異性から遊びに誘われた時の断り方とは?相手を不快にさせない言い方を紹介

異性からの遊びの誘いを上手く断る方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、異性からの誘いを断る際の注意点から、上手な断り方まで詳しくご紹介します。相手を不快にせず断るコツを知りたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

異性からの遊びの誘いを断る際の注意点とは|気をつけたいポイントを解説

異性からの遊びの誘いを断るコツとは

恋人ではない異性からの遊びのお誘いがあった時、穏便に断るのって、女性でも男性でも難しいもの。

誘ってくれた相手を不快にさせないで、上手く断るには、一体どうしたら良いのでしょうか?

まずは、異性からの遊びの誘いを断る際の注意点や気をつけたいポイントについて、一つずつチェックしていきましょう。


異性からの遊びの誘いを断る際の注意点1. 曖昧な返事をしない

遊びの誘いに、最初から行く気がないけど、相手を傷つけないようにと、ふんわり曖昧な返事をするのは、絶対にダメ。

「金曜の夜かぁ。打ち合わせが夕方にあるから、それが早く終わったら行けるかも。」

などと、相手に期待を持たせるような言い方では、断った事にはなりません。

相手が真意に気が付かず、延々と待ちぼうけを食らわせてしまう可能性大。

今後の友達関係にもヒビが入りかねないので、遊びの誘いを断る時は、できるだけ曖昧な返事をしないようにしましょう。


異性からの遊びの誘いを断る際の注意点2. 失礼な断り方をしない

「友達としてもっと仲良くなりたい。」「できれば付き合いたい。」など、遊びの誘いをしてくるという事は、何らかの好意があるという事。

好意を持ってくれている相手に対して、不快な思いをさせるような断り方は避けるのがおすすめです。

「え?なんで会うの?会って何するの?2人だけとかつまんなくない?」

などと、相手の好意を踏みにじるような断り方は、相手に嫌な思いをさせるだけでなく、「めちゃくちゃ失礼なやつ!」と悪い印象を植え付けてしまいます。

相手によっては、その悪い印象を共通の友達などに言いふらされる事もあるので、くれぐれも失礼な断り方はしないようにしましょう。


異性からの遊びの誘いを断る際の注意点3. 感謝と謝罪を忘れない

遊びの誘いをしてくれた異性と、今後も良好な関係を続けていきたいのあれば、相手を傷つけない断り方をするのがマスト。

最初から、断る気満々であったとしても、遊びに誘ってくれた事に対する感謝と、その誘いを断ることへの謝罪はしておきましょう。

「誘ってくれてありがとう。でも、その日は既に予定が入っているんだ。ごめんね。」

などと、丁寧に断る事で相手の気持ちを傷つけないだけでなく、相手からの印象も大きく変わりますよ。


異性からの遊びの誘いを断る方法とは|上手な断り方を大公開

異性からの遊びの誘いは、男性であれ女性であれ、その真意を思わず勘繰ってしまうもの。

「なんで、遊びに誘ってくれたんだろ?デートのつもりなのかな?好みじゃないし、どうやって断ろう?」

などと、断り方一つで相手との関係性も変わってしまう可能性もあるので、困ってしまいますよね。

では、一体どうしたら、異性からの遊びの誘いを上手に断れるようになるのでしょうか?

ここからは、異性からの遊びの上手な断り方を一つずつチェックしていきましょう。


異性からの遊びの誘いを断る方法1. 仕事が休めないと伝える

社会人になり働くようになると、プライベートより仕事の方が優先になりがちです。

誘ってくれた相手に対して好意がないし、サクッと断りたいけど、下手に傷つけたくない場合、仕事を理由にするのがおすすめです。

「誘ってくれてありがとう。でも、今月はずっと休日出勤が続いてて、今度の土日も仕事なんだ。ごめんね。」

などと、仕事が忙しくて断るだけで、決して相手の事が嫌いなわけじゃないと、断りましょう。

仕事が理由であれば、「仕事なら仕方がないね。また、仕事が落ち着いた頃お茶でもしようね。」と、スムーズに受け入れてくれますよ。


異性からの遊びの誘いを断る方法2. 恋人(パートナー)がいるからと伝える

誘われた遊びの内容が、明らかにデートっぽい感じな時もありますよね。

そんな時は、既にデート相手がいる事を伝えてしまうのもおすすめです。

「〇〇君と出かけちゃうと、彼氏に浮気だと勘違いされちゃうからごめんね。」

などと、恋人の存在をアピールする事で、大抵の人は引き下がってくれます。

また、「デートじゃないから大丈夫だよ!」と、しつこく誘ってくる場合は、恋人も交えて3人で遊ぼうと逆に提案して相手の気持ちを萎えさせるのもおすすめですよ。


異性からの遊びの誘いを断る方法3. 先約があることを伝える

遊びに誘ってくれた相手が、同じ職場の同僚だったり、よくLINEなどをする友達だったりする場合、上手く断るのは至難の業。

そんな時は、「たまたま偶然誘ってくれた日時に先約が既にある。」と断るのがおすすめ。

「ごめん。その週末は従姉妹が地元から遊びに来るから、色々案内する約束してるんだよね。」

などと、既に予定が埋まっているため、絶対に遊べないとアピールしましょう。


異性からの遊びの誘いを断る方法4. まだスケジュールが読めないと伝える

ふんわりと優しく誘いを流してしまいたいのであれば、スケジュールが分からないことにしてしまいましょう。

相手が女性であれ男性であれ、今後も遊びの誘いにのるつもりはないけど、完全に関係を断ち切るのもしたくない場合におすすめです。

「今仕事が忙しくて、ホント直前にならないと予定が分からないんだよね。だから、予定が分かったらこちらから連絡するよ。ごめんね。」

などと、誘いを断らず無期延期してしまうのです。

ポイントは、「分かり次第こちらから連絡する」と、お誘いの主導権を強引にとってしまう事。

相手を傷つけず、それ以上のお誘いが来ないようにコントロールできますよ。


異性からの遊びの誘いを断る方法5. 今は忙しいと伝える

今忙しくて遊べないという理由で断ると、「誘ってくれて嬉しい!」という気持ちをアピールできるので、お互いにギクシャクする事がありません。

この場合、一緒に遊びたいけど、遊ぶならちゃんと遊びたいから、もうちょっと待っててね。と優しく断る事が可能です。

「めっちゃ行きたい!けど、今すっごく忙しくて難しそう…。しばらくしたら落ち着くと思うから、そしたら、遊ぼう!」

と、若干テンション高めに断ると、相手の事を傷つけないのでおすすめですよ。


異性からの遊びの誘いを断る方法6. 体調が優れないと伝える

「今夜飲みに行かない?」「明日、カラオケ行かない?」など、直近のお誘いや急なお誘いを断りたい時、上手な言い訳が咄嗟に思いつかないもの。

そんな時は、「体調」を理由にするのが最も簡単な断り方。

「行きたいんだけど、昨夜からちょっとだるくて喉が痛いんだよね。風邪ひいたかも。だから、今夜は家でゆっくりしてるよ。ごめんね。」

などと、体調がすぐれないから、遊びに行く体力気力が無いことをアピールしましょう。


異性からの遊びの誘いを断る方法7. 家庭の事情があると伝える

家庭の事情であれば、しつこく誘いにくいので、サクッと手っ取り早く断りたい時にぴったり。

また、恋人や仕事を言い訳にできない場合でも、家庭の事情なら無理を言われにくいもの。

「ごめん。その日は、おばあちゃんちに行くから無理なんだよね。」

などと、軽く事情を説明しておけば、遊びの誘いを断りつつ家族を大切にしてる人と、さりげなくアピールできますよ。


異性からの誘いは、相手を傷つけないよう上手に断ってみて。

異性からの遊びの誘いは、その内容がなんであれ、相手の真意を探ってしまいますよね。

デートのつもりなのか?単なる友達として誘っているのか?

どちらにせよ、断り方一つで今後の関係も大きく変わってくる場合があるので、注意が必要です。

断る時は、相手を不快にさせず、相手のプライドも傷つけないよう上手に断る事が大切ですよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事