【悲しい時の対処法】辛い気持ちを乗り越えて前向きになる方法とは

悲しい時の対処法について詳しく知りたい方へ。今記事では、悲しい気持ちになった時の対処法を詳しくご紹介します。辛い時や落ち込んでどうしようもない時にとるべき対応を解説するので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、どんな時に悲しい気持ちになる?

悲しい気持ちになるタイミング

毎日の生活は楽しい事ばかりではないので、落ち込んだり悲しい気持ちになることは誰にでもあります。

  • 失恋してしまった時
  • 人から裏切られた時
  • 頑張っても期待通りにいかなった時
  • 仕事で大きな失敗をした時
  • 健康を崩して辛い時

など、悲しい気持ちを解消させるには、まずは自分がなぜ悲しくなっているのかをきちんと把握することが大切

しかし、悲しい気持ちをいつまでも引きずっていてはダメ。自分が苦しいだけでなく、周囲の人も暗い気持ちにさせてしまいますよ。

悲しい時は気分を紛らわすことを考え、ポジティブな気持ちに切り替えるよう頑張ってみましょう

【参考記事】はこちら▽


自宅で悲しくなった時の対処法|一人で辛い場合の解消方法とは?

自宅で悲しくなった時の対処法

辛い出来事を思い出してしまった…。
一人になったとたん急に不安が襲ってきた。

自室で一人きりになると、楽しいことだけでなく嫌なこともいろいろ考えてしまいますよね。

早く気持ちの切り替えをしないと、精神状態がどんどん悪い方向へと向かっていってしまいます。

ここでは、自宅にいる時にできる悲しみの対処法について、詳しく見ていきましょう。


自宅での対処法1. 我慢せずに泣く

自宅だからこそ、「みっともない」「恥ずかしい」など考えず、自由に振る舞ってOK。他人の目を気にしなくて良いです。

大好きな恋人に振られた時や、激しい悔しさを感じた時など、自宅にいるなら無理に我慢することはありません。思い切り泣いてしまえば、その後は思った以上に気分がスッキリしますよ。

部屋で気が済むまで泣いたら、きっと「なんであんなことに悩んでたんだろう」と前向きになれるでしょう。


自宅での対処法2. 気持ちを紙に書きまくる

悲しみのあまり喜怒哀楽といった感情で頭の中がいっぱいになっていると、落ち込んだ状態からなかなか抜け出すことができないかもしれません。

そのような時は、今の気持ちを紙に書き出してみましょう。

部屋に紙やペンがない時はスマホのメモアプリを使ってもOK。この対処法では、オブラートに包んだりせず、本音で思っている気持ちを正直に書き出すことがコツです。

想像以上に頭の中が整理され、やがて客観的に自分を見られるようになって、辛い気持ちがすっきりしますよ


自宅での対処法3. 運動や筋トレなどで身体を動かす

自宅で悲しくなった時の対処法は身体を動かす

悲しい時に自室でじっとしていると、よくないことを次々考えがち。なかなか落ち込んだ状態から抜け出すことができなくなることも。

激しい運動や筋トレをしている間は何も考えずに済み、辛いことや不安なことを一時でも忘れられる良い対処法になります

運動が苦手という人は、部屋の掃除や料理などをしてみてもいいですよ。

大切なのはとにかく体を動かすことです。


自宅での対処法4. いっそのこと寝て、気持ちをリセットする

自宅にいると考える時間が増え、悲しい時は原因になったことを特に繰り返し考えてしまいがち。不安や苦しい気持ちがどんどんエスカレートしていきます。

考え込んでしまう時間をなくすには寝てしまうのが一番。

起きた時には気持ちがリセットされ、「あんなことでなぜ悲しくなっていたんだろう。」と立ち直ることがよくありますよ

落ち込んだ時は、いくら考えても良い答えが出なくて苦しいだけ。抜け出すには眠って立ち直るようにしましょう


自宅での対処法5. Netflixなどで動画鑑賞をする

落ち込んだ時や悲しい時は、別のことに集中して気分を紛らわすことも対処として有効です。

自宅で気分を紛らわすには、「Netflix」や「アマゾンプライム」などの動画配信サービスがおすすめ。映画やドラマ、アニメなどから、ストレス解消できそうな作品を視聴してみましょう。

また、普段なら見ないようなジャンルも気分転換には意外と効果あり。

感動作で涙を流したりコメディを楽しんだりした後はきっと心がスッキリ。落ち込んだ気持ちもポジティブに変わるはずですよ。


自宅での対処法6. 恋人や仲が良い友達に電話する

自宅で悲しくなった時の対処法は仲の良い友達に電話する

自宅に一人でいると辛いことを思い出し、どうしても悲しくなってしまうこともあるでしょう。

「誰か側にいてくれたら…。」という場合は、恋人や仲の良い友達に電話するといいですよ。

自分に対して親身になってくれる人に悩みや愚痴を話したり、とりとめのない雑談をしたりするだけで、気持ちが落ち着き、悲しさを乗り越えられます

一人ぼっちでいる、とどうしても悲しい気持ちを溜め込みがち。悩みを聞いてもらって気持ちをスッキリさせてみて。


職場で悲しくなった時の対処法|人目が気になる場所での解決策とは?

職場で悲しくなった時の対処法

ミスをして上司に怒られてしまった。
仕事で担当を外されてしまって辛い…。

働いているといろいろなトラブルに遭遇し、気持ちがモヤモヤやしてくることがありますよね。

上手に克服できているうちはいいものの、心のキャパを超えてしまい、我慢できずに悲しさで一杯になってしまうことも少なくないでしょう。

悲しい気持ちのままでいると、仕事に差し支えることもあるので、早めに対処して改善することが大切。

ここでは、職場にいて悲しい時に立ち直ることができる解決方法を詳しく見ていきましょう。


職場での対処法1. 信頼できる人に話す

悲しくなることがあった時、改善できないままだと、仕事に集中できなくなってしまいます。そのまま業務を続けていても上手くいかず、仕事をミスしてさらに悲しみの連鎖に襲われてしまうかも。

もし、職場に信頼できる上司や特に親しい同僚がいるなら、悩みを打ち明けてみること

同じ職場の人に悩みを知ってもらっていれば、悲しさから立ち直るまでフォローしてもらえることもありますよ。

ランチの時間や休憩の合間に時間を割いてもらい、辛い気持ちを聞いてもらってみて。


職場での対処法2. 上司をジャガイモだと思う

仕事をミスって怒られたり、相性が悪かったりなど、上司が原因となって起こる悲しみもあります

立場の上下関係さえなければ言い返せるのに、我慢を積み重ねてしまうことで悲しみはどんどん深くなっていくことも。

上司が原因で悲しくなった時は、上司を人間以外の存在だと考えるのも良い対処法となりますよ。

例えば『ジャガイモ』だと思い、

ジャガイモのくせに話しができるんだな。
シチューにぶち込んでやろうか?

と心の中で馬鹿にしてしまいましょう。

上司に対する見方が面白くなり、悲しい気持ちが次第に無くなっていきますよ。


職場での対処法3. トイレや屋上など、隠れて涙を流す

職場で悲しくなった時の対処法は隠れて泣く

悲しみが限界に達すると、たとえ仕事中であっても泣いてしまいたくなるかもしれませんね。

しかし、みっともないからと我慢すると、仕事に集中できなくなってしまうことも。

自宅での対処法でも触れましたが、悲しい時には泣いてしまうことが一番の解決方法です。

流石にオフィスの中で泣くことは気まずいので、トイレや屋上など人目につかないところに移動して思いきり泣きましょう

泣いてしまえば、スッキリした気分でその後の業務に取り組めるようになりますよ。


職場での対処法4. 目の前の仕事に集中する

「泣くのは苦手」
「親しい同僚であっても、悩みを打ち明けるようなことはしたくない。」

と感じる人もいるでしょう。

もし、悲しくても仕事に取り組めるようであれば、少しオーバーワーク気味になるくらいに忙しい状況を作りだしてみましょう

自分の業務が済んでしまったら、「手伝いましょうか?」と言って同僚の業務を分けてもらうのもアリ。

仕事に集中することで、悲しいという感情を無理やり忘れさせ、上手に立ち直れるようになりますよ。


職場での対処法5. 好きなお菓子を食べる

仕事中に嫌な出来事が続いたせいで少しずつ心が疲れていき、悲しくなってしまう瞬間があります。

そうなってしまうのは、ストレスによって疲れてきているから。甘いものを食べて、気分をリフレッシュさせましょう。

好きなものを食べることで、辛い気持ちを忘れることができますよ

オフィスグリコのような配置菓子がある会社なら、それを利用するのもあり。または、もしコンビニに行けるようなら、高めのスイーツを奮発してみるのもおすすめ

悲しい気分を改善するために、ぜひ好きなお菓子に目を向けてみて。


職場での対処法6. どうしてもしんどいなら早退する

職場で悲しくなった時の対処法は帰る

悲しみの理由によっては、どうやっても辛い気持ちに収まりがつかないこともあるでしょう。仕事中にそうなってしまうと何も手がつけられなくなり、業務に悪影響が出てしまうことも。

そんな時は無理して仕事をしようとせず、帰ってしまうのもアリです。

体調が悪くなってしまったので早退します。

など、適当に理由を言ってその日は帰ってしまいましょう。

真面目な人だと気まずく感じるかも知れませんが、たまには辛くて早退する日があっても良いと思いますよ。


外出先でできる悲しくなった時の対処法|出先で行える辛い時の解決策とは?

外出先で悲しくなった時の対処法

外出先で嫌な出来事があった。
悲しさに我慢できない…。

辛い気持ちになった時は、外出先で発散させるのも一つの手。街の中では自宅や職場以上に気持ちを切り替える方法があります。

ここでは、外出先でできる悲しみの対処法について詳しく見ていきましょう。

外出中ならではの対処方法で、悲しみから上手く立ち直るようにしてみてください。


外出先での対処法1. 好きな音楽を聞く

嫌な経験をして泣きたくなってしまうこともあると思います。

イヤホンやヘッドホンを装着して、お気に入りの曲を再生して気分をリフレッシュさせてみましょう

ただし、邦楽の失恋ソングなどを聴くと逆効果になることも。歌詞がストレートに伝わってしまうので、内容によっては悲しみが増してしまいます。

おすすめは洋楽やインストロメンタル

アップテンポな曲で気分を上げたり、ヒーリング系の曲で心を癒やしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


外出先での対処法2. カラオケやボウリングなど楽しめる場所へ行く

悲しみから逃げるように外出したとしても、ぼんやり街を歩くだけでは悲しみを乗り越えることはできません。

自宅で運動したり、職場で仕事に没頭したりすることが落ち込んだ時には有効であるように、何かに集中することは立ち直るために効果的

特に楽しいと思えることであれば、より悲しい気持ちを忘れて、心がリフレッシュしますよ。

  • カラオケ
  • ボウリング
  • ダーツ
  • 漫喫
  • ゲーセン

など、好きなことができる場所へ行き、夢中になって楽しんじゃいましょう。


外出先での対処法3. 買い物をして発散する

外出先で悲しくなった時の対処法は買い物で発散する

好きなことをやると、嫌な気持ちを忘れることができます。

もしショッピングが好きなら、服やコスメなど、いつもなら買おうか迷っていたアイテムを思い切って買ってみて

ストレスを抱えた人がつい買い物し過ぎてしまうことがあるように、購買欲を満たすことは意外なほどストレス発散効果があるのです。

散財のような後々困るお金の使い方はNGですが、ちょっと贅沢するくらいならむしろおすすめ。

ショッピングを楽しんで悲しみを軽減させちゃいましょう。


外出先での対処法4. 好きなものを食べる

悲しくてもお腹は空くものです。「そんな気分じゃないから…。」と無理をしてはいけません。

やけ食いという言葉があるように、悲しい気分になった時は食事することで解決することがあります

外出中なら

  • 焼肉
  • 寿司
  • タピオカ
  • パンケーキ

など、いろいろなジャンルからお店を選び放題。家を出たついでに飲食店まで足を運んでみて。

特に好きなものを食べると幸せな気分になりやすいので、食べたいものを自由に食べて悲しみを吹き飛ばしてしまいましょう。


外出先での対処法5. 景色を見ながら落ち着くまで歩く

一人きりでいるほうが心が落ち着いてくることはありませんか?

もし、あなたがこのタイプの人なら、気分が落ち着くまでのんびり散歩してみて。

時間を気にせず気ままに歩くのも良いですし、目的地を決めてそこまで歩いてみるのも良いですね。

余計なことは考えずにボーッと歩くのが効果的に悲しみをなくすコツ。景色を眺めながら歩いていれば、悲しくなった原因が気にならなくなりますよ。


外出先での対処法6. 友達を誘って飲みに行く

外出先で悲しくなった時の対処法はのみに行く

悲しいことを忘れたいのに、

気持ちの整理がつかない。
辛い気持ちを上手く吐き出せない。

ということがあります。

もしお酒を飲めるのであれば、仲の良い友達を誘って居酒屋などへ行ってみて。

酔ってしまえば、普段なら言えないような本音や愚痴を吐き出しやすくなり、満足いくまで友達に話を聞いてもらえますよ。

また、くだらない話で盛り上がることで良い気分転換になります

お酒の力を借りて盛り上がったり泣いたりすれば、酔いが覚める頃にはきっとスッキリした気分になっていますよ


悲しい気持ちになった時は、心をリフレッシュさせるようにしてみて。

悲しいときは自分に合った方法で乗り越えよう

悲しくなる理由は人それぞれですが、いつまでも悲しい気持ちを引きずっていては周囲の人たちにも気を使わせてしまいますし、何も良いことはありません。

悲しくなった時の対処法は、シチュエーションや悲しみの程度に応じていろいろあるので、自分に合ったやり方で乗り越えてみましょう。

ぜひ今回ご紹介した対処法を参考にして、悲しい気持ちとは早めにさよならしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事