女性が喜ぶ褒め言葉とは。モテる男が実践している上手な褒めセリフを解説

女性が喜ぶ言葉が分からない男性へ。どんな言葉をかければ女性に喜ばれるか知りたい男性は多いですよね。今回はモテる男性が実践する、女性が対面で言われて喜ぶ言葉やLINEやメールで言われて嬉しい言葉を解説!さらに実は嬉しくない褒め言葉や、女性に喜ばれる褒め方のコツまでお教えします。

女性が喜ぶ言葉を知りたい男性へ。

女性が喜ぶ言葉9選

モテる男性の多くは、外見でモテているわけではなく中身でモテていると言っても過言ではありません。

しかし「中身って言われてもよくわからない」と思う人も多いはず。

今回は、モテる男性がよく使う女性が喜ぶ言葉、そして、これは言わない方が良いという勘違い言葉も一緒にご紹介します。

言葉だけでなく、どのように言ったほうが良いのかという点も掘り下げていきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


モテる男は実践している女性が喜ぶ言葉9選

モテる男はここぞという時だけではなく、日常の会話にさりげなく相手を褒める言葉、相手を認める言葉を含ませています。相手を喜ばせようとしている感じは出さずに、自然な形で会話に含ませているので、褒められた女性も自然と受け入れてしまう特徴も。

ここからは、モテる男が使う具体的な褒め言葉をご紹介します。日頃の会話にさりげなく取り入れてみて下さいね。


喜ぶ言葉1. 「見ないうちに、また綺麗になった?」

容姿を褒められて嬉しくない女性はいませんよね。可愛い、綺麗と褒める言葉はたくさんありますが、ポイントはさり気ない感じを装いつつストレートに容姿を褒める言葉をかけることです。

例文の場合でいうと、唐突に「また綺麗になった?」では少し違和感がありますので、「見ないうちに」という前置きをいれます。次に「また」という言葉で「普段から綺麗だけど」という意味をもたせて女性の魅力を褒め称えられますよ。


喜ぶ言葉2. 「そのネイルすごくセンスいいね」と、こだわっている事を褒める

ネイルは女性にとってはお金も手間もかかるものですが、男性は中々気付いてくれません。なので、気付くだけでもポイントが高く、さらに「センスいいね」と褒めることで高感度が上がります。

ネイルのデザインには女性のこだわりやセンスが表れているので、ネイルを褒めることで女性自身を褒める事に繋がります。直接的に容姿を褒めるだけではなく、間接的に女性の魅力を褒める事でモテる男を目指しましょう。


喜ぶ言葉3. 「君の△△なところが好きだよ」

自信を持っている部分や頑張っている事を褒められると、とても嬉しい気持ちになりますよね。「いつも諦めないところが好きだよ」「周りに気遣い出来るところが好きだよ」など。

具体的なポイントをピックアップして褒めることで、褒め言葉にも信憑性が増します。誰かに褒められるためにやっていることじゃなくても、改めて褒められると嬉しいものなので、女性の魅力的な部分や頑張っているところを探して積極的に褒めましょう。


喜ぶ言葉4. コンプレックスに対して「俺は魅力的だと思うけどね」

自分がコンプレックスと思っている部分は、言い方を変えれば「自信を持てない部分」です。そんな自信が無い部分を、他の誰かが肯定してくれたら嬉しくないはずありませんよね。

絶対に治した方が良いと思う事なら話は別ですが、たいていのことは本人が気にしているだけの場合が多いので、女性が気にしているような発言をした場合は、しっかりと言葉にして肯定しましょう。モテる男性は人に自信を与えるのも得意ですよ


喜ぶ言葉5. 「この前言ってた話なんだけど」と過去の話を覚えている

自分との会話を忘れられている場合、「自分に興味ないんだな」と思ってしまいます。逆に自分が話した事を覚えていてくれた場合は「自分に興味を持ってくれたのかな?」と感じますよね。

モテる男性は、女性とのちょっとした会話でも覚えているもの。前回の話を持ち出して会話を始めることで「覚えていてくれたんだ」と高感度がアップし、良い雰囲気で会話を進めることが出来ます。


喜ぶ言葉6. 「〇〇と一緒にいると安心するんだよね」

誰かが自分を信頼してくれるだけで少し自信がつくことがあります。「一緒に居て安心できる」という言葉は、言い方を変えれば「あなたに信頼をおいている」ということ。誰かに認められて嬉しくない人はいませんよね。

男性からそのような言葉をかけられると、女性としての自分の価値が上がったような気持ちにもなり、よりいっそう気分が良いものです。異性という立場も利用しつつ、相手の自己肯定感を高めるような事をさらっと言えるのがモテる男性の特徴です。


喜ぶ言葉7. 「今のままが一番だよ」

誰しも「今のままの自分じゃダメかも」と焦りを感じる時があります。自分に自信がもてない人もたくさんいます。そんな時に優しく言葉をかけてくれて、今のままの自分を認めてくれる人がいると凄く安心できますよね。

モテる人は、他者を否定することなく、時には言葉に出してフォローすることで上手に人付き合いをしていくものです。一緒にいるなら自分を認めてくれる人が良いと思うのは自然なことですね。


喜ぶ言葉8. 「いつも本当にありがとう」

自分が日頃行っていることに対し「ありがとう」と感謝の言葉をかけられるのは誰でも嬉しいものですよね。そう言われると良い気分になりますし、良い気分にしてくれる人と一緒に居たいと思うのは自然なことです。

モテる人は普通の人が照れくさくて言えないようなことも、すっと言葉にすることが出来ます。さりげなく相手が喜ぶ言葉をかけ、居心地の良い空間を作れるわけですね。


喜ぶ言葉9. 「あ、もうこんな時間なんだ。あっという間だったな」

二人で話している時や一緒に出掛けた際、楽しくてあっという間に時間が経ってしまうことってありますよね。そんな時は、さりげない言葉で「一緒にいるのが楽しくて時間を忘れてしまった」ことを伝えましょう。

一緒に居て楽しかったと言ってもらえるのは嬉しい事ですし、「まだ一緒に居たいのかな?」「楽しかったってことは相性が良いのかな?」と、女性に意識してもらうことも出来ます。ふと気付いたように言うことで本心であることをアピールするのもポイントですよ。


LINEやメールで女性が喜ぶ言葉5選

女性が喜ぶ言葉の中には面と向かって言うのは恥ずかしい言葉もあります。そんな時に役立つのがLINEやメール。直接言う時のような恥ずかしさが無いので、ありのままの素直な気持ちを伝えることができます。

ここでは女性が喜ぶLINEやメールを5つピックアップしてご紹介します。


LINEやメール1. 「遅くまでおつかれさま」など体調を気遣う

体調が悪かったり疲れている時など、優しい言葉をかけられると心に響きますよね。気遣いが見て取れるLINEがきた場合、素直に嬉しいだけでなく「自分のことを気にかけてくれてる」と感じます

気にかけてもらって嬉しくない女性はいませんし、そんな気遣いが出来る男性だということを印象づけることも出来るので、日頃から相手の調子に合わせたLINEをしましょう。


LINEやメール2. 「早く〇〇に会いたいな」と相手に会いたい気持ちをアピールする

女性は寂しがり屋な人が多く、一緒にいない時は「自分だけが会いたいと思ってるのかも」と不安にかられることも。そんな時に、男性の方から「早く会いたい」と伝えることで、女性は嬉しい気持ちになります。

「一緒にいない時でもあなたの事を考えている」という気持ちも伝わりますので、会いたいと思った時は、メールやLINEでストレートにその気持ちを伝えましょう。


LINEやメール3. 「今日もデート楽しかったね」とデート後に連絡する

デート後、何も連絡が来なかったら「自分だけが楽しかったのかも」と、寂しい気持ちになる女性は多くいます。逆に「今日も楽しかった」とメールやLINEが来ると、凄く嬉しい気持ちになるものです。

楽しかったと思っていても、言葉にしなければ相手には伝わらないので、帰宅後にしっかりと楽しかったことを伝えましょう。そうすることで次のデートに繋がりますよ。


LINEやメール4. 誕生日当日に「おめでとう!」と祝福のメッセージを送る

誕生日の日、「おめでとうメッセージ」が来るのはとても嬉しいですよね。祝ってくれた事だけでなく、「覚えておいてくれた」という点も喜びに繋がります。

できれば、日付が変わってすぐ、0時ちょうどにメッセージを送るのがおすすめ。何件もおめでとうメッセージがくる中、誰よりも早く来たメッセージは特別に感じるものです。

「前もって準備していてくれた」という過程も含めて嬉しい気持ちになります。


LINEやメール5. 「好きだよ!」と好意を伝える

付き合っていても、付き合う前でも、ストレートな愛情表現をされると女性は喜ぶもの。「好きだよ」「愛してる」そんな風に気持ちを言葉にしてくれるだけで十分嬉しいのです。言葉に出すのと出さないのでは大違いですからね。

恥ずかしいという思いから、自分の気持ちを言葉にすることが苦手な男性も多いですが、メールやLINEならハードルが下がるのではないでしょうか。


実は嬉しくない。男性が「女性が喜ぶ言葉」だと勘違いしている言葉

男性が褒めるつもりで言った言葉でも、女性が不快に思ったり落ち込んだりしてしまう言葉は多くあります。その一言がキッカケで関係が悪化してしまうこともありますので、言う前に「自分が言われたらどうかな?」と考えてみましょう。

ここでは、男性が女性に言うべきではないNGフレーズの代表的な例をご紹介します。


勘違い言葉1. 「胸が大きくていいね」

世の女性はバストアップに関心が高く、胸が大きい方が良いとされている風潮があるのは確かです。しかし、胸が大きい女性が居たとしても、それを口に出してしまうのは絶対NGです。褒め言葉のつもりでも「ただのセクハラ」と判断されてしまいます。

人によっては「気持ち悪い」と思われてしまうこともありますので、容姿を褒めれば女性が喜ぶという勘違いをしないように気をつけましょう。


勘違い言葉2. 「男前でたくましいよね」

女性はいつも可愛い、女らしい、綺麗と思われていたいもの。そんな気持ちとは裏腹に、豪快で堂々としている様や器の大きい女性は男前と表現されることがあります。男前と言われると色気がないように感じてしまいますよね。

良い意味で使われている表現ではありますが、本来、男前という言葉は男性に使うもの。いくら肯定的な意味であっても男前と言われて素直に喜ぶことは出来ません。たくましい、までついてしまったら、さらに男っぽい感じがして余計に嬉しくないはずです。


勘違い言葉3. 「〇〇に似ているよね」可愛いとは言えない芸能人の名前を出す

ついつい本人に言いたくなってしまう「似ている芸能人」。しかし、顔の好みは人によって違いますので、自分が可愛いと思っている女性芸能人でも、似ていると言われた本人にしてみれば全然嬉しく感じないことも。

一般的に可愛くないとされている芸能人であれば、嬉しくないどころか落ち込んでしまうこともあります。誰が見ても美人と思われる芸能人以外は言わないほうがいいでしょう。


勘違い言葉4. 「写真うつりが良いよね」

写真うつりが良いのは嬉しいことですが、人から「写真うつりが良いよね」と言われると微妙な気持ちになっちゃいますよね。「実際の私は可愛くないってこと?」と思ってしまうわけです。

言った側はそんなつもりがなくても、ネガティブに取られることの方が多い表現なので、言わないほうが良いでしょう。「写真でも可愛いね」みたいな言い方だといいかもしれませんね。


勘違い言葉5. 「俺、顔では選ばないから」

「外見で人を判断しない」「君の性格が好きだ」とアピールするつもりで言った「顔で選ばないから」という言葉。言われた女性は「それって私は可愛くないってこと?」とネガティブに受け取ってしまう事の方が多いものです。

言葉にする前に、そう言われて本当に相手は喜ぶのかを考えましょう。「顔も性格も好きだよ」など、一緒に顔も褒める場合はOKですね。


さらに女性を喜ばせるための上手な褒め方4つ

女性を褒めるのであれば、たくさん喜んでもらいたいですよね。ここでは、もっと女性を喜ばせる為のちょっとした工夫をご紹介します。紹介する方法はどれも難しいテクニックではないので、上手に活用して、さらに女性に喜んでもらいましょう。


褒め方1. より具体的に褒めるようにする

同じポイントを褒める場合でも、大雑把な表現で褒めるのと、具体的な指摘で褒めるのでは嬉しさが変わります。例えば「仕事頑張ってるね」よりは「そんなに大変な仕事なのに凄く頑張ってて偉いね」の方が嬉しいはずです。

もちろん見た目や性格を褒める場合も一緒で、何がどのように素敵なのかを具体的に褒めるようにしましょう。


褒め方2. 過去と比較して褒める

例えば仕事の時に「前より凄く上達してるね」と褒められると、上達したことにプラスして「前のことも覚えてくれてるんだ」と嬉しい気持ちになります。過去と比較して褒められることで、自分の事を見てくれているという気持ちになるわけですね。

料理を作ってもらった時には「この前作ってもらった時よりもさらに美味しい」と褒めるなど、前は悪かったという言い方でなく「より良くなった」と褒めることがポイントですね。


褒め方3. さり気なく褒める

何かを褒められてもお世辞っぽい感じだとあまり喜べませんよね。人を褒める時は、相手を褒めつつ「当たり前のことを言っただけ」という態度をとることで、お世辞っぽさが抜けて真実味が増します。

話をしている途中でさり気なく褒め言葉をはさみつつ、次の話に移るなど。相手が「今褒められた?」と感じるくらいのさり気なさで褒めると、相手はお世辞だと感じにくいでしょう。


褒め方4. 「友達が〇〇のこと褒めたよ」と第三者を活用する

「君の髪の毛って綺麗だよね」そう言われるのと「友達も言ってたんだけど君の髪の毛って綺麗だよね」と言われるのでは、後者の方が嬉しく感じますよね。前者は一人から、後者は二人から褒められているので、嬉しさも倍増です。

せっかく周りの人がその人の事を褒めていたのであれば、それを活用しない手はありません。自分だけで褒めるのが気恥ずかしい場合にも、同じように周りの人の言葉を活用するといいでしょう。


女性が喜ぶ褒め方を習得しましょう。

褒められて喜ばない女性はいませんが、褒め方次第ではマイナスになることも。

さり気なく褒めたり、言われた時の気持ちを想像することでマイナスに取られることを避けることは出来ます。

最初はわざとらしくなってしまったり、恥ずかしかったりするかもしれませんが、繰り返すことで慣れていくもの。

女性が喜ぶ褒め方のポイントを押さえて、一緒にいて心地良いと感じてもらえるようなモテる男になって下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事