仕事に疲れた時の対処法とは?辞めたいと感じた時に前向きになる名言も紹介

仕事に疲れたと感じている人へ。今記事では、仕事に疲れてしまう理由から、仕事がしんどい時の対処法やリフレッシュ方法まで詳しくご紹介します。精神的にも体力的にも気分転換は重要です。上手に息抜きをして、仕事のモチベーションをアップさせましょう!

仕事に疲れたと感じている方へ。

仕事に疲れた時の対処法

平日毎日仕事をしていると、ふと仕事に疲れたと感じる時もあるはず。仕事に疲れたと思った時、いったいどのような理由で疲れたと感じてしまうのか気になる人もいるでしょう。

この記事では、男性や女性が仕事に疲れてしまう理由から仕事に疲れたときに取るべき対処法、さらには疲れてもやってはいけないNG行動から前向きになれる名言を解説します。

仕事に疲れたときはぜひ参考にして、疲れを癒やしてみてくださいね。


きっかけは何?仕事に疲れてしまう理由とは

男性や女性が仕事に疲れた時、いったいどのような理由が働いているのか気になる人も多いでしょう。ここでは、仕事に疲れてしまう理由について解説します。

ぜひ参考にして、仕事に疲れている時あは当てはまっているか確認してみてくださいね。


理由1. 残業続きで体力的に疲れるから

まず考えられる要因として挙げられるのが体力面です。毎日残業して徹夜していると、どうしても体に負担がかかってしまいがち。

睡眠不足になることも少なくなく、場合によっては1日に3時間や4時間になる人もいます。そうやって自分に無理をさせることで疲弊してしまい、休みたいと思っても休めずに疲れを感じやすいでしょう。


理由2. 職場の人間関係が微妙で気疲れするから

体力面だけでなく、人間関係によって仕事に疲れたと感じることもあります。職場の人間関係がギスギスしている時、上司や先輩につい気を遣ってしまうことも。

そうやっていつも気が張っていることで、次第に精神的に疲れてしまいます。気がついたら疲れがかなり溜まっており、つい「休みたい」と口にすることもあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


理由3. ノルマが厳しく、日々プレッシャーとストレスに押しつぶされそうだから

人間関係だけでなく、ノルマなどプレッシャーになっている可能性も考えられます。例えば新卒で入った会社でノルマが激しい場合、すぐに「辞めたい」と思ってしまうこともしばしば。

休みの日でもノルマのことが頭から離れず、気分転換もうまくできない可能性も。ストレスがどんどん溜まってしまい、「休みたい」と思ってもうまくリフレッシュできません。


理由4. 単純に休みが少ないから

たとえ休みたいと思っても、休みがない場合はどうしても疲れが溜まってしまいやすいです。たとえ残業が少ないような会社であっても、休みが少ないとうまく気分転換しにくいでしょう。

体力も回復しにくくなり、気がつくと疲弊していることもあるはず。あまりもの休みが少ないと、新卒の社員などはすぐに「辞めたい」と思うかもしれません。


仕事に疲れた時にとるべき10個の対処法

仕事に疲れた時、いったいどのような対処法をとればいいのか迷ってしまう人もいるかもしれません。ここでは、仕事に疲れたときにとるべき対処法について解説します。

仕事に疲れたときの対処法も非常に様々。ぜひ参考にして、仕事に疲れたときは取り入れてみてくださいね。


対処法1. 休日はゆっくり寝て、心身共にリフレッシュする

平日仕事ばかりで睡眠不足になってしまうと、脳の動きが鈍くなってしまい、仕事のスピードも落ちてしまいがち。効率よく仕事をするためにも、休みの日はゆっくり寝て体力を回復させるよう努めてください。

心身ともにリフレッシュすることでやる気もみなぎり、「さあ頑張ろう」と新たな気持ちで仕事に取り組めるはずですよ。


対処法2. 体がしんどいと感じる時は、マッサージに行って体をケアしてみる

日々会社で仕事をしていると、どうしても椅子に座っているだけで運動不足になっているケースも。そんな時はぜひマッサージに行って、むくんだ体のメンテナンスをしてみてください。

マッサージをしてもらうことでむくみがとれるのはもちろんのこと、体も軽く感じやすいはず。癒やしを感じれば自然と力がみなぎり、仕事にも前向きな気持ちになりやすくなりますよ。


対処法3. 仕事終わりに甘いものを食べるなど、自分へのご褒美を与えてあげる

日々の仕事で疲れている時、時には自分を労ってあげることも大切なこと。甘いもの好きであれば仕事終わりに甘いものを食べたり、さらにはちょっぴりおしゃれな場所でご飯を食べたりして、自分を甘やかしてください。

自分の好きなもので埋め尽くされることで自然と心と体が満たされて、いい気分転換になりやすいでしょう。


対処法4. 仕事のやる気がでない場合、自己啓発本や仕事術の本を読んでモチベーションを上げてみる

仕事に対してなかなかモチベーションが上がらない時、「辞めたい」「これ以上続けたくない」と思う時もあるかもしれません。

そんな時にぜひおすすめしたいのが本。自己啓発本や仕事術に関する本を読むことで、その力強い言葉に自然と勇気付けられやすいです。気分転換しやすくなり、「さあ頑張ろう」とモチベーションもアップしやすいですよ。


対処法5. 休日は彼女(彼氏)とデートして、励ましてもらう

恋人がいる場合は、恋人に思いっきり甘えてみるのもおすすめの対処法の一つ。休みの日に男性もしくは女性とデートした時に、仕事の悩みを相談してみてください。

話を聞いてもらって「いつも頑張っているね」などと励ましてもらうことで、仕事に対するやる気もアップするはず。恋人が癒やしになるので気分転換にもなりやすく、精神的な体力も回復しやすいでしょう。


対処法6. 友達と会ったり、買い物へ行ったりしてストレス発散をする

仕事が辛すぎて「休みたい」「辞めたい」と思った時は、ストレスが溜まっているケースも少なくありません。

そんな時は、気の許せる友達と買い物に行ったりして、ストレスを発散させてみてください。ストレスを発散させて癒やしを感じることで、「疲れた」というマイナスの感情もなくなり、また頑張ろうと気分も上がるはずです。

【参考記事】はこちら▽


対処法7. 元気が出る音楽や曲を聞いてテンションを上げる

元気な曲を聞いて気分転換してみるのも、おすすめの対処法の一つ。元気が出るような音楽を聞くことで、次第に心がノリノリになってワクワクしたり熱くなったりするでしょう。

いい気分転換にもなりやすく、「また仕事を頑張ろう」と前向きな気持ちにさせてくれるはず。リズムだけでなく歌詞に注目して聞いて、一つ一つ噛み締めてみるのもおすすめですよ。


対処法8. 仕事のモチベーションが上がるドラマや映画を観る

仕事に疲れたと思う時、「会社に行きたくない」などとモチベーションが下がっていることも。そこでおすすめしたいのが映画やドラマを観ること。

モチベーションが上がるような映画やドラマを観ることで気分もスッキリしやすいです。やる気もどんどんみなぎるようになり、「仕事頑張ろう」と前向きな気持ちになりやすいですよ。


対処法9. スポーツジムに通って、体力をつける

仕事に対して「休みたい」「辞めたい」と思う時、単純に体力不足が原因になっている可能性も考えられます。

そこでおすすめしたいのがスポーツジムに通うこと。スポーツジムに通って体力をつけることで、残業などが続いても踏ん張れる力がつきやすいですよ。

さらに運動することで気分もリフレッシュしやすく、新鮮な気持ちになりやすいのでしょう。


対処法10. 時間やお金に余裕があるなら、思い切って一人旅に出かけてみる

普段職場の人間関係に疲弊していると、つい一人になりたくなる時もありますよね。もしたっぷり休みが取れて時間やお金に余裕がある時は、一人旅をしてみるのもアリ。

一人になることで人間関係でストレスを感じることもなく、旅行をして非日常を体験することで気分もリフレッシュしやすいです。自分と向き合う時間も取りやすく、ゆったりとした時間が過ごせますよ。


いくら仕事に疲れてもやってはいけないNG行動

仕事に疲れて「会社に行きたくない」「仕事がしんどい」と思う時、やってはいけないNG行動も存在しています。

ここでは、仕事に疲れたときにやってはいけないNG行動について解説します。ぜひ参考にして、自分に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。


NG行動1. 「仕事ができないのは自分が原因だ」と自己嫌悪に陥ること

まずやってはいけないことが、自分を責めてしまうこと。特に新卒の場合、仕事ができずに「自分が悪いんだ」と自己嫌悪に陥ることも。

ですがそうやって自分を責めてしまうと、どんどん自分が嫌いになってしまい、ストレスが溜まってしまいます。どこかで「しょうがない」といった楽観的な考え方をすることで、疲れも溜まりにくくなるでしょう。


NG行動2. 休日に仕事を持ち越して、家でも作業してしまう

仕事で疲れたと思う時は、オンとオフの切り替えをしっかりすることも大切なこと。家で作業してしまうと、オンとオフの切り替えがなくなるので疲れがなかなか取れにくいでしょう。

休日でも結局仕事のことばかり考えていることも多くなり、気分転換もできずにストレスが溜まりやすいです。休日は家で作業をせず、しっかりとリフレッシュして疲れをとるよう意識してください。


NG行動3. プライベートで友達や恋人に“仕事疲れたアピール”をする

仕事で疲れた時、友達に愚痴を聞いてもらおうとすることは悪いことではありません。ですが疲れたアピールばかりしていると、次第に周囲からめんどくさいと思われてしまうことも。

また、新卒などで恋人にいつも相談しているような場合だと、「仕事ができない人かも」と疑われやすいです。疲れたアピールは控えめにして、相手を幻滅させないよう気をつけてくださいね。


NG行動4. 後先のことを考えず、衝動的に退職してしまう

新卒で入社した会社がかなりのブラック企業だと、つい辞めたいと思ってしまうこともあるかもしれません。ですが後先考えずに衝動的に退職してしまうと、お金の面など様々な部分で困ってしまうことに。

貯金が底をついてどうすることもできず、どんどん悪循環にハマってしまうことも。辞めたいと思った時は、しっかりと計画をしてから退職を検討してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


本当に今の職場や労働環境が合わない場合、転職を検討してみる

今の職場が本当に自分にあっているかも検討しておきたいところ。ノルマが厳しすぎたり休みたいと思っても休めなかったり、さらには人間関係がギクシャクしている可能性も。

どうしても辞めたいと思った時は、環境を変えてみるのもおすすめです。転職することで気分もリフレッシュされて、仕事に対する疲れが溜まりにくくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


仕事で疲れて辞めたいと思った時に前向きになれる名言3選

仕事に疲れた時、つい気分もマイナスなものになりやすいですよね。そんな時におすすめしたいのが名言。名言を聞くことで、「さあ頑張ろう」と前向きな気持ちになりやすいですよ。

ここでは、「会社に行きたくない」「仕事がしんどい」などと思う時、元気になれる名言について解説します。


名言1. 『人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ、必ずものになる』

現在のパナソニックを創業した松下幸之助が言った名言です。第二次世界大戦中に爆撃機を作ったが失敗に終わり、さらに戦争協力者となってしまい公職追放処分を受けました。

このような絶望的な状況でも彼は諦めず、そんな時に口から出た言葉だそう。何度失敗したとしても、諦めなければ立ち直れることを意味しており、たとえ仕事で失敗しても前向きにさせてくれますよ。


名言2. 『壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない』

現役メジャーリーガーのイチロー選手が言った名言です。メジャーで毎年200本のヒットを打ち続けていた中で、様々な壁に直面したからこそ出てきた言葉だといえます。

仕事などで失敗した時であっても、前を向いて乗り越えようとする人にはチャンスが訪れることを意味しており、たとえ仕事で失敗しても「壁を乗り越えよう」と前向きな考えになれるはず。


名言3. 『一生の仕事を見出した人には、他の幸福を探す必要はない』

イギリスの歴史家、トーマス・カーライルが言った名言。一生をかけて取り組める仕事がある人は幸せだということを意味しています。

例えば新卒で入った会社の場合、「今の仕事で本当にいいのか」と悩むこともあるかもしれません。より自分の仕事にワクワクしたいと思うような時は、この名言を聞いて改善を試みようと前向きになれるでしょう。


仕事に疲れた時は、対処法を試して現状を変えてみましょう。

ここまで、男性や女性が仕事に疲れてしまう理由から取るべき対処法、さらには疲れてもやってはいけないNG行動から前向きになれる名言を解説しました。

人間関係や体力面など、様々な場面で仕事に疲れたと感じるでしょう。特に仕事に慣れていない新卒の場合、余計に疲弊してしまうことも。

仕事に疲れたなと思う時、ぜひ対処法を参考にして疲れをとってリフレッシュしてみてくださいね


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事