【関係別】久しぶりに会う時の男性心理とは?久々に会う男を落とすコツも大公開

久しぶりに会う男性の心理について詳しく知りたい女性へ。今記事では、久しぶりに会う男性の心理から、好印象を与えるコツまで詳しくご紹介します。

久しぶりの再会は男性に好印象を与える大きなチャンス!

久しぶりの再会は好印象を与える大きなチャンスになる

多くの男性は、女性の見た目や雰囲気などの小さな変化に普段はなかなか気づかないもの。

しかし、久しぶりの再会では、時間が空くことによって男性が変化に気づきやすいといえます。

映画やドラマのなかの同窓会や結婚式のシ1ーンで、久しぶりに再会した男性が女性にドキッとするシーンってよくありますよね。それは現実においても「あるある」といえる出来事です。

主に見た目が多いですが、話した時の雰囲気とか、内面も変わっていると男性はすぐに気がついてくれます。

以前の印象とのギャップが大きければ大きいほど、男性はドキッとするので恋に落ちるきっかけにもなりますよ。


【関係別】久しぶりに会う男性心理とは|どんなことを考えてるの?

久しぶりに会う男性の心理

LINEやSNSでやり取りをしていたり、同窓会や結婚式があったりして、久しぶりに会うことが決まったら緊張してしまいますよね。

しかしそれは、女性だけでなく男性も同様。そんな時、男性はどんなことを考えているのか気になる女性も多いのでは?

そこでここから、

  • 元カレ
  • 好きだった人
  • 好意を持ってくれていた人
  • 仲の良かった男友達

と、関係別に久しぶりに会う男性側の心理について詳しくご紹介します。


元カレの心理

男性が別れた彼女と久しぶりに会う時は、付き合っていたころよりも成長した姿を見せたいと思い、元カノとの再会を心待ちにしているケースが多いといえます。

男性が振られる形で別れた場合、「俺こんなに変わったよ」とアピールしてきて、「あわよくばヨリを戻せるかも…」と期待を持ちながら会うケースは少なくないでしょう。

ただし、男性から振って別れている場合は注意が必要。「元カノはずっと自分に好意を持っている」と思い込む男性もいます。

体だけの関係だったりワンナイトだったり、都合のいい関係を望んで再会を求める男性も稀にいますよ。


自分が好きだった相手の心理

特別な関係にはならなくても、男性にとって好意を抱いてくれた女性のことは忘れられない存在。

自分のことを好きだった人と再会する場合、

「今でも自分のことを好いてくれているかな?」

「あの時、気持ちに応えなかったことを後悔している…。」

など、逆に男性側が好意を抱いているケースもあります

男性からすれば、結婚しているのか彼氏がいるのかは非常に気になるところ。再会した時、指輪の有無を確認したりストレートに聞いてきたりするかもしれません。

ただし、元カレのケースと同様、都合のいい関係を狙ってくる男性も稀にいるので、しっかり見極めてくださいね。


好意を持ってくれていた男性の心理

好意を持ってくれていた男性の心理

好意を抱いていた女性と久しぶりに会う男性は、あなた以上にドキドキしている可能性があります。

「前より可愛くなっているかな?」「今はどんな生活を送っているのだろう?」など、いろいろ想像しては好印象を与えようと意気込んでいるかもしれません。

男性側からすれば、恋が成就しなかった相手に「成長した姿を見せたい!「今ならアプローチできるかも」など、リベンジに燃えるケースが多いといえるでしょう。

一方、今はキッパリと諦めていて、笑い話として話してくる男性もいます。その場合は、友達として仲良くしたいと思っていますよ。


仲が良かった男友達の心理

同窓会や結婚式などで久しぶりに会うとわかったら、「どんな風に変わっているのか」「昔話に花を咲かせたい」など、純粋に再会を楽しみにしている男性が多いでしょう。

友達として仲良くしていたころを懐かしみ、男友達と会う感覚で「久しぶり!」「元気?」などフレンドリーに接してきます。

なかには、しばらく会っていないうちにSNSなどであなたの姿を見て好意的な感情を抱いていたり、彼女が欲しくて気心の知れたあなたのことを候補に考えていたりする男性もいるでしょう。

そのため、こういった男性を好きな場合は、友達時代とは異なる姿を見せて恋愛対象として意識させるのがポイント。以前とは違う魅力を振る舞い、好印象を与えるとチャンス到来です。


久しぶりに会った男性を落とす“8つのコツ”|久々の再会で好印象を与える方法とは?

久しぶりに会う男性を落とすコツ

「久しぶりに会った時に、かわいいと思ってほしい」

「同窓会で再会した時、好きだった人に好印象を与えられる方法が知りたい」

好きな人との久しぶりの再会を果たすなら、印象をよくしてドラマティックな出会いにしたいですよね。

では一体、どのようなことをすれば好意を寄せる男性にアピールできるのか。ここでは、久しぶりに会う男性を落とすコツを解説していきます。


好印象を与えるコツ1. 「会いたかった」という気持ちを素直に伝える

男性にとって、女性からのストレートなアピールは嫌な気持ちにはならないもの。再会してすぐ伝えることで好印象を与え、テンションが上がった状態でスタートできるメリットがあります。

「今日すごく楽しみにしてたよ!」「めっちゃ会いたかった」など、男性との再会を待ち望んでいたことをストレートに伝えるとGOOD。

そうすれば男性も「俺に会うのをこんなに楽しみにしてくれてたんだ」と喜んでくれるでしょう。

二人きりのタイミングを狙って「みんないたから恥ずかしくて言えなかったけど…」と、こっそり伝えても効果ありですよ。


好印象を与えるコツ2. 「前より〇〇になったね」と褒めてあげる

女性でも髪型や体型などが変わった時、気づいてくれると嬉しいですよね。自分の努力や成長に気づいて褒められると、男性も同様に嬉しいもの。

「以前の自分を覚えていてくれたんだ」と男性が感じ、好印象に繋がりやすいですよ。

以前と比べて、

「なんか、かっこよくなったね!」

「髪型変わった?」

「考え方変わったんだね」

など、外見内面問わず変化に気づいて褒めましょう。特に、会話の中で気づいた性格や考え方など、内面の変化について褒められると男性は嬉しいですよ。

【参考記事】はこちら▽


好印象を与えるコツ3. 会えない間も気になっていた事を伝える

久しぶりに会う男性を落とすコツは会えない時気になっていたことを伝える

男性にとって、自分に好意や関心を持っていると感じられる女性は気になるもの。

会っていない期間も、気になっていたことを伝えれば、好印象を抱いてあなたを恋愛対象として見る可能性がでてくるかも。

「元気してた?全然会わないから気になってたんだよね」

「この前、〇〇君のこと思い出んだよね。今、何の仕事してるの?」

など、会っていない時も気に掛けていたことを率直に伝えることで、男性は「そんなこと思ってくれてたんだ」と喜んでくれます。

再会してすぐに好意や関心を伝えれば、男性もあなたのその後の言動が気になってくるはずです。


好印象を与えるコツ4. 会話をする時は笑顔を心がける

笑顔が素敵で愛嬌のある女性は、男性から好印象を持たれがち。

笑顔が多いと「前より明るくなった」「今でもやっぱり愛嬌があるな」など、以前のあなたの印象がどちらであっても好印象に繋がります。

会話している間は基本笑顔を心掛け、「あなたの話を聞きたい」と相槌や質問をして、男性に自分のことをたくさん喋ってもらいましょう。

「自分の話を楽しそうに聞いてくれる」と思わせられるので、男性の満足度がアップしますよ。

ポイントは、好きな人と話している時以外でもキラキラした笑顔でいること。意中の男性がそれを遠目から見れば、ドキッとして惚れさせることができるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


好印象を与えるコツ5. 男性が好きなヘアスタイルに近づけてみる

小さな変化に気づきにくい男性は多いですが、髪型の変化は多くの男性が気づきやすいもの

特に、自分好みの髪型になっていたり、大幅なイメチェンをしたりすれば、思い出と現実の間にギャップが生まれて印象に残りやすいですよ。

男性の好みの髪型や好きな女性芸能人を知っているなら、その髪型や髪色に変えてみるのが効果的。まずは見た目で、好きな人の好みに寄せてみましょう。

髪型の変化に気づいてもらったら「〇〇君が好きだって言ってから」など、イメチェンの理由を話すとGOOD。

「自分の好みを覚えててくれたんだ」「本当に変えてくれたんだ」と男性は嬉しい気持ちになり、高確率で好印象を持たれますよ。


好印象を与えるコツ6. 男性の趣味を予習して話を合わせる

久しぶりに会う男性を落とすコツは男性の趣味を予習する

前述の髪型と同様、男性がハマっているものなどをリサーチ済みなら、会う日までに予習しておくと会話が弾みやすいですよ。

男性は自分の好きなことは饒舌になりやすいため、「この人とは話が合う」「前に言ったことを覚えてくれて嬉しい」と思ってもらいやすくなります。

「〇〇君が好きなアーティストのアルバム買ったよ」

「私も最近キャンプに興味があるんだ」

など、共通の趣味や好みがあることをアピールしましょう。

同じレベルにまで詳しくなる必要はなく、広く浅くでOK。そこから「今度教えてよ」「おすすめあったら教えて」などと言えば、デートや連絡先の交換などに発展しやすいですよ。


好印象を与えるコツ7. 会話をする時に顔を少し近づけてみる

距離が近ければ近いほど、心を許せる関係を築きやすくなります。

代表的な例だと、ボディタッチが効果的とよく言われますが、「ボディタッチはハードルが高い…」と感じる女性も少なくないのでは。

そんな女性におすすめなのが、

  • 声が聞こえないフリをして、顔を近づけて耳元で喋ってもらう
  • 目を見つめながら、ちょっとずつ顔を近づける

など、会話しながら距離を少しだけ近づけてみると、男性はドキッとしますよ。

ただし、久しぶりの再会でいきなり近づきすぎると、警戒されたり距離感が掴めない女だと思われたりする可能性が。「少しだけ」というのがポイントです。


好印象を与えるコツ8. 料理を取り分けたり、女性らしい気遣いをする

男性を立てたり気遣いができたりする女性は、「気遣いができて素敵だな」「いい奥さんになりそう」など、久しぶりの再会時でも高確率で好印象を与えられます。

  • 食事を取り分ける
  • 他の人のおしぼりや箸を渡す
  • 「お店予約してくれてありがとう」と感謝を伝える
  • 「仕事無理してない?ちゃんと睡眠とってる?」と体調を気遣う

など、久しぶりに会ったのに、自分のことよりも相手を気遣う言動はアピール効果抜群です。


再会した後、もう一度会うのをやめたほうがいい男性って?

避けたほうが良い男性の特徴

久しぶりの再会はドラマティックなものを期待する反面、しばらく会っていない期間によって相手の状況もいろいろ変わっているものですよね。

なかには、よからぬことを考えている男性もいる可能性もゼロではありません。

ここからは、久しぶりに再会したとしても、もう今後は会うのをやめたほうがいい男性の特徴を解説。

トラブルに巻き込まれないためにも、どんな男性が当てはまるのか特徴を把握しておきましょう。

再会した後、また会うのはやめたほうがいい男性
  1. 恋人/パートナーがいるのを隠している
  2. 勧誘や頼み事をしてくる
  3. 家やホテルへ行きたがる
タップすると移動します

避けるべき男性の特徴1. 恋人/パートナーがいるのを隠している

恋人やパートナーがいることを公言しているなら別ですが、隠したままの男性はあなたを浮気相手としてやましいことを考えている可能性が高いです。

  • 職場のことは話すけど、プライベートのことは濁す
  • 頻繁に誰かと連絡を取っている気配がある
  • 指輪を外した痕が残っている

など、本当はパートナーや彼女がいるのに隠そうとしている気配を感じたら要注意。

怪しいと思ったら男性の友人に確認したり、直接「彼女いるの?」と聞いたりしましょう。

わからないまま近づいてしまうと、相手のパートナーにいろいろ言われたりトラブルに巻き込まれたりする危険性がありますよ。

【参考記事】はこちら▽


避けるべき男性の特徴2. 勧誘や頼み事をしてくる

デリケートな部分なのに、久しぶりに会ってそうそうお金に関することを言い出す男性は、異性としてではなく経済的支援目的で近づいてくる可能性が高いです。

お金に困っていたり職場での成績を上げたかったりするため、ターゲットを探しているのでしょう。

自分の仕事の商品を買ってもらおうとしたり、「お金を貸して」と言ってきたり、あなたのことを異性というより金づるとして見ています

また、給料や貯金など具体的なことを聞いてくる男性にも要注意。

曖昧な返事では後々面倒になる恐れがあるため、「できない」「いらない」などきっぱり断ることが大切です。


避けるべき男性の特徴3. 家やホテルへ行きたがる

避けたほうが良い男性の特徴は家やホテルに行きたがる

男性のなかには、久しぶりの再会も会話を楽しむのではなく、あわよくばエッチできそうな女性を探している人もいます。

そんな男性は、「2次会は俺の部屋で飲まない?」「帰りは送るからもっと飲もうよ」など、明らかに下心みえみえな言動ばかり

こちらは会話を楽しみたいと思っていても、男性はワンナイトや体だけの関係を築ける相手を探しているのです。

しつこく誘われないように「彼氏がいるから」「あなたのことは恋愛対象じゃない」など、その気がないことをはっきり伝えましょう。

【参考記事】はこちら▽


久々に会う男性との出会いを大切にしよう!

久々の再会が素敵な出会いになるようコツを参考にしよう

男性と久しぶりに再会するとなれば、ちょっとはドラマティックな何かを期待するもの。特に、相手が好きな人や元カレだった場合、男性がどう思っているのか知りたいですよね。

久々の再会が素敵な出会いとなるように、久々の再会を控えている男性の心理や久しぶりに会った男性を落とすコツを参考にしてみてください。

たくさんの時間を経て、再び出会えた縁を大切にしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事