柔軟性のある人の特徴とは?柔軟な対応ができるようになるコツを大公開

柔軟な対応ができる人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、柔軟性の意味から、柔軟性のある人の魅力や特徴、柔軟性の身に付ける方法まで詳しくご紹介します。どんな時でも機転のきいた対応ができるようになるコツを解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「柔軟性」とは?

柔軟性とは

柔軟性とは、もともとは、柔らかさやしなやかな様子や性質をあらわす言葉です。

これを人に当てはめると、その場のシチュエーションや相手に応じて、適切な対応を判断して行動できる人を指します。

何でも杓子定規で、型にハマった対応しかできないのではなく、臨機応変に行動や態度を変えられる人のことを、柔軟性がある人といえるのです。


柔軟性を高めるメリットとは?

人生を生きるにあたって、柔軟性はないよりも、あったほうがメリットがあるものです。

仕事でも恋愛でも、トラブルを避けては通れないもの。そんな時に頭の固い人は、「こうしないといけない」と一つのやり方を押し通すしか、物事に対処できない場合があります。

一方、柔軟性がある人は、「今回はこうしてみよう」「新しくこれを試してみたらどうだろうか」と状況に応じて様々プランを描くことができるのです。

柔軟性がある人のほうが、あらゆる状況に対処できる適応力があるといえるでしょう。


柔軟性がある人の特徴|フレキシブル対応ができる人の共通点とは

柔軟性があると、メリットがあるのが、分かったところで、「じゃあ柔軟性がある人ってどんな人なんだろう」と考える人もいるはず。

ここからは、柔軟性あある人の特徴を詳しく紹介します。

フレキシブルな対応が取れる人に興味がある人は参考にしてくださいね。


柔軟性がある人の特徴1. 行動に移すまでが早い

柔軟性のある人は周囲の変化に乗り遅れずに、対応することができる人。

会社などで事業の方針転換などがあると、「こんなことできない」と嘆いてばかりの同僚を尻目に、自分がどのように適応すべきか考えて行動に移します。

一つのやり方に縛られて停滞するよりも、最善の道を即座に見つけて行動に移せる人なのです。


柔軟性がある人の特徴2. 落ち着きがある

柔軟性がある人は物事に対して、あまり興奮したり、取り乱したりしない性格です。

仕事やプライベートなどで、トラブルが問題が発生しても、すぐに取り乱したりせずに、冷静に行動できる、落ち着いた対応をする人がいますよね。

落ち着いて、パニックにならずに冷静な判断ができるのが、柔軟性がある人の特徴といえるでしょう。


柔軟性がある人の特徴3. コミュニケーション能力が高い

人はそれぞれに個性があって、誰一人同じ人はいません。円滑な人間関係を築くには、それぞれに対応できる柔軟性は必須の要素です。

仕事において、厳しい上司、生意気な後輩、面倒な取引先、あらゆる個性を持っている人たちと、だれとでも臨機応変に円満な関係を築ける人は、柔軟性がある人だと思われるはず。

自分の性格に合う人だけではなく、いろいろな個性を持つ人に対して、フレキシブルに対応できる協調性を持っているといえます。

【参考記事】はこちら▽


柔軟性がある人の特徴4. 聞き上手

周囲の意見を聞き入れて、自分の考えだけにこだわらない性格を備えているのが、柔軟性のある人。

仕事で、同僚や部下の意見を広く受け入れて、いろいろな考えを臨機応変に取り入れられる上司などが当てはまるでしょう。

人の意見をしっかり聞ける、聞き上手な面があって、それを取り入れて反映することができるのです。

【参考記事】はこちら▽


柔軟性がある人の特徴5. 誰に対してもフラットに接する

柔軟性のある人は、謙虚な面があり、立場や年齢などで人との接し方を変えるようなことはしません。

全く違う職種の人や、年齢がだいぶ下の人などと、分け隔てなく仲良くして、交友関係がとても広い人っていますよね。

誰とでもフラットに付き合うことができるので、多くの人から様々な意見を取り入れられるのです。


柔軟性がある人の特徴6. 常に明るい

ポジティブ思考で、あれこれ悲観しないところがあるのが、柔軟性のある人の性格。

トラブルなど困難に直面すると「もうおしまいだ」とネガティブに諦める人がいる一方で、「なんとかなる」と考えて、前向きに問題解決に取り組む人がいますよね。

基本的に明るい性格で、物事をネガティブ思考にとらえない性格が、機転が利く行動がとれる柔軟性につながるのです。

【参考記事】はこちら▽


柔軟性がある人の特徴7. 知識がある

柔軟性がある人は、豊富な知識があって、それを自分の生活にインプットする力があります

ビジネスシーンなどでも、既存のやり方にとらわれないで、自分が持っている豊富な知識から新しい作業方法やルールなどを生み出せる人がいるもの。

いろいろな方法を思いついたり、新しいシステムを作ったりするには、豊富な知識を持っていることが大切なのです。


柔軟性を高める方法|適応力を向上させるコツを大公開

ビジネスでも、プライベートでも柔軟性のある思考は求められます。「自分も柔軟性のある人になりたい」と思う人もいるでしょう。

ここでは柔軟性を高める方法を詳しく紹介

フレキシブルな柔軟性のある人になりたいと思った時は、ぜひ参考にしてくださいね。


柔軟性を高める方法1. 新しいことにチャレンジする

現状維持をよしとして、新しいことを何もしない状態は、平穏にすごせるかもしれませんが、成長するきっかけが少ないともいえます。

積極的に新しいことにチャレンジして、人生の経験値を上げてみましょう。

いろいろなことにチャレンジして、経験値が上がることで、トラブルや困難に直面しても、多様な考え方を用いて乗り越える柔軟性が身につきますよ。


柔軟性を高める方法2. 周りの人との会話を増やす

人はそれぞれ個性があるので、多くの人と仲良くなるには、相手に適応する能力を養う必要があるもの。

周囲にいる人と、会話を増やしてみるのも柔軟性を高めるためにはおすすめの方法です。

「あの人とは慎重に会話する」「この人は、くだけた感じが好き」など、人によっての対応を学ぶことで、柔軟性に必要な適応力を上げられるのです。


柔軟性を高める方法3. 読書など勉学に励む

物事に取り組むときや、何かを考える時に、知識量が少ないと、物事を多面的にとらえられません。

読書やセミナーなど、自分の知識を増やすために勉学に取り組んでみるのも、柔軟性を高められる方法ですよ。

勉学に励んで、知識量が増えれば、何かを行う時や、アイデアを絞り出さないとならない時に、多くの選択肢を用意することができます。


柔軟性を高める方法4. 人の意見を取り入れてみる

自分だけの考え方にこだわってしまうと、客観性を失ってしまい、独りよがりな頭の固い状態になってしまいがち。

日頃から、周囲の人の意見を取り入れる習慣をつけて、多様な考え方を自分の中にインプットしましょう。

自分の信念も大切ですが、人の意見を広く取り入れることで、視野が広がり考え方に柔軟性ができるはずですよ。


柔軟性を高める方法5. ゆとりをもった行動をする

余裕のない状態は、予期せぬ事態が発生した時に、パニックになって、冷静な行動ができなくなってしまいます。

仕事もプライベートなど、事前準備をしっかりするとか、無理なスケジュールにしすぎないなど、ゆとりのある行動を意識してみましょう。

気持ちや時間に余裕があれば、予期せぬ出来事に直面しても、パニックに陥ることなく、柔軟に問題解決に行動できるものです。

柔軟性を高めて、自分を成長させてみて。

その場、その場で適切で、機転が利く行動が取れる柔軟性がある人がいます。柔軟性があると、急なトラブルに対処できたり、多面的なものの見方から、新しいアイデアを出せるなどメリットも多いです。

「柔軟性のある人になりたい」とフレキシブルな行動ができない自分に悩む人もいると思います。

大切なのは、人との会話を増やしたり、勉学に励んで知識を増やしたり、自分の経験値を上げること。自分の中の引き出しが増えれば、柔軟性のある行動ができるようになりますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事