【相手別】褒め言葉のおすすめ一覧|言われたら絶対喜ぶ“最高のセリフ”とは?

褒めるのにおすすめな言葉について詳しく知りたい方へ。今記事では、おすすめな褒め言葉を一覧で詳しくご紹介します。

褒め言葉を有効活用すれば、良いコミュニケーションがとれる。

褒め言葉を有効活用すれば円滑にコミュニケーションが図れる

人間誰しも、他人から褒められて嫌な気はしないもの。実際、あなたも誰かに褒められたことでつい機嫌がよくなって、寛容になって頼みを引き受けたり、心を開いて饒舌になったりした経験があるはず。

褒め言葉にはそれだけ相手を気持ちよくさせる効果がありますので、有効活用できれば、その分相手と円滑にコミュニケーションを取れるようになります。

人と上手く付き合っていくためにも、今回紹介する様々な褒め言葉を頭に入れておきましょう。


褒め言葉は、相手の性別・年代・シーンに応じて使い分けよう。

褒め言葉は相手の性別や年代、シーンに応じて使い分けるのが重要

褒め言葉は人とのコミュニケーションを円滑に図るために有効なツールですが、ただ褒めればいいという訳ではありません

性別によって言われて嬉しい言葉が異なるのはもちろん、目上の人や子供など、自分と相手の関係性によっても適切な褒め言葉が異なってきます。

褒め言葉のチョイスを誤ると却って相手を怒らせたり、不快な気分にさせてしまったりすることも。

相手との関係をよくするためにも、褒める時は性別や年代、相手との関係性やシチュエーションなどを加味し、最適なワードを選択することを意識しましょう。


【女性向け】日常会話で使える“最高の褒め言葉”一覧

女性向けの褒め言葉

まずは、女性が言われて嬉しい褒め言葉からご紹介していきます。

同性の友達や好きな女性、恋人を褒める時は今から紹介するボキャブラリーを使用して褒めるのがおすすめ。上手く褒めることで、相手との友情や愛情を深めていきましょう。


女性向けの褒め言葉1. 「かわいい/綺麗だね」

見た目を褒められるのは年代問わず、どんな女性であっても嬉しいもの。

したがって、直接会った時やLINEをしている時などに、

  • 「かわいすぎる!」
  • 「ほんと○○って綺麗だよね!」

と伝えると、「そんなことないよ~」と謙遜しながらも、内心喜ばれること間違いなし

ただし、雰囲気やキャラによって「かわいい」と「綺麗」、どちらが喜ばれるかは人によって異なりますので、より女性に合ったほうをチョイスすることが重要です。


女性向けの褒め言葉2. 「新しい〇〇いいね」

女性は自分のちょっとした変化に気付いてもらえることに、大きな喜びを感じます。

それもそのはず、それだけ相手が普段から自分のことを気に掛けてくれているという証拠だから。

そのため、

  • 髪型を変えた時、髪を切った時
  • メイクを変えた時
  • 服やアクセサリーを新調した時

など、何かしら見た目に変化があった時にそのことを褒めると大いに喜んでもらえますよ。

ただ、それが勘違いだった時は「適当じゃん」と逆にマイナスな印象を抱かれてしまいかねません。

そんな事態を避けるためにも、「あれ?もしかして○○変えた?」と先に確認した上で「似合ってる!」と褒めるのがおすすめです。


女性向けの褒め言葉3. 「一緒にいるとすごい落ち着く」

女性向けの褒め言葉は一緒にいると落ち着く

男性は女性から「頼りにされたい」と考えている方が多いのに対し、女性は男性に「落ち着く」「癒される」と思ってもらいたいと考えている方が多いです。

そのため、男性が女性を褒める時は「一緒に居て落ち着く」「安心する」といった内容を伝えるのがおすすめ。

使う場面としては、デート中に会話が途切れたタイミングにふと「あー、やっぱりと○○と居ると落ち着くな」と口にするのがGOOD。

サラッと伝えることでより信憑性が高まるので、独り言のように言葉に出すといいでしょう。


女性向けの褒め言葉4. 「美意識高いね!尊敬するわ」

体型を維持するのは中々大変なこと。だからこそ、その努力を認めて褒めてもらえると女性は嬉しいと感じます。

  • 日頃からジムに通っている
  • 食生活に気を配っている

特にこういった体型維持に力を入れている女性なら間違いなく喜ばれるため、ぜひ努力している姿を褒めてあげましょう。

ただし「細い」「スラっとしている」という褒め方は、相手が自分のスタイルに満足していない可能性があるためやや危険。

「全然細くないんだけど、もしかして嫌み?」と誤解されてしまう恐れがあるため、「美意識高いね!」と言い換えるのがおすすめですよ。


女性向けの褒め言葉5. 「〇〇(さん)って優しいんだね」

「優しい」というのは誰が言われても嬉しいと感じる、代表的な褒め言葉の一つ。

そのため、気を遣ってもらったり、親切にしてもらった時は感謝の言葉と共に、素直にその優しさを褒めるのがベスト。

しかし、ただ優しいとだけ伝えるのは抽象的すぎて喜ばれにくいですし、社交辞令と受け取られてしまう可能性も。

そのため、優しさを褒める時は「△△をしてくれるなんて、○○って本当に優しいね!」と何に対して優しいと感じたのか、その理由をしっかりと伝えることが重要です。


女性向けの褒め言葉6. 「めちゃめちゃ肌綺麗だね」

女性向けの褒め言葉は肌綺麗だね

メイクをする関係上どうしても肌が荒れやすく、その分女性は男性以上にスキンケアに力を入れています。

そんな中、肌が綺麗と褒められると「努力が報われた!」と感じて喜ぶ女性が多数。

  • 同性の友達同士なら、メイクやコスメの話題になった時
  • 相手が彼女なら、キスなどで顔を近づけた直後

に言うことで、そのきめ細かな美肌を維持している相手の努力を褒め称えてあげましょう

特に同性同士の場合は「どうやってケアしてるの?」とアドバイスを求めるように言うと、より自然体で褒められますよ。


女性向けの褒め言葉7. 「なんか、〇〇さんいい匂いがする」

香水にハンドクリーム、シャンプーにボディクリームなど、女性は男性以上に自身の香りに気を配っているもの。そのため、その香りを褒めると喜ばれやすいので、「いい匂いする!」と伝えてあげるのもおすすめ。

会話している時や抱きしめた瞬間に「○○っていつもいい匂いだよね」と伝えることで、香りとそのアイテムを選んだセンスを褒めましょう。

ただ、セクハラと捉えられてしまうこともあるので、男性があまり親しくない女性に言うのは控えたほうが良いかも。


【男性向け】日常会話で使える“最高の褒め言葉”一覧

男性向けの褒め言葉

褒められたいのは女性だけでなく男性も同じ。特に好きな女性や彼女からの褒め言葉はかなり喜びます。

ここからは男性に掛けるのにおすすめの褒め言葉をご紹介していきます。

どれも日常会話の中でサラリと口にできるフレーズですので、積極的に褒めることで男友達や恋人である彼氏を喜ばせてあげましょう。

【参考記事】はこちら▽


男性向けの褒め言葉1. 「ほんと頼りになるね!」

男性は女性と比較してプライドが高い生き物であるため、その自尊心を満たしてあげると非常に喜びます

何かをしてもらった時、

  • 女性なら重い荷物を持ってもらったり、高い所にある物を取ってもらったりした時
  • 男性同士なら率先して計画をまとめてくれた時

などに「頼りになる」と伝えるのがおすすめ。

同時に「さすが」「やっぱり○○はすごい」と付け加えると、尚のこと自尊心が満たされて喜んでもらえること間違いなしですよ。


男性向けの褒め言葉2. 「一緒にいて面白い(楽しい)!」

「面白い」「楽しい」と伝えられるのは、自分にポジティブな印象を持ってもらえていることがすぐにわかるため、言われて嬉しくない訳がありません。

異性・同性に関わらず最高の褒め言葉なので、一緒に遊んでいる時や会話している時に「面白い」と感じたなら、ぜひそのまま言葉にしてあげてください。

笑顔を浮かべながら言えば、楽しいと感じていることが相手にもしっかりと伝わるので、大いに喜んでもらえるはず。

きっと相手も「俺も楽しい/面白いよ!」と言ってくれて、より友情や愛情を深めることができるでしょう。


男性向けの褒め言葉3. 「〇〇くんって筋肉すごいんだね」

男性向けの褒め言葉はマッチョだね

こちらは女性で言うところの「スタイルが良い」と同じ意味を持つフレーズ。女性がボディを褒められて喜ぶのと同様に、男性も自分の身体を褒められるのは嬉しいものです。

そのため、ふと力こぶやシックスパックが目に入った時は、「マッチョだね!」「筋肉凄いな!」とその鍛えられた肉体を褒めてあげるのがGOOD。

抵抗がなければ、相手の身体に触れながら言うようにすると、興味を持っていることがわかるためさらに喜んでもらえますよ。


男性向けの褒め言葉4. 「〇〇よりも凄いね!」

男性は本能的に競争心が強く、周囲と自分を比較しがち。そのため、他の男性と比べながら褒めるのも喜ばれやすいです。

例えば、

  • 容姿を褒める時に「○○よりもかっこいい!」
  • 優しさを褒める時に「○○が一番優しい!」

など。そうすることで相手は他の男性よりも優位に立てた気分になりますので、目に見えてご機嫌になりますよ。

ただ、他の男性を下げてしまうことになりますので、その比較対象は身近な人ではなく、芸能人や世間一般の男性像を挙げるようにしましょう。


男性向けの褒め言葉5. 「彼女(奥さん)かわいいね」

自分のパートナーを褒められると「そんなに魅力的な女性と交際できている自分は凄い」と、男性は強い優越感を覚えます。

そのため、

  • 彼女の写真を見せてもらった時
  • 家にお邪魔して奥さんに会った時

などにパートナーを褒めると間違いなく喜んでもらえますよ。

ポイントはただ相手の恋人・妻を褒めるのではなく、「羨ましい」「幸せ者!」と相手の男性を遠回しに持ち上げること。

それによって「そうだろうそうだろう!」と自慢げになりながら、機嫌をよくしてもらえるでしょう。


男性向けの褒め言葉6. 「〇〇くんって、ほんと頭いいね」

男性向けの褒め言葉は頭良いね

自分の言動を見た上で言ってくれているのが明らかであるため、知的だと褒められるのは「外見を褒められるよりも嬉しい」と感じる男性も多いです。

特に理系の男性ほどその傾向が強いため、ロジカルな男性には積極的にその頭脳を褒めるといいでしょう。

具体的には、

  • 知識を披露した時
  • 相手から何か教えてもらった時

などの際に「賢いね!」「物知りだね!」と伝えるのがおすすめ。

また、直接的な学力の高さだけでなく、「○○って頭がキレるんだね!」と回転の早さを褒めるのもアリですよ。


男性向けの褒め言葉7. 「女性の扱い慣れてるんだね」

「女性の扱いに慣れてる」は「女性が喜ぶこと分かってるね」という意味になるので、自分が好印象かどうか不安な男性に喜ばれます。

女性の方で相手の男性に好意を抱いているのであれば、

  • LINEなどで相手が自分を褒めてきた時
  • デート中にエスコートしてくれた時

などの時に言うことで、遠回しに相手の魅力を褒めましょう。

ただ、男性によっては「チャラいと思われた」と感じる人もいるので、「〇〇くんの彼女は幸せなんだろうなぁ」と、いい意味で捉えてもらえるように補足することも忘れずに。


【子供向け】育児の場面で使える“子供が喜ぶ褒め言葉”一覧

子供向けの褒め言葉

子供は感受性がとても豊かなので、上手く褒められれば、子供のやる気を引き出せたり、自信を持たせたりできますよ。

ここからは幼稚園生や小学生など、幼い子供を褒める時に最適なフレーズをご紹介していきます。

子育てをしている親御さんは、積極的にこれらの褒め言葉を口にするようにしましょう。


子供向けの褒め言葉1. 「ありがとう」

親から感謝の言葉を伝えられると、子供は「自分が必要とされている」と感じるものです。

そのため、「ありがとう」とお礼を言うだけでも子供を褒めていることになり、「もっと頑張ろう!」「次もやってみようかな!」と思ってもらえますよ。

  • 家事を手伝ってくれた時
  • 風邪を引いたり、疲れていたりする際などに「大丈夫?」と自分を気遣ってくれた時

などは、その行動を「当たり前」と思うのではなく、積極的に感謝の言葉を伝えることで子供の自己肯定感を伸ばしましょう。

笑顔を浮かべながら伝えれば、子供も嬉しい気分になること間違いなしですよ。


子供向けの褒め言葉2. 「〇〇できたの、本当に凄いね!」

「凄い」というワードには「尊敬している」という意味が含まれ、人から尊敬されて嬉しいのは大人に限らず子供も同じ

そのため、

  • 幼稚園の駆けっこで一位になった
  • 小学生であれば、学校のテストで良い点を取った

など、お子さんが何か良い結果を残した時は、ストレートに「凄いね!」と褒めるのが効果的。

そうすることで「僕/私って凄いんだ!」と自信を持ってもらえ、より頑張ってくれますよ。

ただし「凄い」とだけ伝えられても、一体何のことを指しているのかがわからないので、必ず「○○で凄いね!」とその理由を付け加えるようにしましょう。


子供向けの褒め言葉3. 「〇〇は偉いぞ〜!」

子供向けの褒め言葉は偉いね

年齢問わず、面倒だと思うことからはつい逃げ出したくなるもの。

それなのにも関わらず、子供が自ら積極的に面倒事に取り掛かるのは親に認めてもらいたいからこそなので、

  • 遊んだおもちゃの片付け
  • 寝る前の歯磨き
  • 小学生なら宿題

など、やっていて楽しくないであろう物事をしっかりとこなした時は、その頑張りを認めて「偉いね」と褒めてあげましょう

その褒め言葉自体がご褒美になるため、面倒事を終えた直後に伝えるのがおすすめですよ。


子供向けの褒め言葉4. 「上手にできたね」

前述の「凄いね」と意味合いは同じですが、「上手だね」のほうがより具体的で、言われた子供は自分の能力に自信を持てます

  • 絵を描いた時
  • 歌を歌った時
  • スポーツをしている時

など、何か才能を発揮した時に伝えれば喜ばれること間違いなしなので、凄いと感じた時は「上手だね」と褒めるのがベスト。

そうすることで、子供は「もっと上手くなろう」と自発的に努力するようになりますので、よりその才能を伸ばしていけますよ。


子供向けの褒め言葉5. 「〇〇は、ほんとに詳しいね」

何かに対して詳しいというのは、それだけ興味を持ち頑張って勉強した証拠。

「詳しいね」という言葉はその努力に理解を示した上で褒めているため、ただ「凄い」と伝えられるよりも心に響きやすいです。

そのため、昆虫や魚など何か一つのことを詳しく学び、その知識を共有してくれた時には「詳しいね!」と返すのが正解。

その上で「じゃあこれは?」とこちらから質問するようにすると、子供も興味を持ってもらえていることがわかるので、さらに喜んでもらえますよ。


子供向けの褒め言葉6. 「手伝ってくれて助かるよ」

子供向けの褒め言葉は助かるよ

人の役に立てるというのは、やはり嬉しいもの。その相手が最愛の両親であれば尚のことです。

  • お使いから帰ってきた時
  • 物を取ってくれた時

などに「おっ、助かるよ!」と伝えれば、「役に立てた!」と強く実感できるため、その言葉に子供は自慢げになりながら喜びますよ。

加えて、「やって良かったな」と感じてもらえるため、今後も積極的に手伝ってくれるようにもなるでしょう。

先にご紹介した「ありがとう」と組み合わせると、ご機嫌になること間違いなしなので何かしてくれた時にはぜひ「ありがとう、助かるよ!」と伝えてみて。


子供向けの褒め言葉7. 「よくできました!」

こちらは幼稚園や小学校などでよく使われている定番の褒め言葉。「頑張ったね!」と褒めつつ、相手を労う意味が込められています。

そのため、「よくできました」というフレーズは、

  • 勉強を終わらせた時
  • 翌日の支度を済ませた時

など、何かを達成した際や完結した際に伝えるのに最適

頭を撫でながら伝えることで、用事を後回しにせず、しっかりと終わらせたことをたっぷりと褒めてあげましょう。花丸シールなどを贈呈するのも面白味があっておすすめですよ。


【先輩/上司向け】ビジネスシーンで使える褒め言葉のおすすめ一覧

先輩向けの褒め言葉

先輩や上司など目上の人を褒める場合、言葉を間違えると却って失礼にあたり相手を怒らせてしまう恐れも。

そんな事態を避けるためにも、ここからはビジネスの場面で最適な褒め言葉を紹介していきます。

社会人の方は仕事を円滑に進められるよう、これらをボキャブラリーに加えることで上手く相手を褒めていきましょう。


先輩向けの褒め言葉1. 「とても参考(勉強)になります」

こちらは教えやアドバイスを理解したことを伝えつつ、「さすが!」というニュアンスも併せて伝えられるフレーズ。

ただ「はい、わかりました」と返すよりも心象がよくなるので、その上で「僕/私も頑張ります」と自分の意欲をアピールしてみましょう。

そのため、

  • 上司が見本を見せてくれた時
  • 仕事をする上でアドバイスを受けた時

など、お世話になった時は「参考(勉強)になります!」と伝えるのがベスト

尊敬と感謝の気持ちを込め、相手の目を真っ直ぐに見ながら伝えれば喜んでもらえること間違いなしですよ。


先輩向けの褒め言葉2. 「すごくお似合いですね」

新しい服やアイテムを身に付けていった時、周りからどう思われているかはどうしても気になるもので、それはビジネスシーンでも同じ。

「似合ってるかな…」と少なからず不安を感じていますので、服を新調したり、髪型を変えたりしたことに気付いた時は「お似合いですね!」と伝えましょう。

そうすることで相手も安心感を得られ、「そうかそうか!」と気分をよくしてもらえますよ。

ただし、褒めすぎると「ゴマをすっているのか」と思われてしまう可能性もあるので、あくまでサラッと褒める程度に留めておきましょう。


先輩向けの褒め言葉3. 「〇〇さん、本当に頼りになります」

先輩向けの褒め言葉は頼りになります

自分を信頼してくれているという証拠になりますので、後輩や部下から頼られるのは先輩や上司からすればやはり嬉しいものです。

その上で「頼りになります!」と言葉にしてもらえた時は、より強く信頼感を感じられるため喜びもひとしお。

  • 仕事でわからないことを聞いた後
  • 一人では難しい作業を手伝ってもらった後

などの時に伝えれば、上機嫌になりながら「上に立つ者としてもっと頑張ろう!」と思ってもらえること間違いなし。

なお、その際には「本当に○○さんは頼りになりますね!」と名前を呼びながら言うと、さらに信頼していることが伝わるので、なおGOODですよ。


先輩向けの褒め言葉4. 「〇〇さんって優しいですね」

特にビジネスシーンでは相手に何かをしてもらった時、「すみません」と謝ってしまいがち。

しかし、上司からしてみれば謝罪の言葉よりも、「優しいですね」という言葉のほうが言われて嬉しいもの。

そのため、

  • 「無理するなよ」「大丈夫か?」と、上司が労わってくれた時
  • サポートに入ってくれたおかげで、無事に仕事を終わらせられた時

には、自分を下げるのではなく、素直にその優しさを褒めて相手を上げるべき。

ただ、冗談っぽく言うと「舐めてるのか?」「普段はそう思っていないのか?」と思われてしまう恐れがあるため、誤解させないためにも感謝しつつ真剣に伝えましょう。


先輩向けの褒め言葉5. 「〇〇さんの〇〇に、すごく感動しました」

自分の態度や行動が他人に影響を与えたとなれば、それは非常に誇らしいこと。

「感動しました!」と伝えられれば誰だって強い喜びを覚えますので、上司や先輩のプレゼンや仕事の姿勢に感化された時はその気持ちを素直に伝えましょう。

そうすることによって「それほどでもないよ」と少し照れながらも、その褒め言葉を素直に受け取ってくれるはず。

ただし、似た意味を持つ「感心」というワードは上から目線に聞こえてしまうため、間違っても目上の人に「感心しました!」とは言わないように。


【後輩/部下向け】職場で使える褒め言葉のおすすめ一覧

後輩向けの褒め言葉

部下や後輩を上手く褒めてやる気を引き出すことこそが、デキる上司や先輩に求められるビジネススキル。

そこでここからは、職場の後輩や部下に伝えるのにおすすめの褒め言葉をご紹介。

褒めて伸ばすことで互いの関係を良くして、円滑にビジネスを進めていきましょう。


後輩向けの褒め言葉1. 「いつも頑張ってるね」

自分の努力を認めてくれている人が居ると、それだけでモチベーションが上がり「もっと頑張ろう」と思えるもの。

とはいえ言葉で伝えてもらわなければ、後輩や部下も認めてもらえていることがわからないため、

  • 早く出勤したり、残業したりしている
  • 慣れないながらも真剣に取り組んでいる

などの姿をよく見かけるのであれば、休憩中などにサラッと「いつも頑張ってるね」と褒めてあげましょう。

努力家の後輩にとってはそれこそが最高の褒め言葉なので、大いに喜ばれること間違いなしですよ。

もし可能であれば、缶コーヒーなどを差し入れしつつ伝えると最高ですね。


後輩向けの褒め言葉2. 「私は期待してるよ」

期待されているということは、自分の能力を認めてもらえているという証拠

そのため、直接上司や先輩から「期待してるよ」と告げられればたちまち嬉しくなり、部下からすれば「よし、頑張ろう!」と思えます。

特に残業している時や退社する際の別れ際など二人きりの時に言うことで、「誰にでも言っている訳ではない」ということがわかるため効果的。

ただし、中にはプレッシャーに感じてしまい逆効果になってしまう人も居ますので、しっかりと相手を見極めてから伝えるようにしましょう。


後輩向けの褒め言葉3. 「〇〇なら、安心して任せられるよ」

後輩向けの褒め言葉は安心して任せられるよ

ただ「手が空いていたから」と適当に振られた業務と、能力を評価した上で自分だからこそと振られた業務。

仕事である以上どちらもしっかりとこなしはしますが、やはり後者のほうが嬉しいですし、やる気も出るものです。

そのため、新しく仕事を割り振る時、相手が信頼できる後輩なのであれば「安心して任せられる」という言葉と合わせて仕事を託すのがおすすめ。

仮に他の人で良かったとしても、その一言があることにより「期待に応えよう」と頑張ってもらえますよ。

プレッシャーを与えすぎないためにも笑顔を浮かべながら言うことで、後輩のやる気を引き出しましょう。


後輩向けの褒め言葉4. 「〇〇、よくやった!」

結果を出せたのは、これまでの努力が実を結んだからこそ。

その結果に対し「よくやった」と声を掛けてもらえれば、後輩は「やっと報われた」「頑張って良かった」と感じて強い喜びと安心感を得られるでしょう。

  • 契約を取れた
  • 数字を上げることができた

など、後輩が何か良い結果を残した時にはぜひ伝えてあげてください。

同時に「○○に任せて良かった」と付け加えるとなお自信に繋がり、より喜んでもらえつつ部下のモチベーションを高められますよ。


後輩向けの褒め言葉5. 「最近、積極的でいいね」

積極的に質問してきたり、助言を求めてきたりするのは、それだけ後輩が仕事に真剣に向き合っているという証拠です。

その情熱を褒められて嬉しくない訳がありませんので、答えを返すのと同時に「積極的でいいね」と伝えてあげましょう。

そうすることで後輩は喜びつつ、さらに積極的に関わろうと思いますので、結果としてあなたのためにも繋がりますよ。


相手が絶対に喜ぶ最高の褒め言葉をチョイスしてみて。

褒め言葉は人間関係を円滑にするための潤滑油です

褒め言葉は人間関係を円滑にするための潤滑油。上手く相手を褒めることができればそれだけ自分の心象がよくなり、お互いに良好な関係を築いていけます。

それによって、より充実した人生を送れることにも繋がるため、ぜひ本記事で褒め言葉のボキャブラリーを増やし、有効活用することで褒め上手を目指していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事