暇すぎる毎日を送る人におすすめの“有意義な過ごし方”20選

仕事や休日など暇すぎると辛いですよね。そこで今回は、仕事や休日が暇すぎる時の対処法を徹底解説!また、暇すぎるとどうなるかという内容や、暇を無くす秘訣をレクチャーします。生活が暇に感じている人は、ぜひ本記事を参考に、暇な時間を有意義に使ってみてくださいね。

仕事も休日も暇すぎて困っている方へ。

仕事や休日が暇すぎる時の過ごし方20選

仕事や休日が暇すぎると、せっかくのやる気や元気を持て余してしまいますよね。しかも、時間が経てばたつほど余計動きたくなくなり、なんだか不甲斐ない気持ちになってくるはず。

自分の能力や空いた時間を有効活用するには、何をして過ごせばいいのでしょうか?

そこで今回は、仕事や休日が暇すぎる時の過ごし方20選を紹介するとともに、暇をなくす2つの秘訣についてもお教えします。

あらかじめやる事がわかっていれば、無駄な時間を減らすことに繋がりますよ。


【シーン別】毎日が暇すぎる時の対処法20選

仕事や休日など、毎日のシーンによって、暇をなくす方法は違います。例えば、仕事なら自分や職場に有益なことを、休日なら心身共にリラックスできることをするのがおすすめです。

具体的なやることをしっかり確認し、暇になった時に実践してみましょう。


「仕事」や「バイト」が暇すぎる時の解決方法

仕事やバイトの時間は、あまり自分勝手なことはできません。

もし同僚や上司にサボっていると思われると、自分の印象が悪くなるからです。

だから自分のスキルアップや仕事の効率化など、仕事仲間に見られても問題ない有意義なことを中心に行いましょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法1. 率先して仕事をもらいに行く

業務中に暇なのは、自分のやることがないからです。そのため、仕事を多くもらっていれば暇になることも少なくなります。

例えば、毎日指示されるまで待機しているなら、自分から率先して上司などに仕事をもらいにいけば良いのです。

暇な時間を解決でき職場からの評価も高まるので、何もやることがない時は率先して仕事をもらいましょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法2. タイピングの練習を行う

パソコンスキルがあれば、自分や会社にとってかなり有益です。なぜなら、現代においてパソコン業務は必須事項になりつつあるからです。

タイピングの練習1つでも、毎日やることで業務スピードが改善できますし、やる気があることを見せられます。

普段の仕事をより効率化するためにも、自分のスキルを高めましょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法3. 今まで受けた指摘事項を再チェックする

自分の仕事内容を振り返る時間を作ると、暇な時間を減らすことに繋がります。

今まで書き留めたメモをチェックする、改めて上司や同僚に自分の至らないところを聞くなど方法は様々です。

仕事内容を確認することで、自分の業務をさらに改善できるかもしれません。

スキルアップにもなり新しい仕事をもらえる可能性が高まるので、暇な時間の有効な対処法です。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法4. マニュアルを作成して展開する

毎日同じ仕事をしているなら、その内容を誰でもできる手順を作ることで暇な時間を削減可能です。

仕事をマニュアル化すると職場でのミスも減らせ、次回からよりスムーズに業務を進められます。

特に自分しか行わない業務だと、誰かに引き継ぐ際には時間がかかるもの。

他人のためにもなるので、誰から批判されることもなく暇な時間を潰せることでしょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法5. 作業効率化の案を考える

暇すぎるというのは、仕事についてゆっくり考えられる余裕のある時間です。

そんな時こそ作業効率化について考えれば、無駄な時間をはぶき仕事の視野を広げる良い機会になります。

職場によっては功績が讃えられ、褒賞などで自分に見返りがあることも。

効率化するための作業が見つかると、仕事を増やせるため、暇な時間なんて無くなりますよ。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法6. パソコンのデータを整理する

暇すぎるといっても、探せばできる作業はいくらでもあります。

特に仕事が忙しい時にはパソコンのデータが乱雑になりがちなので、その暇な時間を活用してきちんとデータを整理しましょう。

もしかすると、確認し忘れたメールや新たなパソコン業務を発見する可能性があります。

パソコン内がスッキリ整理されていると、次の仕事がストレスなくスムーズに進められるため、自分や会社にとって有意義な時間になるでしょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法7. 自ら雑務を引き受ける

誰もがやりたがらない辛い仕事を率先して引き受けることで、暇な時間は少なくなるでしょう。

雑務は意外と面倒なものが多く、時間を潰すにはぴったりな作業です。

誰にでもできるからこそ、空いた時間のある人が行うことで社内の仕事が円滑に回ります。

自分から引き受けた仕事なので最後まで責任を持つ必要はありますが、暇すぎることはなくなるでしょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法8. 資格など仕事に役立つ勉強を行う

自分のスキルアップや業務に役立つことなら、無駄な時間にはなりません。資格や職場について勉強することは、社内の利益に繋がるための大事な時間です。

もちろん上司から許可を得て行わないと、ただの自分勝手な人になってしまいます。

そして難しい資格になるほど多くの勉強する時間が必要になるため、暇な時間ができる度に実施することができ、有意義な時間になるでしょう。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法9. 職場での将来設計を行う

暇すぎる時間が辛いと感じるなら、自分がこの先職場でどう活躍したいのかを考える時間として活用しましょう。

将来設計を見据えることで、仕事に対するやる気が出ますし、通常業務以外の作業も増やせます。

また、自分の今後について何通りもの道筋を立てておくと、不測の事態にも対応できます。

上昇志向や収入アップを目指している人ほど、おすすめの暇つぶしです。


仕事とバイトが暇すぎる時の対処法10. 上司に相談してみる

暇すぎる時間について自分で考えても対応策が思い浮かばない場合は、他人に相談してみるのもアリです。

特に、自分よりも仕事経験が豊富な上司に話してみるのが最も適切でしょう。

有効な解決策が見つかるかもしれませんし、それがなくても仕事を割り振ってくれる可能性が高いです。

なんでも1人で解決するのではなく、人に相談するのも暇すぎる問題を解決できる方法だと知っておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


「休日」が暇すぎる時のおすすめの有意義な過ごし方

仕事やバイトと違って、休日は自分が好き勝手に過ごす時間です。だからといって、だらだらした無駄な時間になってしまうと後々後悔してしまいます。

すっきりとした休日を過ごせるように、自分の成長や楽しみに費やすことがおすすめです。

それではどうすれば有意義な時間になるのか、具体的に見ていきましょう。


休日が暇すぎる時の過ごし方1. ドラマを一話から見る

ドラマは、自分の感性を広げられますし他人との話題作りにも貢献します。

そして12話ほどの物語だと全て観るのに8時間ほどかかるため、1日2日で見るにはちょうど良い暇つぶしになるでしょう。

最近では動画配信サービス「Hulu」などがあり、インターネットを繋いでいれば、家に居ながら様々なドラマを視聴できます。

お金がないのであれば、撮り溜めたドラマを観ることで、楽しみながら有意義な休日を過ごすことが可能です。


休日が暇すぎる時の過ごし方2. 運動を始める

暇すぎる時こそ、自分の体を健康に保つ絶好の機会です。普段からあまり体を動かしていない人は、鈍った体を鍛えるために運動を始めましょう。

運動は簡単なものなら1人でお金がない時でも出来ますし、誰かと一緒にすることで継続しやすいです。

スポーツジムなどの施設に行けば、様々な人との交流が深まるため、充実した時間を過ごせるでしょう。


休日が暇すぎる時の過ごし方3. 新しい趣味を見つけて取り組む

時間を忘れてのめり込める物事を見つけるのも、有意義な時間を過ごす方法の一つです。そのため、新しい趣味を見つけて取り組むことをおすすめします。

あまり支出を増やすたくない人にも、読書やゲーム、YouTube動画を観るなどのお金がかからない趣味もたくさんあります。

試しに様々なことに挑戦するだけでも、毎日の暇つぶしにはなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


休日が暇すぎる時の過ごし方4. 温泉に行って心も体もリフレッシュする

仕事やバイト、人間関係などの日頃の疲れを癒すことは、ストレスを軽減し明日への活力になるため非常に有意義な時間です。

日々時間に追われて不満やストレスが溜まっている人は、たまには息を抜いて心身ともにリフレッシュしてください。

遠い場所まで行くことで、観光にもなり新鮮な時間を体験できます。事前の準備や当日までの期待感により、ワクワクした日々を過ごせるでしょう。


休日が暇すぎる時の過ごし方5. 料理を極めてレパートリーを増やす

料理は食材さえあれば家で実践できるので、比較的手頃に時間を消費できます

さらに料理を極めてレパートリーを増やせば、自分好みの食事を作ることが可能。そして、凝ったものを作るなら、それなりに時間も掛かるため良い暇つぶしにもなります。

食事が好きな人ほど、ストレスを解消し幸せな時間を過ごすことができるでしょう。


休日が暇すぎる時の過ごし方6. 今まで行ったことがない土地に旅する

様々な場所に旅をすることで、新鮮な気分を味わえ心が開放的になります。

特に新しい場所に行くのが好きな人は、今まで行ったことがない土地を訪れるのがおすすめです。

仲の良い友人や知人家族などと行くことで、1人で行くより数倍楽しめます。

新しい土地で名産品やお土産などを買う時間は、日常では味わえない体験となりとても充実した1日になるでしょう。


休日が暇すぎる時の過ごし方7. ブログを書き始める

自分が好きなことや日頃から気になっていることなど、思ったままに書き留めるのは良い暇つぶしになるでしょう。

特にパソコンに慣れている人は、ブログ記事にまとめることをおすすめします。

ブログはアフィリエイトなどの副業も無料で始められるので、お金がない人や稼ぎたい人にはもってこいです。多くの人に閲覧されれば、さらにやる気が出て記事書くのが楽しくなりますよ。


休日が暇すぎる時の過ごし方8. ボランティアに参加してみる

無償で人のためになることをすると、気持ちが良いものです。

体を動かすので健康に良いですし、ゴミ拾いや清掃などは地域のためにもなるので、とても有益なことと言えるでしょう。

また、様々な人との繋がりができる可能性もあり新しい人脈を作れます。

市民センターや地域のWEBサイトから簡単に応募できるので、暇すぎる時間を有意義なものに変えられますよ。


休日が暇すぎる時の過ごし方9. 部屋の模様替えや断捨離をして気分を変える

「休日だから」と何もやる気が出ない人は、まず身の回りのことから始めてみてください。

例えば、自分の部屋を模様替えすることで、家に居ながら新鮮な気分を楽しむことができます。

時間をかければかけるほど、大幅に変更できるため暇すぎて時間が有り余っている人にはおすすめの方法です。

今すぐ始められるし、途中で止めることも簡単なため、気軽な暇つぶしになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


休日が暇すぎる時の過ごし方10. グルメ旅に出かける

目的のある旅をすることで、1日を丸々楽しむことができ充実した日になります。特に食事が好きな人は、様々な場所にグルメを求めて旅をすることがおすすめです。

有名なラーメン屋巡りや人気のスイーツ店など、計画を立てるだけでも幸せな気持ちで過ごせます。

知る人ぞ知る名店に出会えた日には、自分だけの楽しみを見つけた気分になりますよ。

【参考記事】はこちら▽


暇って悪いこと?暇すぎるとどうなる?

暇なこと自体は決して悪いことではありませんが、あまりにも暇すぎると自分の身体や心に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのことを理解しておけば、無駄に暇な時間を過ごすことも少なくなるでしょう。

では一体どんな影響があるのか、毎日が暇なことで起きるデメリットについて具体的に紹介していきます。


暇なデメリット1. 悩み事が頭にチラつく

何もしていない時間が続いたら、ついつい頭の中で考え事をしてしまいます。

良いことなら問題ありませんが、悩み事を抱えているとそのことが頭から離れなくなってしまうのです。そして深い問題を抱えているほど、不安な気持ちが強くなり日常生活にも支障をきたします。

「一度意識してしまうと中々忘れられない」という、暇すぎる時に起こってしまいがちな現象です。


暇なデメリット2. 物事に対するモチベーションが低下する

暇すぎて時間を持て余していると、何事に対してもいつも以上にやる気がなくなります。

次第に考えることも面倒になり、どんどんモチベーションが低下する負の連鎖にハマってしまうでしょう。

特に、上昇志向がない人やとにかく楽をしたい人に多い現象です。休日なら許されますが、仕事やバイト時になると持ち直すのが辛い悪影響と言えます。

【参考記事】はこちら▽


暇なデメリット3. 自分に価値がないと思い、ネガティブになりやすい

仕事やバイトが暇すぎると、何もやっていない自分に対して後ろめたさを感じてしまいます。

そして時間が経つほど、自分に価値がないと思い初めてネガティブ思考に陥りやすいです。また、周囲の人が忙しくしていると、申し訳ない気持ちでいっぱいになるでしょう。

自分には何もできないという歯痒さが、悪い状況に繋がってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


どうすればいい?毎日の暇を無くす2つの秘訣

早い段階で「暇だけど何もすることがない」と決めつけるのはよくありません。考え方次第では、やる気を向上できますし作業も増やせるのです。

ここでは、その暇を無くす秘訣を2つを解説していきます。自分に何ができるのかをよく考え、行動に移しましょう。


秘訣1. 思い立ったら行動に移す

人は何か行動する際に考えて止まってしまうと、時間が経つにつれてやる気が失われしまいます。

つまり、暇な時でも思い立ったことをすぐ行動に移すと、いくらでもやる事を増やせるのです。

アメリカのメル・ロビンズ氏が出版した著書「The 5 Second Rule: Transform your life, work, and confidence with everyday courage」にも、5秒の法則というものが提唱されています。

これは、思いついたことを5秒以内に実行すると行動に移せるというもの。やる気を出してから行動するのではなく、行動してからやる気を起こさせるのです。


秘訣2. 自分の変化を楽しむ

自分から積極的に行動する事を心掛ければ、暇な時間はかなり減らせます。そのためには、まず自分の変化を楽しむことです。

例えば、「いつもより少し早く起きれたので成長した」「業務をする時間が少し短縮できた」などです。

考え方次第でちょっとしたことでも楽しめるようになり、どんどん行動していこうと思えます。


工夫して暇な時間をなくす努力をしよう!

暇すぎる時は、逆に考えると自分のために使える都合の良い時間です。休日はやりたいことができますし、仕事やバイトであってもスキルアップなどで自分を高められます。

でも、実際に暇な時間になると、何をすれば良いのかわからなくなることもあるでしょう。その場で出来ることを多方面から考えるだけでも、自分の想像力を高める有益な時間になりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事