料理上手な彼女の8つの特徴|彼氏の胃袋をがっちり掴む方法やコツとは?

料理上手になりたい彼女へ。本記事では、料理上手な彼女な特徴から、料理上手な彼女になる方法まで大公開!男性の胃袋を掴むレシピも解説していきます。

料理上手な彼女がモテる5つの理由|料理ができると好かれるのはなぜ?

料理上手な彼女がモテる理由

「『料理ができる』って言うと、それだけで男性の反応がいいみたいだけど、なんで?」

「『男は胃袋を掴め』ってよく言われるけど、料理上手になったら、もっとモテるようになるってこと?」

料理上手な彼女がモテる本当の理由、気になりますよね?

まずは、料理上な彼女がモテる理由や料理ができる女性が男性から好かれるワケについて、一つずつチェックしていきましょう。


理由1. 家庭的なイメージに惹かれるから

料理上手な女性に対して、美味しい料理を作ってくれたり、身の回りのお世話をしてくれたりしそうなイメージを持つ男性って、実はたくさんいます。

「今日は、〇〇君の好きなカレーライス作ったよ。」

「今日もお疲れ様。ご飯にする?お風呂にする?」

などと、愛情たっぷりに尽くしてくれそうな気がするのも、料理上手な女性だからこそ。

特に、自分の育った環境がそんなに良くない場合、家庭的な雰囲気に憧れている男性が多いので好感度が抜群になります。


理由2. 包容力に母性を感じるから

「料理上手」と言われると、多くの男性が思い描くのが優しいけど、時には厳しく叱ってくれる母親像でしょう。

そのため、料理上手な女性がいると母親を連想して、安心感や甘えられるイメージを抱いて自然と惹かれてしまうのです。

特に、お味噌汁や、煮物、カレーライス、ハンバーグなど、ごく普通の家庭料理が上手に作れる女性により家庭的な包容力を感じやすいといえますよ。


理由3. 胃袋が満たされるから

食事は、性別年齢に関係なく、人間が生きていくうえで絶対に欠かせないもの。

そして、料理はできないけど食べることが好き、毎日美味しいものを食べたいと思っている男性はたくさんいます。

そのため、お家デートで自分のために美味しいご飯を作ってくれる彼女は、それだけで幸せにしてくれる存在。

まさに、男性の胃袋を掴んだ状態になれるのです。


理由4. 結婚後を想像しやすいから

小悪魔彼女になる時の注意点は結婚後を想像しやすい

結婚をしたら、大半の男性は、妻の手料理を毎日のように食べることになります。

そのため、料理上手な彼女なら結婚後の幸せな家庭のイメージが湧きやすくなるのです。

「〇〇ちゃんと結婚したら、今食べてるようなテイクアウトとはおさらばできるんだろうなぁ。」
「仕事から帰ってきたら、出来立ての美味しいご飯をすぐ食べられるとか、マジ最高だよな。」

などと、幸せ溢れる結婚生活を具体的に想像しやすくなります。


理由5. 喜ばせようと努力してくれる姿に惹かれるから

大好きな人を喜ばせようと一生懸命頑張る女性の姿は、男性の心を強く揺さぶるもの。

彼女が自分のためだけに創意工夫をしながら料理を作ってくれると、男性は彼女からのより強い愛情を感じて幸せを感じるのです。

「ルーを使わないカレーなんて、すごく時間かかっただろうに、俺のために作ってくれるなんて、マジでめちゃくちゃ幸せだなぁ。」

などと、彼女のことを惚れ直してしまいます。


料理上手な彼女の8つの特徴|男性の胃袋を掴む女性の共通点とは?

料理上手な彼女の特徴

「料理上手な彼女って、一体どんな女性なの?」

「胃袋掴める女子力って言ったら、やっぱり料理が上手いって事だよね?それって、どんな女子力なの?」

彼氏を虜にしてしまう料理上手な彼女とは、一体どんな女性なのでしょうか?

ここからは、料理上手な彼女の特徴や、男性の胃袋をガッツリ掴む女子に共通する特徴について、一つずつチェックしていきましょう。


特徴1. 王道のメニューを美味しく作ってくれる

男性に人気があるのは、塩味や醤油味、照り焼き味など、スタンダードな味付けの王道料理がほとんど。

お母さんがパパッと作るような味を食べ慣れているため、豚汁やオムライスなど、王道の味を美味しいと感じやすい傾向にあるのです。

「王道メニューが美味しい=料理が上手だから美味しく作れる」と考えるのが男性。

そのため、男性が食べ慣れていない珍しい味付けの料理は、どんなに美味しくできても「すごいね。」の感想だけで終わってしまいがちです。


特徴2. 冷蔵庫にある食材でささっと作れる

お腹が空いた時に冷蔵庫にある食材だけで、ささっと美味しいご飯を作ってくれると、それだけで料理上手に見えてしまうもの。

「冷蔵庫、ほとんど空っぽだねー。」

なんて言いながら、目の前にある食材だけで料理が作れる女性は、男性からすると『真の料理上手だ…!』なんて感動してしまいます。

そしてそのやりくり上手なところが、結婚後の想像がしやすくなり、金銭面でも安心できると思われますよ。


特徴3. 包丁さばきが慣れている

調理中の彼女の包丁さばきが危なっかしいと、どんなに料理上手を自慢されても不安に感じてしまうもの。

一方、手慣れた様子で包丁を扱えると「〇〇ちゃん、きっと家でも毎日料理してるんだろうなぁ。」と、男性は簡単に想像できるのです。

包丁さばきに慣れている=料理の腕前が高い」と考えるので、手早く千切りができるだけでも、料理上手だと思われやすくなります。


特徴4. 手際よく複数の品数が作れる

料理上手な彼女の特徴は手際よく複数の品数が作れる

マルチタスクが苦手な男性にとって、幾つもの料理を同時に作っていく女性には尊敬しかありません。

ご飯が炊き上がる時間を計算して、卵焼きとほうれん草のおひたしを作りつつ、アジの開きまで焼いちゃう女性なんて、まるで魔法使いのように見えるのです。

特に、20〜30分程度の短時間で手際よくあっという間に複数の品数が作れる女性は、それだけで好感度抜群になっちゃいます。


特徴5. 料理と平行して片付けもできる

料理はするけど、使ったフライパンやまな板は、使いっぱなし、後片付けが面倒になってしまう男性って、実は結構多いもの。

そのため、美味しい料理を作りつつ、片付けも並行してできる女性の手際の良さに惚れてしまう男性もいるのです。

「こんなに品数多いのに、キッチンがぐちゃぐちゃじゃない…。すごいな〇〇ちゃん。」

などと、すっきり片付いたキッチンに驚いてしまいます。


特徴6. 味付けを自分好みに合わせてくれる

美味しいと評判のレシピ通りに作っても、その味付けが好みに合わなかったら、料理上手には思われません。

料理上手な人は、自分の作り方や味付けの仕方に固執する事なく、臨機応変に対応可能なのも大きな特徴の一つ。

「〇〇君、辛いの苦手って言ってたから、今日は唐辛子無しで作ろう。」

などと、相手が美味しく食べてくれるかどうかを第一に考えて料理を作れる女性はまず彼氏から「料理上手だ」と思われますよ。


特徴7. 下準備がしっかりしていて、料理が出てくるテンポが良い

野菜の下茹でや、肉類にしっかりと味を染み込ませるための下味付けなどの下準備は、どうしても時間がかかってしまうもの。

この下準備を前もって出来ていると、料理をする時に相手を待たせすぎないという気配りが感じられます。

「俺の好きなハンバーグ、こんなすぐ出来るなんて、〇〇ちゃん、俺のために準備してくれてたんだろうなぁ。」

などと、料理に手慣れている様子がとても魅力的に映るのです。


特徴8. 料理のレパートリーが多い

料理上手な彼女の特徴は料理のレパートリーが多い

サラダしか作れない、卵料理しか作れない…など、作れる料理のレパートリーが少ないと料理上手とは言い難いもの。

「和洋中、なんでも作れるなんて、〇〇ちゃんすごいなぁ。きっと昔から料理してきてたんだろうなぁ。」

などと、料理のレパートリーが多いだけで、「料理経験者」だと思われるので尊敬されやすくなります。

そのうえ、レパートリーが多いと、その日の彼の気分に合わせて料理を作ってあげられるので、よりガッツリと男性の胃袋を掴みやすくなりますよ。


料理上手な彼女になる8つの方法|苦手な調理を克服するコツとは?

料理上手な彼女になる方法

「ご飯作ると、いつもまずいって言われちゃうんだよね。どうしたら彼に『料理上手くなったね。』って言ってもらえるようになるかな?」

「恋人作るためにも、料理が上手くなりたい!男の人の胃袋が掴めるような料理、どうやったら作れるようになるんだろう?」

「ご飯作るの上手くなったね。」なんて、思わず彼が呟いてしまうほど、料理が上手くなるためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

ここからは、料理上手な彼女になる方法や調理が苦手でも簡単にできるコツについて、一つずつチェックしていきましょう。

もう二度と料理が下手なんて言わせませんよ!


方法1. 料理の基本を最低限覚える

料理上手になるための、第一歩はなんと言っても基本をしっかり押さえること。

「『人参は乱切りにしましょう。』って、どういう意味?乱切りって、何?どんな切り方?」

などと、レシピに書いてある説明が分からない度に悩んでしまっていては、いつまで経っても料理が完成しません。

レシピ内の分からない用語などは、その都度ネットや本で調べるのがおすすめです。

また、初心者向けの料理本なら、食材の選び方や洗い方、切り方などが紹介されていることもあるのでチェックしてみましょう。

どんな料理でも使える基本中の基本をしっかりマスター出来れば、初めてチャレンジするレシピでも戸惑うことなく作れるようになりますよ。


方法2. 定番のレシピを忠実にマスターする

大半の男性が好むのは、誰でも知っているような定番の家庭料理です。

まずは、カレーライスやハンバーグ、オムライス、肉じゃがなどの定番料理から、マスターしていきましょう。

参考にするレシピは、必ず、レシピ本や料理研究家などプロの人が考えたレシピにすること。

誰でも投稿できるSNSや個人ブログに掲載された素人のレシピを参考にすると、定番レシピを覚える前にアレンジレシピを覚えてしまう場合もあるので気をつけて。

料理上手になるためには、アレンジレシピの前に、基本を抑えた作り方や一般的に好まれやすい味付けになるレシピを選ぶのが鉄則ですよ。


方法3. 目分量ではなく、レシピ通りに計量する

調味料のわずかな分量の違いで、味付けは大きく変わるもの。

辛いのが好き、しょっぱいのが好きと、自己流の味付けばかりしてしまうと、あなた以外は美味しいと感じられない可能性も多くなります。

料理に慣れるまでは自分の好みは一旦置いておいて、忠実にレシピ通りに計量して味付けしていきましょう。

レシピ通りの味付けで様々な料理を作っていくうちに料理に慣れてくるので、食べてくれる相手に合わせた味付けの仕方もできるようになっていきますよ。


方法4. アレンジ料理は避けるようにする

料理上手な彼女になる方法はアレンジ料理は避ける

定番料理にちょっと捻りを加えたアレンジ料理は人によっては食べにくかったり、量が少なすぎて満足できなかったりする場合があります。

それに、家では素朴な定番の家庭料理を求める男性が圧倒的に多いのです。

彼氏がお昼は外食が多いという女性は、

レストランで創作料理を食べていたり、簡単にラーメンで済ましていることがあるので、

おうちデートでは、ほっこり和める家庭料理を振る舞いましょう。

家庭料理を振る舞う時は、変わった調味料やひねった調理法は避け、定番料理の基本レシピで作るのがおすすめですよ。


方法5. 外食をして、味覚を鍛える

美味しい料理を作れるようになるためには、自分自身が美味しい料理を知ることが大事。

「自分のために料理するのも、何食べるか考えるのも面倒だから、いつも同じメニューをテイクアウトしてる。」

などと、日頃食べるものがルーティーン化してしまうと、様々な美味しい味を知ることができません。

料理上手になるためにも、積極的にいろんなものを食べていきましょう。

たくさんの味を知ることで、味覚が鍛えられて、外食した時の美味しい味も自宅で再現できるようになっていきますよ。


方法6. 慣れてきたら、彼氏に合わせた味つけにする

辛いものが一切食べられなかったり、甘めの味付けが好きだったり、人によって味覚はそれぞれです。

定番料理をレシピ通り忠実に作ることに慣れてきたら、彼氏の味の好みに合わせて、少しずつ味付けを変えていきましょう。

「カレーライス作ろうと思うんだけど、〇〇君、どれくらいの辛さがいい?」

などと、作る時に彼に味のアドバイスを求めるのもおすすめです。

また、調理中に彼に味見してもらいながら、少しずつ味を整えていくのも、2人で楽しく料理をしている雰囲気を楽しめますよ。


方法7. 「私と言ったらコレ!」という得意料理を1つ作る

料理のレパートリーを増やすだけでなく、これだけは誰にも負けない!という鉄板の得意料理を1つ作りましょう。

「〇〇ちゃんの、ふわとろオムライス、めちゃくちゃ美味しいよね。マジでお店開けるレベルだよ。」

などと、褒められるようになったら、あなたの料理のアイデンティティにもなって自信につながるでしょう。


方法8. レパートリーを増やして、彼の反応をチェックする

料理上手な彼女になる方法レパートリーを増やし彼の反応を見る

彼の胃袋を掴むのがどんな料理なのか、それは彼が食べるまで分かりません。

定番料理の繰り返しだけでなく、徐々にレパートリーを増やしていって、彼の反応をチェックしてみましょう。

「この間作った、きゅうりの酢の物、彼おかわりしてたなー。酸っぱいのが好きなのかな?じゃぁ、今日は、他の酢の物作ってみようかな?」

などと、レパートリーが増えれば、食べてもらう度に彼の好きな味付けや食材、調理方法などを知ることができますよ。

「この間の酢の物、おかわりしてたから、今日はこんなの作ってみたんだけど、どうかな?」

と、さりげなく彼に聞くと「俺のために作ってくれたんだ。」と、彼のハートをキュンキュンできますよ。


【必見】“料理上手な彼女”と男性から思われるおすすめ料理7選

料理上手な彼女だと思われるおすすめ料理

「絶対、美味しいって思われる料理って、どんな料理なんだろう?」

「どんな男の人でも、胃袋掴めそうな定番料理って、何があるかな?」

男性人気の高い定番料理が、いくつかできるようになると、新しい恋人もすぐにできそうですよね。

ここからは、料理上手な彼女だと男性が思うおすすめの料理をチェックしていきましょう。


おすすめ料理1. 晩御飯にぴったりな「ハンバーグ」

肉汁たっぷり、食べ応え十分なハンバーグは、晩ごはんに出てきたら特別感も与えられる人気メニューです。

例えば、きのこたっぷりの和風ソースや、こってりチーズを乗せたトマトソースなど。

相手の好みや気分によって味付けも簡単に変えられるのも、見逃せないおすすめ理由の一つ。

また、時間がある時にハンバーグのネタだけ作って、冷凍保存しておけるのも嬉しいポイントです。

食べたい時には焼くだけなので、お腹をすかせた彼を待たせる心配もありませんよ。

ボリューム満点で満足感が高いハンバーグは、男性人気の高いメニューなのです。


おすすめ料理2. 具材がたっぷりで栄養満点な「豚汁」

簡単に作れてお肉も野菜もたっぷり摂れる豚汁は、寒い季節に大人気の定番メニュー。

大量に作り置きしておけば、食べたい時に温めるだけですぐ食べられるので、急に決まったお家デートでも彼を待たせることなく、食事にできますね。

また、その日の気分や好みに合わせて、入れる具材も自由に変えられるので、彼が飽きてしまう心配もありませんよ。

具たくさんの温かい豚汁は、一口飲めば、その家庭的な味わいから幼い頃を思い出し、定期的に食べたくなる男性も多い料理です。


おすすめ料理3. 子供の頃から大好きな男性が多い「唐揚げ」

男性人気の高い唐揚げは、作る人の味が出る定番メニュー。

ガッツリ食べ応えのある唐揚げは、子供も大人も大好きな料理で、満足感も得られやすいので、ぜひ作り方を覚えておきたい料理の一つです。

下味に漬ける時間が長くなればなるほど、味が濃くなるので、彼の好みに合わせて味付けを変えやすいのも嬉しいですね。

特に、鶏肉を大きめにカットした唐揚げなら、見た目も男性ウケしやすいボリューム感を作れるのでおすすめですよ。


おすすめ料理4. 冬に食べたくなる「揚げ出し豆腐」

料理上手な彼女だと思われるおすすめ料理は揚げ出し豆腐

居酒屋さんや和食系レストランなどでも食べられる揚げ出し豆腐は、お家デートで手料理を振る舞う時にもおすすめ

「もう一品何か欲しいな。」という時にも、揚げ出し豆腐が出てくると、それだけで食卓を賑わせてくれますよ。

難しそうに見えて、簡単に作れる揚げ出し豆腐のような和食料理が作れると、家庭的で料理上手なイメージをさりげなくアピールしやすいので、男性人気も高いのです。


おすすめ料理5. 凝ってる料理に見えて意外と簡単な「筑前煮」

鶏肉や椎茸、こんにゃく、ごぼうなどがたくさん入った筑前煮は、食べ応えたっぷりの家庭料理。

煮崩れが気になる食材が入っていないため、料理初心者さんでも作りやすいのも魅力的ですね。

筑前煮は、色合いが地味目なので、料理上手になりたい料理初心者さんからはスルーされがち。

しかし、料理をしない男性からすると作るのが難しそうな凝っている料理に見えるので、筑前煮が作れたら、普段から自炊している事が簡単に想像できるのです。


おすすめ料理6. 男性が作ってもらいたい家庭料理No.1「肉じゃが」

肉じゃがは、牛肉を使って作るのが一般的ですが、実は豚肉や鶏肉でも美味しく作れる煮物料理。

ゴロリと大きなジャガイモとお肉で食べ応えもたっぷりだから、男性からの人気がめちゃくちゃ高い和食です。

ボリュームがありながら、昔から馴染みのある家庭的な味わいが楽しめるので、仕事で疲れた男性の身も心もほっこり癒してくれそうですね。


おすすめ料理7. もう一品で欲しくなる「きんぴらごぼう」

きんぴらごぼうは、「おふくろの味」のイメージが強く、幅広い世代の日本人に親しまれている家庭的な一品。

メインのおかずにはなりにくいものの、和食系料理の時にあると嬉しいサイドメニューでもあります。

料理好きな男性でもあまり作らない一品でもあるため、彼女が作ってくれたら嬉しいと感じる男性もたくさんいますよ。


料理上手になって、彼の胃袋をがっちり掴もう!

彼のために頑張って作った料理がまずいと、彼をガッカリさせてしまいますよね。

料理上手になって彼の胃袋をしっかり掴んでおくためにも、まずは料理に必要な基本をしっかり押さえて、定番メニューから忠実に作れるように練習していきましょう。

珍しい料理が作れるよりも、馴染みのある家庭料理を美味しく作れた方が、男性ウケも格段に良くなるので、まずは基礎から学んでくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事