両思いなのに付き合わない男性心理とは?付き合う方法と諦め方を解説

気持ちが通じ合っていて絶対両思いって気づくはずなのに、付き合おうとしない男性っていますよね。今記事では、両思いなのに付き合わない男性の心理を解説すると共に、両思いでも諦めるべき男性の特徴を大公開!両思いだからこそ付き合いたい時にすべき対処法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

両思いなのに付き合わない男性っていますよね。

両思いなのに付き合わない男性心理

好きだとわかっているのになかなか付き合わない男性。どんな考えでいるのか悩みますよね。悩んではいるものの、しっかりと男性心理を分析できていないのも事実ではないでしょうか。

今回は、両思いなのに付き合わない男性の心理と理由、特徴を、13項目で徹底的に解説します。

あわせて対処法とNG好意についても詳しく紹介。気になる男性の本音や心理、対処法とは、どのようなものなのでしょうか?


両思いなのに付き合わない男性の心理とは?

お互いの雰囲気は良いのに告白されないと、「こんなに良い関係なのだから、告白してよ!」なんてやきもきしちゃいますよね。告白してくれない男性の心理がわかれば、もしかしたら状況が変わるかもしれません。

そんなあなたに、両思いなのに付き合わない3つの男性心理を解説します。どのような本音や心理が働いているのか見ていきましょう。


男性心理1. 今の関係性が心地良いと思っている

男性は最悪のケースを考えているため、なかなか付き合うことに踏み切れません。男性にとっての最悪のケースとは付き合ってみて上手くいかずに、別れて2人の関わりが変わってしまうこと。

お互いに仲の良い友達でいれば、カップルになって喧嘩をすることも別れることもないために、このままの関係でいるのがベストだという本音です。


男性心理2. いつ告白をしようかタイミングを伺っている

男性は友達として楽しくてお互いに信頼できる関係のために、告白して関係が壊れてしまうのが怖いのが本当の気持ちです。恋愛に積極的でない男性は、心地良い関係が長く続くと、このままで良いと考えてしまいます。付き合いたくない訳ではないのですが、告白を切り出すタイミングを逃してしまう結果に。

お互いが恋愛に積極的でないと、告白してカップルになるタイミングを逃してズルズルと時間だけが経過してしまいます。


男性心理3. 相手は自分が好きなのかまだ不安に思っている

男性は自信がないために、告白をするのか迷っている場合もあります。なんとなく相手の仕草で好きなのは伝わっていますが、こんな自分を本当に好きなのか確信が持てません。そんな状態で告白をして振られてしまったら、これまでの関係が保てなくなります。

男性自身は大好きであっても、自分に自信がないので告白できない可能性が高いです。

【参考記事】はこちら▽


両思いだけど付き合わない男性の理由8つ

お互いの気持ちは好きだとわかるのに、なかなか進展しない恋の状況。どうして付き合わないのか、男性の気持ちがわからないですよね。

そんな男性が付き合わない理由がわかれば、対処の仕方がわかるはず。そこで、両思いだけど付き合わない男性が考えている8つの理由を解説します。


理由1. 付き合って別れてしまうのが怖いから

人に限らずに大切なものは失いたくないと考えますよね。男性の気持ちが本気であるために、付き合うのが怖くて臆病になっているのです。大切なものを失ってしまった状況を想像してしまうと、思い切った行動が取れずに大事にしまっておきます。

しかも今回の大切なものは、この世に2つとない大好きな女性。失ってしまう恐怖に耐える自信がないのです。


理由2. 仕事が忙しくて、恋愛に使える時間があまり確保できないから

男性は2つのことを器用にこなせないため、彼女を不安にさせるのが怖く感じています。女性は複数のことを器用にこなしますが、男性は仕事なら仕事、恋愛なら恋愛とどちらか1つにしか集中できません。たくさんの業務をこなし忙しい日常を送る男性は、彼女に構う時間が取れるのか心配です。

たとえ好きだとしても、大きな不安が頭をよぎって付き合えずにいます。


理由3. 転勤など、これから遠距離恋愛であまり会えなくなるから

いくら信頼している女性だとしても、男性だって離れていれば不安を覚えます。女性と連絡が取れなければ、何かあったのか、他の男性と遊んでいるのか男性は不安です。大丈夫だと自分に言い聞かせても、なかなか拭えないのが恋愛の不安。

男性は職場で遠距離になってしまうなどの理由で不安を感じるくらいなら、付き合わないのが良いと考えている可能性が高いです。

【参考記事】はこちら▽


理由4. 好きだけど、付き合うのは面倒くさいと思っているから

正直に言うと男性は、付き合ってからのやらなきゃいけないことが面倒な性格。男性は、毎日連絡したり、仕事が忙しいのに会ったりするのが億劫です。付き合ってしまうと男性の時間が縛られてしまうのが嫌で、ズルズルと時間だけが経過しています。

付き合ってからのやり取りが億劫なことが原因で、気持ちは好きなのに付き合うまでは発展させたくありません。


理由5. まだまだ遊びたいから

男性は基本的にモテたい願望が強い傾向にあります。付き合ってしまうとその女性にこだわらなければならないのが世の中の流れです。そんな流れに飲まれるくらいなら、1人のままでたくさんの女性と恋愛を楽しみたいのが男の本音。

男性はそんな世の中の一般的な常識の縛りが面倒に感じて、女性と付き合うのを考えてしまいます。


理由6. 既に結婚しており、不倫になってしまうから

男性と女性がお互いに惹かれ合っていても、決して付き合ってはいけないのが世の中のルールです。男性がルールを破って付き合ったとしても、バレてしまったら全てを失うなんて最悪の結末は避けたいはず。

お互いの心の中に好きという気持ちがあるのは問題にはなりませんが、もうこれ以上関係が進展することはありません。


理由7. 友達期間が長すぎて告白するタイミングを見失ってしまったから

これまでずっと友達の関係であった異性なのに、いきなり恋人に昇格するのは何かしらのきっかけがないと難しいです。仮に男性から告白したとしても、友達という関係さえも崩してしまうかもしれない、なんてと考えると怖くなりますよね。

男性はお互いに長い期間友達でいたために関係が進展しないで、付き合うタイミングを逃してしまったのです。


理由8. 恋愛に対して奥手な性格で告白してくれるのを待っている

最近は草食系の男性も多くなっているために、自分から進んで付き合うように行動するのが苦手です。男性は女性のことは好きですが、これまでの心地良い関係で満足していて新しい関係に進展させる気持ちがありません。

女性のことを好きだという気持ちはあるのですが、現状キープのこのままで良いというのが草食系男子の心理です。


いくら両思いでも諦めた方が良い男性の特徴

好きな男性と両思いということがわかれば、「自分からアプローチをすれば付き合えるのではないか?」と思う女性は多いでしょう。

しかし、世の中にはいくら両思いだとしても関係を発展させない方がいい人もいます。そこで今回は、両思いでも諦めたほうがいい男性の特徴を2つ紹介します。好きすぎて歯止めが効かなくなる前に、自分から次の恋を探しに行きましょう。


特徴1. 既婚者で家庭を持っている

男性はできるだけたくさんの女性と付き合っていたくて、ただ関係を引き伸ばしたいのが本音です。もう少し待てば状況が変わるといっているだけで、男性は家庭を手放す勇気も、気持ちもない人がほとんど。複数の女性と付き合っているのがステータスだと勘違いしている人もいます。

どれだけ女性が待ったとしても結果はハッピーにならないため、いっそのこと自ら諦めるのが賢明です。


特徴2. 遊び癖がひどく、付き合っても平気で浮気しそうな男性

女性にモテたい願望が強くて、いくつになっても遊び癖が抜けない男性もいます。女性が自分のことを好きなのがわかっているので、浮気をしても結局は許してくれると男性は考えています。最後に戻るのは許してくれる女性だと言いはりますが、結局男性の気になる視線は他の女性。

都合の良い女となる可能性が高いので、いくら好きだとしても付き合わないのが無難です。

【参考記事】はこちら▽


両思いなのに付き合わない男性への上手な2パターンの対処法

なかなか進展しない男性との関係。さすがに「何とか対処法をとらなければ」と焦ることでしょう。好きなのに付き合えない男性への対処には、「付き合う方法」と「諦める方法」の2つのパターンがあります。

ここからは2つのパターンを3つの項目にわけた対処法の解説をしていきます。


パターン1. 両思いなのに付き合わない男性と付き合う方法

どうしたら両思いの男性と付き合えるようになるのでしょうか。なかなか解決策が見つからないと一人で悩んでいませんか?

そこで、両思いの男性と付き合えるようになる3つの方法を解説します。


付き合い方1. 相手が今は付き合うタイミングではない場合、落ち着くまで待ってあげる

男性なりに付き合う時期を見定めていて、時が来たら告白しようという人もいます。好きな女性が大切であるほど、男性は真剣に付き合う手順を考えていて、なかなか告白まで至らないと想像できますよね。そんな男性の気持ちをくんであげましょう。

男性に付き合えない理由がある可能性が高い**ため、焦らずに都合に合わせるのが良いでしょう。


付き合い方2. 「彼氏欲しいな〜」とさり気なくアピールして、男性から告白してもらう

これまでずっと友達の関係であった女性に告白するのは、男性からするとすごく勇気が必要です。女性が男性のことを好きでいてくれるのは感じていますが、やっぱり改めて告白するのは怖気づいてしまいます。何かきっかけさえあればと悩む男性も。

長い期間友達でいたため、男性は何かきっかけとなることを待っている可能性があるのです。


付き合い方3. 奥手な男性の場合、思い切って自分から告白してみる

恋愛は流れに任せるのが基本であって、自分から仕掛けられない男性です。男性は悩んでなんとかしようとしても、正直告白の仕方がわかりません。

どうしても答えが出ない悩みのために「いっそのこと女性から告白してくれれば」なんて男性は考えたりもするのです。

奥手な男性は女性からのアプローチを喜んで受け入れるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


パターン2. 両思いの男性を諦める方法

いつまで経っても煮え切らない男性の気持ち。もうキッパリ忘れたい、なんて人もいるでしょう。自分で色々試してみたけれども、なかなか上手くいかないあなた。ここからは男性のことをすっぱりと忘れられる3つの方法を紹介します。


諦め方1. 仕事や趣味を充実させて、恋愛のことは考えないようにする

暇な空き時間は、好きな男性を考えてしまう時間が多いでしょう。時間を忘れてしまうほど職場や趣味を利用して他のことに熱中すると、男性のことが頭から離れやすいです。思い出を忘れるには時間が必要で、ただ時間が経つのを待っていては不意に男性を思い出してしまいます。

男性を思い出さないように職場や趣味のスケジュールをいっぱいにして、空き時間を作らないのが上手に忘れるコツです。


諦め方2. 合コンや飲み会など、出会いの場へ足を運んで次の恋を探す

新しい出会いは男性を忘れられる最高の方法。残り続けてしまう男性の記憶を、新しい出会いで塗り替えてしまえば良いのです。日常でも何かしらの変化をつけないと、男性を好きだという心はなかなか変わってくれません。

考え込んでしまう日常に変化をつけるために、新しい出会いを求めて行動するのも彼を忘れる対処法として効果的です。


諦め方3. すっぱり忘れるなら、思い切って連絡先を消してみる

煮え切らなくて付き合えない男性であっても、好きな気持があるとどうしても名残惜しく感じてしまいますよね。でも、これまでもそんな男性に期待し続けて、苦しくてたまらなかったはず。

カップルになれない環境ではいつまでも忘れられないので、男性の連絡先を消して強制的に新たな道に進んでみてください。


両思いなのに付き合おうとしない男性へやってはいけないNG行動

友達だけれども付き合っているのも同然。こんな勘違いをしていませんか?この勘違いは男性との間で、取り返しのつかない状況に追い込む可能性があります。

そこでここからは、男性が付き合おうとしてしないのに、やってはいけない3つのNG行動を解説します。


NG行動1. 相手が既婚者と判明しても、ずるずると曖昧な関係を続けてしまう

結婚しているのを隠していた男性は、これまでもこれからも女性を騙すことを平気でするのです。男性が何を言ってきても相手が既婚者だとわかったら、即関係を断ち切る勇気が必要になります。男性はこれまでにいくらでも結婚していると打ち明ける機会があったはずです。

機会があったのに意図的に隠していたのですから、この先も明るい未来はないと思いましょう。


NG行動2. 今は男性側に付き合う意思がないのに、無理に交際を迫ろうとする

男性が付き合わないのは何かしらの理由があるためです。仕事で遠距離になってしまうなどの理由も考えずに女性目線の考えを押しつけてしまうと、良好だった関係も一気にクールダウンする可能性があります。相手を気遣う気持ちがあれば、強引な申し入れはしないはずです。

焦る気持ちもわかりますが、男性の状況を受け止めてあげる気遣いがなければ気持ちは離れてしまいますよ。


NG行動3. 付き合う前から相手を干渉したり、束縛したりする

男性は基本的に押さえつけられるのを嫌う傾向があると覚えておきましょう。どんなにお互いの気持ちが好きだとわかっていても、付き合う前から女性が過度に干渉したり、束縛したりするのは男性の気持ちを離れさせる原因となります。

付き合う踏ん切りがつかない男性は、1人の時間が必要な状況である可能性が高く、その状況を邪魔する行動は嫌気を覚えさせるだけです。


両思いなのに付き合わない男性の心理を見抜いてくださいね。

ここまで、両思いなのに付き合わない男性の心理と理由、特徴を13項目で解説してきました。あわせて対処法とNG好意についても詳しく紹介しています。男性がなかなか付き合おうとしない状況が続くのは、とても不安になりますよね。

お互いに好きなのがわかっているのですから、気持ちは前向きに。また、仕事で遠距離になってしまうなどの理由がなく、納得できなければ身を引くタイミングは逃さないようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事