自分の人生を生きるには?覚悟を決めて“自分らしく”楽しむ方法を解説

他人に振り回されるよりも、「自分の人生を生きる」方が気楽に生きれますよね。ではどうすれば自分の人生を生きられるのでしょうか。本記事では、自分の人生を生きる覚悟をすると得られるメリットや自分の人生を生きる方法を解説。さらに、参考になる名言と本もご紹介します。

自分の人生を生きる方法で悩んでる人必見!

自分の人生を生きたい人

自分の人生は自分だけのもの。他人のために尽くすのも良いけれど、まずは自分のために生きることを考えたいですよね。

しかし、中には他人の人生に振り回されたり、親のことが気になって素直に自分だけの人生を考えられない方も多いでしょう。

そこで今回は、自分の人生を生きるための覚悟や自分らしくある方法、おすすめの名言などを紹介します。自由な人生を謳歌できるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。


「自分の人生を生きる」とはどういう意味?

自分の人生を生きるとは、自分の意思で行動し、幸せを掴むこと。もちろん、人間は1人では生きていけないため、誰かと支え合っていくことは大切です。

ただ、他人の人生に振り回されるのではなく、必ず自分を軸にして考える必要があります。自分らしく、思い通りに生きられれば、たった一度きりの人生を後悔なく過ごるはずですよ。


自分の人生を生きる覚悟をすると得られるメリット

自分だけの人生を生きるには、それなりに覚悟が必要。覚悟できないまま日常をなんとなく過ごしていると、いつの間にか親など他人の人生の渦中に巻き込まれてしまうことも。

一方、自分の人生を生きる覚悟ができれば、様々なメリットが得られます。どんなメリットがあるのかをいくつか見ていきましょう。


メリット1. 自分自身の理想像に近づける

人生を自分で決めるので、自分が本当に求める理想像を手に入れられます。もし、親が言う通りの人生を歩んでしまうと、「自分」というより「親の理想となった自分」になってしまうのです。

「親が褒めてくれるならそれでいい」という方もいますが、それはあなたの意思とは違う偽りの自分。自分の人生を生きているとは言えません。

他人が与えた理想像ではなく、自分で決めた理想像を得られるのは、自分を大切にする上で重要だと言えますね。


メリット2. 周りの目を気にしなくなる

周りからの評価は競争社会では、どうしても気になってしまいますよね。「あの人にどう思われているのだろう」と考えながら自分の振る舞いを考えたり、常に人の顔色を伺って生活をしていたりする方も多いでしょう。

しかし、自分の人生を生きる覚悟ができれば、一気に周りの目が気にならなくなります。「他人にどう思われても平気」と晴れやかな気持ちになり、自分らしく人生を楽しむように変わるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


メリット3. 生き生きした人生が送れる

他人の人生に巻き込まれると、自分らしさを見失い、純粋に人生を楽しむ余裕がなくなるでしょう。そんな窮屈さから抜け出し、自由を手に入れることで生き生きとした人生が送れます。

自分の思い通りに決められる自由さにストレスも軽減され、幸せを感じられるはず。「人生が楽しくない」とマイナス思考になっている方も、自分の人生を生きる覚悟を決めれば前向きな気持ちに変わりますよ。


自分の人生を生きるにはどうしたら良い?

人生を楽しむには、自分の人生を生きることが大切なのは分かりますが、生きている以上他人を避けることはできません。そのため、無意識に自分の幸せを後回しにしてしまう方もいるでしょう。

では、自分の思い通りに生きるにはどうすれば良いのか、具体的な方法をいくつか紹介します。


方法1. 自分の感情に素直になる

自分を軸にして人生を生きるには、まず自分を大切にすることが重要です。そこで、胸に手を当てて自分の心に耳を傾けてみましょう。

周りに合わせてばかりで、我慢続きの心に気づけるはず。そんな自分を慰め、「もっと自分の感情に対して素直になっていいのだ」と考えるのです。

きっと心が軽くなり、周りを気にせず思い通りの行動ができるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 自立心を身につける

他人に依存したり甘えたりするようでは、いつまでも自分の人生を生きることはできません。ちょっと困ったことがあっただけで他人を頼り、そのまま人に流される人生を歩んでしまうでしょう。

それを防ぐためにも、しっかり自立心を身につけることが大切です。自分で決めるのが当たり前になれば、他人に流されることなく生きられます。


方法3. 自分の決断や行動に後悔をしない

何事も自分で決める生き方は、時に後悔することがあるでしょう。しかし、「なんであんなことを」と言っていても後の祭り。

いつまでも後悔の念に囚われていては、物事を自分で決めることに臆病になってしまいます。だからこそ、決断・行動する時は後悔しないようしっかり考えましょう

人のせいにしたり、誰かに八つ当たりをしたりせず、責任感を持つことも必要ですよ。


方法4. 自分の自信を養う

自分だけの人生を生きるには、自分らしくあることが大前提です。物事を決断した時に、自信が持てないようでは結局親や周りの人に流される人生になってしまいます。

それでは「自分の人生」とは言えないので、自分に自信をつけましょう。例えば、毎日小さな目標を立て、クリアしていくことで成功体験を積むのがおすすめ。

自分の力で生きている実感が得られるため、どんどん自信がついていきますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 人生におけるブレない目標を作る

心の中に強い芯を持っておくと、どんな場面でも道を見失うことなく歩けます。周りの影響も受けず、自分の信念を持って自分らしく生きられます。

そのためには、絶対にブレることのない目標を作っておくのがおすすめです。「これだけは絶対に達成したい」という目標さえあれば、いつも前向きでキラキラとした人生を生きられるはず。

もし達成できれば、この上ない幸せを掴むことができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


方法6. 他人の幸せよりも、自分の幸せを優先して生きる

他人の幸せを考えられる優しい人もたくさんいますよね。それはとても素敵なことですが、だからといって自分を蔑ろにしてはなりません。

自分の人生を生きるのであれば、自分が幸せになることが最優先。自己犠牲の人生を選んでしまっては、いつまでも幸せになれません。

自分の人生を大切にするためにも、「自分がどうすれば幸せになれるか」を考えてみましょう。


方法7. 人から嫌われることを怖がらない

「誰からも好かれたい」

そんな思いを抱いている方も多いはず。もちろん、それが悪いわけではありません。

しかし、他人に好かれるということは、嫌われないよう振舞う必要があるということ。人から嫌われるのを怖がり、顔色を伺う人生しか歩けなくなります。

自分の人生を生きるには、「他人から嫌われても平気」と思えるほど強く前向きな心が必要不可欠ですよ。

【参考記事】はこちら▽


自分の人生を生きると覚悟した時に心に響く名言3選

「自分の人生を生きる」と覚悟していても、人間なので時には後ろ向きな気持ちになってしまうこともあるでしょう。そんな時、心を支えてくれる名言を3つ紹介します。

「自分の力で生きられるよう強くなりたい」という方は、お守りとして胸に留めておくと良いですよ。


おすすめの名言1. 『私たちの選択こそが、私たち自身を形作っているのです。』ジェフ・ベゾス

ジェフ・ベゾスは、アメリカの実業家・投資家として知られる男性。「世界最大の資産家」と言われ、Amazonの創業者としても有名です。

この名言は、「自分の人生は自分の選択で決まる」ということ。当たり前のようですが、周りに左右されて生きている人の心には深く刺さりますね。


おすすめの名言2. 『人生はむつかしく解釈するから分からなくなる。』武者小路実篤

「人生を難しく考えようとするから自分の在り方が分からなくなるのだ」と言うのが武者小路実篤です。小説家、劇作家、詩人など様々な肩書きを持ち、文学とともにいろんな世界観に触れてきた彼だからこそ言えた名言なのでしょう。

自分を見失わないよう、道しるべの1つになってくれる名言です。


おすすめの名言3. 『人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ。』アルフレッド・アドラー

オーストリア出身の精神科医で、医師のキャリアを活かして児童相談所の設立や講演などに尽力しました。きっと困っている多くの人々と接してきたのでしょう。

彼の名言からは「あなたの人生だから好きにしていいんだよ」というメッセージが伝わってきます。


自分の人生を生きるために参考になるおすすめの本2冊

人生について語る本はたくさん出版されていますが、その中でも「自分の人生を生きたい」と思っている方におすすめの本を紹介します。

「誰かに背中を押してほしい」という方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。


おすすめの本1. 『自分のための人生』ウエイン・W・ダイアー (著), 渡部 昇一 (翻訳)

自分のための人生 (知的生きかた文庫)

自分を過小評価する癖がついている現代人。それが「謙虚」という便利な言葉で片づけられていますが、「自分のことを正当に評価できない病に他ならない」と教えてくれます。

自分を自分で認めてあげることで、やっと幸せな人生のスタートラインに立てるのです。自分に自信が持てない方は、ぜひ一読してみてください。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『嫌われる勇気』岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

「人間の悩みは全て対人関係によるもの」と断言している本です。そのため、自分の人生を生きるには人から嫌われる勇気を持つことが必要

親や友人など、周りの顔色ばかり伺ってしまう癖の現代人にこそ必要な思想と言えますね。他人を気にして自分らしくいられない方には特におすすめです。

Amazonで詳細を見る


自分らしく生きる方法を見つけて、人生を謳歌しよう!

人に合わせて生きることが正義のように言われる現代では、自分の人生を生きる人を「自己中」や「社会不適合者」などと言って罵る傾向があります。しかし、本来人生は自分のためにあるもの。

「自分らしく生きよう」と考える人に対し、周りが文句を言えることではないのです。他人に対して「嫌われたらどうしよう」と考える必要はありません。

「自分がどうしたいか」をしっかり考え、幸せな人生を全うしようと尽力した方が有意義な過ごし方ができるはずですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事