メンタルが弱い男女の特徴&原因|強靭なメンタルを作る方法を10個解説

メンタルが弱いことを自覚していながら、何もできずに悩んでませんか?そこで本記事では、メンタルが弱い人が折れない心を作る方法や、落ち込んでしまう原因、メンタルが弱い人の特徴を解説!さらにはメンタルが弱い人への接し方も合わせてお教えします。ぜひ参考にしてくださいね。

メンタルが弱い性格を直したい人必見!

メンタルが弱い男女の特徴&原因

メンタルが弱い人は、男性や女性に関わらず、仕事に恋愛にちょっとした壁があっただけですぐ凹んでしまいます。しかし、メンタルが弱いと自覚していても「生まれつきのせいだから」とそのままにしている人が少なくありません。

ここでは、メンタルが弱い人がもっと心を強くして生きる方法や、メンタルが弱い人の特徴、さらにメンタルが弱い人を見かけたときに仕事の仲間として、彼女・妻や彼氏・夫としてどう接すれば良いかなど、様々な角度から考えていきましょう。


メンタルが弱いのを改善したい!折れない心を作る10個の方法

まずここからは、男性も女性もメンタルが弱い人でも気軽に普段の生活で取り入れられる改善方法をご紹介します。心が折れやすい人でもちょっとしたテクニックで、気持ちを強くポジティブに保つことも難しくありません。

具体的に10個の方法をご紹介するので、気になったものからトライしてみましょう。


改善方法1. 紙に現状を書き出して、現状を整理する

あらゆる場面で「自分はメンタルが弱いから」と思っている人でも、実はケースバイケースであることがよくあります。仕事やプライベートでどんな時にメンタルが折れると感じるか、めんどくさいと思わず一度リストアップしてみてください。客観的に自分の弱いパターンがわかってくるはずです。

同じようなジャンルの問題で悩んでいませんか。試してみると「思ったより問題が大きくなかった」と気づくかも知れません。


改善方法2. 「他人は他人」と思い込み、比較するのをやめる

「隣の芝生は青い」というように、つい他人は優れていると考えてしまいがちです。それぞれ個性も生き方も考え方も違うので、他人と同じように生きることはできません。

周りに合わそうと必死で努力したり、「まだ自分は追いついていない」とコンプレックスを感じる意識を一旦捨ててみましょう。比較しても実は意味がないことに気づくはずです。

【参考記事】はこちら▽


改善方法3. 他人や自分の長所を見るようにする

人はつい欠点にばかり目が行って、人を見る目がネガティブ思考に陥りがちです。人それぞれ、短所と同じくらいちゃんと長所を持っています。

一つずつ、長所や魅力を数え上げていきましょう。些細なことでも構わないので、自分や相手をポジティブに捉えるようにしていけば、思ったより長所がたくさんあるのに気づいて来ますよ。


改善方法4. 自分に合った、気分転換の方法を身につける

メンタルが弱い人は仕事や私生活で気持ちの切り替えがあまり上手でない場合がよくあります。めんどくさいと思わず普段から意識して気分転換するように心がけると、前向きな姿勢をキープできます。

普段から趣味を楽しんだり、男性や女性に関わらず、友人や夫婦で過ごす時間を持ったり。思い切って家族や彼氏や彼女と旅行に出かけてみましょう。

色々気持ちをリフレッシュする方法を試してみて、しっくりくるものを生活に取り入れてみてください。

【参考記事】はこちら▽


改善方法5. 小さな事を習慣にして、自信をつける

成功体験を積み重ねると、自信がついてメンタルも強くなります。いきなり大きなことにチャレンジするとハードルが高いので、小さなことから始めてみましょう。

ダイエットのため1日10分だけ歩くといった、「ちょっと頑張れば毎日やれそうだな」と感じるくらいのものがベストです。一つずつ習慣にしていけば、自分の自信になっていきます。

【参考記事】はこちら▽


改善方法6. 健康的な生活リズムを身につける

体のコンディションは、私たちのメンタル面に大きな影響を及ぼします。健康は規則正しい生活から。いつも夜更かししたり、仕事に出かけるまで朝ギリギリまで寝ていたりする人は、一度生活のリズムを健康的なものに立て直してみましょう。

早起きは嫌いかもしれませんが、寝坊がちな人が朝ちょっとだけ早起きするだけでも、気持ちに余裕が生まれ、1日を気持ちよくスタートできます。


改善方法7. 前向きな言葉遣いを心掛け、笑顔を増やす

メンタルが弱い人はついネガティブな言葉を使ってしまうことが多いので、前向きな言葉を使ったり、明るい雰囲気を作るようにしたり、意識してみましょう。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、ポジティブな言動を繰り返すことで自然にそうした気持ちになっていくもの。

気持ちが沈んでいる時でも、無理矢理でも一度トライしてみると意外に効果を感じるはずです。


改善方法8. 周囲に期待したり、完璧を求めない

人を信用して、裏切られたときのショックは計り知れません。自分が一方的に相手に期待してしまっていたとしても、裏切られたときのダメージが大きいですよね。

あまり他人に期待をして、依存しないように心がけましょう。また、「人に任せたことは半分ぐらいクリアできていたらいい」という程度に捉えておくことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


改善方法9. 失敗に対する考え方を変える

ちょっとした失敗でも「自分はダメだ」「もう後がない」と考えるのはやめましょう。「失敗は成功のもと」という言葉があるように、長い人生の中の一つの経験として捉えれば今後の生き方の糧になります。

次は違う方法を試したり、自分に合わないことに気づけたと感謝したりするだけで、失敗が前向きな意味を持ちはじめますよ。


改善方法10. 人の話を聞いたり、本を読み視野を広げる

メンタルが弱い人は思い込みが激しかったり、他の選択肢を持ち合わせていなかったりする場合がよくあります。様々な人と触れ合って異なる考え方を吸収したり、読書を通して違う世界があることを学んでいきましょう。

自然と何かの壁に当たった時、「もっと他の方法があるのでは?」と解決方法を引き出しやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


メンタルが弱いと言われるのはなぜ?落ち込んでしまう5つの原因

ここからは、落ち込んでしまう原因を5つに分けてご紹介しましょう。メンタルが弱い人は、男性でも女性でも、物事をネガティブに捉えて気分が沈んでしまう傾向があります。


原因1. 期待していた結果が得られなかった

チャレンジして自分なりに頑張ったことの成果が出ないと、自分のふがいなさを感じて落ち込みます。セルフイメージが大きいプライドの高い人は、なおさら最初に思った通りの結果が手にできないと落胆しがちです。

ちょっとした失敗でもうまくいかなくて自分が傷つくと「自分はダメな人間だ」と思い悩んでしまうのです。


原因2. 自己評価が低く、自己嫌悪に陥ってしまう

メンタルが弱い人は、経験が浅い、自分に対する自信が低い場合が多いです。うまくいったことでもあら探しをして自分で悩んでしまったり、失敗すれば「最初からやらなければ良かった」と根本から自分のやることなすことを否定しようとします。「男性だから」「女性だから」といった思い込みもネックです。

些細なことでも自分をほめてあげる習慣がないので、自分を好きになれないことがポイントです。

【参考記事】はこちら▽


原因3. 物事をネガティブに捉えてしまっている

どんなことでも悪い方に考えたり、不安を感じたりしています。「コップの水が半分あるか、半分しかないか」とどっちで捉えるかと同じで、ついマイナスなほうを選択肢してしまういのです。

たとえ周囲から見れば成功していることでも、重箱の隅をつつくようにダメだったことに次々と目が行ってしまいます。後ろ向きな捉え方ばかりする傾向が強いです。


原因4. 体調が悪く、気分が沈んでいる

風邪や腹痛、疲労の蓄積、持病など、健康面で体が辛い状態が続くと、メンタル的にも落ち込みやすくなります。普段から体調に自信がない人はちょっとしたことでも心が折れやすく、敏感に感じてしまう場合も珍しくありません。

メンタルが弱い人の気持ちの安定度はとりわけ体調の具合と密接に関係しているといえるでしょう。


原因5. 常に人目を気にして比較してしまう

自分に対する自信がないので、他人に自分の行動を見られたくないと感じます。自分が人からどう思われているのかを気にしすぎるので、普段から様々な行動を自制したり、チャレンジをしなくなったりします。

また、人がやっていることを実際より過大評価しがちで、他人から目立たないように行動してしまう人も少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


すぐに心が折れる!メンタルが弱い人の7つの特徴

ここからは、メンタルが弱い人にはどういった傾向があるのか、7つにわけてご紹介します。心が折れやすい人、すぐに落ち込みやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか。


メンタルが弱い人の特徴1. 繊細で、細かい事を気にしてしまう

ちょっとしたことでも感じやすいので、人が気にしないことをずっと悩んでいたり、どうしたらいいのか考えたりしがちです。感受性が豊かなことは素晴らしいのですが、いきすぎると何にでも反応してしまって生きるのが辛くなります。

小さなことを一つ一つキャッチしすぎると身動きが取れなくなって、自分で自分の首を絞めてしまうこともありますよ。

【参考記事】はこちら▽


メンタルが弱い人の特徴2. 他人の主張に流される

Aさんの意見を聞いたときは「なるほど」と思ったのに、Bさんから全く違う考えを聞くとすぐ乗り換えたりしてしまいます。自分の意見を出しすぎて相手に嫌われたくないという意識や、自分の軸がブレやすいので良いと思ったらすぐに気持ちが移ってしまうのです。

メンタルが弱い人ほど、自分の思いを前面に出すことがないので、長いものには巻かれてしまいます。


メンタルが弱い人の特徴3. 自己表現が苦手

メンタルが弱い人は、本当は色々なことをやってみたり感じていたりするのに、周囲にうまく伝えられません。言葉のチョイスがイマイチだったり、コミュニケーションが得意でなかったりすると、自分の思いを表現できず周囲の環境が自分にそぐわないものになっても言い出せません。

言葉だけでなく芸術や趣味といった様々な表現方法を身につける機会がないと、自分の本心をうまく伝えるテクニックを持てないのです。


メンタルが弱い人の特徴4. 何事も中途半端でやめてしまう

仕事でもなんでも「めんどくさいから」とすぐ投げ出したり、飽き性だったり、すぐに先が見えてしまったりしがちで、自信を持ってやり遂げた成功体験が少ない場合です。人生での達成感が乏しいので自分に自信が持てず、メンタル力が弱いままになってしまっています。

これまでの人生で一つのことをずっと続けて成功の数が少ない人ほど、自分を評価できないのが原因です。


メンタルが弱い人の特徴5. ブランド物が好きで、着飾ろうとする

他から権威を借りて来て自分を守ろうとしたり、周囲からの承認欲求を満足させたいといった心の現れです。誰もが認める世界的に有名な高級なブランドなら、 みんなに評価されると思ってしまいます。

そもそも自分に自信がないことが理由なので、メンタル的に変化しない限りずっとブランドを追い続ける人も少なくありません。


メンタルが弱い人の特徴6. 喜怒哀楽が激しく、感情的になりやすい

自分に自信がないのを隠すため、周囲に当たったり、理由もなく怒り出したりします。いつも気持ちが安定していないので、好き嫌いですぐに怒ったり、ちょっとしたことで落ち込んだり、人より感情の変化がとても大きいのが特徴です。

このように気持ちがコロコロ変わりやすいのは、メンタル的に折れやすい典型的な症状だといえるでしょう。


メンタルが弱い人の特徴7. 決断力がなく、悩みやすい

小さなことが決められないため、ちょっとしたことですぐに悩みがちです。したがって、あらゆることを考えすぎてしまうあまり、ストレスを抱えやすくなります。

たいしたことのない悩みでもずっと思い詰めていれば、気分が沈んでしまうのも無理はありません。

一つ一つの処理をその場で出来ないので、どんどんやらなければいけないことがふくらんで気持ちがいっぱいになってしまいがち、といった特徴があります。

【参考記事】はこちら▽


彼氏(夫)や彼女のメンタルが弱い時の接し方を解説!

もし自分の彼氏や夫、もしくは彼女や妻がメンタルが弱い人だったら、どうすればいいのでしょうか。

自分はよくわからなくても、大切な家族や恋愛関係の相手がメンタルが弱い人だったら、適切なフォローや気づかいが必要です。

人間関係や恋愛関係を良好にしていくために知っておきたい接し方を3つご紹介します。


接し方1. 感情的になって責めない

心が弱い人は追い込まれるとどんどん気持ちが固まって動けなくなってしまいます。心の持ちようや気持ちの切り替えでどうにもならないことが多いので、少し離れて見てあげることが大切です。

つい怒ってしまいたくなるかもしれませんが、そこは我慢しましょう。「そのうち気持ちが変わるだろう」と余裕を持って接してみてください。


接し方2. たくさん褒めて自己重要感を高めてあげる

ちょっとしたことでも褒め所を見つけたら、しっかり拍手を送りましょう。心が弱い人は、どれだけ頑張っても納得がいかず、自分はできていないと考えがちです。家族や恋人が素直に褒めてあげれば、自分に自信が持てるきっかけになります。

自分を信頼できるきっかけをどんどん作って、嫌いな自分のセルフイメージを高めてあげてください。

【参考記事】はこちら▽


接し方3. 相手の目線に合わせて言葉選びをする

上からものを言うような態度は相手に大きな負担を与えます。繊細な人の気持ちを汲み取りながら、相手が素直に受け入れてくれる言葉で話しましょう。

メンタルが弱い人には叱咤激励より、優しく寄り添ってあげるような表現がベストです。

一度相手の気持ちを受け入れてから、一緒に悩む姿勢を取ってソフトな表現を心がけてください。


メンタルの弱さを改善していきましょう。

男性や女性に関わらず、メンタルが弱い人は仕事やプライベートでちょっとしたことで心が折れたり、傷ついたりしてしまいます。普段から生きづらい思いを抱えていることも少なくありません。

メンタルが弱いのを改善するには、日頃のちょっとした心がけを積み重ねて自己肯定感を高めるようにするといいでしょう。

また、もし夫婦や家族にメンタルが弱い人がいるなら、寄り添ってやさしく接してあげることがポイントですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事