人に好かれる会話術とは?恋愛や仕事に使えるコミュニケーションスキルを大公開

人に好かれる会話術を詳しく知りたい方へ。今記事では、会話術をマスターするメリットから、すぐに実践できるおすすめの会話術まで詳しくご紹介します。会話術を学べばコミュニケーション能力も向上するため、ぜひ参考にしてみてください!

前提として「会話術」の意味とは

会話術の意味とは

Weblio辞書によると会話術とは、「会話を円滑にし、良好な人間関係を築くための技術」とあります。

トーク力は生まれ持ったものや育った環境に左右される部分もありますが、トレーニングによって磨くことも可能です。

それを可能にするのが「会話術」というスキル。会話術は生まれ持ったものではなくテクニックなので、会話に苦手意識を持っている人でも練習することで会話術を身につけることができるのです。


会話術をマスターするメリットとは?

会話術は仕事や恋愛など様々な場面で役立ちます。

仕事では、社内の人と円滑なコミュニケーションがとれたり、取引先との交渉や接待でも上手くいったり。恋愛においては、「この人といると面白い」といった印象を与えることができるため、異性にモテるなど。

男性・女性問わず役に立つスキルですので、身につけておいて損は無いでしょう。


すぐに実践できるおすすめの会話術とは?

「人に好かれる話し方が出来るようになりたい」「相手が理解しやすい伝え方の技術を知りたい」そんな風に考えている人は多いはず。

ここからは、手軽に実践できるおすすめの会話術を詳しくご紹介します。

恋愛でもビジネスでもすぐ使えるものばかり。ぜひ参考にしてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


おすすめの会話術1. 聞き上手になる

一般的に、人は話を聞いて欲しいものです。

相手の話を深掘りしたり、展開したりなど、聞き上手になるのがおすすめ。「うんうん」と相槌を打ったり、質問したりして相手が話しやすい状況を作ってあげましょう。

初対面で相手がどんな人かわからない時でも使えるテクニックなので、自分から話のが苦手な方にこそ最適ですよ。

【参考記事】はこちら▽


おすすめの会話術2. 要点を分かりやすく端的に話す

会話の中に情報量が多いと「分かりにくい」「話が長い」と思われてしまうことも。

伝えたい事はシンプルに述べるのを意識しましょう。おすすめの伝え方は「結論→理由→詳細」の順番です。結論を先に述べることで、論理的に伝えることができます。

特に仕事において「短く、わかりやすく」説明できることは必須のスキルなので、覚えておいて損は無いですよ。


おすすめの会話術3. 話題やトークテーマの引き出しを増やす

長く付き合っている友達であればまだしも、初対面の人と会話する時は話す内容に困ってしまいますよね。

事前に様々なジャンルの知識を頭に入れて、どんな会話でも広げられるようにしましょう。現在では本やネット、ニュースなど、どこでも知識は仕入れられますので、日頃から好き嫌いせずにいろんなタイプの情報を調達するのがおすすめ。

テーマの引き出しが増えれば、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


おすすめの会話術4. 質問の返答をさらに深掘りする

1問1答になってしまうと、会話がぶつ切りになるため会話が弾みません。

質問をして、またすぐ次の質問をするのではなく、相手の答えに対してさらに深掘りをする質問を投げかける癖をつけましょう。「なぜそう思ったんですか?」「どうやってするんですか?」など、「なぜ」「どうやって」を入れた質問をしてみましょう。

返し方を工夫するだけで相手も返答しやすくなるので、会話も盛り上がりますよ。


おすすめの会話術5. リアクションは大きめにとる

一生懸命に話しているのに相手の反応が薄いと「自分の話って楽しくないのかな」と思いますよね。

相手にそう思わせないため、反応は大きめにとりましょう。「そうなんだ!」「うそ〜!」「へぇ~!」などとリアクションをするだけでも「ちゃんと聞いてますよ」という意思表示になります。

リアクションを大きめにとることは、会話を上手にするテクニックです。


おすすめの会話術6. ジェスチャーも織り交ぜて話す

プレゼンや商談の際、言葉だけでは意図が伝わらないことも。これではビジネスにおいて不利になってしまいます。

身振り・手振り・表情で、言葉を補足する動きを取り入れてみましょう。「ポイントは3つです」という際に指を3本立てたり、物の大きさを表すために手を大きく広げたり。

会話の際にジェスチャーを織り交ぜると相手の視覚に訴えることができるので、わかりやすく伝えられるようになりますよ。


おすすめの会話術7. ハキハキと話すのを意識する

もごもご話すと、説得力が下がったり、相手が聞きづらかったりするもの。

聞き手が聞き取りやすいように、1つ1つの言葉をゆっくり、相手にはっきり聞こえる声で話すよう心がけましょう。特に、普段から早口になってしまっている人は要注意。

話の内容も大事ですが、聞き取りやすく話すだけでも、人に好かれる話し方に近づくことはできますよ。


おすすめの会話術8. 曖昧な言い回しは控える

曖昧な話や返事をしてしまうと、時に相手を怒らせてしまうことも。

曖昧な言い回しは避けるのが無難です。「気分が乗ったら参加する」「〇〇時までには行く」などはっきりしない返答をするとごまかされているように感じるので、相手はマイナスイメージを持ってしまいます。

少し言いにくいことでもはっきりと伝えることで、聞き手は「正直に言ってくれた」と嬉しく感じるものです。


好印象を与えるなら楽しい会話のコツを取り入れるのもおすすめ

人に好かれる会話術をマスターするなら、楽しい会話のコツも知っておくのがおすすめです。

「話し相手を褒める」「相手の得意な分野の話を振る」「話す時は笑顔で会話する」など、相手を楽しませるテクニックがたくさんあります。

よりトーク力をアップさせられるので、「異性からモテたい」「誰とでも親しくなりたい」という方は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


会話術をマスターして、恋愛や仕事に活かしてみて。

今記事では、会話術をマスターするメリット、おすすめの会話術をご紹介してきました。

仕事や恋愛、また日常生活においても、話し方1つで相手からの印象は大きく変わるもの。せっかくなら人に好かれる伝え方ができるようになりたいですよね。

この記事でご紹介した会話術を、出来ることから取り入れてみてください。

続けているうちに、人に好かれる話し方が出来るようになっていますよ。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事