老けて見える人の特徴&原因とは?年齢より若く見せるコツを大公開!

実年齢より老けて見える人っていますよね。「自分も老けて見られているかも?」と不安な人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、老けて見える人の特徴や原因を解説すると共に、若く見られる人の特徴も解説していきます。悩んでいる方は、若く見られるためのポイントも参考にしてみてくださいね。

男性も女性も老けて見える人っていますよね。

老けて見える人の特徴&原因

人が言われてショックな言葉の代表例として「老けて見える」ということがあるかと思います。

特に、美にこだわる女性にとっては、若い時だけではなく、高齢であっても、受け入れがたい表現のはず。

ただ、同じ年齢の人同士でも、見た目年齢に差が出てくる以上、単純な数字以外に違いがあることは明白です。

今記事では、老けて見える特徴や原因について探り、若く見せる方法も紹介します。

「老けて見える」と言われてふさぎこめば、余計老けて見えるので、思い切って対策を一緒に考えていきましょう。


老けて見える人の特徴や原因11個

世の中には、年齢より若く見えたり老けて見えたりと、年齢が上がれば上がるほど、はっきりと見た目に差が出て来ます。

あなたも、近い年齢の友人の見た目と比較して、何が違うのか、色々と考えさせられることもあるでしょう。

しかし、見た目の違いが出て来る理由は、実ははっきりとしているのです。ここからは老けて見える人の11の特徴や原因を取り上げて解説していきます。


老けて見える人の特徴&原因:外見

「老けて見える」という表現どおり、外見が年齢以上の印象を与えてしまうケースです。誰でも見た瞬間にわかることで、非常にわかりやすい理由でしょう。

まずは、外見について8つの特徴と原因に分けて分析していきます。「老けて見える」主要因ですので、どれが自分に当てはまっているのか考えてみましょう。


外見1. 肌が乾燥していたり、シワが多い

肌にみずみずしさやハリがないと、どうしても老けて見られてしまいます。

赤ちゃんの肌を見ればわかるように、若くて健康であれば、きめ細やかでなめらかな肌触りをしているものです。逆に乾燥やシワは、高齢になるほど顔にはっきりと出る傾向があります。

肌の乾燥やシワの多さは、見た目年齢を老けさせる第一の原因になってくると言って良いでしょう。


外見2. 髪に潤いがなく、ぱさついている

高齢の女性は、若い女性と比較して髪の毛の水分が加齢で少なく、髪がぱさつきがち。ぱさつきはまとまりを失わせ、髪型のセットを乱す原因となり、ボサボサ頭で余計に老けて見えてしまう傾向があります。

またカラーリングをすると、更にぱさついて、オシャレ狙いが逆効果になりやすいことも。髪の毛のツヤの無さやまとまりの無さは、髪や髪型から女性を老けて見せてしまうのです。


外見3. 服装が全体的にダサい

カラーコーディネイトや着こなしは、年齢を感じさせる原因になります。ファッションは、着ている人の美的センスや流行に敏感かどうかが出てしまうので、服装が年相応ではなかったり、似合わなかったりすると、女性を老けて見せてしまうのです。

一方で、自分の年齢や見た目に似合わない無理なファッションは、「若作り」として違和感を与えます。

服装のセンスは、人の見た目年齢に強く影響すると共に、とにかく若く見せれば良いというものでもありません。


外見4. 厚化粧だったり、メイクが似合ってない

メイクが濃すぎると、女性が本来持つ若さを消してしまう傾向があります。

若い女性は、メイクをほとんどしなくても、肌がピチピチとして十分美しく輝いています。メイクによって肌の質感が落ちれば、むしろ老け顔に見える原因に。

メイクは女性を変貌させる一方、いかにも厚化粧な見た目は、肌年齢を誤魔化す目的だと印象付けてしまいます。

老けて見えてしまう人は、厚化粧や似合わないメイクをしてしまっていることが多いのです。


外見5. 髪型がどこか古臭かったり、白髪交じり

髪型は女性を見た時に、顔の次に印象によく残る部分でしょう。流行から外れた髪型をしていると、時代についていけないおばさん的な印象を強く与え、白髪は言うまでもなく老化を感じさせてしまいます。

流行遅れのヘアスタイルとなると、具体的にはきつめのパーマなど高齢女性にありがちな髪型が多く、どうしても老けて見えてくるのです。

ただし、若者で流行していても似合っていない髪型であれば、残念ながら若くは見えずに違和感しか与えません。

白髪はもちろん、古臭い髪型や似合っていない髪型も、女性の見た目年齢を引き上げてしまうのです。


外見6. 痩せ過ぎてしまっていて顔がコケてる

歳を重ねると、どうしても顔の肉が落ちてきて、不健康に見えてくることも。

若い内はたとえ痩せていても、肌にはハリがあるので、余程のことがない限り問題ありません。一方で、加齢によって痩せると、頬がコケて見え病気がちに映り、老けて見える原因となるのです。

頬がコケるほど痩せてしまうこともまた、人の見た目を年齢以上に老けて見せる傾向があることに注意しましょう。


外見7. 目のクマが酷い

目の下のクマも、年齢を感じさせる現象でしょう。クマは、血流が悪くなったり、肌が薄くなったり、更には皮膚がたるんだりすることで発生するため、高齢の人に出やすく、老けて見えるのです。

また、顔の中でも特に目立つ目の下に出るので、余計老けて見せることに繋がります。

色が黒ずんでいたり、腫れぼったくなったりして、老けて見えるだけでなく、人相を悪く見せてしまうことも。

目のクマが目立ってくると、自然と老けて見える原因になりますよ。


外見8. 歯が黄ばんでいる

歯が黄色く見えると実年齢以上に感じさせてしまいます。歯は加齢で劣化すると黄ばんで見える上、長年の生活習慣でも色素沈着が出てしまうので、高齢である印象を与えがち。

もちろん、清潔感の無さも、余計に老けて見える要因にもなります。

歯の黄ばみは、生活感を感じさせて、汚らしく見えるので、老けて見えてくるのです。


老けて見える人の特徴&原因:内面や行動

外見だけが老けて見える原因でなく、行動や言動が原因となることも。老けて見える仕草などは、自分では気が付きにくいだけにやっかいです。

ここからは、老けて見える人の特徴として、3つの内面や行動について分析していきます。


行動1. 表情が暗く、笑顔が少ない

顔は人の視線が一番最初に行く所で、いつも硬い表情をしていると、若さが感じられません。若い人は自然と笑顔でいることが多いのに対し、年齢を重ねると、ストレスなどもあり、表情がどうしても暗くなってきます。

更に、眉間や硬く閉じた口元のシワなども年齢を感じさせてしまいがち。明るい表情が出来ない人は、どうしても老けて見えてくるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動2. 猫背で姿勢が悪い

老人は加齢の影響や筋力低下で、背中が曲がってしまう傾向があります。年齢にかかわらず、猫背で丸まった背中は、年をとっていることを感じさせてしまう要因になるでしょう。

特に女性は年をとると、元々筋肉が少なく骨も曲がりやすいので、男性より姿勢が悪くなりがち。

猫背で縮こまった姿勢をしていると、どうしても年齢以上に老けて見えてしまうのです。


行動3. 常にイライラしていて怒りっぽい

加齢は脳における感情のコントロールを低下させるので、老人の方がキレやすいと言われています。ストレスを溜めやすくヒステリー気味の性格は、印象を年齢以上に感じさせるのです。

更に、不機嫌そうな仏頂面やストレスによる肌の荒れも、余計老けて見せる原因に。

常時イライラしやすい性格は、精神面でも外見でも、人を実年齢より老けさせてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


反対に若く見られる人の特徴とは?

老けて見える人がいるなら、逆に若く見える人も世の中にはいます。若く見られたいと誰もが願っている以上、どうして若く見えるのか知りたいですよね。

実際、若く見られる人には、特有の原因や特徴があります。

ここからは、若く見える人の7つの具体的な特徴を挙げていきます。特徴を知れば、若く見られるコツやヒントを知ることが出来るはず。


特徴1. 笑顔が多く、常に明るい

笑顔は朗らかで躍動的な印象を周囲に与えます。年齢が若い人たちは、高齢者より自然と笑顔でいることが多いので、笑みを絶やさない姿は、若々しく感じさせてくれるのです。

また、明るい性格や笑顔は人の免疫効果を高め、結果として病気に負けない健康体を作り出すので、健康面からもより若く見えやすくなります。

笑顔でいつも明るい態度は、人々を若く見せる効果が高いのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 引き締まった体型をしている

年をとると、長年の不摂生による肥満や、筋力の低下でだらしなく見える体型になりがち。逆に、年齢にかかわらずスリムな身体をしている人は、オシャレで若く見える傾向があります。

更に、身体が絞れていれば、活動的なイメージを与えるので、会った人は若々しいという印象を受けるのです。

引き締まった体型をしていれば、若いという印象だけでなく、見た目の美しさも手に入れることが出来るでしょう。


特徴3. 服のサイズ感や色使いが上手い

若々しい人は、どんなデザインや色合いのファッションが流行っているかを知っています。年齢にかかわらず、ファッションコーディネイトが上手いので、流行の変化にしっかり対応して、若く見せられるのです。

当然、流行を自分にどう合わせるかも理解しているので、自分自身をより美しく見せることも出来るでしょう。

上手い着こなしは、魅力をアップし実年齢より若い印象を与えてくれます。


特徴4. シンプルで自分に似合うメイクをしている

若く見える女性は、自分自身の顔を熟知し、厚化粧を避けてナチュラルメイクをしている傾向があります。厚化粧は、肌をメイクで完全に覆ってしまうので、かえって肌質が悪くなって老けて見えてしまうのです。

更に、厚化粧は若く見せたいという意図が透けて見えてしまうことも。自分にあったメイクをしている女性は、若く見せることが出来る人と言えます。


特徴5. 肌が綺麗でキメが細かい

人を見た瞬間に、シワやシミがあると目に付くこともあり、肌質は見た目年齢にとって重要なポイントと言えます。乾燥していれば老けて見える一方、みずみずしい肌は、若い人に特有の状態であるため、若く見えることに大きく貢献してくれるのです

特に若く見える女性の場合、肌に潤いがあるだけでなくキメも細かいので、肌が美しく映えます。

美しい肌は、人が若くみえるための大きな要因となってくるのです。


特徴6. 髪の手入れがされており艶がある

若々しい女性は、髪のケアに時間をかけ、潤いのある髪をしています。髪の毛は顔のそばにあるため非常に目立ち、見た目の若さに重要な影響を与えるのです。

更に若く見える女性は、ヘアスタイルも最新のものにし、若く見えることに努力しています。

一方、老けて見える女性は、ヘアスタイルやヘアケアに気を遣っている暇もないので、髪の毛はボサボサで水分も失ってぱさつき気味です。

髪の毛の健康状態やケアの仕方も、若々しく見える人にとっては、大きく貢献してくれる要素となっています。


特徴7. 常に恋をして自分磨きをしている

女性に好きな人が出来ると、相手に気に入ってもらえるよう、化粧の仕方に気を付けたり、オシャレに気を付けたりするようになります。見た目を美しくしようとすれば、当然若々しく見えるようになってくるのです。

更に、恋愛中は生きがいを強く感じられるので、精神面の状態も良くなり、笑顔も増えます。

恋愛に積極的であることも、女性が若く見えることに影響すると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


若く見えるために心掛けたい8つのコツ

老けて見られることは、女性にとってプライドを傷付けられるだけではなく、恋愛においても不利になります。

日々をイキイキと暮らすため、何としてでも若く見せたいと思う女性は多いでしょうが、方法がわからずイライラしているかも。しかし、若く見せる方法は確実に存在しています。

これより、若く見えるための8つのコツを伝授していきますよ。チェックして、若く見えるためにぜひ実践してみてくださいね。


コツ1. 年齢にあったファッションや色を学ぶ

自分に合わないデザインや色使いのファッションは、流行に乗れない印象やファッションセンスに欠ける印象を与え、老けて見せてしまいがち。

一方で、服装が着ている本人にぴったり合えば、本人の魅力が引き立てられるので、若々しく、そして美しくカッコよく見せられます。

ただ、老けて見られたくないと、無理して若作りしてしまうと、違和感を与えて逆に老けて見えてしまうことも。

自分に合ったファッションや色使いをよく知ることが、若く見られるのに大変役立つのです。


コツ2. ポジティブな考え方を持ち、表情を豊かにする

「何があっても何とかなる」と気楽に構えて、笑顔を心がけて生活しましょう。前向きに考えていくことで、自然とイキイキとした表情になってくるので、人はドンドン若く見えてくるのです。

逆に、ストレスを抱えていたり悩んでいたりすると、自然と表情が硬くなり、精神面でも暗くなって、顔から受ける印象は、年齢より上に見えてしまいます。

ポジティブ思考で喜びや楽しみを表情に出すことは、見た目を若く見せる上で非常に有効なのです。

【参考記事】はこちら▽


コツ3. 綺麗な姿勢に矯正する

背筋が伸びてスラッとした容姿は、筋力の強さや前向きな態度を印象付け、健康的な若さと美しさを周囲にアピール出来ます。

更に、悪い姿勢を正すだけで、立ち居振る舞いに緊張感が出るので、周囲に若さあふれるハツラツとした印象も与えてくれるのです。

綺麗な姿勢に直すことは、肉体的な面と態度面での若さを印象付けてくれます。


コツ4. 美容室に通い髪にトリートメントをする

髪の艶や潤いから、女性の年齢や健康状態をイメージしやすいので、美しい髪は、女性の見た目の若さに直結すると言っても良いでしょう。ケアによって髪を美しく保てば、自然と若く見えてきます。

特に髪のプロである美容室なら、似合うヘアスタイルにしてくれるだけではなく、髪のケアもしっかりと行ってくれるはず。

髪や髪型で若く見られたいなら、専門家のいる美容室に行くのも良い方法ですよ。


コツ5. ナチュラルなメイクをマスターする

厚化粧は肌を覆いつくして、肌の質感が悪く見えることで逆に老けて見せてしまいます。更に皮膚自体にも悪影響を与えて、肌質を劣化させることも。

素の肌質を活かすナチュラルメイクは、女性の本来の肌の魅力をより引き立てられるので、見た目の若さにも大きく貢献してくれます。

肌質を損なわないナチュラルメイクの仕方を学べば、自分の肌を綺麗に見せることが可能な上、肌自体も健康にすることで、見た目年齢を若くすることが出来るのです。


コツ6. 生活習慣を整え肌質を改善する

十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食生活を送ることで、新陳代謝が良くなり、肌もみずみずしく健康的になります。

更に、正しい生活習慣は、精神面でもストレスを軽減し、ストレスから来る肌トラブルを防いでくれるのです。

若く見せるためには、肌を美しくする生活習慣の改善が必要不可欠になってくることに留意しましょう。


コツ7. スキンケアを怠らず、肌に潤いを与える

肌が綺麗だと若く見えるので、肌質を劣化させる外部刺激から、肌をしっかりと守る必要があります。

肌から潤いを失わせる乾燥や、シミやシワの原因である紫外線に対するスキンケアが、見た目を若く見せるのに重要な役割を果たすのです。保湿クリームやUVケア・美肌ケア用のクリームを状況に応じて使い分けします。

若く見える肌にとって、正しい生活習慣とナチュラルメイクも重要ですが、最後の決め手は、潤いを保つスキンケアであることを忘れないようにしましょう。


コツ8. 歯石除去やホワイトニングをして清潔感のある歯を保つ

若く見えるために、肌や服装あるいは髪型などに注意すべきですが、案外忘れがちなのが歯ではないでしょうか。

長年の生活で歯が黄ばんでしまうと、汚らしく感じられ、老けて見える一方、歯が白いと清潔感があって若いという印象を与えられます。

歯医者なら、家庭では難しいホワイトニングや歯石除去を専門技術で行ってくれるので、より美しく白い歯を手に入れられます。

【参考記事】はこちら▽


老けて見える人は、少しの工夫で若々しい印象になりますよ。

見た目が老けて見えることは、健康や生活習慣に左右されがちです。同時に、考え方や精神状態も、人を老けさせる原因になってしまいます。

「老けている」と言われると、思わず深刻に悩んでしまいますが、ストレスとなって更に老けさせる原因にもなりかねません。

老けて見られたくないなら、悩むよりもポジティブシンキングで笑顔になることから始めるのが、手軽に始められるアンチエイジングではないでしょうか。

その上で、紹介した様々な方法を実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ