“か弱い女性”ってモテるの?男性が守りたくなる人の8つの特徴とは?

男性から守ってもらう漫画のような恋愛も悪くはないですよね。この記事では、男性が思わず守りたくなってしまうような「か弱い女性」について、モテる理由や可愛い特徴を解説します!

そもそも、“か弱い”とは?

か弱いとは?

「か弱い」とは、辞書的な意味では、見た目や雰囲気が弱々しく、頼りない感じの人のことを言います。

恋愛的な要素が加わると、男性が思わず「守ってあげたい」「あの子のことは放っておけない…」という印象を受ける、庇護欲がくすぐられる女性に使われることが多いです。


か弱い女性が男性からモテる5つの理由|男性の心理とは?

か弱い女性が男性からモテる理由

「男の人がひ弱な感じの女性に惹かれてしまう理由が知りたい」

「か弱い雰囲気の女性がモテるのはどうしてだろう。男性の心理って?」

そんなふうに、か弱い女性についての考察を深めたいと思う方もいるのではないでしょうか。

本記事では、か弱い女性が男性からモテる理由を、具体例を挙げながらご紹介していきます。


理由1. 頑張っている姿が可愛らしいから

自分が弱い存在であることをきちんと自覚しているか弱い女性。自分にできることがあれば、頑張ろうと努力することが多いです。

そして男性は、けなげに自分一人で難しいことをやろうとする女性の姿に、キュンとして心を掴まれるでしょう。

職場で重い荷物を持っていると、「あんな細い腕で大きな荷物を持って、大丈夫だろうか…」男性は、そう感じてしまいます。

「俺に任せてほしい…!」そんなふうに男性から守る対象として見られるのも、か弱い女性が人気の理由です。


理由2. 心配してハラハラしてしまうから

ひ弱な女性は、少しあぶなっかしいところがあるため、周囲から気にかけられやすいです。

基本的におっちょこちょいで、仕事に関しても「一人で任せておくと危ないのではないか…」と男性が思うような場面が多々あります。

か弱い女性は、男性に「この子は自分が守る必要がある」という心理にさせてしまうのです。


理由3. 頼ってくれるのが嬉しいから

頼ってくれるのが嬉しいから

弱い女性と関わることで、男性は自尊心を満たされやすくなります

例えば女性に、「〇〇さんにしか頼めないお願いごとがあるんですが…」など言われるとそれだけでも男が上がった気分に。

さらに、「〇〇さんは知識が豊富なので、本当に頼りになるし、いつも助かってます!」と、か弱い女性は感謝の言葉も忘れないので、自己肯定感も上がります

女性にそう言われたら、男性は「俺、頼られてるな」と思っていい気分になり、ひ弱な女性のサポートを積極的にしようという心理になるのですよ。


理由4. 自分だけに見せる弱さにキュンとするから

女性は誰に対しても心を開くものではないことを男性も知っています。

具体的には、職場で女性がミスをした時に、みんなの前では気丈に振る舞っていたけれど、自分の前だと涙を見せた場合は、男性も「俺がサポートしないと!」と親身にならずにはいられません。

男性が、なんとか自分が手を差し伸べたいという心理になるのも、ひ弱な女性がモテる理由です。


理由5. 守りたくなるような笑顔に勇気をもらえるから

守りたくなるような笑顔に勇気をもらえるから

自分が疲れていたとしても顔には出さない女性の姿が、けなげでか弱く思えて男性は守りたくなってしまいます。

どんなに仕事が大変でも笑顔で、

「終わりましたね、お疲れ様です!〇〇さんの助けがなかったら、この時間には帰れてませんでした。ありがとうございます!」

など、素直に気持ちを伝えてくれます。

男性は、その笑顔と女性に言われた言葉で元気になり、どんどん虜になっていってしまうのです。


か弱い女性の8つの特徴|内面や見た目で分かる共通点とは?

か弱い女性の特徴

「男性から守る必要があると思われる女性の本性や性格って?」

「か弱い女性の見た目や内面の特徴が知りたい」

ひ弱な女性がモテると聞いて、深く知りたくなった方も多いのではないでしょうか。

ここからは、か弱い女性の特徴について具体例を挙げながら解説していきます。


特徴1. 華奢な体型をしている

体のラインが細い傾向にあるか弱い女性は、ちょっとしたことで、すぐに倒れたりこけたりしてしまうんじゃないかという不安を周囲に抱かせやすいです。

例えば、足や手にほぼ肉がついていないほどほっそりとしていて、階段を上る時でも手すりを離すとフラっとよろめいてしまいそうな印象を与えます。

そのため、男性は女性の横や後ろにいて、何かあった時には自分が対応しようなど、守らなければという心理になってしまうのですよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 物静かで控えめな性格

思いやりがあって、自分の意見を主張することはあまりなく、まずは周囲の意見を聞こうとするか弱い女性。

職場でも、みんなが自己主張する中で一人物静かにしていて、損な役割を当てられそうになっても黙っていることも。

思わず、「〇〇さん一人じゃ負担が大きいと思いますよ」など、男性が放っておけなくなるのもか弱い女性の特徴です。


特徴3. カフェで読書をするのが好き

カフェで読書をするのが好き

か弱い女性は、落ち着いた雰囲気があり、知的な印象を受けやすいです。

アウトドアではなく、どちらかと言うとインドア派で、幼少期から室内で本ばかり読んでいたという人が多いイメージ。

休みの日などは、いつも静かなカフェに行って一人で読書タイムを楽しむ他、職場でも休憩時間にはよく本を読んでいます。

スポーツをしたり積極的にイベントに参加したりはせず、本の世界観に浸るのが好きなのです。


特徴4. ナチュラルな雰囲気がある

メイクやヘアなど派手な印象がなく、自分を飾らないのが「か弱い女性」。男性慣れしていないことも相まって、自然で女性らしい雰囲気が漂っています。

例えば、色の濃い目立つアイライナーやアイラインは入れておらず、すっぴんのような綺麗な肌に見えることも。

また、髪の毛も茶髪ではなく、黒っぽい自然な色合いを好むことが特徴です。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 人に頼ることに慣れている

か弱い女性は、精神的にも物質的にも自立できていないケースが多いです。そのため、困った時はすぐに周囲の人を頼りにしてしまいます。

例えば、「実は、クライアントに明日までに提出しないといけない書類、間に合いそうになくて…。何かいい方法ありませんか?」など、周囲の男性を頼りがち。

「手伝ってあげないと、この子は困ってしまう」そんなふうに男性に思わせるのも、ひ弱な女性にあるあるです。


特徴6. 感受性豊かで涙もろい

感受性豊かで涙もろい

自分に正直で感情が溢れやすい女性は、人前でも涙を流すことが多いため、周囲からか弱い女性と思われがちです。

仕事で上手くいかなかった時には、「ごめんなさい、私のせいで迷惑をかけてしまって…」とキラリと涙が光ることも。

そんな姿に男性は思わず、「どうにかして自分が守る方法はなだろうか…」と考えてしまうのですよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. メンタルが弱くて落ち込みやすい

か弱い女性は、一度落ち込むことがあると、なかなか気持ちを切り替えられません。そのため、ストレスをため込みやすい性格ともいえます。

例えば、職場の人間関係で嫌なことがあると、あからさまに表情が暗くなり、口数も減っていきますよ。

メンタルが弱っていることを隠せないので、周囲の男性は「大丈夫?」と声をかけてしまいたくなるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 頼み事や誘いを断れない

キッパリと断ることができずに、人に流されやすい性格なのが「か弱い女性」。お人よしなので、損をすることも多いです。

「今日、どうしても用事があるので残りの仕事お願いしてもいいですか?」と言われて「あ…えっと…ハイ」と答えるなど、自分も早く帰りたくても言えません。

見ていて、「放っておけないな…」と男性が思ってしまうのもか弱い女性の特徴です。


か弱い女性を演じる6つのコツ|男性を虜にする方法とは?

か弱い女性を演じるコツ

「好きな人にか弱いフリをしてアピールしたいけど、どんな態度をすればいい?」

「本性を隠してひ弱な感じに振る舞いたいけど、具体的な方法が知りたい」

男性を夢中にさせるためには、か弱い雰囲気や性格を全面的に押し出したいですよね。

ここからは、男性に「この子は俺が守る!」と思わせるような方法についてご紹介していきます。


コツ1. 気になる彼にだけ涙を見せる

男性は、女性の意外な一面を見ると、心がグッときてしまうもの。

普段は気丈に振る舞っていて泣かないようなタイプの女性が、自分の前で涙を流した時には、そのか弱さに男心が揺さぶられます。

例えば、仕事の相談をしている時に、「ごめん…、〇〇君に話聞いてもらったら、なんだか安心して…」と涙を流してみるのも一つの手です。

普段のあなたからは想像できない涙を見ると、男性はそのギャップに悶えて「俺が支えてあげたい」と思うはず。

その際には、あまりわざとらしくなりすぎないいように、ポロっと涙が出る程度がポイントです。


コツ2. お酒の力を借りて甘えてみる

普段はサバサバした口調で話をしている女性が、アルコールを飲んで可愛らしい雰囲気になると、印象が大きく変わることから、男性は心を鷲づかみされることも。

職場ではバリバリと仕事をこなし、「はい!ぜひよろしくお願いします!」など、テキパキとした受け答えをしていても、お酒を飲んだ時は思い切り甘えるフリをしてみてください。

具体的には、「ごめんなさい…ちょっと、酔っちゃったみたい」と言いながら、男性の肩に頭を置いてみると、相手はドキッとします。

恥ずかしさなどは捨てて、お酒が入るとか弱いキャラに徹するのがおすすめですよ。


コツ3. 力が弱いことをアピールする

力が弱いことをアピールする

なんでも器用にこなせるように見える女性でも、肉体的な弱さが見えた瞬間に、男性は女性らしさを感じるもの。腕力や握力が弱いことをそれとなく伝えてみましょう。

例えば、

  • 荷物を持っている時に「重くて持てないから手伝ってもらえませんか?」とお願いする
  • 「瓶のフタが開かなくて…開けてもらっていいですか?」と聞く

男性も「やっぱり女性だし、か弱いところがあるんだな」と思い、異性として意識する可能性も。

「男性は力が強くて頼りになる」ということも伝えると、言われた男性は喜びますよ。


コツ4. お願い上手になる

自分が得意としていることに関して頼られると、男性は自尊心をくすぐられて嬉しくなります。相手の詳しい分野に関して、以下のように上手にお願いしてみましょう。

「〇〇さんって本当にPCの使い方に詳しいですよね。ちょっと操作方法を教えてもらえませんか?」
「コミュニケーション力が高い〇〇さんに、プレゼンテーションの仕方を習いたいのですが…」

など、男性を頼りにしていることを前提で話しかけてみて。

お願いを聞いてもらえた後は、「さすがですね!本当に頼りになります!」など、ヨイショの言葉も忘れずにかけましょう。


コツ5. 周りにできないと言われたことにも挑戦する

男性は一生懸命頑張る女性のことは、応援したくなるものです。

たとえ、「〇〇にはできないよ」と言われたことでも、一度は挑戦してひたむきに取り組む姿をアピールしましょう。

そのうえで、「自分ではやっぱり無理でした…手伝ってもらえますか?」とお願いするのも一つの手です。男性は、最後に自分を頼ってくれた女性を放ってはおけません。

ただ、意地を張り過ぎると頼みにくくなるので、「一度自分でやってみます」くらいの感じで挑戦するといいですよ。


コツ6. 笑顔と悲しい表情を使い分ける

笑顔と悲しい表情を使い分ける

男性は女性の表情の変化に、心を魅了されることが多々あります。大変なことがあった時は悲しさや苦しさを表情に出し、男性からサポートしてもらえるよう仕向けましょう。

例えば、目は伏せがちにして一点を見つめるような感じで、悲しくてたまらないといった表情を演じてみてください。

男性が「どうしたの?大丈夫?」など相談にのってくれたり、解決のために手伝ってくれたりした場合は、笑顔に切り替え「ありがとうございます!」とお礼を伝えるといいですよ。


ただし、か弱い女性の演じすぎにはご注意を!

「か弱い女性」の演じすぎには注意!

男性からモテる要素となる「か弱い女性」ですが、あまりにも態度がわざとらしいと逆効果になる可能性があります。

あざとさが前面に出てしまい、「あの子、かなり計算してるよね」「また、やってほしいって言われた…。ちょっと迷惑」など、男性はもちろん同性からも煙たがられることに…。

そのため、か弱いフリが大げさにならないように、あくまでも自然な振る舞いを心がけましょう。


か弱い女性を演じることで、恋のスパイスに使ってみて。

か弱い女性が、男性からモテる理由をはじめ、か弱い女性の特徴などをご紹介してきました。

「気が強い性格なので、好きな人に本性を知られたくない…内面を変えることができる?」

そんな悩みを抱えている女性も、どうすればか弱い態度が取れるか分かってきたのではないでしょうか。

か弱い女性を演じるコツも参考にして、男性に「この女性は、俺が守る!」と思ってもらえるようになりましょう! 


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事