会話が苦手な人におすすめの克服方法とは?他人と話せるようになる秘訣を大公開

会話をするのが苦手とお悩みの方へ。今記事では、会話が苦手なのを克服するコツを詳しくご紹介します。仕事やプライベートで人と話すのが得意じゃない人に最適な対処法を解説するので、話すのが苦手と感じる人はぜひ参考にしてみてください!

人と会話するコミュニケーションが苦手な人の特徴とは?

コミュニケーションが苦手な人の特徴とは

コミュニケーションで苦労する人を観察すると、態度や行動に特徴があることがわかります。

「人見知りで自分から積極的に話しかけられない」「相手にどう思われるのかが気になってしまう」など、会話の苦手な人には共通の悩みがあるものですよね。

自分が特徴にあてはまっているか、確認したい方は以下の記事をチェックしてみてください。

【参考記事】はこちら▽


会話が苦手なのを克服するコツ|人と話せるようになる秘訣を解説

会話の苦手な人の大半は、話し方のコツを知らないだけです。

「人見知りで会話が長く続かない」といった悩みも、少し話し方を改善するだけで克服できることも。

ここでは、どのように会話の苦手意識を克服すればいいのか詳しく解説していきます。毎日人との会話を楽しみたい方は、ぜひご一読を。


会話が苦手なのを克服するコツ1. 相手に興味や関心を持つ

気になることや知りたいことなら、積極的に話してみたいと思いますよね。

相手に興味や関心を持つことができれば、無理に考えなくても質問したいことが頭に浮かんできます。恋愛と同じで、「◯◯さんの考えていることをもっと知りたい!」と思うことができれば、自然と会話意欲が湧いてくるでしょう。

相手を知ろうとする気持ちで会話に臨めば、会話のネタ探しに苦労することも少なくなります。


会話が苦手なのを克服するコツ2. 会話する機会を増やす

会話も勉強やスポーツと同じで、経験を積むことで得意になっていきます。

一般的に、会話が苦手な人は単に話し慣れていない場合が多いため、会話する機会を増やすだけで苦手意識が無くなることもあります。

初対面の人や気になっている異性と話すのは緊張してしまうので、まずは親友や家族といった話しやすい人との会話量を増やし、会話に慣れていきましょう


会話が苦手なのを克服するコツ3. 共通の話題を見つける

好きなアニメが同じだったり共通の趣味を持っていたりすると、話の取っかかりが簡単に作れるため、会話が弾みやすくなります。

初対面の人と会話をする場合は、出身地・趣味・マイブームなどを相手へ質問し、共通点を探してみるといいでしょう。

共通点があることで親近感が芽生え、多少の沈黙が発生しても気まずい雰囲気にはなりません。次に会話する時の話の切り出しにも共通の話題が使えるので、相手へ話しかけるハードルが下がっていきますよ。


会話が苦手なのを克服するコツ4. 笑顔で話すのを心がける

こちらが緊張した面持ちで話していると、相手にも緊張が伝わります。堅苦しい雰囲気が作られてしまうと会話が弾まず、相手も「この人と会話してたら疲れるな」と感じてしまうでしょう。

笑顔を保った状態で会話ができれば、相手もリラックスして会話を楽しめます。笑顔での話し方に自信が無い場合は、事前に鏡で自分の笑顔を確認しておけば安心です。

表情を少し意識するだけで会話のしやすさが大きく変わるので、笑顔での会話を心がけてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


会話が苦手なのを克服するコツ5. 事前に話す内容を要約する

話し慣れないテーマや説明を要する内容を人へ話す際は、途中で混乱しないためにも、事前に情報を整理して会話へ臨みましょう。

会社で上司へ仕事の報告をする際には、要点を紙に書き出して一貫性のある内容になっているかチェック。要点は、結論・理由・具体例を抑えておくと抜け漏れが防げます。

事前に話す内容を整理しておくことで、「話し始めてみたら途中から何を伝えたいのかわからなくなった」という事態を防げ、相手へ伝わる会話ができるようになるでしょう。


会話が苦手なのを克服するコツ6. 結論から述べるのを心がける

会話は相手があって成り立つものですので、ダラダラとまとまりのない話をするのは避けたいところ。相手から「結局何が言いたいの?」と言われたくない方は、会話の最初に結論を伝えることをおすすめします。

仕事の場合、先に「順調にプロジェクトが動いている」「問題が発生している」といった結論を先に伝えておくと、相手は結論の補足情報を聞こうとあなたの会話に耳を傾けます

補足情報が少し支離滅裂となってしまっても、先に伝えた結論へ話を戻せば、会話の流れが途切れることがありません。


会話が苦手なのを克服するコツ7. 相手の話に対して相槌を打つ

話すのが苦手でも、相手の話へ小気味よく相槌を打っていけば、沈黙のない会話にすることが可能です。

相槌を打つときは、単調な相槌を繰り返さないようご注意を。「うん」「へぇ〜」の繰り返しだと相手は「この人、本当に話を聞いているのかな?」と思ってしまいます。「そうなんですね」「知りませんでした」「本当ですか?」などと、相槌のバリエーションを増やしておくと会話にリズムが生まれてきますよ。

相槌がうまい人は話し手に好まれるので、相槌を磨くことで話す機会も増え、会話への苦手意識が薄れていくでしょう。

【参考記事】はこちら▽


会話が苦手なのを克服するコツ8. 分からないことは素直に質問する

知ったかぶりをしたまま会話を続けてしまうと、あとになって困ることも。

会社の取引先との商談。相手の話す内容がよく理解できず、適当に相槌を打っていたら自社に不利な契約を結んでしまった。そんなことになれば、会社でのあなたの評判がガタ落ちしてしまいます。

聞かぬは一生の恥。「◯◯の点について、具体的な説明をお願いできますか?」と勇気を出して質問することで、コミュニケーションミスが防げるでしょう。


会話が苦手な人が話し上手になる方法も徹底ガイド

話し方が改善していけば、会話への苦手意識も自ずと克服できるでしょう。

当サイトの別記事では、話し上手になるためのコツを紹介しています。

「会話が途切れない話し方を知りたい」「話を最後まで興味深く聞いてもらいたい」といった悩みを抱えている方は、ぜひ他の参考記事もご覧ください。

【参考記事】はこちら▽


会話が苦手な人は自分に合う方法でコミュニケーション力を身に着けよう。

仕事においてもプライベートにおいても、他者との円滑なコミュニケーションが充実度を高めてくれます。

「上司とのコミュニケーションがうまくいかなくてストレス」「好きな女性と話したいけど尻込みしてしまう」といった悩みは誰でも抱えるもの。コミュニケーション能力を少しでも改善させたい、と思っている方は、まず今回ご紹介したコツを会話の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

会話の苦手意識をなくして、周囲との会話を満喫していきましょう!

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事