年の差20歳以上の年上男性ってあり?円満な関係を続ける秘訣も大公開!

年の差が20歳以上ある年上男性と、お付き合いをしたことがありますか?今記事では、最近増えてきている年の差が大きく開いているカップルの付き合うメリットとデメリットをお教えします。また、年の差20歳以上のカップルが結婚する前にやるべきことも紹介するので、チェックしてみてくださいね。

年の差20歳以上のカップルが、最近増えてきていますよね。

年の差20歳以上の年上男性と円満な関係を続ける秘訣

年の差20歳以上ある男性を突然好きになってしまった。そんな経験をしたことがある人は、決して少なくないはずです。

年齢を経た男性にしか出せない魅力に惹かれる人も多いですが、現実的に将来のことを考えておく必要があるのも事実です。

そこで今回は、どんなことに注意しておくべきか、どんな準備をすればいいのかについてご紹介します。

この記事を参考に年上男性との素敵な恋愛を楽しんでみましょう!


年の差20歳以上のカップルってあり?

好きな人や付き合っている人が年上で、年齢差がありすぎて不安に思う人もいるでしょう。

しかし、年の差20歳以上離れている芸能人カップルや、年の差婚をした夫婦などもたくさん存在しており、もはやあまり珍しいものでもありません。年の差が20歳以上離れていても仲良しなカップルは多いのです。

年の差婚や年の差カップルとして、楽しく過ごすために押さえておくべきポイントを知っておきましょう。


年の差20歳以上も離れてる男性と付き合うメリット/デメリット

年の差20歳以上離れたカップルは、似たような年齢のカップルでは、経験できないことも経験できるシーンが多くなるでしょう。

ここでは年上の男性と付き合う上で、代表的なメリットとデメリットをいくつかご紹介します。


年の差20歳以上の男性と付き合うメリット

男性は年齢を経て、余裕が出てきたり、優しくなったりということがあります。同世代の男性にはない魅力を感じる人も多いでしょう。

ここでは、年の差20歳以上の男性にしかないメリットをご紹介します。


メリット1. デートでは大人ならではの紳士なエスコートをしてくれる

デートの際の何気ない瞬間に、若い男性にはできない紳士な対応をしてくれる機会が多いでしょう。

女性であれば、いくつになっても大切にされているという感覚を味わえると嬉しいものですよね。

大人ならではのエスコートをさらっとこなしてくれることで、年上の安心感や懐の深さというメリットを感じられるかもしれません。


メリット2. 喧嘩になりにくい

若い男性と比較して我慢強く、話をじっくり聞いてくれることも多いはず。

お互いが一歩も引かずにぶつかってしまうような、同世代カップルに起こりがちな喧嘩が少なくなるかもしれません。

年上の男性は冷静で落ち着いた対応をしてくれることが多いので、若い女性の移ろいやすい気持ちを受け止めてくれるということもあるでしょう。


メリット3. わがままを聞いてもらえる

年の差20歳以上の男性であれば、恋愛に関しても人生に関しても、多くの経験をしてきています。

そんな男性にとって、20歳以上も年齢が下の女性は、何をしてもかわいく見えているものです。

過去にわがままであることを理由に振られたことがある女性であっても、年上男性ならしっかりと向き合って話を聞いてくれるかもしれません。


メリット4. 経済的にゆとりのあるデートができる

お金の面においては、若い男性と違う部分の中で、わかりやすいポイントの一つでしょう。

40歳以上の男性であれば、多くが職歴が豊富で、部長や課長などの高い役職についているということも全く珍しくありません。

経済的にゆとりがあるため、デートや食事に関しては質の高いものをチョイスしてくれるということでしょう。


メリット5. 一般的なカップルとは違った恋愛が楽しめる

年上の男性にしか醸し出せない大人な雰囲気や、かっこよさというのは少なからずあるものです。

見た目や服装に気を遣っている男性であれば、いくつになってもその歳相応の魅力を最大限に引き出しています。

そんな大人な男性と付き合ったり、結婚することができれば、一般的なカップルでは経験できない刺激的な恋愛を楽しめるでしょう。


年の差20歳以上の男性と付き合うデメリット

年上の男性と付き合うことは、楽しいことやいいことばかりではありません。

年の差20歳以上離れている男性だからこそ、発生しがちなデメリットや懸念点をご紹介します。

どんなことが起こるのかあらかじめ確認しておきましょう。


デメリット1. お父さんと娘と思われてしまう

繁華街やショッピングモールで歩いている時、人から見れば親子だと思われる可能性があります。

年齢差は当然見た目にも現れるため、他人の目線からはカップルにみられない可能性が高いです。

店員さんや付き合っていることを知らない友人から、悪意なく親子だとして話しかけられることも十分にありえるでしょう。

通常のカップルとして扱ってほしいのであれば、ショッキングな出来事になってしまうかもしれませんね。


デメリット2. ジェネレーションギャップを感じることがある

ふとした会話や行動の節々で、世代間のギャップを感じることが多々あるでしょう。

インテリアのチョイスや服装のセンスなどにも、ジェネレーションギャップを感じることがあるかもしれません。

そういった感覚はその時々の時代によって培われることもあるので、時には自分には考えられないような発言が飛び出すことも。


デメリット3. アクティブなデートをしにくい

スノーボードやマリンスポーツなど、激しい運動を伴うアクティブなデートは難しい可能性があります。

年上の彼氏はお酒を飲んだり、美味しいご飯を食べたりといった落ち着いたデートは得意な反面、やはり体力はある程度衰えるものです。

程度の差はありますが、たまの休日で体力を消耗したくないと考える40歳以上の男性も多いでしょう。


デメリット4. 結婚しようとしても、親に反対される可能性が高い

20歳差以上の年齢の差があると、親が抵抗感を示す可能性が高いです。今やそんなに珍しくもないですが、やはり昔は今ほど一般的ではありませんでした。

そのため、当時の感覚のままでいる親の世代にとっては、自分と彼氏の年齢が近くなるため、20歳差の年齢差は懸念されるポイントの一つでしょう。

結婚に向かうためには、乗り越えるハードルが高いかもしれません。


デメリット5. 同世代カップルに比べて、将来的に一緒にいる時間が短い

同世代のカップルと比較して、一緒にいられる時間が短くなるのは大きなデメリットの一つ。

もちろん寿命や病気などによって大いに変わる点ではありますので、一概には言えませんが、死別するのが早くなる傾向になります。

寿命だけでなく、年上の男性が健康に生活していられる時間も短いということにも注意をしておきましょう。


年の差20歳以上のカップルが円満に付き合い続ける秘訣

似たような年齢のカップルでは気にしなくていいようなことでも、年の差カップルにとってはケアしておくべきポイントがあります。

ここでは、年の差20歳以上のカップルがうまく付き合っていくための秘訣をご紹介します。


秘訣1. 年の差がある以前に、恋人同士ということを意識を持つこと

たとえ20歳差以上の開きがあったとしても、恋人同士であるということに変わりはありません。

職場などの一般的なコミュニティにおいては、敬意を持って接するべき差ですが、必要以上に気を遣うことはやめましょう

男性が40歳であれ50歳であれ、一人の男性であるという意識を持って付き合っていくという感覚が大切です。


秘訣2. 世代のギャップがあっても、彼氏のことを尊重する

ジェネレーションギャップは必ずどこかで現れるものです。感覚のズレや話が合わないということもしばしばあるでしょう。

そんな時はこちらの感覚や都合を押し通そうとせず、彼氏のことを尊重するように努めるべき。

20歳差ほど離れていれば、彼氏の方が経験豊富であるケースも多いと思いますので、迷ったら判断を委ねると決めておくのもいいでしょう。


秘訣3. コミュニケーションを頻繁に取ること

年の差カップルにおいては、似たような年齢のカップルと比較して、話さずとも理解できるというポイントが少ないです。

どんな小さなことでも丁寧にコミュニケーションを取るようにし、お互いの思いを伝え続けることが大切。

お互いを分かり合えるように、友達や家族などと接する時以上に、話をする機会を増やすようにしましょう。


年の差20歳以上のカップルが結婚する前にやるべき4つのこと

同世代カップルにとっても結婚は重要な選択になりますが、年の差婚の場合はさらに多くのことを考えておくべきです。

年の差20歳以上ある場合に、対処しておいた方が良い4つのポイントについてご紹介します。


やるべきこと1. 彼氏が子供を欲しいと言った時、すぐに覚悟ができるかを考える

若い同世代カップルは、結婚してしばらくは子供を作らず、二人で過ごす時間を作る選択肢を取る人も多いでしょう。

しかし、彼氏が20歳差ほど離れている場合は、すぐに子供を欲しがる可能性は非常に高いです。

40歳以上の男性であれば、老後の不安や将来のお金のことなどを考えて、結婚してからのプランを早めに設定することが大切。


やるべきこと2. お互いの金銭事情を晒す

結婚後の生活に備えて、お互いの経済力をきちんと把握しておきましょう。

同世代のカップルであればなんとなく想像がつくことも多いですが、年齢差があれば、想像と違うというケースもありえます。

ジェネレーションギャップは金銭的にも現れてくるので、取り返しがつかなくなる前に注意してすり合わせしておきましょう。


やるべきこと3. 男性のどこがきっかけで結婚するかを理解しておく

年上の男性と勢いで結婚してしまうと、思わぬ困難やトラブルによって、後悔してしまうことも。男性のどこが好きで、何に惹かれているのかということを冷静に捉えておいてください

なんとなく過ごしてしまうと結婚してから嫌なところばかり目につく、ということもありますので、自分の気持ちをしっかり理解しておきましょう。


やるべきこと4. 将来彼氏を介護しても良いと思えるかどうかを考える

当然のことながら、将来的にも年齢差は埋まることはなく、男性の方が健康的に早く衰えてしまう可能性が高いです。

女性が40歳や50歳になる頃には、何かしらの悪い病気にかかってしまったり、一人での生活が難しくなったということも十分ありえます。

そんな時に、彼氏を介護する生活になっても大丈夫かということを想定しておきましょう。


年の差20歳以上の男性と付き合う時は、将来のことをよく考えてみましょう。

年の差20歳以上の男性と付き合う上での注意点についてご紹介してきました。

乗り越えるべきハードルは同世代カップルに比べて多いかもしれません。しかし、その分同世代カップルに経験できない素晴らしい体験も数多くあることでしょう。

年齢は年齢として考え、しっかりと自分の気持ちと相談して、年の差がある男性との恋を進めていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事