話が上手い人の特徴|トーク力を上げて話し上手になるコツとは?

話が上手い人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、話が上手い人の特徴から、話し上手になるコツまで詳しくご紹介します。会話が続かないとお悩みの方に最適な対処法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

会話ベタな日本人はとても多い

話しが上手い人の特徴

  • 休憩時間に先輩社員と不穏な空気が流れる
  • デートで上手く話せず、付き合えなかった
  • 会社の会議で伝わりづらい発言をして周りを困らせてしまった

こんな苦い経験をしてきた人は少なくないでしょう。

一時期、“NOと言えない日本人”というワードが流行ったように日本人は自分の意見を言うのが苦手な民族

しかし、人間関係においてコミュニケーション能力は必須スキル。コミュ力があれば仕事や恋愛、友人関係といったすべての対人関係を円滑に進められます。

本記事では会話上手な人の特徴や話し上手になるコツを紹介して、あなたのトークスキルに磨きをかけていきます。

【参考記事】はこちら▽


話が上手い人の特徴とは|トークが上手な人の共通点を解説

友人との集まり、会社での会議などで話が上手く、周りをスムーズに納得させている人に憧れを抱く人も多いでしょう。

コミュニケーション能力は恋愛や職場、様々なところで役に立つため、できるなら話が面白い人になりたいですよね。

話が上手いと感じる人にはどのような特徴があるのか、詳しくは分からない方も多いのでは。

そこでここからは、話が上手い人の特徴について詳しくご紹介します。

話が面白い人はどんなことに長けているのでしょうか。


話が上手い人の特徴とは1. 相手のペースに合わせらられる

話相手が自分と比べて極端に早口だったり、話を遮る人だと話づらくなりますよね。

デート中などに相手に合ったスピードやテンポで話ができるなど。自分がしたい話を聞いてくれる人に相手は好意を抱くものです。

話が上手い人は、相手のペースに合わせられ好かれる結果、無意識にもっと話したい気分にさせているといえます。


話が上手い人の特徴とは2. 話の順序がしっかりしている

話が上手い人は、論理的な思考力に長けている特徴があります。

ビジネスでの交渉の場に置いて、理由、具体例、結果など相手の心に響くようにコミュニケーションがとれるので、相手の理解度も高まるといえます。

話の順序がしっかりしており、伝わりやすい結果、交渉を成立させ易いなど仕事も上手くいくことが多いのでしょう。


話が上手い人の特徴とは3. 分かりやすい言葉を使っている

相手の理解スピードを考えて思いやりを持って話せる、話が上手い人。

難しい単語を使わず言い回しを変えたり、相手が共感しやすい言葉を使い分けたりなど、日頃から相手に気を配っているのです。

分かりやすい言葉を使う結果、仕事の会議や友人との食事の場などで会話についていけない人を出さず、複数人での会話が弾むのでしょう。


話が上手い人の特徴とは4. 的確な質問ができる

話が上手い人は、しっかりと相手の話も聞いています

女性とのデート中でも、要所要所で「それからどうなったの?」などと質問したり、展開したり出来るため、話を引き出すのが上手いといえます。

仕事で誰かが発言した後など、ポイントを押さえて相手が喜ぶようなところや議論の的になるところで適切な質問ができるのが、話が上手い人の特徴の一つなのです。


話が上手い人の特徴とは5. 表情が穏やか

話が上手い人は、相手に気持ち良く話してもらえるよう心掛けています。

例えば、恋愛においても、緊張している相手に笑顔で話しかけて相手の心を開いたり、話しかけたときに口角を上げているなど。穏やかな顔で話を聞いてくれると、自己承認欲求が満たされ、「もっと話したい。」と思う人も多いものです。

穏やかな表情で相手を落ち着いた気持ちにさせるのが、話が上手い人の特徴だといえます。


話が上手い人の特徴とは6. ジェスチャーを交えている

話が上手い人は、自分の話を相手に伝わりやすいように工夫して話せるものです。

ジェスチャーもコミュニケーションの一種と言いますが、話が面白い人は大事なプレゼンの時などに「要点は3つです。」と言いながら手で3の形を作るなど。相手に視覚的にも伝わるように工夫しています。

話が上手い人は、ジェスチャーを自然と取り入れながら話を分かりやすくするため、より内容が相手に伝わるのだといえます。


話が上手い人の特徴とは7. 知識が豊富

相手の会話の内容に合わせて適切な返しをして、その場を盛り上げるのが得意な、話が上手い人。

話の引き出しが多く、ボキャブラリーも豊富で老若男女問わずどんな人とでも話を弾ませる力を持っているのです。

日頃からニュースやバラエティなどあらゆる物にアンテナを張り、チェックして知識を吸収することで、どんな人ともトークを盛り上げられるのが、話が面白い人の特徴といえます。


話が上手い人の特徴とは8. ポジティブ思考

話が上手い人は、どんな出来事を話すときでも相手の関心を惹きつけられる力を持っています。

会社で上司に怒られて美味しいご飯をやけ食いした話など、自分の身に起きたネガティブなことを脳内で明るく変換して話せるため、相手の気持ちも明るくできるのです。

常にポジティブ思考で、どんな時でも心が明るくなるような話ができるのが、話が上手い人の特徴だといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


話し上手になるコツとは|トーク力を磨く方法を大公開

人の心をすぐに掴んでしまう話が面白い人は人間関係も良好であることが多いです。

会話が上手くいかずに悩んでいる人のなかには、少しでも上手くトークできるようになりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ここからは、話し上手になるコツについて詳しくご紹介します。

できることから実践して、トーク力を上げていきましょう。


話し上手になるコツ1. 伝えたいことを明確にしてから話す

話の筋道を立てずに話出してしまうと、着地点や話の展開の仕方が自分で分からなくなってしまうこともあるでしょう。

途中で話の方向性が分からなくなってしまいそうな時は、頭の中で話す内容を整理してから話すと伝わりやすいですよ。

話の着地点を決めることで何が言いたいのか分からない自体を避けられ、納得感のある話ができるといえます。


話し上手になるコツ2. 分かりやすい言葉選びをする

自分が話していることに対し相手からの理解度が高まれば、双方質問などをして会話が盛り上がるものです。

話している時に相手を置いてけぼりにしないように、伝わりやすい言葉を使うよう心がけるようにしましょう。

会話が続くようになり、デート中など、相手から一緒にいて楽しい人だと思われ、モテるようにもなるといえます。


話し上手になるコツ3. 相手に合ったスピードで話す

人によって会話のスピードや頭の回転は異なるものです。会話のスピードが合わないと、話していてストレスを感じたり早めに話を切り上げたくなってしまうもの。

どんな人からも話を引き出せるように、日頃から、相手に合ったスピードで話すように心掛けましょう。

ペースが合い、会話する時の心地良さを感じた相手から、「もっと話してみたい。」と思われ、相手から積極的に話しかけてくれるようにもなるといえます。


話し上手になるコツ4. 話すときは笑顔を絶やさない

普段あまり話さない相手とは、最初は緊張してしまって話題に困ったり、話が途切れたりしてしまうものです。

相手が肩の力を抜いて素のまま話してくれるように、話すときは笑顔を絶やさないようにしましょう。

「この人と話していて楽しい。」と思われるようになり、会社の休憩時間やふとした時に相手から気兼ねなく話してくれるようになるものですよ。


話し上手になるコツ5. 本などで知識をつける

自分の趣味や関心を持っている出来事への話について来られる人がいると、会話していて楽しい気持ちになるものです。

相手が話を振ってくれたことに対してきちんと返せるように、本などで知識をつけると良いですよ。

相手から振ってくれた話題を膨らませて、会話を弾ませられる結果、職場で上司などからも好かれるでしょう。


話し上手になるコツ6. 人と話す機会を意図的に増やす

自宅で仕事が完結できたり、一人で籠ってできる趣味があったりすると、人と話さなくなっていざ話した時に上手く口が回らないこともあるでしょう。

最近あまり人と話さなくなってしまったなと思ったら、趣味のオフ会に参加するなど、人と話す機会を意図的に増やすようにすると良いですよ。

場数も踏んで会話が徐々に上手くなり、人からの誘いも増える結果、充実感を感じられるでしょう。


今すぐ実践してあなたも今日から会話上手へ

話題に困らず盛り上げ上手な、話が面白い人。仕事での商談、恋愛、家族関係あらゆる場面で役立つため、できるならコミュニケーション能力を上げたいと考える人も多いでしょう。

人と話が続かず、話が面白い人のことを羨ましく感じ、自分の会話の下手さを憂いてしまうこともあるかもしれません。

上手く話せるようになりたい時は、相手が気持ちよく話せるように意識したり、ニュースや時事問題に関心を向けるなどしたりして、会話を弾ませられるように対策していきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事