社内恋愛のきっかけ10選|職場恋愛中の男性心理&脈ありサインも紹介

好きな男性が会社にいる場合、社内恋愛に発展するきっかけって何があるか気になりますよね。そこで今回は、好きな人と社内恋愛に発展するきっかけから、職場恋愛をする時の男性の心理、男性の脈ありサインを大公開!また、社内恋愛の注意点や付き合うまでの流れも解説していきます。

社内恋愛に発展するきっかけって何か知りたい女性へ。

社内恋愛のきっかけ10選

学生時代と比べて社会人になると出会いの機会が少なくなりますので、会社や仕事も誰かと出会う大切な恋愛のきっかけになりますよね。

同僚から先輩、上司に至るまで社内恋愛に発展するきっかけが気になる人も少なくないでしょう。

そこで今回は、社内恋愛に発展するきっかけに加えて、職場恋愛中の男性心理、付き合うまでの流れやきっかけ作りを徹底解説します。


社内恋愛に発展する10個のきっかけ

会社での出会いがお付き合いや結婚のきっかけになる場合も多く、社内恋愛は社会人にとっての恋愛機会の一つです。

とはいえ、ただ一緒に仕事をしているのではなく、社内恋愛に発展するのはきっかけがありますよね。

まずは、社内恋愛に発展する主な10つのきっかけを見てみましょう。


きっかけ1. 会社の研修

会社の研修で普段の仕事では接触しない人と接する機会を得ると、意外と馬が合って意気投合するなど、社内恋愛に発展する可能性があります。

研修内では、一緒に講義を聞いたり、ワークをしたりと知らない人同士でも接触する機会がたくさんあります。今まで知らなかった人と社内恋愛に発展するきっかけになることがありますよ。


きっかけ2. 社員旅行

社員旅行は、会社の行事とはいえ半分プライベートなイベントでもありますよね。

普段と違った一面を見るきっかけにもなりますし、離れているとはいえ同じ屋根の下で寝泊まりするため、社内恋愛に発展しやすい要素もつまっています。

社内恋愛を通じて普段接している同僚や上司でも、普段とは違った一面を見ると、その人に意外性や新しい魅力の発見に繋がり、社内恋愛に発展するきっかけにもなるでしょう。


きっかけ3. 飲み会

人はお酒が入るとより感情的になり、楽観的になったり怒りっぽくなったりしますよね。会社の人間関係を円滑にする上で、飲み会が催されることも多いでしょう。

飲み会は、より本音で話すきっかけになったり、普段は接しない人と近くで話す機会に恵まれたりもします。

お酒の席で話して意気投合したり、帰り道が一緒で仲良くなったりと、飲み会にも社内恋愛に発展するきっかけがたくさんありますね。


きっかけ4. 仕事の相談

仕事の上で困ったことがあったり、人間関係で悩んだりすると、先輩や上司に相談することもあるでしょう。

相談を通じて、相談相手の人間的な魅力を発見することがあります。

自分の相談に親身になって乗ってくれる優しさに気づいたり、仕事のアドバイスを的確にしてくれる頼りがいや能力の高さを発見したりと、仕事の相談を通じて社内恋愛に発展することも珍しくありません。


きっかけ5. 新入社員への一目惚れ

人を好きになる理由は性格などの内面的な要素もありますが、第一印象も重要な要素の一つ。

第一印象が自分の好みにぴったりだと、そのまま社内恋愛のきっかけになることも少なくありません。

お互い新入社員で初めて会った時や、異動や転職などで新しく入った社員への一目惚れなどが該当しますよ。特に新入社員は初々しさも感じて年下男子の可愛らしさから、好きになってしまう女性もいますよね。


きっかけ6. 転職

普通に接していた同僚や先輩、上司が好きだった気持ちに気が付いた時も、社内恋愛に発展するきっかけの一つです。

相手または自分が転職する、異動や転勤が決まるなど、別れをきっかけに寂しさを感じ、実は好きだった気持ちに気づく人も多いですよね。

別れをきっかけにお互いの気持ちを確かめ合い、社内恋愛に発展するきっかけとなるでしょう。


きっかけ7. 一緒のプロジェクトを遂行するなど、多くの時間を共有した

一人の人と一緒に過ごす時間が多ければ多いほど、その人の内面的な性格や考え方に触れる機会が多くなり、魅力に感じたり好きになるきっかけになったりしますよね。

会社でも営業とアシスタントでパートナー同士になったり、一緒のプロジェクトを遂行する機会があります。

自ずと一人の人と同じ時間をたくさん共有する機会があると、親密度が高くなるだけなくお互いの魅力の発見に繋がり、社内恋愛のきっかけとなるでしょう。


きっかけ8. 相手が先輩で仕事の指導をしてくれたこと

同僚や先輩、上司といった職場仲間としての目線ではなく、異性としての魅力に気が付いた時も職場恋愛に発展するきっかけになるでしょう。

例えば、先輩が仕事の指導をしてくれた場合は、男性としての頼りがいがあるところや、優しさに気づき、異性として意識してしまう女性も少なくありません。

異性として意識をすれば、一気に好きと言う気持ちが高まるため、職場恋愛のきっかけにもなりますね。


きっかけ9. プライベートのOFFモードを見た時にギャップ萌えした

普段のその人のイメージを良い意味で覆すギャップを感じると、ギャップ萌えとして恋愛対象に見るきっかけにもなりますよね。

例えば、オフィスでは真面目で面白みがなさそうな人が、プライベートでは実は饒舌で多趣味だと分かったら、より面白そうな人だとギャップ萌えして興味が出ますよね。

会社で見る顔とプライベートの顔にギャップ萌えするのも、職場恋愛のきっかけになるでしょう。


きっかけ10. 他部署も合同のレクリエーション

同じオフィスにいるものの、他部署で普段接したことがない人と接したところ、初対面でも気が合ってそのまま社内恋愛に発展するパターンもありますよね。

他部署の人とのランチ会や飲み会、合同のレクリエーションなど、普段接しない人を身近に感じる社内のイベントや行事も、社内恋愛のきっかけになることがありますよ。


職場恋愛をしている時の男性心理

職場恋愛に発展するきっかけは豊富にあるのが分かりました。発展した後は、男性は職場恋愛をしている時にどんな心理を持っているかが気になりますよね。

ここからは、実際に職場恋愛をしている時の男性心理を4つご紹介します。


男性心理1. 好きな女性のことばかり考えて、仕事どころじゃない

男性は本能的に好きな女性は他の男性には絶対に渡したくない、独占欲や加護欲を持っています。

特に同じ会社に勤めている女性と進める職場恋愛の場合は、彼女に近づく男性がいないかどうか気になって仕方がないでしょう。

彼女が他の同僚と親しくしていないかなど、気になってしまって仕事どころでなくなってしまう男性心理もありますよ。


男性心理2. 早くお昼になって一緒にご飯食べたい

男性にとっては仕事は戦場でもあり、自分の能力を持って戦う大切ば場所ですよね。たとえ社内恋愛をしていても、バレることや人前ではイチャイチャするのを避けたい男性は少なくありません。

そんな男性が注目するのが、お昼のランチタイム。大好きな女性と会社で堂々と接する貴重な時間になります。

一緒にご飯を食べたい、休憩時間に話がしたいなど、彼女に堂々と接する時間が待ち遠しい男性心理が働いていますよ。


男性心理3. 隣の席になって一緒に仕事したい

仕事中でも好きな彼女を見守りたい、他の男性が近づかないようにしたい、という男性心理から、できるだけ彼女の近くに行きたいと考える社内恋愛中の男性も多いでしょう。

オフィスのデスクの位置が固定ではなく毎日好きな場所で仕事ができる、または席替えがある場合は、彼女の隣の席になりたいと思う男心が働いてしまうのです。


男性心理4. 好きな女性に頼ってもらいたい

男性は好きな女性に男性としての頼りがいや優しさを見せることで、男性としての自信にも繋がります。

プライベートのデートでリードするのはもちろん、社内恋愛なら仕事の相談や手助けなどで頼りにされたい、という心理を持つことが多いでしょう。

仕事の面でも頼りにされることで、より好きな女性に自分の男らしさや頼りがいを見せたい男心がありますね。


見逃さないで!職場恋愛をしている男性の8つの脈ありサイン

既に会社に気になる男性がいるのなら、ぜひ職場恋愛に発展させるきっかけ作りがしたいですよね。

まずは、男性が自分に脈ありなのかどうかを見極めなければいけません。

付き合うまでのきっかけ作りや、告白までのステップを知る上でも大切な、職場恋愛をしている男性の8つの脈ありサインをご紹介します。


脈ありサイン1. 仕事の失敗を何も言わずにフォローしてくれる

男性は自分の利益にならない合理的な考え方を持っている人も多いです。たとえ失敗した人が周りにいても、自分の大切な人や仲間でなければ助けようとしないでしょう。

もしも自分の失敗を何も言わずにフォローしたり、困っている時に手伝ったりしてくれる男性がいれば、好意を持ってくれている証拠。自分への脈ありサインと考えて良いですよ。


脈ありサイン2. 二人で食事に行こうと言ってくる

男性は気になる女性がいれば、職場だけでなく二人の距離を縮めるためにプライベートの時間も共有したいと考えるでしょう。

プライベートの時間を共有すれば、職場の誰とも持っていない二人だけの思い出作りや、意外な一面の発見にも繋がりますよね。

二人きりの食事の誘いや、会話からの遊びに行く誘いなど、プライベートでも会おうとしている時は、脈ありサインの一つです。


脈ありサイン3. 飲み会で隣の席に座りたがる

職場のイベントとはいえ、半分プライベートでもあり、お酒が入ることから本音が出やすい飲み会は、異性同士の距離を近づけるきっかけの場としても最適ですよね。

お酒の席で意気投合する、そのまま二人だけで二次会に行く、帰りは送っていく、など、飲み会で距離を縮めるきっかけを探している男性もいるでしょう。

飲み会で隣の席に座って、接触する機会を増やして距離を縮めようとしてくるのも、脈ありサインの一つ。好きな女性と話したいからこそ出るサインなのです。


脈ありサイン4. 二人っきりの時に恋愛事情を聞いてくる

男性が女性に対して好意を持っていると、告白して良いかを見極めるために好きな人や彼氏の有無が気になるところですよね。

付き合うまでに脈ありサインを送っていいか、告白して良いかを知るために、恋愛事情を聞いてくるのも脈ありサインの一つ。

さらに、男性は職場恋愛を周りにばれるのを嫌うため、二人きりの時に恋愛事情を聞いてきたら冗談ではなく本気の可能性が高いでしょう。


脈ありサイン5. 出社や退勤のタイミングを合わせてくる

好きな女性がいて、社内恋愛に発展させたいと思ってもなかなか話しかけにくいことがありますよね。

付き合うまでのきっかけ作りとして、自然に会話ができる状況を作りたいと考えるでしょう。

出勤時や退勤時に偶然会えば、挨拶もできてそのまま会話につながるきっかけ作りにもなります。さらに退勤時ならそのまま飲みや食事に誘うこともできますので、タイミングを合わせようとしているのは好意があるからと考えられます。


脈ありサイン6. 目を合わせてくる

男性は本能的に、好意や興味のある人を視線で追いかける特徴があります。

もしも仕事中で離れた場所にいても目が合うことが多いなら、女性に好意を持っているためついつい視線で追いかけてしまうから。

会話中など至近距離で常に目を合わせてくるのはもちろん、仕事中でも頻繁に目が合う機会が多いなら、男性からの脈ありサインと受け取りましょう。


脈ありサイン7. 他の女性と態度が違う

男性は好意を持っている女性に対しては、自分を特別視してほしいと思うでしょう。

他の人とは違う、異性として意識してもらうために、まずは自分が好きな女性に対して他の女性とは違った行動や態度をする人も少なくありません。

出張などで自分にだけお土産を買ってきてくれるなど、自分にだけする態度が増えたら、脈ありサインと思って間違いありませんよ。


脈ありサイン8. 頻繁に体調を気遣ってくれる

好意を持った女性のことは、いつでも気になってしまう男性も少なくありません。

「風邪に気を付けてね」など、頻繁に仕事の忙しさや体調を気遣ってくれるのは、男性の好意から来る脈ありサインの一つです。

仕事の面だけでなく、プライベートな面でも好きな女性を考えてしまうため、少し体調が悪い様子を見せただけで心配してしまうものなのです。

【参考記事】はこちら▽


社内恋愛を見極めたい方は、自分からデートに誘ってみて!

社内恋愛で男性の脈ありサインを見極めるのが難しい場合は、自ら行動を起こして脈のありなしを判断するのも有効です。

自分から男性に食事や飲み、デートに誘うのがおすすめですよ。誘いに乗ってくれたら、デート中での脈ありサインがあるか、2回目のデートの有無など、好意があるかどうかをしっかりチェックしていきましょう。


社内恋愛する際の4つの注意点

脈ありサインのありなしを判断し、いよいよ告白をするか受けたら社内恋愛がスタートします。

とはいえ、同じ会社の人と恋愛する上では覚えておきたい注意点も見逃せません。ここでは、社内恋愛をする上で覚えておきたい、4つの注意点を紹介します。


注意点1. 職場恋愛は周囲にばれる可能性がある

職場恋愛は、付き合う前と後で明らかに二人の態度や距離感が変わる、バレるのを避けるために隠しても雰囲気を醸し出してしまうなど、バレる可能性がたくさんあります。

周囲の人に付き合っているのがばれると、気を遣われたりお互い仕事中は変に意識してしまったりと、仕事面でも支障が出ることもあるでしょう。

社内恋愛はばれる可能性があるのを常に忘れずに、特に仕事中は気を引き締めて。


注意点2. 仕事中にイチャイチャしないこと

好きな人とはいつでも一緒にいたい、あわよくばスキンシップもしたいと考えますよね。

とはいえ、職場恋愛をしていて仕事中にいちゃつくのは社会人としてやってはいけないこと。周りにも悪い印象を与えてしまうでしょう。

仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切って、職場に恋愛の雰囲気を持ち込まないように、大人の振る舞いを心がけましょう。


注意点3. 恋愛に夢中になって仕事が疎かにならないようにする

周囲にばれることがないように振る舞えば、仕事中でもこっそり好きな人を想うのは問題ありません。

ただし、恋愛が仕事に影響するのは厳禁です。会社はあくまで仕事をして給与をもらう場所と言う意識を忘れずに。

社内恋愛中の彼氏とデートで喧嘩して職場でも険悪、相手を想いすぎて仕事が手に着かないなど、起きないようにしましょう。


注意点4. 仕事中と二人っきりの時は呼び方を変えること

社内恋愛を上手に進める上では、仕事中とプライベートを区切ってメリハリをつけるのが有効です。

仕事中は敬称で呼び合う、プライベートで二人きりの時は下の名前で呼ぶなど、仕事中とプライベートを切り替えられるルールを二人で作るのもおすすめですよ。

呼び方をしっかり変えておけば、周囲に職場恋愛がばれることなく、仕事は仕事と割り切れるでしょう。


最後に社内恋愛で男性と付き合うまでの流れをチェック!

会社で気になる同僚や先輩、上司がいればぜひ社内恋愛に持ち込みたいですよね。

最後に、きっかけ作りから告白、付き合うまでの社内恋愛を成功させるための流れを紹介します。ぜひ気になる男性と社内恋愛を進めるきっかけにしてくださいね。


ステップ1. まずは恋のきっかけから

会社で気になる男性がいれば、まずは相手の男性に自分のことを知ってもらわなければなりません

会社の飲み会やイベントなど、男性に近づけるきっかけがあれば上手に利用しましょう。

同僚や先輩、上司なら仕事の相談をしたり、一緒に仕事ができるプロジェクトに志願したりなど、社内恋愛に発展するきっかけ作りをするのが第一歩ですよ。


ステップ2. 仲良くなったら二人っきりのデートに誘う

気になる男性と近づくきっかけを経たら、徐々に会話や接触を増やして親しくなりましょう。

連絡先を交換できるくらい親しくなれたら、仕事ではなくプライベートの時間を共有しましょう。

二人きりでプライベートで会うには、デートのお誘いがおすすめ。デートを通じて距離を縮められるだけでなく、デート中の行動やその後のデートの誘いの有無でも、脈のありなしが判断できるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


ステップ3. 告白する

デートを重ねるなど、二人きりの時間を多く共有している、さらに男性からの脈ありサインも確実に受け取っているなら、告白に進みましょう。

もしも男性から告白のタイミングを見極めているような様子があれば、告白されるのを待っても構いません。

なかなか男性から告白されない時は、脈ありサインやタイミングを見極めて、自分から告白しても大丈夫。成功すれば、いよいよ社内恋愛がスタートしますよ。


ただしタイミングは選んで!

もしも自分から告白する時には、男性がプライベートでも余裕があったり、元気だったりする時に行うのが成功の鍵です。

男性が忙しい時や仕事で失敗してしまった時は、男性側も余裕がないため、告白しても失敗してしまうことがあります。

男性が大変な仕事が終わった、仕事で評価された時などを見極めて、絶妙のタイミングで告白をしましょう。

【参考記事】はこちら▽


社内恋愛のきっかけを作って、職場男性との恋に発展させてみて!

一日の大半を一緒に過ごす職場は、社内恋愛に発展するきっかけになるシチュエーションもたくさんあります。

出会い方は人それぞれですが、一緒に仕事をする人だからこそ覚えておきたい注意点にも気を付けるのが、社内恋愛を上手に進めるポイント。

もしも気になる職場の男性がいたら、脈ありサインや付き合うまでの流れを把握して、素敵な社内恋愛のきっかけを作ってみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事