20歳差カップルでも楽しい!恋人関係を長続きさせる“幸せの秘訣”とは

20歳差カップルって、最近増えていますよね。とはいえ、否定的なイメージが強い人が多いのも事実。そこで今回は、20歳差カップルってアリなの?といった男女の意見から、年の差カップルのメリット/デメリットを解説。恋人との年齢差が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

20歳差カップルが幸せに暮らす秘訣をレクチャー

20歳差のカップル

年々増加傾向にある年の差カップル。中には年齢差が20歳以上でも幸せそうなカップルも珍しくありません。

20歳差のカップルというと地位も財力もある年上男性と若い女性というイメージがありますが、逆に女性の方が年上というカップルも増えてきています。

今回は男性、女性それぞれの立場から、20歳の年齢差のカップルを検証。年の差カップルであることのメリットやデメリットなどをご紹介していきます。


そもそも、年齢が20歳差もある人は恋愛対象になる?

年齢差20歳というと、親子ほどの年齢差です。年齢差が大きい場合、共通の話題や趣味などを見つけるのも難しそうですが、恋愛対象として見ることは可能なのでしょうか。ここからは、男性、女性それぞれの意見をご紹介します。


20歳年の差がある女性に対する男性の意見

20歳という年齢差のある恋愛に対して、男性はどのような意見を持っているのでしょうか。男女のどちらが年上なのかによっても意見が左右されるよう。

20歳以上の年の差のある女性に対して、恋愛対象に見れるか見れないか、男性の意見をまとめました。


恋愛対象に見れる男性の意見

年齢差の大きいカップルというと、年上の男性と年下の女性という組み合わせの方が一般的

20歳以上年下の若くて綺麗な女性が彼女になってくれるなら嬉しいという男性や、成功者の証のようで憧れるという男性もおり、肯定的に捉える男性が多いよう。40代の男性が20代の女性と結婚したり交際したりするケースは、そう珍しくもないですよね。

一方、年上の女性が好きという男性も少なからずいます。精神的にも経済的にも自立している大人の女性がかっこいい、年下の女性よりも安心して付き合えるという男性の意見もあります。


恋愛対象に見れない男性の意見

男性が年上でも、女性が年上でも、さすがに20歳差の年齢差があると恋愛対象として見られないという男性は多いよう。共通の話題も見つかりにくいし、キャリアやライフステージも当然異なります。

彼女にする相手は、いろいろなことを共有し合い一緒に成長していける、年齢が近い女性が良いという意見は少なくありません。

また、多少の年の差なら気にならないけれど、年齢差が20歳以上と大き過ぎると、「恋人や結婚相手として考えられない」と感じる男性もいます。


20歳年の差がある男性に対する女性の意見

20歳年上の彼氏や、20歳年下の彼氏との恋愛について、女性はどのような意見を持っているのでしょうか。結婚を視野に入れた恋愛の場合、子供のことや将来のことも気になるところ

20歳以上の年の差のある男性に対して、恋愛対象として見ることができるのか、女性の意見をまとめました。


恋愛対象に見れる女性の意見

男性が年上でも年下でも、好きになった男性の年齢はあまり気にしないという女性もいます。特に年上彼氏の場合は、人間的な経験値の大きさや、仕事で成功をしているという自信などから、熟成した男性的な魅力を感じる女性も少なくありません。

また、女性が年上の場合、年下の彼氏の若さや情熱が魅力的に感じるという意見もあります。恋愛相手に対して何を求めるかによって、20歳という年齢差の男性も十分に恋愛対象になるようです。


恋愛対象に見れない女性の意見

一方、5歳程度の年齢差ならまだしも、親子ほどの年齢の違う男性と付き合うのは、いろいろと難しい課題が多いもの。共通で盛り上がれる話題が少なかったり、何をするにも体力の差を感じてしまったりと、年齢のギャップが気になってしまうという意見もあります。

長く一緒に過ごすなら、年齢が近くて一緒に年を取っていける男性が好ましいと感じるようです。

【参考記事】はこちら▽


20歳以上年上の異性に、片思いした時のアプローチ法は?

20歳以上年上の異性に好意を抱いても、相手からは年下過ぎて恋愛対象として全く見てもらえないということが多いよう。

片思い中の年上の異性に対してはどんなアプローチが効果的なのでしょうか。ここからは、20歳以上年上の異性に片思いをしてしまった時のアプローチ法をご紹介します。


アプローチ法1. まずは連絡先を交換する

年齢差の大きい相手の場合、最初から恋愛相手として意識するよりは、友達や知り合いとしてスタートする方が自然です。20歳以上年上の気になる異性には、まずは連絡先を教えてもらいましょう。

年上の相手の場合はSNSやLINEを使っていないこともあるため、どんな連絡手段が取りやすいのか聞いてみるのも効果的。電話番号を聞く場合は、どの時間帯なら話しやすいのかも尋ねてみてください。


アプローチ法2. 積極的に食事やデートに誘う

連絡先を交換したとしても、年齢差が大きい場合は恋愛を意識した付き合いなのか、ただの友達としての付き合いなのかが読めず、戸惑っている場合があります。恋愛の初期はどちらが誘うかのような駆け引きなることが多いのですが、20歳以上の年齢差がある時は、直球勝負がおすすめです。

特に年上の男性の場合は、若い女性にからかわれているのではと感じることも多いよう。男性からの誘いを待つだけでは、いつまでも片思いのまま。女性側から積極的に食事やデートに誘ってみましょう。

積極的な態度を見せることで、恋愛対象として興味があるという意思を明確にすることができます。


アプローチ法3. 真剣な相談を持ちかけてみる

20歳以上も年上の異性は、人生経験が豊富です。仕事や人間関係の悩みなど、真剣な相談を持ち掛けてみてください。

年上の男性は若い女性に頼られたり、何かを教えてあげたりすることで、年上の男性としての自尊心を満たすことができます。自分の経験が役に立つという証拠なため、20歳以上年上であることをプラスに感じるようになります。


アプローチ法4. 相手が振り向いてくれるまで真剣に気持ちを伝え続ける

20歳以上の年齢差のある若い女性からアプローチをされても、多くの男性は真剣に受け止めてくれません。若い女性が綺麗で魅力的な女性であればあるほど、「おじさんをからかっている」、「一時の気の迷いだろう」と感じてしまうよう。

一度や二度のアプローチで相手にされなくても、諦めないことが大切です。後悔しないように、年上の男性に真剣さが伝わるまで根気よくアプローチをし続け、片思いから両想いになれるよう努力してください。


年齢が20歳差以上あるカップルのメリット/デメリットとは?

年齢差のあるカップルは世間の目が気になることもありますが、喧嘩をせずいつも仲の良いカップルも少なくありません。年齢差が20歳以上あるパートナートの交際や結婚には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ここからは、具体的なメリットとデメリットを詳しく解説していきます。


20歳差カップルならではのメリット

恋人に甘えられたり大きな喧嘩が少なかったりと、年齢差が20歳以上あるカップルには、同年代のカップルとは違った良さがあります。

早速、20歳以上の年齢差があるからこその3つのメリットをご紹介します。


メリット1. 年下の方が年上の恋人に甘えられる

20歳年上の恋人は、常に優しく見守ってくれる存在。同年代の恋人とは喧嘩をしたり、イライラさせられたりすることが多いという人でも、年上の恋人となら安心して付き合えるケースが多いようです。

特に年上の男性は父親のような包容力があり、経済的にも精神的にも頼りがいがあります。恋人に甘えるのが大好きな女性にとっては、年上男性にたっぷり甘えられるのが20歳差恋愛の最大のメリットと言えるでしょう。


メリット2. 言い合いや喧嘩が少ない

同年代の恋人同士の場合、意見が衝突して言い争いになったり、お互いへの不満をぶつけて喧嘩になったりすることがよくあります。

ところが、年齢差20歳カップルの場合、年下が理不尽なことを言ったり、わがままな態度を取ったりした時でも、年上の方が大人な態度で寛容に対応してくれます。

同年代の恋人同士と比べ激しい言い争いや喧嘩にまで発展することが極度に少なくなるのも、20歳差カップルのメリットです。


メリット3. 年上の恋人から人生に対するアドバイスをもらえる

自分よりも20歳以上も長く生きている彼氏や彼女は、人生経験豊富な大先輩です。仕事や人間関係などに悩んでいる時に、優しく悩みを聞いてくれるのはもちろん、自身の経験に基づいた的確なアドバイスをしてくれることも大きなメリット。

年上の恋人も、年下の恋人にアドバイスをして役に立つことを嬉しいと感じるため、一石二鳥です。

【参考記事】はこちら▽


20歳差カップルならではのデメリット

年齢差が20歳以上あることのメリットもあれば、当然デメリットもあります。親子ほどの年齢差がある恋人と付き合うと、同年代のカップルにはない問題も出てきます。

ここでは、20歳差カップルならではのデメリットをご紹介します。


デメリット1. ジェネレーションギャップを感じる機会が多い

20歳という年の差は、幼い頃に遊んだゲーム、学生の頃に流行った音楽や文化などに大きく表れます。好きだった芸能人やミュージシャンも、若い恋人にとっては「誰それ?」となることも。

また、若い世代と年上世代では考え方が違うのも当然。自分の世代が当然だと思っているルールが、年上世代には非常識ということも少なくありません。

年齢差のあるカップルの場合、そのようなジェネレーションギャップを感じやすいのはデメリットの一つと言えるでしょう。


デメリット2. 体力の差を感じる場面が多い

20代と40代、30代と50代では体力が違うのは当然。性生活での体力差もありますが、日常生活の中でも体力の差を感じることがあります。

アウトドアでのデートや旅行に出かけた時は、年上の恋人が疲れるのが早かったり、ホテルでまったりするのが好きだったりと、年下の方はエネルギーが余って物足りなく感じることも。特に年下の方が行動的なタイプの場合は、20歳差の恋愛は難しいかもしれません。


デメリット3. カップルや夫婦ではなく、親子に間違われる

20歳以上という年齢差は、親子ほどの年齢の違いがあります。年上の恋人と一緒にいる時に、親子に間違われて苦笑するという経験のあるカップルも少なくないでしょう。

自分達では年齢差を気にしなくても、世間一般的に見たら親子に見られるほどの年齢差だということを改めて感じ、特に年上の方はいたたまれない気持ちになってしまうかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


年齢は気にしない!20歳差でも恋愛関係を長続きさせるコツとは

20歳以上の年齢差があっても、好きになってしまったものは仕方がありません。年齢差を乗り越えて恋愛関係を長続きさせるためには、お互いどんなことに気を付けたら良いのでしょうか。

ここからは、20歳差の恋愛を長く続けるコツを伝授します。


長続きさせるコツ1. 性格や価値観の違いをお互いに尊重する

どんなに仲の良い恋人同士でも、考え方や価値観が全て一致するわけではありません。20歳以上の年齢差があるカップルなら、なおさらです。

育ってきた時代も環境も違うのだから、考え方や感じ方が異なるのは当然で、それを変えるのはなかなか難しいもの。

しかし、年下が合わせるべきという考え方や、年上の考えが時代遅れと決めつけるのはNG。お互いに性格や価値観の違いを認めた上で、その違いも含めた恋人そのものを受け入れ、尊重することが大切です。


長続きさせるコツ2. 日頃から密にコミュニケーションをとる

年齢差のあるカップルでは、多くの場合年上の方が責任の重い仕事をしていることが多く、年下の恋人に比べて多忙であることが少なくありません。

また、年上の恋人はテキストや電話などを使った細かなコミュニケーションが苦手な傾向にあり、連絡の頻度は年上より年下から多くなりがち

年上の恋人は、特に密なコミュニケーションをとることを努力して、すれ違いを防ぎましょう。

【参考記事】はこちら▽


長続きさせるコツ3. 常に若々しくいるための努力をする

20歳以上年下の恋人と釣り合う関係でいるためには、気持ちはもちろん外見も若々しく保つことが大切です。特に40代後半から50代にかけて、男性も女性もがくんと体力の衰えや老けが気になるようになるもの。

若い恋人の隣に立つと、あまりにも年齢差を感じるようだと、お互い気まずくなってしまいます。スキンケアに気を遣ったり、適度な運動をしたりして、若々しくいられる努力を怠らないようにしましょう。


長続きさせるコツ4. 二人で楽しめる趣味を見つける

年齢差カップルで気になるのが、余暇の過ごし方。アクティブに過ごしたい年下の恋人と、のんびりしたい年上の恋人など、なかなか意見が合わないこともあります。年齢に関係なく二人で一緒に楽しめることを見つけると、二人の関係は長く続きそう。

今まで興味のなかった新しい世界が広がったり、お互いの良いところに気が付いたりと、二人で楽しめる趣味を持つメリットは大きいです。


長続きさせるコツ5. 年齢を気にしないようにする

いくら外見や気持ちを若々し保つ努力をしても、年齢差は変えようがありません。たとえ自虐的な気持ちや軽い気持ちでも、「私はもう○○歳だから」などと、会話の中で年齢を引き合いに出すのは止めましょう

年上の側も年下の側もあまり年齢を気にしないで付き合うことが、年齢差20歳カップルが円満に長続きする秘訣です。


20歳差以上ある恋人と結婚を検討する際のポイント

20歳差以上ある恋人の交際がうまくいって、結婚も意識するようになると、同年代カップルとは違った課題も出てきます。

ここからは、年齢差のある恋人と結婚を考える時に、ぜひ考えておきたいポイントをご紹介します。


ポイント1. 両家の親御さんにきちんと挨拶を済ませる

年齢差カップルが結婚を考える時、まずは両家の両親の理解を得ることがとても大切です。特に年下の恋人の両親にとっては、自分の息子や娘が自分の同年代や年下。相手が誰であれ、両親が抵抗感を持つのは自然です。

二人の結婚の気持ちが固まったら、まず両家の親御さんにきちんと挨拶をしましょう。同年代のカップルよりも周囲に気を使い、結婚に向けての準備は丁寧に進めていくようにしてください。


20歳差もある恋人との結婚は、反対される恐れもある

20歳差のある恋人との結婚は、親、兄弟、友達などから反対をされる可能性が十分にあります。特に年下の側の家族は、結婚後の将来を心配して猛反対をするかもしれません。反対されたからといってすぐに諦めては、後悔してしまいます。

子供の幸せを願う親なら反対するのが当然と考え、二人の真剣な気持ちをしっかり伝えていきましょう。特に年上側が根気強く、真摯な態度で接すること大切。人柄や真剣な気持ちを認めてもらえれば、祝福される結婚をのぞめるでしょう。


ポイント2. 子供を作るか事前に話し合っておく

年齢差カップルが結婚する場合、最も気になるのが子供のこと。男性が年上の場合は、妊娠出産に関しては問題が少なくても、子育てをしていく上で父親だけが高齢になってしまうというのが最大のネックとなります。また、女性が年上の場合は、出産的なタイムリミットも気になるところ。

結婚する前に、子供を作るのか作らないのか、二人の気持ちが一致していることが大切。子供を作るという気持ちがあるのなら、結婚してからすぐに妊活を始めるなど時間を無駄にしないということも重要です。


ポイント3. お互いの貯蓄がいくらあるか話す

どんなカップルでも結婚前にお互いの経済的な状況を共有しておくことが大切ですが、年上の方が経済的に遥かに余裕があることが多い年齢差カップルの場合は、なおさらです。貯蓄がいくらあるのか、結婚式や新生活の費用はどこから捻出するのかなどを、結婚前にしっかり話し合っておくことで、金銭面での誤解が生じにくくなります

また、子供が欲しいならそのための資金、退職後の老後資金など、長期的な家計に関わる考え方も確認し合いましょう。


ポイント4. 将来的に相手を介護してもいいと思えるか確認する

互いが20代と40代、30代と50代のうちは、どちらもまだまだ元気で対等な関係が築けます。しかし、結婚して20年や30年ともなると、年上の側が70代、80代となり、夫婦間の身体的な格差がどんどん開いていってしまいます。

20歳以上年上というと親子ほどの年齢差です。自分の両親の身体的な衰えとともに、配偶者も介護が必要になってくる可能性があります。将来的に年下の側に介護の負担がかかる可能性もあるということを、しっかりと話し合っておきましょう。


20歳差をどう捉えるかは、アナタ次第ですよ。

年齢差が20歳以上あるカップルは、年々増えてきています。年齢の差を気にせずにお互いを尊敬し尊重し合える恋人同士や夫婦は、周りから見ても微笑ましく羨ましいものですよね。

今回ご紹介した20歳以上年上の異性へのアプローチ法、年齢差カップルのメリットとデメリット、交際を長続きさせるコツなどを参考にして、年齢差を感じさせない幸せなカップルを目指してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事