自分の顔が嫌いな心理&原因とは?自分の外見に自信を持つ方法を解説

自分の顔が嫌いと思ったことはありませんか。しかし、自分の顔だからこそ、本来は好きでいたいところ。そこで今回は、自分の顔が嫌いな人の心理や原因、顔に自信を持つ方法を徹底解説します。本記事を参考に、ぜひ自分に自信を取り戻せるようにしていきましょう。

自分の顔が嫌いで、辛い時の対処法を徹底レクチャー!

自分の顔が嫌いな心理&原因

「自分の顔が嫌いで写真を撮りたくない」「嫌いすぎで外に出たくない」と悩んでいませんか。

生まれ持った自分の顔が嫌いなのは、それだけでストレスになってしまうので、克服したい人が多いですよね。

そこで今回は、自分の顔が嫌いで自信が持てない人のために、自分の顔を嫌いになる原因や嫌いな気持ちを克服し、自信を持つための方法をご紹介します。


自分の顔が嫌いな人の4つの心理

外に出たくない、自信が持てない、鏡や写真が見られないなど、自分の顔が嫌いなことで行動への支障や弊害が出てしまうことも。

自分の顔が嫌いになってしまうのは、気持ちや心の奥底に隠れている心理から来ていることも多いです。

まずは自分の顔が嫌いな人が抱いている主な心理を4つ見てみましょう。


心理1. 自分自体が嫌い

自分の顔は看板にもなる部分です。自分そのものが嫌いなため、象徴的なポジションにある顔も嫌いになってしまう人も多いでしょう。

自分が嫌いな人は、気弱や見栄っ張りなど内面的な部分が嫌い、家庭環境や生い立ちにコンプレックスがあるなど、複雑な要素が絡み合っている場合もあります。

自分の存在自体が許せないほど嫌いな気持ちから、代表的なパーツである顔が嫌いになってしまうのです。


心理2. 顔を生理的に受け付けていない

自分の顔を周囲と比べて、「かっこいい・可愛い顔ではない」と判断してしまうと、自分自身の顔でも心理的に受け入れられなくなってしまいます。

劣っているのを受け入れられない気持ちから、顔そのものを生理的に受け付けられなくなってしまうでしょう。

かっこいい、可愛い顔ではないという現実から逃げたい心理で、自分の顔を嫌いになってしまう人もいます。中には記録に残ってしまうため写真を撮れない人もいるでしょう。


心理3. 顔のパーツにコンプレックスを抱えている

目や鼻などを周囲と比較して、自分だけが気になってしまうこともあります。

パーツ一つがどうしても気になってしまい、周囲と比べてコンプレックスを感じてしまうこともあるでしょう。

周囲を見れば見るほど、「目が小さい・二重じゃない」「鼻が低い」などコンプレックスが刺激されてしまうため、どんどん顔が嫌いになってしまう場合もあります。


心理4. 精神的に落ち込んでいる

人の心理状態は表情にも出てきます。一時的に落ち込むことがあれば、表情が暗くなったり、寝不足でくまができたりなど、自分の顔が嫌いになってしまう要素も出てきてしまうでしょう。

仕事や恋愛での失敗、疲れやストレスが溜まっている時にいつもの自分の顔と違うと感じ、一時的に自分の顔が嫌いになってしまう人も多いです。


自分の顔が嫌いになってしまう主な原因は何?

自分の顔が嫌いになってしまう裏には複雑な心理が隠れています。一方で、何らかの原因があって顔が嫌いになってしまう人も多くなっています。

次に、自分の顔が嫌いになってしまう主な原因を3つ見てみましょう。


原因1. 自分と他人の顔を比べがち

元々周囲からどう思われているのか気にしてしまう人は、自分の外見も内面も人と比較してしまいやすい気質を持っています。

つい自分の顔と他人の顔を比べてしまう機会が多いため、人よりも自分の顔を嫌いになる要素があります。

特に周囲に顔の整っている人がいる場合は、いつでも自分を比較して落ち込んでしまうでしょう。


原因2. 自己評価が低い性格

顔は外見の中でも注目されやすいポイントです。自分に自信がない、自分が嫌いなことで、自分の象徴でもある顔を嫌いになる場合も多いでしょう。

元々自分の内面や外見が嫌いなために自信が持てず、自己評価が低いことが自分の顔を嫌いになってしまう原因になることも。

「どうせ何をやってもうまくいかない」という弱気な気持ちから、顔を含めて自分自身が嫌になってしまっているのです。


原因3. 好きな人が容姿のいい異性と付き合っているから

告白しても振られる、失恋ばかりと恋愛がうまくいかないことが、自分の顔を嫌いになる原因になる場合も。

自分にはなかなか恋人ができない中、周囲のイケメン・可愛い人は恋人がいて幸せそうなこともあります。また、告白して振られた後、振った人がかっこいい・かわいい人と付き合っていると知ることもあるでしょう。

イケメン・可愛い人ばかり恋愛を楽しんでいる姿に嫉妬し、自分の顔が嫌いになってしまうのです。


自分の顔が嫌いな人が、自信を持つための方法をレクチャー

自分の顔が嫌いすぎて外に出たくない、写真や鏡も見られないと辛いですよね。次に、自分の顔が嫌いすぎて辛い人が、嫌いな気持ちを克服し、自信を持てる方法をご紹介します。

イケメンや美人をねたんでしまう、整形を考えてしまうほど辛い人も、ぜひ試してみてください。


方法1. 自分に似合うメイクや髪型を研究する

顔に自信がない、嫌いすぎなら整形も考える人もいます。整形をする前にも、十分イケメンや美人のような雰囲気をまとう方法はあります。

自分らしい魅力が出せるための、メイクや髪形を研究してみましょう。

美容院に行ったり、ファッションに興味を持ったりすれば、顔の造形にこだわらず雰囲気イケメンや美人を目指せるでしょう。


方法2. ダイエットをしてみる

人の外見を決める要素は顔だけではありません。雰囲気イケメンや美人を目指すなら、美しいスタイルを手に入れるのもおすすめ。

顔ではなくスタイルで人を惹きつけるために、ダイエットに挑戦してみましょう。

食生活を見直す、本格的にジムに通うなどして、スタイルの良い細マッチョのイケメンやモデル体型美人を目指すのも自信に繋がります。


方法3. 内面を磨く

人同士が長く付き合う上で大切なのは、外見ではなく内面です。

誰からも信頼される、結婚相手の候補に挙がるほどの性格イケメンや性格美人を目指してみましょう。

人に素直に感謝や謝罪ができる、常に前向きで向上心がある、時間や約束は必ず守るなど、内面の魅力を磨けば、あなたの本質に惹かれる人も多くなりますよ。


方法4. ストレスを解消する

気分の落ち込みや、疲れやストレスなど精神状態が健全でない場合は、それが顔に出てしまうことも。

鏡や写真に写った自分の姿に驚くほどひどい顔をしている時は、顔がひどくなる原因の疲れやストレスを解消してみて。

きちんと睡眠と食事を取る、友達や恋人と楽しい時間を過ごす、運動をするなど、疲れやストレスを解消して本来の自分の顔を取り戻しましょう

【参考記事】はこちら▽


方法5. 自分の長所を伸ばす

人の魅力は顔だけではありません。突出した魅力がある人は、それだけで他の人を惹きつけたり、注目されたりします。自分の長所を伸ばしてみて、誰にも負けないくらいになれば十分自分の魅力になります。

仕事を頑張る、性格美人を目指すなど、自分自身の長所を伸ばして自分の強みにしましょう。

もしも自分の長所が分からない時には、友人や家族など周囲の人に思い切って聞いて見るのも有効です。


方法6. 笑顔を心がける

常に笑顔の人は、親しみやすい雰囲気と安心感を周りに与えるため、容姿に関係なく常に多くの人に好かれ、囲まれています。

顔が嫌いだからと下を向かず、常に人と接する時には笑顔を心がけましょう。

人と接する時には笑顔でいれば、あなたの親しみやすさから多くの人に自然と好かれるようになります。自分に自信もつくので顔のことは気にならなくなり、写真撮影でも自然と笑顔が出るようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


自分を愛せるところを見つけて、前向きに生きていきましょう。

自分の顔が嫌いな心理や原因は人それぞれ。けれども、本心では自分の顔を好きになりたいと思っている人も多いでしょう。

もしも自分の顔が嫌いなら、今日からできる克服方法を試してみましょう。

自分の顔が気にならないほどの自信を身に着けて、前を向いて生きていける人になりましょうね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事