一人になりたい男女の心理|周囲への伝え方&リフレッシュ方法も紹介

誰にでも一人になりたいと思う時ってありますよね。そこで今回は、一人になりたいと感じるタイミングから、一人になりたいと思う時の心理、角を立てずに周りに一人になりたいと伝える方法や上手な息抜きの方法まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、自分自身と向き合う時間を設けましょう!

一人になりたい時ってありますよね。

一人になりたい人

友人や彼氏彼女と一緒に過ごしたいと思う時もあれば、一人になりたいと思う時もあるもの。

疲れていて人と会うことが億劫な気持ちになり、一人で過ごしたくなるというのは誰でも一度は経験があるでしょう。

そこで今回は、一人になりたいと感じるタイミングや心理について解説した上で、おすすめのリフレッシュ方法や大切な人から一人になりたいと言われた時の対処法についてご紹介します。


理由は何?一人になりたいと感じるタイミングとは

急に一人になりたいと思った、最近何となく一人になりたいと感じるようになったなど、一人になりたいと思う理由は様々です。

なぜ一人になりたいと思うのか、自分でも分からないという人もいるでしょう。

一人になりたいと感じる瞬間やタイミングについてご紹介します。


一人になりたいタイミング1. 仕事でミスをして落ち込んでいる時

一人になりたいと思うタイミングとして多いのは、仕事に関係した問題が起きた時です。

特に仕事で失敗した場合、大きなストレスを受けてそれを解消したくなるために、一人になりたいと思うことがあります。

じっくり反省したいと考えたり、忙しくて落ち込んでいる時間があまりないので気持ちを早めに切り替えたいという時は、一人になりたくなるのです。

【参考記事】はこちら▽


一人になりたいタイミング2. ストレスが溜まってモヤモヤする時

仕事や恋愛、人間関係などで思うようにいかず悩みが解消されない時は、ストレスが溜まり続けるものです。

自分の努力だけではどうにもならない状況になっていれば、気持ちが落ちつかないので、モヤモヤとした感情が心の中から消えません。

ストレスが溜まる一方だと、一人になって考えたいと思うのは自然なことと言えます。

【参考記事】はこちら▽


一人になりたいタイミング3. 恋人と喧嘩をしている時

一人になりたいと思うタイミングとして多いのは、彼氏や彼女との関係がうまくいっていない場合です。

喧嘩をしたり意見の食い違いがあって嫌な雰囲気になったりした時、ひとまず一人になりたいと思うことが多いでしょう。

恋人と距離を取ることでお互いが冷静になりやすいので、短時間でも一人になりたいと感じるのです。

【参考記事】はこちら▽


一人になりたいタイミング4. 子育てに追われて疲れた時

結婚して子供が生まれると、特に女性は主婦として育児に追われる毎日になります。

子供が小さいほど手がかかるので育児にかかりっきりになり、子供が大きくなってくると仕事や家事との両立でイライラしやすいのです。

夫婦の時間や自分の時間がほとんど取れず、気分転換ができなくて疲れが溜まるため、一人になりたいと感じることが増えるでしょう。


一人になりたいタイミング5. 疲れていてゆっくり休みたい時

仕事が忙しいと、残業や休日出勤が続くことがあります。

休憩時間がない、ゆっくり過ごせるはずの夜や休日も働き続けるといった状況で、気持ちが休まる時間がほとんどありません

睡眠が満足に取れなかったり、趣味を楽しめなかったりする場合も多く、ストレスがたまる一方になりますから、一人になってゆっくり疲れを取りたいと感じるのです。


【男女別】一人になりたいと感じる時の心理とは

男性でも女性でも、一人になりたいと感じる瞬間はあるものです。

ただし、男性と女性とでは立場や状況が異なることも多く、一人になりたい心理は微妙に異なります

一人になりたいと感じる時はどういった心理状態になっているのか、男性女性それぞれ見ていきましょう。


男性が一人になりたいと感じる時の心理

社交的な性格でも内気な性格でも、男性が一人になりたいと思う時には様々な心理が働いています。

ただし、いずれの場合でも、一人になることが今の自分には必要だと感じているのです。

男性が一人になりたいと感じる時に働く心理について見ていきましょう。


一人になりたい男性の心理1. 落ち込んでいる姿を誰かに見られたくない

仕事や人間関係などにおいて、常に自分がどう見られているかが気になるタイプの男性がいます。

仕事で失敗したり誰かと上手く付き合えなかったりすると落ち込むものですが、友人や彼女からは堂々として自信がある人に見られたいと思っているだけに落ち込んでいる姿は見せたくありません。

見えっ張りなので、一人でストレスを解消したいと考えているのです。


一人になりたい男性の心理2. 仕事で疲れて何もしたくない

職場で責任ある立場にいる男性ほど、毎日仕事で忙しく過ごしているものです。

仕事中は気が張っているため活発に動き回っているものの、休憩中や仕事終わりの頃は心身ともにぐったりと疲れています。

そういった状態では他人に気遣いできる余裕が持てないため、一人になってゆっくりと休み翌日のために英気を養いたいと思っているのです。

【参考記事】はこちら▽


一人になりたい男性の心理3. 自分と向き合う時間は大切だと思っている

一般的に、男性は女性のように抱えている悩みを周囲に相談することがありません。

悩み事があったり、何かをじっくり考えたいと思っている時ほど、一人になって集中したいと感じます。

自分自身と向き合って、どうすればいいのかという答えを自分なりに出したいと思っているので、真剣な悩みを抱えているほど一人になりたいと思うのです。


一人になりたい男性の心理4. 息抜きをする時間が欲しい

仕事や恋愛、人間関係などでストレスを抱えている時、男性は内省するタイプが多いです。

友人や彼女と一緒に遊びに行って発散することも時にはありますが、たいていは家にこもってじっくり考える方法を取ります。

たとえ辛い状態であっても、一人で問題に向き合うことで徐々に立ち直っていけるだろうという心理が働くのです。


一人になりたい男性の心理5. 純粋に一人の時間が好き

男性は、大人になっても子供の時のように自分だけの空間を持ちたいという心理が働くものです。

子供部屋や家の近くの公園などに自分しか知らない秘密基地を作った時のような感覚で、小さくても一人でいられる場所を求めます。

冷静になって頭を整理したい時などは、あえて一人になることで問題と向き合い、解決の方法を探したいのです。周囲との関わりをいったん遮断してマイペースに過ごすことで、前向きさを取り戻せるのでしょう。


女性が一人になりたいと感じる時の心理

悩みを抱えた時や辛い思いをしている時、女性は周囲の人に話を聞いてもらうだけで安心する傾向が強いです。

しかし、状況によっては一人になりたいと思う時ももちろんあります。

ここでは、男性とは違った女性の一人になりたいと感じる時に働く心理を解説していきます。


一人になりたい女性の心理1. 一人でのんびり過ごしたい

女性は男性に比べて、自分の外見が人からどう見られているのかを気にする傾向があります。

メイクや髪型、ファッションなどが好感を持たれているか常に気を遣っているので、人の反応が気になって仕方ありません

外で人の視線を気にかけているだけに疲れやすく、時には外見のことなど気にしないで一人でゆっくりしたいという気持ちになるのです。


一人になりたい女性の心理2. 彼氏と喧嘩をして気まずい

個人差はあるものの、彼氏といつも一緒に過ごしたいと考える女性は多いです。

しかし、彼氏と喧嘩をしたり、わがままを言いすぎて怒られたりすると、気まずさから一人になりたいという心理が働きます。

彼氏と離れることで気まずい空気を徐々にほぐし、彼氏と彼女として仲直りできるきっかけをつかみたいと思っているのです。

【参考記事】はこちら▽


一人になりたい女性の心理3. 育児や家事だけでなく、自分の時間も欲しい

イクメンが増えてきているとはいえ、まだまだ育児や家事は女性が大半を担当している夫婦がほとんどです。

共働きだとなおさら女性の方に大きな負担がかかり、夫婦や一人の時間を確保することすら難しい毎日が続きます。

まともな休憩が取れないまま一日が終わることもあり、ストレスを解消するタイミングがなくてしんどいため、一人になって自分の時間を持ちたいという心理が働くのです。


一人になりたい女性の心理4. 現実逃避したい

女性は、大きなプレッシャーを受ける経験が男性よりも少ないものです。

厳しい局面を乗り越えるという機会があまりないため、問題が起きたり悩みができたりすると精神的に追い込まれやすいでしょう。

何とかしようと問題に向き合うよりも、しんどいという気持ちが強くなって逃げだしたくなるのです。

現実逃避をしたくて一人になりたいという心理が働くと言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


一人になりたい女性の心理5. 心身ともにリフレッシュしたいと思っている

女性はいつも数人で行動を共にするのが好きというイメージがありますが、実際には一人で行動するのが性に合っているという女性は少なくありません。

友人に気を遣っていては気分転換ができないので、自分の好きなように行動し、ストレスを解消したいために一人になりたいと考えるのです。

のんびりと一人で過ごすことでリフレッシュできるため、また頑張ろうと前向きに考えられるようになります。


一人になりたい時、周囲に角を立てずに伝える方法とは

気分を変えるためや状況を冷静に判断するためなど、一人になりたいと思う理由は様々です。

しかし、急に帰ってしまったり電話やLINEを返さないといった態度を取ると、周囲に心配をかけてしまいます。

角を立てずに一人になりたい気持ちを周囲に伝える方法はどのようなものなのでしょうか。ここでは上手な2つの伝え方について見ていきましょう。


一人になりたい時の伝え方1. 「体調悪いんだよね」と言って、周囲と距離を置く

一人になりたい時にスムーズに帰れる伝え方としておすすめなのは、体調を理由にするやり方です。

「何だか朝から体調が悪い、もしかしたら風邪かもしれない」などと伝えると、周囲から「早く帰って休んだ方が良いよ」などと言ってもらえます。

いろいろな説明をすることがない上に、周囲と揉める可能性もないので、誰とも話す気分になれない時には効果的です。


一人になりたい時の伝え方2. 恋人に伝える場合、「一人の時間も欲しい」と素直に言う

どんなに好きな人であっても、常に一緒に過ごすのが息苦しくなることは珍しくありません。

時には一人でのんびりと、好きなことをしてリラックスする時間は必要です。一人になりたいと伝える相手が恋人なら、素直に一人の時間も欲しいことを言ってみましょう。

本当に大切に思ってくれているなら理解してくれるはずですよ。


一人になれたら実践したいリフレッシュ法とは

一人になりたいという希望が叶ったら、したいことがいろいろあるという人は多いでしょう。

ただし、普段ほとんど一人になれる時間がない場合は、まず心身をリフレッシュさせることを優先したいもの。

では、どんな方法が望ましいのか、おすすめのリフレッシュ方法について8つ紹介していきます。


リフレッシュ法1. 湯船に浸かって浸かって体を癒やす

一人でゆっくりと過ごせる時間としておすすめしたいものの一つは、入浴タイムです。

シャワーではなかなか体の芯まで温まりませんが、湯船に浸かると血流がよくなって体が温まり、気分もゆったりします。

何も考えず、ただお湯に身を任せて無心に過ごす時間は、日常生活で溜まってしまったストレスを解消できる貴重なもの。

強制的に一人になれる浴室で、静かにリラックスできる方法と言えます。


リフレッシュ法2. 美味しいものを食べる

せっかく一人で過ごす時間ですから、満足感を得られる人時にしたいもの。

美味しいものを食べるというのは、一人でリラックスしてストレスを解消する方法としておすすめです。

食欲が満たされると幸せな気持ちが高まるので、周囲を気にせず一人で食べたいものを食べることはいい気分転換になるはず。

お気に入りのカフェや前から気になっていたレストランなどに行ってみて、店内のおしゃれな雰囲気と共に素敵な食事の時間を過ごせば、間違いなくストレスは解消できるでしょう。


リフレッシュ法3. 運動して汗を流す

一人の時間を過ごすことでリフレッシュしたい時は、体を動かすのも一つの方法。ジョギングやヨガ、水泳など一人でできる運動をしてストレスを解消してみましょう。

運動をしている間は無心になれますから、余計なことを考えずに済みます

悩み事など頭がグチャグチャになっている時は、一度汗を流して心身ともにスッキリするのも良いですよ。


リフレッシュ法4. ドマラや映画を観る

一人になりたい時は、辛い現実から距離を置きたいと思うことも多いもの。少しの間だけでも現実逃避できれば、いいストレス解消になりますよね。

例えばドラマや映画など、創作の世界に入り込んで過ごすというのもおすすめ。恋愛ものやサスペンスもの、アクションものなど自分が好きなジャンルの作品を鑑賞すれば、非日常的な世界に没頭できてストレスが解消され、気持ちがすっきりするでしょう。


リフレッシュ法5. 誰にも気を使わずのんびりと過ごす

周囲に対して気を遣うタイプの人は、仕事や恋愛、人間関係などいろんな場面で知らず知らずストレスを溜めています。

自分よりも周囲を優先しようとするあまりに、好きでないことや不得意なことにも取り組んでしまうからです。

心身ともに疲れを感じていて、とにかく一人で過ごしたいという感覚が強いなら、誰とも約束せず家にこもってのんびり過ごすのも必要でしょう。たまには自分もケアするよう心がけることで、気分が前向きになりまた頑張ろうという意欲も湧いてきます。


リフレッシュ法6. 時間を気にせずゆっくり眠る

一人になりたいと感じる時は、心か体のどちらか、もしくは両方が疲れている証拠です。

友人や恋人と楽しく過ごして気分転換するというよりも、まず休息を取ることを優先させたいもの。

休日を使って、時間を気にすることなくたっぷり睡眠を取ってみましょう。疲れが癒やされて体力が回復し、やる気が出てくるはずです。


リフレッシュ法7. 好きな事や趣味に没頭する

仕事が詰まっている、家事や育児に追われている、そんな毎日を過ごしていると自分の時間はほとんどありません。

一日があっという間に終わってしまい、心がギスギスしてしまうことが理由で一人になりたいと感じるもの。

いったん仕事の目処をつけて思い切って休みを取ったり、家族に協力してもらったりして一人の時間を確保し、好きなことだけをして過ごしましょう。

たとえ短時間でもリフレッシュできて、仕事や家事育児の効率も上がりますよ

【参考記事】はこちら▽


リフレッシュ法8. 思い切って一人旅に出かけてみる

一人になりたいと感じる時は、身を置く環境をガラリと変えるのが最もリフレッシュ効果が高いです。

家や職場など、いつもと同じ場所にいればどうしても家事や仕事などが気になってしまいます。

周囲に影響が出ないよう準備をした上で、一人旅に出てみるのもおすすめ。旅先での非日常的な時間はいろんな刺激をくれて、悩み事を忘れて楽しい時間を過ごせますよ。


一人になった時に気をつけたい注意点3つ

一人になりたいと感じる時は、周囲との関わりを一瞬でも断ち切る状況に身を置きたいと思っている時です。

気分転換やストレス解消のために一人になりたいと考えるのは自然なことですが、周囲に誰もいないのでセルフコントロールをしっかりする必要があります

やってはいけない注意点について確認していきましょう。


一人でいる時の注意点1. 自己嫌悪に陥らないよう気をつける

一人になりたいと思った時、「今後誰とも話したくない」といった心理状態だと注意が必要でしょう。

仕事のミスや何らかの問題が起きた原因は自分だと考えて、自分を否定する方向に走りやすいからです。

一人になった時には、ミスや問題に関することはひとまず頭の外から追い出して、好きなことや趣味を楽しむなどまずは抱えているストレスを解消することに集中しましょう。上手に気分転換できれば、冷静に問題に対峙できるようになります。

【参考記事】はこちら▽


一人でいる時の注意点2. 周りに構って欲しい空気は出さない

一人になりたいと思ったとしても、衝動的に行動するのはNGです。

何も言わずにその場を立ち去ったり約束の時間に来ないといった行動をすることで、周囲に大きな心配と迷惑をかけてしまいます。

また、「あの人は構われたいだけだ」「自分のことしか考えていない」といった不本意な捉え方をされるのももったいないこと。

周囲に配慮しながら一人の時間を確保し、その時間を堪能するようにしましょう。


一人でいる時の注意点3. 自暴自棄にはならないよう気を配る

一人になりたいと思う時は、多かれ少なかれ傷ついたりストレスを感じたりしている時ですから、周囲との接触をしたくないという気持ちになりやすいです。

しかし、イライラが募って自暴自棄になり、自分の体や心を痛めつけるような過ごし方はよくありません。

暴飲暴食を続ける、ギャンブルにのめり込んで借金を引き起こすなど、気分がますます落ち込んでしまうような行動は避けることが大切です。

【参考記事】はこちら▽


【番外編】恋人やパートナーに一人になりたいと言われた時の対処法

カップルとして過ごしている恋人やパートナーが「一人になりたい」と言ってきたら、気が動転するもの。

自分にできることはないかと悩むこともあるでしょうが、まずは冷静になることが大切です。

焦って行動する前にぜひ見ておきたい、恋人やパートナーから一人になりたいと言われた時におすすめの対処法について紹介します。すぐに別れを考える前に、冷静に対応するようにしてみましょう。


対処法1. なぜ一人になりたいのか理由を尋ねてみる

お互いを信頼し合うカップルとしていつも一緒にいたいのに、彼氏や彼女は一人になりたいと思っていると知るのは辛いものです。

とは言え、相手はしんどい思いをしているのですから、問い詰めてはいけません。「どうして一人になりたいの?」とまずは相手がそう思う理由を聞いてあげましょう。

一緒に解決できそうであればサポートしてあげて、難しそうならひとまず相手の思うように一人にしてあげるのがおすすめです。大切な人だからこそ、まずは相手の気持ちをしっかり理解してあげるようにしましょう。


対処法2. 相手の気持ちが落ち着くまでそっとしておく

彼氏や彼女から「一人になりたい」と言われた時は、つい「どうして?」と聞いてしまいがち。特に自分とは関係ない原因によって一人になりたがっている場合は、納得できないという思いが出てくることもあるでしょう。

しかし、相手も傷つけたくないからこそ正直に本音を伝えてきているわけですから、その思いを尊重してあげることが重要です。

たとえカップルであっても、相手が冷静になるまで一人にしてあげて、そっと見守ってあげましょう。


一人になりたい時は、無理せずゆっくり気分転換していきましょう。

イライラやモヤモヤが消えず一人になりたい、そう思う瞬間は誰にでもあるものです。「もしかしたら単なるわがままなのではないか」などと自分を責める必要はありません。

一人になりたいと思った時は、ストレスを解消して充電する期間だと前向きに捉え、上手に気分転換をすればいいのです。

今後の生活をより意欲的に過ごすためのチャンスとして、しっかり一人の時間を楽しみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事