「話を聞いてほしい」と女性が感じる瞬間とは?誰かに話したい時におすすめの方法を解説

誰かに話を聞いてほしいと思っている女性へ。今記事では、話を聞いてほしいと女性が思う瞬間から、聞いてほしい時の対処法まで詳しくご紹介します。愚痴や悩みはもちろん、落ち込んでいるのを励ましてほしい時の対策も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

女性が誰かに話を聞いてほしいと思う瞬間とは?

shutterstock_1059280925.jpg

「今すぐ誰かに話を聞いてほしい!」

「自分一人でこの思いを抱え込んでいるのは、もう無理!」

女性が誰かに話を聞いてほしいと、切実に願うのは一体、どんなタイミングなのでしょうか?

まずは、女性が誰かに話を聞いてほしいと強く思う瞬間について、一つずつチェックしていきましょう。


女性が話を聞いてほしい瞬間1. 落ち込んでいる時

仕事で思わぬ失敗をしてしまった時や、うっかり誰かを怒らせてしまった時など、どうしても気分が沈んでしまいます。

「あ〜、やっちゃったなぁ。まさか名前呼び間違えるなんて。私のせいで契約ダメになったらどうしよう。」

など、落ち込んでる時は、その事ばかり考えて不安がどんどん大きくなってしまいます。

その不安を自分一人では抱えきれず、思わず誰かに話を聞いてほしいと願うのです。


女性が話を聞いてほしい瞬間2. 失恋をした時

大好きだった彼に振られた時や、片想いだった相手に好きな人がいると分かった時、自分の恋心は途端に行き場を無くしてしまいます。

「思い切って告白するタイミングをずーっと狙ってたのにさ。まさか結婚式の招待状を手渡しされるとは思わなかったのよ。」

などと、失恋の痛みや想いを誰かにぶちまけたくなるのです。


女性が話を聞いてほしい瞬間3. ストレスが溜まっている時

仕事やプライベートで、自分の思うようにいかずイライラが溜まってしまった時、そのイライラをどうにかして解消したいと思うもの。

しかし、溜まったストレスを趣味に没頭して忘れようとしても、趣味に割く時間がない場合や、そもそも没頭できるような趣味がない場合は、とりあえず、誰かに話してスッキリしたくなるのです。

「ねぇ、ちょっと聞いて。あの無能上司!また、打ち合わせの予定間違えてたのに、私のせいにするんだよ!私はあいつの秘書じゃないっつーの!予定管理ぐらい自分でしろよ!」

などと、溜まったストレスを愚痴として誰かに吐き出すことでイライラを解消したいのです。


女性が話を聞いてほしい瞬間4. 嬉しい出来事があった時

思い出すだけで思わず顔がニコニコと緩んでしまうような嬉しい事があった時、その嬉しい気持ちを自分一人で抱えているのは、なんだかもったいない!と思ってしまうもの。

「あのさ、今日ね。彼と付き合って1年目の記念日だったから、ちょっといいレストランに行ってきたんだけどさ、そこでプロポーズされちゃった!」

などと、嬉しい気持ちを誰かとシェアして、自分の幸せを再確認したいのです。


女性が話を聞いてほしい瞬間5. 悩みを抱えている時

自分一人では、どうしたら良いか分からないトラブルが発生した時や、解決策はないけど、自分の心のうちにしまっておくには少々大きすぎる問題に巻き込まれた場合など、とりあえず、誰かに話を聞いてほしいと思うもの。

「旦那のスーツのポケットから、市内のホテルの領収書出てきたんだけど?しかも、スイートルームってどういう意味?ルームサービスでシャンパンって、誰となのコレ?」

などと、大きなトラブルになりそうな悩みが発生した時も、とりあえず誰かに相談して、心を落ち着かせたくなるのです。


女性が話を聞いてほしい瞬間6. 寂しいと思った時

何気なくチェックしたSNSで、次々と流れてくる友達夫婦の楽しそうなお出かけの様子や、誕生日パーティーの写真、外出先でふと目に入った幸せそうなカップルや家族。

ついつい、自分の今の環境と比べて、寂しさを感じてしまった時、その寂しさを紛らわしたくて、誰かに話を聞いてほしいと思ってしまいます。

特に、自分にパートナーがいなかったり、パートナーがいても喧嘩中でギクシャクしていたりすると、この寂しさはより一層強くなるのです。


女性が話を聞いてほしい瞬間7. 純粋に暇な時

見たい番組もチェックしたいSNSも特にない時や、友達と遊ぶ予定も仕事もなくて、時間だけがただただ過ぎていくのを待っている時、その暇な時間をどうやり過ごすかつらつらと頭の中で考えてしまいますよね。

そして、その暇潰しの一つが誰かとのお喋りなのです。

「なーんか、暇だな〜。誰かかまってくれないかな〜。」

などと、とりあえず誰でもいいので暇つぶしに付き合ってほしいという心理です。


誰かに話を聞いてほしいと思った時の対処法は?

今のこのもやもやとした気持ちを誰かに聞いてほしい!

話のオチがあるわけじゃないけど、とにかく心のうちを誰かに吐き出したい!

強く誰かに話を聞いてほしいと思った時には、一体どのように対処するのが良いのでしょうか?

ここからは、誰かに話を聞いてほしいと思った時におすすめの対処法を一つずつチェックしていきましょう。


話を聞いてほしい時の対処法1. 友達や家族に連絡をしてみる

深く落ち込んでる時や寂しい時など、辛い気持ちを一人でずっと抱え込んでいるのはますます辛い気持ちが強くなるだけ。

そんな時は、親身になって話を聞いてくれそうな親友や家族などに思い切って打ち明けてみるのが最も効果的な対処法。

じっくりと話を聞いてくれそうな身近な人に、寂しい気持ちや落ち込んでる理由などを話すだけでも、気持ちはかなり軽くなりますよ。


話を聞いてほしい時の対処法2. 趣味に没頭してみる

誰かに話を聞いてほしいけど、打ち明けるタイミングが難しくて話がしづらい場合や、周囲に話を聞いてくれそうな人が見当たらない場合などは、別の何かに没頭してみるのもおすすめです。

孤独な気持ちや悩み事を考える暇がないぐらい趣味や仕事などに没頭すると、没頭している時間はマイナスな感情とも離れられますよ。

【参考記事】はこちら▽


話を聞いてほしい時の対処法3. SNSに投稿してみる

TwitterやInstagramなどで友達と繋がっている場合は、思い切って辛い気持ちや心の中で燻っているイライラを投稿してみるのも良いでしょう。

事情を全部書かなくても、何らかのリアクションをフォロワーから貰えるケースもあるので、気持ちもすっきり落ち着きやすくなりますよ。

しかし、あまりにも思わせぶりな投稿を繰り返したり、同じような内容を何度も頻繁に投稿すると、ただのかまってちゃんだと思われてスルーされやすくなってしまいます。

SNSに投稿するなら、程々にしておくのがおすすめですよ。


話を聞いてほしい時の対処法4. 精神的にキツイなら行政相談してみる

周囲に相談できそうな人がいない場合や、プライベートなことをSNSに書き込みたくない場合などは、厚生労働省が展開している電話相談窓口に電話をかけてみるのもおすすめです。

電話相談窓口は、大人だけでなく子供向けの窓口もあり、対応可能な時間帯や曜日も複数あるので自分一人で思い詰めてしまう前に、ぜひ、電話してみましょう。

公式サイトを見る


話を聞いてほしい時は、我慢しないで様々な方法を試してみて。

誰かに今すぐ話を聞いてほしいと思っても、タイミングが悪いと、親しい友人や家族とも話ができない場合があります。

そんな時に思い詰めすぎてしまうと、ますます辛い気持ちになってしまうだけ。

話を聞いてほしいという気持ちを上手に発散するためにも、没頭できる趣味を見つけたり、時には行政相談を利用したりして、自分なりの気持ちのコントロール方法を見つけておきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事