一度OKした誘いを断る方法とは?波風立てずに穏便に断れる理由を紹介

一度OKした誘いを断る方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、一度OKした誘いを断る際のコツから、上手に断る方法まで詳しくご紹介します。一度は承諾したけれど、やはり厳しいと思った時の対処法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

一度はOKした誘いが厳しそうな場合は、すぐに断るのが礼儀

一度OKした誘いを断るコツとは

友達付き合いをしている中で、相手の誘いを一度はOKしたものの予定が変わったり気分が乗らなかったりして断りたい時もありますよね。

しかし、ぎりぎりで断ると相手のスケジュールに影響を与えたり、相手を傷つけたり不快な思いをさせたりする恐れがあります。

そんな時は、約束を守るのが無理だとわかった段階で相手に伝えるようにしましょう。

約束の日時より少しでも早く、厳しいと分かった時点で断りの連絡を入れることが今後のことを考えると賢明ですよ。


一度はOKした誘いを断る時のコツ|嫌な気持ちにさせない方法を紹介

断りの連絡を入れたいけれど、どうしたら悪い印象を持たれず相手を傷つけないようにできるのか知りたいですよね。

そこでここから、一度OKした誘いを断る上手なコツを紹介

相手への断りの連絡を少しでも穏便にすませて、今後も関係性を保つために必要な断り方の秘訣をぜひ参考にしてください。


一度はOKした誘いを断る時のコツ1. 明確な理由を伝える

曖昧な理由では相手も納得しづらく、嘘なのではないかと疑われてしまう可能性があります。

約束を断らなければならない明確な理由を、できるだけ分かりやすく伝えることを意識するのが大切です。

具体的な理由をストレートに伝えることで、相手にとっても自分にとっても余計な負担がかからずスムーズに話が進むでしょう。


一度はOKした誘いを断る時のコツ2. 理由を伝えた上で謝罪する

いかなる理由があろうとも一度は承諾した誘いを断ることは、大なり小なり相手に迷惑や負担をかけてしまうため、断る理由だけでなくきちんと謝罪の気持ちを伝えましょう。

また、謝罪と一緒に誘ってくれたことに対する感謝の気持ちも併せて伝えられるとGOOD。

明確な理由と一緒に謝罪や感謝の気持ちも伝えることで、相手への気遣いや思いやりを感じてもらいやすくなりますよ。


一度はOKした誘いを断る時のコツ3. 代替案を提示する

こちらの都合で一方的に断るだけだと、相手が不信感を募らせて今後の関係性にひびが入ってしまう恐れも。

相手と気まずくならないように、理由を伝えて謝罪した後にこちらから新たな提案をしてみましょう。

断りの連絡に加えて、「〇日なら大丈夫」「次はこちらから誘うよ」などといった代替案を出すことで、穏便に断ることができますよ。


一度はOKした誘いを断る際の理由|上手な断りのきっかけを大公開

一度OKした約束を断るのはやっぱり気を遣うもの。どのようにすれば相手を不快にさせないで上手く断れるのか知りたいですよね。

そこでここから、一度OKした誘いを上手に断るための口実を紹介

断りづらい約束も、状況に合わせた理由やきっかけを使えば穏便に断ることができますよ。


一度はOKした誘いを断る際の理由1. 体調が優れないから

人間誰しも体調を崩すことはありますよね。従って、一度OKした誘いを断る時にもっとも使いやすい理由です。

特に仕事場での誘いなら、業務に支障をきたす恐れがあるため、無理強いされたり嫌な顔をされたりすることはないでしょう。

「頭痛が…」「具合が悪くて…」「お腹の調子が…」などと具体的すぎず抽象的すぎないよう体調不良を伝えるのがおすすめですよ。


一度はOKした誘いを断る際の理由2. 急な仕事が入ったから

働いている人にとって、仕事は優先順位がかなり高いものです。

恋人や友人から遊びに誘われていても、「急に仕事が入った」という理由なら納得しやすいもの。相手も働いている人なら、なおさら効果的な理由となるでしょう。

「本当は行きたいけれど仕事だから…」と残念そうに言えば、相手を不快にさせない断り方となりますよ。


一度はOKした誘いを断る際の理由3. 家庭の事情があるから

プライベートな家庭内事情は、他人にとって踏み込みにくい場所でもあります。

職場の上司や先輩からの飲みの誘いや会社での集まりなど、こちらの家庭事情に詳しくない人が相手だった場合に使える理由です。

「家族の体調が悪くなって」「親戚が入院してお見舞いに行かなければいけない」「留守番を頼まれて」など。一度OKした誘いを断る時に、干渉しにくい家の事情を理由にすることで相手に「仕方ない」と思わせることができますよ。


一度はOKした誘いを断る際の理由4. 仕事が終わるのが遅いから

約束当日やぎりぎりで断りたくなった時は、予想外の出来事が比較的多く起こりやすい仕事を理由にしましょう。

職場以外の人との約束当日に「残業を頼まれた」「仕事が予定よりも押して行けそうにない」と言えば、ぎりぎりすぎて断りづらいタイミングでも「仕事ならしょうがない」と相手が思いやすくなります。

進捗状況や業務内容が分かりにくい仕事を断るきっかけにすれば、大抵の人は「大変だね」「頑張って」と逆に励ましてくれるはずです。


一度はOKした誘いを断る際の理由5. 冷静に考えて厳しいと思ったから

その場のノリで一度OKした約束を後悔する時もありますよね。

上司や先輩から新たな仕事を頼まれたりあまり合わない友人に誘われたりしたけれど、やはり気が進まないという時は「熟考した結果…」と切り出しましょう。

しかし「気が乗らないから」という正直すぎる理由だと、相手を傷つけたり信用を失ったりしてしまいます。

スケジュールの都合が合わないなどいろんな要素を考慮した上だと伝え、なるべく穏便に断るようにするのが大人の嗜みですよ。


一度OKした約束を断る時は、誠心誠意対応しよう。

一度OKした約束は、どうしても断りづらいものです。相手や状況に合わせた断り方をしないと、今後の人間関係に亀裂が入ってしまう恐れが。

そのためにもなるべくあとから誘いを断ることがないようによく考えて結論を出すのがベストです。

一度OKした誘いを断る時は今後の関係に影響が出ないような上手な断り方を心掛けましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事