う人は、まずその特徴をしっかりとチェックしていきましょう。


愛想が良い人の「性格」の特徴

愛想が良い人は、どのような性格の持ち主が多いか気になりますよね。ここではまず、愛想が良い人の「性格」の特徴を紹介していきます。

全部で4つの性格の特徴があるので、自分と近いものがあるかどうか確認してみてください。


性格1. 人と関わるのが好きな性格

愛想が良い人は、人付き合いが楽しく大好きだという人が多く、初対面の人とでも臆することなく積極的にコミュニケーションを取るのが得意です。

人と関わるのが好きなのでコミュニケーション能力が高く、誰とでも笑顔で楽しく対応することができます。人と関わることの楽しさが溢れているため、意識しなくても愛想良く振る舞うことができるのです。


性格2. ムードを盛り上げるのが得意な性格

そもそも愛想の良い人は、盛り上がっているムードが大好きな人が多いです。

いわゆるムードメーカー的な存在の人には、愛想が良いと言われる人が多いでしょう。

愛想のいい人はただでさえ周りに人を寄せ付けやすく、人を巻き込むことも上手なので、周りの空気を読みながらムードを盛り上げることが得意な性格なのです。


性格3. 明るい性格でノリが良い性格

愛想が良い人は、お高くとまったりせずに気取らず自然体でコミュニケーションがとれるのが特徴です。

話を聞くのが上手で、冗談に付き合ったりノリツッコミで対応してくれるなど、リアクションも上手。

フットワークも軽く、人の調子に合わせることが得意なため、愛想のいい人がいれば周りの人も楽しく過ごすことができます。


性格4. 他人への思いやりがある性格

愛想が良い人は、自分のことだけでなく相手の立場になって物事を考えることができます。

例えば職場で疲れがたまっていそうな後輩がいれば「大丈夫?」などと声をかけてあげたりるなど、些細な気遣いができるのです。

人の痛みがわかったり、常に周りの様子を見て状況に応じた対応ができるため、周りの人からは好感を持たれることが多いです。


愛想が良い人の「行動」の特徴

愛想が良い人には「性格」だけでなく「行動」にも特徴があるようです。ここでは愛想が良い人の「行動」の特徴を2つ紹介していきます。

どちらも簡単にマネできる行動なので、愛想が良い人になりたい方はぜひマネしてみてくださいね。


行動1. 自分から挨拶をする

挨拶は人間関係を築いて行くためにも重要なポイントです。愛想のいい人は、面識のある人に対して自分から挨拶することを欠かせません。

ほとんど話したことがないような人でも、挨拶から人間関係が広がっていくこともあるでしょう。

愛想のいい人は自分から挨拶をするため、周りからも親しみと好感が持たれ人間関係が広がっていくのです。


行動2. 他人への気配りができる

愛想のいい人は自分のことだけでなく、周りの様子もしっかりと見ているのが特徴です。

人の動きをきちんと確認しているため、困っている人がいたら手を差し伸べてあげたり、悩みを抱えていそうな人がいれば声をかけて上げるなど、周りへの気配りを忘れません

自然体で他人への気配りができるので相手に好感を与えることができます。


愛想が良い人の「態度」の特徴

愛想のいい人は行動や性格だけでなく、態度にも特徴があります。ここは愛想が良い人の態度の特徴を2つ説明していきます。

愛想が良い人に憧れる人は、普段から態度にも心がけて少しでも愛想が良い人に近づけるようにしましょう。


態度1. いつも笑顔で人と接する

笑顔は人から好感を持たれるだけでなく、周囲を明るくするパワーがあります。

いつもニコニコ笑顔でいるのは愛想が良い人の大きな特徴です。愛想のいい人は人と接するのが楽しいと思っているため、自然と顔が笑顔になってしまうのです。

いかにもな作り笑顔ではなく、自然な笑顔だからこそ、周りの人からは魅力的に見られるのでしょう。


態度2. どんな人にも誠実な態度で接する

愛想のいい人は相手の立場などは関係なく、誰に対しても裏表なく同じ態度で接することができます。

愛想の良さはテクニックではなく、その人本来が持っている明るさや人当たりの良さなので、愛想のいい人にとって、人によって態度を変えることの方が難しいのです。

どんな人にも誠実に、真面目に人と接することで愛想が良い人の良さが伝わります。

【参考記事】はこちら▽


愛想が良い人の長所・短所とは?

愛想が良い人の長所や短所にはどのようなものがあるのでしょうか。愛想が良いからといって人から好かれるばかりではないようです。

どんな長所や短所があるのか、ここでは愛想が良い人の長所と短所を紹介していきます。


愛想が良い人の長所

まずは愛想が良い人の長所に注目して見ていきましょう。人から好かれるイメージの強い愛想が良い人には、たくさんの長所がありそうですよね。

ここでは愛想が良い人の長所を3つ紹介していきますので確認していきましょう。


長所1. 他人から好かれやすい

愛想のいい人はいつもニコニコと笑顔でいるため、その明るい雰囲気に誘われ周りには多くの人が集まってきます。

人を不快にさせるようなことをしないので、周囲の人たちからは「いい人」と思われることが多くなっています。

愛想が良い人は、一緒に居て居心地が良いため、誰からも好かれやすいのが愛想のいい人の長所です。

【参考記事】はこちら▽


長所2. コミュニケーションが上手い

愛想が良い人は、人と接することが大好きです。

愛想が良い人の周りには人が集まって来やすいのが特徴。自身が人とコミュニケーションを取るのが好きなので、集まってきた人と接しているうちに、自然とコミュニケーションがうまくなっていきます。

コミュニケーションが上手くなると、自然と会話が弾みより多くの人と関係を深めることができるようになります。


長所3. 困った時に、人に助けを求めやすい

愛想が良い人は周囲に人が集まりやすいため、何か困りごとがあった時には周りに居る人がきっと助けてくれるでしょう。

日頃から愛想が良いことで周囲から好かれているため、進んで愛想のいい人を助けたいという気持ちが湧いてくるのです。

いざという時に助けを求めやすいのは、仕事はもちろんプライベートでも役立つ長所でしょう。


愛想が良い人の短所

人に好かれやすいイメージのある愛想のいい人は、長所はあってもあまり短所がないような感じがするでしょう。しかし実際には、愛想が良いからこその短所がいくつかあるようです。

ここでは愛想が良い人の短所について3つ紹介していきます。


短所1. 裏表があると思われる

愛想が良い人は、ニコニコとした笑顔で人と接していることが多いですが、だからこそ人によって態度を変えているのではないかと思われがちです。

例えば、人の前ではニコニコ明るく振る舞っているからこそ、家に帰ると別人のように性格が変わってしまうのではないかと疑われてしまうことも。

裏表があると思われ、相手が疑心暗鬼になってしまうことがあるのが短所の一つです。


短所2. 他人から妬まれることがある

愛想が良い人は、いつも多くの人に囲まれていることが多いです。たくさんの人から好かれる人は、理由にかかわらず人から妬まれる対象になってしまうのです。

また、いつもニコニコ明るく振る舞っているため、悩み事など何もなさそうに見られがち。そのことも悩みを抱えている人からしてみると妬まれる理由になってしまうのです。


短所3. 八方美人であると思われてしまう

八方美人は、誰に対して愛想よく振る舞いますが、それは自分の立場を良くするために本音を隠して愛想のいい自分を演じているもの。

愛想のいい人は誰に対しても態度を変えずに愛想が良いため、八方美人であると思う人もいるようです。

愛想のいい人は、思惑があるわけでなく、単純に人と仲良くなりたいという気持ちから愛想が良いだけなので、八方美人と思われるのは短所になります。


愛想が良い人がモテる本当の理由とは?

愛想が良い人の周りには、男女問わずたくさんの人が集まってくるので、人気があってモテているイメージがあります。

ここでは愛想が良い人がモテる本当の理由に迫っていきたいと思います。モテたいと思う人は要チェックですよ。


モテる理由1. いつも機嫌が良く見えるから

愛想が良い人は、いつもニコニコ笑顔で人と接しています。それは人と接するのが好きだから自然とそうなっているだけなのですが、明るく優しい性格だと思われるようです。

機嫌が悪そうな人よりも、機嫌良く明るく過ごしている人の方が魅力的に見られるものでしょう。

愛想が良い人は、いつも機嫌が良く見えるため、魅力を感じる人が多いのがモテる理由の一つです。


モテる理由2. 相手にとって居心地が良いから

愛想が良い人はいつもニコニコ明るく接しているだけでなく、相手の立場になって物事を考えることができます。

例えば、相手から話を聞いて欲しいような雰囲気を感じ取れば、自分の意見を押しつけずに聞き手に回ってしっかりと話を聞いてくれるのです。

愛想のいい人は相手にとって居心地が良いと感じるため、一緒に居たいと思う人が多くモテるのです。


モテる理由3. 一緒にいると楽しいと感じるから

愛想のいい人は明るくてノリが良い一面があるため、一緒に過ごしていると純粋楽しいと感じる人が多いようです。

会話をしていると相づちを打ってくれたり、表情豊かにリアクションをしてくれるため、場が盛り上がり楽しく過ごせるのです。

嬉しいことがあれば、自分のことのように一緒になって喜んでくれるノリの良さも魅力の一つ。


モテる理由4. 自分に気があると感じるから

愛想のいい人は、人と接することが好きなので、基本的に誰に対しても笑顔で楽しそうに接するのが特徴。人によってそれが自分に気があると感じることもあるようです。

自分に気がありそうな人がいれば、自然と自分も気になってしまうものでしょう。

例え愛想のいい人にその気がなくても、その気があると感じてしまえば好きになってしまうのです。


今からできる愛想が良くなるための7つの習慣

ここまで愛想が良い人の特徴について詳しく解説してきましたが、自分も愛想が良い人になりたいと思った人もいるでしょう。

そんな人のために、ここからは、愛想が良くなるための習慣を7つ紹介してきます。少し意識するだけで印象を変えることができるため、ぜひチャレンジしてみてくださいね。


習慣1. 会話する時は真剣に聞きながらも笑顔で

愛想が良い人は常に笑顔で人と接するのが基本。愛想が良い人になりたいのであれば、まずは笑顔を心がけるようにしましょう。

もしも普段から笑顔があまり得意ではないという人がいれば、鏡を見ながら笑顔を作るトレーニングから初めてみるのもおすすめです。

作り笑顔ではなく、自然でさわやかな笑顔になるように挑戦してみてください。


習慣2. 見た目に清潔感を意識する

清潔感は人の印象を左右するために大切なポイントです。いくらニコニコ笑顔で過ごしていたとしても、見た目に清潔感がなければ魅力的な人には見えません。

愛想のいい人はただ愛想が良いだけでなく、さわやかさを感じさせてくれるのも魅力的なポイントの一つです。

見た目の清潔感を意識して、さわやかな印象を与えられるように心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


習慣3. 相手のことを褒める

人間誰でも自分のことを褒められると悪い気はしないものです。些細なことでも相手の良い部分を見つけて褒めてあげることで、相手はいい気分になるでしょう。

会話をしていて居心地の良さを感じられるのは、相手に魅力を感じているからこそ。

愛想のいい人は、相手のことを思いやり自然と居心地の良い雰囲気になるように心がけているのです。


習慣4. 丁寧な言葉遣いを心掛ける

見た目が優しそうな人でも、言葉遣いが汚い人はそれだけで印象が悪くなってしまうものです。

人と会話をする時には、できるだけ丁寧な言葉使いを心がけることにより、相手に好印象を抱いてもらうことができます。

愛想のいい人は、相手がどう感じるのかを考えながら話しているため、丁寧言葉使いで伝え方が上手なのです。


習慣5. 自分の意見を他人に押し付けない

愛想のいい人は、相手のことを考えながら会話をしているので、一方的に自分の意見を他人に押しつけたりしません。

会話を盛り上げるだけでなく、相手の話を上手に聞いてくれるため、話をするだけでも魅力的に感じてしまうのです。

自分の意見を述べるだけでなく、相手を思って聞き上手になることを心がけると愛想が良い人に一歩近づけますよ。


習慣6. 相手のことを思いながら行動すること

人に対して思いやりの気持ちがあったり、気遣いができたりする人は、相手の事を思いながら行動します。

例えば、困っている人がいれば助けてあげたり、体調が悪そうな人がいれば、声をかけて気遣ったりするなど、相手を気遣う言動が自然にできるのです。

損得勘定なく、純粋に相手のことを考えることができるため、愛想のいい人になるためには意識して周りに目を向けてみると良いでしょう。


習慣7. ポジティブな考え方を身につける

愛想のいい人は、いつも笑顔で人と接することができます。それは、いつもポジティブな考え方で過ごしているからこそできることです。

心の中にネガティブな感情があると、自然と暗い表情になるなどネガティブな感情が顔に表れてしまうこともあるでしょう。

ポジティブな考え方を身につけることができれば、自然と人に対して愛想よく振る舞うことができるようになります。

【参考記事】はこちら▽


【番外編】愛想が良い人に向いてる仕事とは?

ここからは番外編として愛想が良い人に向いている仕事を紹介していきます。

愛想が良くないことを気にしていた人は、愛想が良くなる習慣を試して人と関わる仕事に変えてみれば、自然と愛想のいい人になれるかもしれませんよ。


向いてる仕事1. サービス業・接客業

サービス業や接客業はお客さんを相手にするため、笑顔を大切にしている業種です。愛想のいい人のように、普段から笑顔が身についている人であれば、普通にお客さんと接しても良い印象を抱いてもらえることでしょう。

お客さんを相手にする際、愛想がなければ売り上げにも響いてしまいます。サービス業や接客業において、笑顔はとても大切な要素になるのです。


向いてる仕事2. 営業

営業は、ある意味会社の窓口のような仕事ですので、得意先との付き合い方がとても大切です。

愛想が良い人のように、明るい雰囲気で笑顔で人と接することができる人は、得意先からも「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるでしょう。

コミュニケーション力の高さも営業には必要なので、愛想のいい人は営業に向いているといえます。


向いてる仕事3. ガイド

ガイドは、旅行先などで旅人たちを案内する仕事です。サービス業や接客業と同じように、お客さんを相手にする仕事ですので、人と接することが好きな愛想のいい人にはぴったりでしょう。

年齢や性別、時には国籍問わず、ありとあらゆる人と接する仕事ですので、愛想のいい人が持っているコミュニケーション力を存分に活かすことができます。


向いてる仕事4. 受付業

受付業は会社の印象を左右する大切なポジションです。初めて会社を訪れた人は、まず受付の方と会話をすることになるでしょう。

無愛想な人が受付をしていたら、お客さんの気分を損ねて会社の印象が悪くなってしまうことも。

いつも笑顔でニコニコ対応できる愛想のいい人であれば、会社の顔として受付業をこなすことができるはずです。


愛想がいい人の特徴を真似して、素敵な人に近づきましょう。

今回は愛想のいい人について詳しく解説してきました。基本的に愛想のいい人はメリットが多く、得をすることが多いようです。

人からも好印象を持ってもらえることが多いため、男女問わずたくさんの人に囲まれるような人気者になれるでしょう。

これから愛想のいい人を目指したいなという人は、少しでも理想に近づけるように笑顔を心がけてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事