庇護欲の意味とは?男性の庇護欲を掻き立てる女性の特徴&方法を解説

庇護欲を掻き立てる女性って、男性からモテますよね。そこで今回は、庇護欲を掻き立てる女性の特徴やモテる理由から、男性の庇護欲を掻き立てる方法まで徹底ガイド!さらに、女性を守りたくなる男性心理や注意点についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

男性の庇護欲を掻き立てる女性は愛される?

男性の庇護欲を掻き立てる女性の特徴&方法

庇護欲を掻き立てる女性は、「健気」「いじらしい」「かわいい」という言葉がぴったりで、男女共に愛されるキャラをもっています。女性なら誰しも「得する性格だなぁ」と羨んだことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、庇護欲を掻き立てる女性の特徴をはじめ、モテる理由や男性心理、男性の庇護欲を掻き立てる方法までをご紹介します。男性を惹き付ける女性になれるよう、あらかじめ詳しく把握しておきましょう。


そもそも「庇護欲」の意味とは

そもそも「庇護欲」の意味とは

庇護欲(ひごよく)とは、誰かの助けを必要とする弱さや困った状態にある相手などを、優しく守ってあげたくなる欲求です。自立しているようで天然な要素がある女性や、明らかに手助けが必要な子どもが庇護欲を掻き立てる対象の代表でしょう。

また、庇護の「庇」は今でいう「傘」をさしており、降り注ぐ災難から守るという意味をもっています。「護」は寄り添い守るという意味です。


混合されがちな「保護欲」との違いについて

保護欲(ほごよく)とは、危険や災害、困難な状態になってしまった相手に手を差し伸べ、救いたくなる欲求です。庇護欲と似たような意味合いですが、実は少し違いがあります。

庇護欲は「現在進行形」の弱さや困難があり、本人もまた自力でそれを克服しようと努める状態で起こる欲求です。保護欲は「未来か過去」において、「~になる可能性が高い」、「~になってしまった状態」で、本人の意思ではどうすることもできない痛みや困難をサポートしたい欲求になります。


無意識に男性の庇護欲を掻き立てる女性の特徴6つ

無意識に男性の庇護欲を掻き立てる女性の特徴6つ

自然体で過ごしているだけなのに、男性に「守ってあげたい…」と思わせるスペックの高い女性たちがいます。一体、どんな特徴を持っているのでしょうか。

ここでは、男性の庇護欲を掻き立てる女性の特徴をご紹介します。


特徴1. いつも前向きで明るい女性

庇護欲を掻き立てる女性は、普段から「自分のせいで雰囲気が悪くなるのは嫌だな」と思っています。そのため、いつもポジティブで笑顔を絶やしません。辛いことや悲しいことがあっても、相手を気遣ってほほえみを忘れない優しさがあるのです。

いつも前向きで明るい女性は同性からも慕われやすく、男性からも好印象。「笑顔を曇らせたくないな」という男性の庇護欲を掻き立てやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 強がりな性格で、人に頼ったり甘えたりするのが苦手な女性

恋愛では男性も、好きな女性が素直に甘えてくれれば「かわいいな」と感じるはず。しかし、庇護欲を惹き付ける女性は、いつも強がって甘え下手です。頼りすぎたり甘えすぎて、嫌われるのが不安なのでしょう。

不安を自信に変えるために頑張る姿は、健気で守りたくなるもの。強がりで人に頼れず、すこしでも男性に甘えることを知らない女性は、庇護欲を高めていくのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 真面目に頑張っているのに要領が悪くて結果が出ない女性

真面目に頑張っているのに要領が悪くて結果が出ない女性

庇護欲を掻き立てる女性は、少し天然っぽいドジな性格をしています。本人は何にでも真剣に取り組むのにどこか抜けていて、周囲の人も「何かやらかすかも」とついつい見守ってしまうのです。

頑張ってもうまく結果が出ず、落ち込むこともありますが、周囲は頑張る姿も知っているためあたたかい目で見守ってくれます。男性も庇護欲が高まり、ついつい手を差し伸べてあげたくなるのでしょう。


特徴4. 素直な性格で人のことを信じやすい女性

女性の中には性格が素直すぎるため、相手が自分を攻撃しようとしていることに気づかず、何でも信じてしまう人がいます。騙されているかも分からず、後から深い悲しみを覚えることも。

男性の庇護欲は、自分をガードする術を持たない女性に働きます。素直で誰でも信じてしまう女性を見ると、「そんな話本気にしてるの?」「騙されちゃうぞ」と心配になり庇護欲が掻き立てられるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 甘え上手な年下の女性

男性は基本的に女性を守るのは男だと考えています。年下で自分より未熟な面が多い女性なら、「危なっかしい」「ちゃんと分かってるのかな」と心配になってしまうものです。また、頑張ったのにダメだったと甘えられれば、庇護欲は高まるでしょう。

いつも彼氏が年上の人や彼氏に溺愛されている甘え上手な女性は、彼氏だけを頼りにするため、男性も庇護欲が自然と掻き立てられるのでしょう。


特徴6. 寂しがり屋で一人で過ごすのが嫌いな女性

男性は「俺がいなくても大丈夫だな」と思う人には庇護欲を感じません。か弱くて寂しがり屋で、誰かと一緒にいないと損をしてしまいそうな女性を「俺が守らなくちゃ」と感じるのです。

そのため、「寂しい」「一人は嫌だな」などと言われると、デートの帰り際に後ろ髪を引かれてしまうことも多く、告白や同性、結婚までも期間が早い特徴もあります。

【参考記事】はこちら▽


庇護欲を掻き立てる女性が男性からモテる理由

庇護欲を掻き立てる女性が男性からモテる理由

いつも自然体で惜しみない愛情を注がれる女性たち。その理由は、一体どんなものなのでしょうか。

ここでは、庇護欲を掻き立てる女性が男性からモテる理由についてご紹介します。理由を把握して愛され女子になるヒントを見つけましょう。


モテる理由1. 抜けてる部分があって、見てて心配になるから

庇護欲を掻き立てる女性は、不器用なため何をしていても心配になり、なぜか目が離せません。しかし、ただの不器用さなら嫌われてしまうところですが、男性の守りたくなる女性は、どういうわけか癒しを与えてしまうのです。

男性は癒しを受け取る代わりに「助けてあげたい」「サポートしたい」と思う気持ちになり、恋愛に発展するきっかけとなるのです。


モテる理由2. 女性に頼られたり、支えたりすることで、自尊心が満たされるから

男性はプライドが高い生き物です。女性に頼られたりして助けると、できることを褒められ、自尊心が満たされるため幸せな気持ちになっていきます。庇護欲を掻き立てる女性は、褒め上手でもあるのです。

そのため、誰にも頼らず男性並みにバリバリ仕事をこなすような女性よりも、いつも何か自信がなさげで、周囲の人に可愛がられてながらサポートをうける女性に庇護欲を掻き立てられます。


モテる理由3. 何事も全力で頑張る健気な姿にキュンとするから

 何事も全力で頑張る健気な姿にキュンとするから

普段は不器用であまりうまくいかない人が、できるようになるために真剣に取り組む姿は、誰でも応援したくなるもの。誰かに言われたからじゃなく、率先して努力をする健気な姿に、男性の気持ちも庇護欲が高まっていくのでしょう。

ただの不器用ではない、ただの天然ではない、素直で努力家であるベースが備わっているからこそ、何事も全力で頑張る女性にキュンとするのです。


モテる理由4. 面倒を見ているうちに愛情が湧いてくるから

何か上手くできない人のサポートをしていると、必然的にパーソナルスペースに入って教えたり、助けたりすることが多くなります。すると接近度も高まるため、お互いに心の距離を自然に近づけていることが多く、気がついた時には恋愛感情が生まれていることも少なくありません。

高い庇護欲がある人からは、放っておけないかわいい女性として映るようになるのです。


庇護欲を掻き立てる女性をつい守りたくなる強い男性の心理とは

庇護欲を掻き立てる女性をつい守りたくなる強い男性の心理とは

弱く小さいものに手を差し伸べる庇護欲が高い男性たちは、なぜ女性を自分が守るものだと感じてしまうのでしょうか。

ここからは、庇護欲を高めて女性をつい守りたくなる強い男性の心理をご紹介していきましょう。


男性心理1. 女性を素直に支えてあげたい

庇護欲を掻き立てられる男性は、女性に関わらず小さいものや困っている人を素直に支えたいと思っています。それは恋愛感情があるなしに関わらず、人として悩める人に手を差し伸べるのが当たり前だという価値観があるから。

そのため、不器用な姿や年下の健気な頑張りにも、強い庇護欲が生まれやすくなります。少しでも頑張りが実るように、できることをサポートしたいと思っているのです。


男性心理2. 頼られたり、甘えられたりして嬉しい

人は誰かに頼ったり甘えたりする時、信頼関係のない人にお願いすることはなかなかできないものです。しかし、素直に頼り甘えてくれる女性がいると「俺を信頼してくれているんだな」と感じるため、嬉しくて仕方ありません。

頼られる嬉しさを覚えると、またいつでも役に立つ何かをして信頼されたいと思うようになり、庇護欲もふつふつと湧いてくるのでしょう。


男性心理3. 女性を支配したり、独占したりしたい

女性を支配したり、独占したりしたい

庇護欲を掻き立てられる男性は、自分に素直に甘えてくれる女性を「誰にも渡したくない」と感じています。なぜなら、今まで頼られなかった反動や人に喜んでもらえる経験が少なく、自分に自信を持てなかったからです。

女性が頼りにしてくれ自尊心を高めてくれるため、独占欲が高まり女性を支配したいという欲求が生まれやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


男性心理4. 男性が女性を守るのは当然だと思っている

女性を守りたくなる強い男性は、育った家庭でも女性を守るのは男性であるという教育をされてきた人が多いです。そのため、好きな女性ばかりではなく、目上の女性上司や年配者など、どんな女性にも広く優しい対応ができます。

男性が女性を守るのは当然だと思っているので、恋愛に発展すると彼女には特別な優しさを与えるでしょう。


男性心理5. 女性を守れる男らしい人になりたい

男性の中には、自分の理想とする男性像に「女性を守れる強さ」を掲げている人も少なくありません。そのため、多少無理なことも「一生懸命サポートして自信をつけたい」とも考えています。

女性を守れる男らしい人になれれば、男性としてのプライドも高まると考えています。また、女性からも「モテたい」と考えている人もいるでしょう。


どんな時に思うの?男性が庇護欲を掻き立てられる瞬間やタイミング

どんな時に思うの?男性が庇護欲を掻き立てられる瞬間やタイミング

自然に女性が守りたくなる姿を見せるので、男性の心はドキドキしているのではないでしょうか。男性は、庇護欲が掻き立てられる瞬間、何を思うのでしょう。

ここでは、男性が庇護欲を掻き立てられる瞬間やタイミングについてご紹介します。


タイミング1. 普段は強がりな女性が頼ったり、甘たりしてきた時

世の中には、ギャップに弱い人がたくさんいます。庇護欲が掻き立てられるのも、このギャップが原因となっています。これは、隠していた不安を抱える一面から本当の内面がうかがえるから。

普段は涙をこらえて強がる女性が、頼みごとを甘えたな声でお願いするギャップで庇護欲が掻き立てられ、支えたいなと感じるのです。


タイミング2. 女性ができないことに必死で頑張っている時

誰にでも、自分の力だけでは成し遂げられないことはあります。それは力だったりスキルだったり、経験であることも。

女性が頑張っていることが「無駄な努力になってしまうのではないか」と分かると、必死な女性を見ていたたまれず庇護欲が掻き立てられてしまいます。

「自分に何かできることはないか」「頼れる場所を作ってあげたい」と思う気持ちがきっかけになり、庇護欲が掻き立てられるのかもしれません。


タイミング3. 職場で女性が上司に注意されているのを見かけた時

職場で女性が上司に注意されているのを見かけた時

努力家なのにドジな一面も持っている女性は、なかなか仕事でも成果が出せず失敗することもあるでしょう。女性が上司に怒られている姿を見ると、ますます自信を失うのではないかと心配になり、庇護欲が掻き立てられます。

「どうにかして成長させたい」と願い庇護欲が高まっていき、いつも側で教え、何度でも根気強く支えるようになるのです。


タイミング4. 普段明るい女性が涙を見せた時

いつも笑顔で過ごす女性は、それだけで周囲に元気を与えてくれます。しかし、女性が魅せたことのない涙を見た瞬間、男性は「いつから我慢していたんだろう」「何があったのかな」と心配し、笑顔は辛さを隠すためだったのかと考えるようになります。

涙をこらえて踏ん張る姿を見て、「支えたい」「力になりたい」と思い庇護欲を掻き立てられるのです。


男性に守ってほしい!男性の庇護欲を掻き立てる方法とは

男性に守ってほしい!男性の庇護欲を掻き立てる方法とは

あくまでも計算なしの姿が理想的ですが、日々意識して習慣化していけば、自分にない庇護欲を掻き立てる技が身につくかもしれません。どんな方法があるのでしょう。

ここでは、男性の庇護欲を高めて女性を守りたくする方法についてご紹介します。


方法1. 日頃から何事も全力で取り組んでみる

いつもおしゃべりに夢中で仕事が回らず、みんなに迷惑をかけてしまうような人は支えがいがありません。庇護欲を高めてしまう女性は、いつも何に対しても真剣に取り組み努力を続ける人です。

まずは仕事に集中して、新しいことにも取り組んでみましょう。また清掃など、誰もしたがらない場所を担当したりすると男性に健気さをアピールでき、庇護欲を高めていくことができます。


方法2. 男性に対して悩みや弱音を相談してみる

庇護欲に掻き立てられる男性は、困っている女性を見ると放っておけません。そのため、普段あまり愚痴や悩みをこぼさない人なら、悩みや弱音を話して相談してみるのも方法の1つでしょう。

男性にそれとなく「相談したいことがあるんだけど」と声をかけ、男性の都合のいい日に相談日を合わせましょう。同じ職場であれば、仕事の内容を相談してみて。


方法3. 物事を穿った見方をせず、素直に捉えることを意識する

物事を穿った見方をせず、素直に捉えることを意識する

庇護欲を高めてくれる女性は、常に素直で自分を作りません。女性はどうしても誰かを羨んだり、妬んだりして精神的に消耗するため、二面性をもって生活している人も多いでしょう。

男性から守ってもらいたいなら、まずは自分に素直になって、見栄や建前を取り除いていくことが大切です。物事を穿った見方をしないことを意識しましょう。


方法4. 甘え上手な女性を目指して、男性にうまくおねだりをしてみる

男性は、褒められたり頼られたりすると基本的に嬉しいと感じます。それは、自分の能力や行いを褒めてもらえて嬉しいからです。

もし男性の庇護欲を掻き立てたいなら、男性に上手に甘えてみるのもいいでしょう。例えば、「指先が痛くて缶コーヒーのタブを開けられない」といったような、日常の中の何気ないことでもお願いしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


男性の庇護欲を掻き立てる際に気をつけたい注意点

男性の庇護欲を掻き立てる際に気をつけたい注意点

いくら男性が守りたくなる行いをしても、庇護欲を掻き立てられないこともあります。知らないとただの鬱陶しい人になりかねませんので、十分注意しましょう。

ここでは、男性の庇護欲を掻き立てる際に気をつけたい注意点をご紹介します。


注意点1. 露骨にドジっ子アピールをするなど、ぶりっ子に思われないよう注意する

天然っぽさやドジなところがあると、男性の庇護欲が守りたい欲求を高めるでしょう。しかし、普段からそういった傾向がない人が、急に露骨にドジっ子アピールを始めると男性は「何やってんの?」と引いてしまいます。

庇護欲を掻き立てる方法は全てを自分に当てはめずに、自分が取り入れられるものだけを、さりげなく継続していきましょう。


注意点2. 男性の意見を何でも受け入れようとせず、しっかりと自分の意見も主張する

男性にサポートしたいと思われるようになるには、日頃から自分の意見をもち、自分で判断していく意識をもつことが鍵。いつもアドバイスされた通りに動く女性は、男性にとってもただのやる気のない人に映ってしまいます。

「どうすればいい」「できない」だけではなく、男性に意見を聞くのはあくまでも「確認」であることを意識しましょう。


男性の庇護欲を掻き立てて、モテる女性になりましょう。

男性の庇護欲を掻き立てて、モテる女性になりましょう。

庇護欲を高める女性になるためには、女性の雰囲気やモテる理由を網羅し、男性の心理を読みながら自然に行動することが大切。なぜなら、庇護欲が高い人になると、普段から相手の気持ちや考えを察知する能力も高いためです。

なろうと思ってもなれるものではありませんが、少しでも雰囲気を掴んで習慣化して、愛され女子を目指しましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ