恋人が感動する“泣ける手紙”の書き方とは?相手が喜ぶラブレターのコツを大公開

恋人が泣ける手紙を書きたいと思っている方へ。今記事では、恋人が思わず泣けるような手紙の内容について、詳しくご紹介します。恋人が感動して喜んでくれるような手紙を書きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

恋人が思わず泣いちゃうかも。感動する手紙の内容とは?

恋人が泣ける手紙の書き方とは

「恋人の心に響く、泣ける手紙を書いて特別な記念日にしたい」そんなプランを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、恋人が泣ける手紙の内容について詳しくご紹介します。

付き合いが長い恋人や付き合いたてのカップルにも参考になる手紙の例文もあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。


恋人が泣ける手紙の内容1. 素直に感謝を伝える

いつも一緒にいる恋人に「ありがとう」という気持ちはあっても、表現する機会は少ないはずなので、文字にして伝えると相手の心に響きやすいです。

「どんな時も支えてくれて本当にありがとう。直接言うのは恥ずかしいけれど、あなたの存在がとても大きいです。」

そんなふうに、素直な感謝の気持ちを手紙に書いてみましょう。きっと恋人を泣かせることができるはずですよ。


恋人が泣ける手紙の内容2. 恋人を応援する気持ちを綴る

何かにひたすら頑張っていると、結果がしっかり出るのか不安なもの。

「いつも夢に向かって頑張るあなたを尊敬しています。どんな時でも、一番の味方です。きっと、上手くいくと信じてるよ」

そんなふうに、陰ながらいつも応援していることを手紙で伝えてみてください。

心細い中、大好きな人が応援してくれてることが伝わればとても安心するため、手紙を読んだ彼氏や彼女はジーンと熱い想いとともに涙がこみ上げてくるでしょう。


恋人が泣ける手紙の内容3. 幸せなことを伝える

恋愛は相手の気持ちが分からないとすぐに不安になってしまうもの。言わなくても分かると思わずに、幸せな気持ちを手紙に書いて伝えてみましょう。

「あなたと一緒にいれて、毎日が幸せだと感じています」

「どんな時でも心にあなたの存在があり、何でもない一日に幸せをもたらしてくれます」

と、このような文章がおすすめ。

「自分と同じ気持ちでいてくれているんだ」と分かるので、恋人にとって嬉しく泣ける手紙になるはずですよ。


恋人が泣ける手紙の内容4. これからも一緒にいようと伝える

カップルの明るい未来が想像できると、相手は安心します。記念日などの機会に、今後もずっと一緒にいたいという気持ちを手紙でアピールしてみるのも効果的。

「1年後も、3年後も10年後も、ずっと二人で一緒にいたい。あなたのいない未来は考えられません」

そんなふうに、相手がかけがえのない存在であることを手紙で伝えてみてください。

永遠が感じられるくらい深い愛情に満たされると、きっと相手は感極まって涙するでしょう。


恋人が泣ける手紙の内容5. 困難を乗り越えた時のエピソードを書く

長い付き合いのカップルにとっては、いい時期ばかりではなく、難しい時期も乗り越えたからこそ、より強い絆があるはずです。

「一時期は気持ちがすれ違ってしまったこともあったよね。でも、一緒に壁を乗り越えたからこそ、今の二人があるし、これからも絶対に大丈夫って信じてる」と強いメッセージを手紙に込めましょう。

相手は大変な時期を思い出すと同時に今の幸せに感動し、ウルっとくる手紙になりますよ。


恋人が泣ける手紙の内容6. 労いの気持ちを綴る

恋人からの優しい気持ちが感じられると、心が温まります。恋人の仕事をはじめ、勉強や目標などに向かう姿を評価しつつも、労いの気持ちを手紙に書いてみるのも一つの手です。

「あなたが何事にも一生懸命取り組んでいることを知っているよ。頑張りすぎていないかと、いつも心配しています。あまり無理しないでね」そんな言葉を文字にしてみましょう。

彼氏や彼女はあなたの気遣いに感動して、泣いてしまうかもしれませんよ。


恋人が涙するくらい素敵なメッセージを贈ってみて。

恋人が泣ける手紙の内容について、6つのテーマに分けて例文をご紹介してきました。

恋人の誕生日や記念日のメッセージにも使いやすく、彼氏や彼女が感動して泣きそうな姿が目に浮かんだ方もいるのではないでしょうか。

愛情を再認識できるような恋人から喜ばれる内容の手紙を書いて、二人の愛をより一層深めていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事