話題がない時の対処法|ネタが無くなっても会話を弾ませるコツを解説!

会話をしたくても話題がないとお悩みの方へ。今記事では、話題がないと感じてしまう原因から、会話を盛り上げるコツまで詳しくご紹介します。コミュニケーションをとろうとする際に会話が続かないとケースが多いとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、話題がなくなる原因とは?

話題がないと感じる原因とは

LINEが続かない…。」 「電話で話が弾まない…。

雑談をしたくても話題がなく続かないと悩んでいませんか?

ただ、そもそもなぜ話題がなくなってしまうのでしょうか。

そこでここからは、話題がなくなる原因をご紹介します。

自分に当てはまっているものがあるかチェックしてみてくださいね。


話題がなくなる原因1. 相手への興味や関心が薄い

相手に深い興味や関心を持っていない場合、雑談をしていても質問も出てこないですし、リアクションも薄くなってしまいます。

相手に興味があれば、「それでどうなったの?」と深堀りしたくなるので、話がどんどん盛り上がるもの。

しかし、相手に興味を持ってないと、そこからの質問が浮かんできません

相手への興味や関心が薄いとコミュニケーションがうまくいかず、話題がなくなってしまうのでしょう。


話題がなくなる原因2. トークテーマの引き出しが少ない

自分の興味のあることだけに目を向けていると、いつも同じテーマの話しかできなくなってしまいます。

ゲーム好きならゲームの話、料理好きなら料理の話など。いつも会う友達のような人との会話ならいいですが、そうでなければ沈黙が訪れる可能性は高くなってしまうでしょう。

いつも同じような話ばかり頭に浮かぶのなら、会話のネタを用意しておきましょう。


話題がなくなる原因3. 相手の話を深掘りできてない

相手の意見をより具体的につっこむのではなく「そうなんだ」と聞き流してしまうと、会話がぶつ切りになってしまいます。

会話はキャッチボールと同じ。投げられた話題はきちんとキャッチして、感想や意見など何らかの反応を返さないとそこで終わってしまいます。

質問力や話の展開力がないと、雑談を続けるのが難しくなってしまうもの。そんな力がないと、なかなか話題が浮かばない状態になってしまいます。


話題がなくなる原因4. 必要以上に緊張している

「話さないと…!」と緊張するが故にテンパってしまい、頭が真っ白に陥るケースも。特に人見知りの人はこの傾向が強めです。

相手を目の前にすると、「あれを話さなきゃ」「これも伝えなきゃ」と色々考えすぎて頭が混乱してしまい、逆にネタが出てこなくなってしまうこともあるでしょう。

必要以上に緊張してしまうと頭がパニックになり、話題がない状態になってしまいます。


話題がなくなる原因5. 自分の気持ちを素直に言えない

嫌われたくないと思う相手の場合、「変なことを言わないようにしよう。」と、必要以上に気をつけてしまいますよね。

相手が自分の話を変に思っていないか不安になってしまって言葉を選んでしまうため、なかなか自分から話題を出すことができません。

自分の気持ちを素直に言えないこと。会話が出来なくなる大きな要因の一つと言えるでしょう。


話題がないと感じた時の対処法|会話を盛り上げるコツを大公開

話題がないと感じる原因は分かっても、どう対処すればいいかわからないですよね。

そこでここからは、話題がないと感じた時の対処法をご紹介していきます。

会話をしたくても話題がないとお悩みの方必見の内容です。


話題がないと感じた時の対処法1. 相手の好きな事について質問する

自分の興味や関心の薄いことだと話しにくいですが、好きな事だと急に饒舌になる人は多いはず。

そのため、相手の好きな事について積極的に質問するのがおすすめ。もし好きな事がわからなければ、まず相手の好きなことを見つける質問から始めてみましょう。

そうすれば自分が話さなくても自然と相手が話してくれるようになるので、自然と会話が続いていきますよ。


話題がないと感じた時の対処法2. リアクションは大きめにする

仮に話題がなくて上手く話せなくても、せめて「一緒に居て楽しいですよ」ということは伝えたいところ。

そのため、コミュニケーションを取る時はできるだけリアクションを大きめにするようにしましょう。

リアクションをしっかりすれば、相手は「聞いてくれてるんだな」と感じるため、こちらが上手に話せなくても会話を楽しんでくれますよ。


話題がないと感じた時の対処法3. 複数人で会話を展開する

1対1で話していると雑談のネタが尽きてしまい、会話が途切れてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、「〇〇さん、どう思いますか?」「△△さんにも聞いてみましょうか」という風に、周りの人を巻き込むという方法もあります

複数人で会話を展開すれば、人の数だけ雑談のネタが増えるため、話題が無いと悩むことはなくなりますよ。


上手く会話を盛り上げられるように工夫してみて!

話題がなくて会話が続かないと、自分だけでなく相手も困ってしまうもの。しかし、何が原因なのか、どう対処すれば良いのかを把握すれば、自然と会話が続くようになっていきます。

会話は自分だけでするものではありません。

上手く相手や周りを巻き込みながら、無理なく会話を盛り上げてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事