一人でいたい人の心理|単独行動を好んでしまうのはどうして?

一人でいたいと思う人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、一人でいたい人の心理から、一人でいたい人に共通する特徴まで詳しくご紹介します。集団行動より一人行動を好む人の特徴を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

一人でいたい人の心理|一人ぼっちを好むのはなぜ?

一人でいたい人の特徴とは

世の中には「いつも誰かと一緒の方が楽しい」という人もいれば、「一人の方が好き」という人もいます。

誰かと一緒にいた方が良いと思う人にとっては、なかなか理解しにくいものですね。

そこでまず最初に、一人でいたい人の心理について詳しくご紹介していきます。


一人でいたい人の心理1. 周りに気を使いたくない

周りに対して気を遣う人は、誰かと一緒にいると精神的にとても疲れてしまいます

なぜなら、自分が辛くても顔に出すと周りが心配すると思って、無理して笑顔で過ごしたり、大変そうな人を見かけたら声を掛けたりと、空気を読みまくってしまうからです。

職場や学校など、周りの人に余計な気を使いたくないと思ってしまい、一人でいたいと思ってしまうでしょう。


一人でいたい人の心理2. 自分のペースで物事を進めたい

仕事や学校、プライベートでも複数人と行動することは多くあります。ただ、中には人のペースに合わせるのが苦手な人もいますよね。

そういう人が休日に友達と遊ぶことになった場合、本当はショッピングをしたかったのに周りの意見でカラオケに行くことになってしまうと、ストレスが溜まることに。

マイペースで物事を進められないことに嫌気が差し、一人でいたいと思ってしまうのです。


一人でいたい人の心理3. 必要な時に一緒にいればいい

一人でいることに不自由さや孤独を感じない人もいるでしょう。

そういう人は、買い物をするのも食事に出かけるのも、一人でこなせるし飽きることがありません。また仕事でも趣味の時間でも、自分の世界観を楽しめるのです。

普段一人でいても全く不便じゃないので、必要な時だけ誰かと一緒にいればいいと考えます。


一人でいたい人の心理4. 人と話すのが得意じゃない

そもそも、コミュニケーションを取るのが苦手な人っていませんか。実は、会話に対する苦手意識から、孤独の方が良いと思うこともあります。

例えば、大人しい性格の人や自分の意見を伝えるのが不得意な人は、会話を続けることに強いストレスを感じることも。そのため、人と群れないことが多くなります。

「上手く会話ができない→だったらしなくて良い」のように、人と話をすることが得意じゃないと、つい単独行動をしてしまいます。


一人でいたい人の特徴|単独行動をする人の共通点とは?

集団行動よりも単独行動を好む人には、何か共通点があるのでしょうか。

ここからは、一人でいたい人の特徴について詳しくご紹介していきます。

あなたの周りにいる「群れない人」にも当てはまることがあるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。


一人でいたい人の特徴1. 自分の事は自分でやりたがる

「自分のことは自分でやりたい」というのは、つまり他人に指図されたくないということ。

例えば、職場でも自分のやり方を確立していて、人にあれこれ言われるのが嫌だと感じる人もいます。そういう人は仕事をあえて家に持ち帰り、一人で作業をすることもあるでしょう。

自分の思い通りにことを運びたいので、周りから干渉されないように、人と群れないようになります。


一人でいたい人の特徴2. 結婚願望がない

結婚願望がないということは、誰かと生活を共にするのが嫌で、一人で生きたいということ。

彼氏・彼女とペースを合わせるのが苦手。特に同居して一緒に住んだとなると、より自分のプライベートが無くなっていくので、一人暮らしの方が気が楽と考える傾向に。

そのため、一人の時間が大切なので結婚を望まず、独身のままで構わないと感じてしまうのでしょう。


一人でいたい人の特徴3. 没頭している物がある

一人を好む人は、誰にも干渉されたくないと思っています。

アイドルのDVDを心ゆくまで鑑賞したいとか、面白いゲームを何時間もやり続けたいなど、自分の大好きな趣味の時間を堪能したいのです。そういう時は、話しかけられたり、他人の気配を感じたりするのを嫌がります。

分が没頭している時に邪魔されたくないので、一人でいたいと思うのです。


一人でいたい人の特徴4. 周りに気を使いすぎる

周囲に気を使いすぎる人には、愛想が良い人や協調性を大切にする性格の人が多いです。

ただ、自分よりも他人の気持ちを優先するので、精神的に疲れが溜まる一方。常に相手のことを考えることで、自分のやりたいことがやれなくなってしまいます。

気を使ってしまう性格だからこそ、誰かと一緒だとストレスが溜まってしまいます。結果的にもう周りを気にしないよう一人で行動したくなるのでしょう。


一人でいたい人の特徴5. 人間関係にトラウマがある

人と関わるのを怖いと、どうしても集団ではいたくないと感じがち。

例えば、信頼していた人に嘘をつかれたり裏切られたりした経験があると、「また同じ思いをするかもしれない」と思ってしまうもの。もしそれが恋人からの仕打ちだとしたら、恋愛自体を避けるようになってしまいます。

人間関係にトラウマを抱えているので、心的ダメージを回復するまでは「一人でいたい」と考えるでしょう。


「一人でいたい」には様々な理由がある。その気持ちをしっかり理解してあげましょう。

一人でいたい人にはそれぞれ思いがあり特徴も様々です。

「みんなと一緒にいるのが楽しい」と思うのも、「一人が良い」と思うのも個人の自由。

相手の気持ちを尊重して、良い人間関係が築けるといいですね。


【参考記事】孤独を感じない人の気持ちも確認してみて▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事