有意義な時間の使い方とは?休日や仕事後が充実する13のアイディア特集

毎日無駄に時間を過ごしてしまっていると感じている方へ。本記事では、「有意義な時間」の意味や例文から、有意義な時間を使うコツまで大公開!

「有意義な時間を過ごす」とは?どんな意味で使われるの?

有意義な時間とは?

「有意義」とは、意味、価値があると考えられることです。つまり有意義な時間とは意味や価値のある時間を意味します。

つまり、あなたにとって有益であったことや刺激になったことがあった時間は有意義な時間ということです。

ちなみに英語では、「有意義」は「meaning」または「beneficial」と訳します。

一緒に有意義な時間を過ごした相手に英語でお礼を伝えたい時は、”I spend a meaning time."または”That was a very beneficial time."と伝えましょう。

ビジネスシーンでも活用できる英語のフレーズなので覚えておくと便利ですよ。


ビジネスシーンにおける「有意義な時間」を使った例文

  • 「講演会では普段お聞きしないお話を聞くことができ、有意義な時間になりました。」
    有意義な時間であったことを伝える時は、どうして有意義だと感じたのかを伝えることで相手からの印象が良くなります。

  • 「昨日は食事会にお招きいただき、ありがとうございました。今後の経営方針について、詳しい説明を聞くことができ有意義な時間となりました。」
    上司や目上の方へお礼を伝える時に使える例文です。自分が有意義だと感じた部分を具体的に示し納得のできる言葉にしましょう。

  • 「先日は相談にのってくださりありがとうございました。自分では思いつかない思考を聞かせていただき、有意義な時間を過ごすことができました。」
    相手がしてくれたことにお礼を伝える例文です。ビジネスの場面では失礼のないよう相手を立てるような尊敬語を使い良い印象を与えましょう。


有意義な時間を過ごす6つのコツ|時間の使い方が上手になる方法とは?

有意義に時間を使うコツ|どのように過ごすと時間の使い方が上手になる?

「どうしたら有意義な時間を過ごせる?」

「簡単にできる時間を有意義に使う方法が知りたい」

休みの日は、ついダラダラと時間を過ごしてしまうことがありますよね。そんな自分が嫌だと思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、努力しなくてもすぐに始められる、時間の上手な使い方のコツがあるのです。

ここでは、有意義に時間を使うコツについて具体的に紹介します。


コツ1. いつもより少し早く起きる

朝の生産性は夜の6倍と言われています。将来の夢や目指しているものがあるのなら、いつもより早く起きて作業するのがおすすめです。

1日の時間は誰しも平等で有限ですよね。学生は学校、大人は仕事に行っている時間があるので自分のために使える時間は限られています。

少ない時間でより良いパフォーマンス力を発揮するために、朝の時間を有効活用するといいでしょう。

例えば、

  • 資格の勉強
  • 読書

など頭を使うことを行えば、夜に行うよりも身になるはず。

最初はいつもよりも30分だけ早く起きるところから始めましょう。徐々に起きる時間を早くして朝活を行うと良いですよ。


コツ2. パジャマから着替えて気持ちを切り替える

リモートワークが進んでいる今日、パジャマのままで仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

誰にも見られないからと、楽な格好で姿勢を崩しながら仕事をしてしまいがち。

確かにパジャマは楽ですが、なんだかシャキッとせず仕事のクオリティーを下げてしまう可能性も。

自宅での仕事でも、休日のリラックス日でも、パジャマから着替えることで気持ちの切り替えがスムーズにできるでしょう。


コツ3. 短期・中期・長期の目標を決める

コツ3. 短期・中期・長期の目標を決める

夢のためにコツコツ努力していきたいと思っているのなら目標を具体的に決めましょう。

目指すべき目標が明確化されていると、そこに向かって限られた時間の中で集中的に努力できるはず。

  • 1年後に到達していたい目標を決める
  • 1年後の目標を達成するために逆算して毎月の目標を決める
  • 毎月の目標を達成するために毎週、毎日の目標を決める

このように時間を決めて目標を定めることで、自分がいつまでにどこまでできていなければならないのか分かってくるはず。

仕事後の空き時間や休日の過ごし方がガラッと変わるのでおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


コツ4. 毎朝 or 前日夜に1日のスケジュールを決める

休日はいつもゴロゴロ過ごして動くのが夕方になってしまうという人は、朝か前日の夜に今日一日のスケジュールを決めるようにしましょう。

1日でやるべきことを大まかでもいいので決めておけば、無駄にダラダラ過ごすことがなくなります。

例えば、

  • スーパーのタイムセールが始まる30分前に行く
  • 気になっていたカフェでコーヒーを飲む
  • 薄い文庫本を一冊読み切る

など。ToDoリストを作ってみると何時に何をすべきかという点が分かりやすくなるはずですよ。


コツ6. 人と比べないで、自分のなりたい姿になる努力をする

コツ6. 人と比べないで、自分のなりたい姿になれる努力をする

仕事や勉強で自分よりも優秀な人を見ると、落ち込んでしまったりやる気がなくなってしまったりしますよね。

しかし、落ち込んでいる時間ほど無駄な時間はありません。「自分は自分のやり方で成長していくんだ!」と気持ちを奮い立たせましょう。

  • 優秀な人も知らないところで努力をしている。自分も地道に努力するだけと割り切る
  • 自分には自分のペースがあるので焦らないようにする

と言って気持ちを持つことが大切です。

落ち込んでいる時間があるなら前を向いて努力してみて。それがなりたい自分になる1番の近道になるのです。


コツ7. ルーティン化して、無駄な選択を考える時間を減らす

内容がどうであれ決断は、ストレスを伴い脳に負担をかけます。決断の回数や時間が多ければ多いほど脳に負担をかけるため、決断ミスが多くなるのは当然のこと。

深く考えずにできる決断は、ルーティン化することで脳のストレスを軽減できるでしょう。

  • 毎日の献立は、週末に決めておく
  • 手持ちの服を減らし、着回しのレパートリーを減らす

など、できるだけ1日の決断回数を減らすことで脳の負担を減らし、常に最高のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。


有意義な時間の使い方特集|仕事終わりや休日にできるアイディアとは?

有意義な時間の過ごし方のアイディア|仕事終わりや休日にやりたいことは?

これまで有意義な時間を過ごすコツについて触れてきましたが、少しの努力で有意義な時間の使い方ができるようになることがわかりましたね。

では、時間の使い方が上手になったことで獲得した大切な時間をどのように過ごせば良いのでしょうか。

ここからは有意義な時間の過ごし方のアイディアを紹介します。


アイディア1. 部屋の掃除をして、身の回りを綺麗にする

部屋が汚れていると生活の質が下がります。また、汚れている部分が視界に入ると気分が悪くなったりストレスを感じたりするでしょう。

部屋の綺麗さは心の余裕に繋がると言われています。身の回りを綺麗にして気分をリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。


アイディア2. スパや銭湯でリフレッシュする

忙しさや面倒くささから普段のお風呂をシャワーだけで済ませている人は多いはず。シャワーだけでもさっぱりしますが、疲労回復や温熱効果はあまり見込めません。

たまにはスパや銭湯などの大きなお風呂やサウナで身も心も癒されてみてはどうでしょう。

銭湯には疲労回復効果や美肌効果など様々な効能があるお湯があり、自分を労わる時間にできますよ。


アイディア3. あえて何もしない時間を作る

アイディア3. あえて何もしない時間を作る

自分の将来のために…と、休み返上で勉強やスキル習得に励んでいませんか。

あまりに詰め込みすぎると疲労がたまり、良いパフォーマンスができなくなってしまいます。

そこで、あえて何もしない休息の時間をとることで脳の疲れを回復させることが大切です。

ベッドの上で温かい飲み物を飲んでゆっくりすると疲れがリセットされるでしょう。


アイディア4. 趣味に没頭する

忙しいあまり大好きな趣味に時間をさけないとストレスが溜まってしまうかも。

趣味と言ってもゲームや映画鑑賞など人によって様々。どんなことでも良いので、自分が没頭できる趣味を見つけて1日中楽しんでみましょう。

趣味に没頭することでクリエイティブな思考になれたり新たな知識が身につくことがありますよ。

【参考記事】はこちら▽


アイディア5. 家族や恋人、友達との時間を大切にする

日頃から有意義な時間の使い方を意識して生活している人は、隙間時間もスキル向上のために努力しているため一人の時間が増えてしまいがちに。

一人で頑張っているうちに孤独感を感じたり人肌が恋しくなったりするものです。

そんな時は、家族や恋人、友達などと話をする時間を設けることで寂しさから解放されるでしょう。あまり詰め込みすぎず人との関わりを減らさないようにするといいですよ。


アイディア6. 美術館や博物館に行ってクリエイティブなものに触れる

アイディア6. 美術館や博物館に行ってクリエイティブなものに触れる

毎日同じことをしながら過ごして刺激が少ないと感じていませんか。新たな刺激がないと退屈に感じてしまいモチベーションを高く維持できなくなってしまいます。

そんな時は、休日に普段行くことのない美術館や博物館に行ってみると、様々なアーティストのアイデアや価値観に巡り合え刺激になりますよ。


アイディア7. ご飯やホテルなど、一流と呼ばれるものを体験する

一生懸命に頑張っている体は想像以上に疲れています。たまには頑張っている自分にご褒美をあげましょう。

ご飯やホテルなど少し背伸びをして最高のおもてなしを体験します。一流と呼ばれる接客を体験することで自分の言動や所作を見直し、人として成長するいい機会になるでしょう。


アイディア8. 新しいものにチャレンジをする

毎日同じことの繰り返しでは、学びの機会が少なく自分の成長が止まってしまいます。

新たなことにチャレンジすることで、その分野について1から学ぶことになり良い刺激になるでしょう。

新たな挑戦は気分転換になるだけでなく、今後の自分の可能性を広げてくれるはず。


アイディア9. 自然に触れる

アイディア9. 自然に触れる

英エクセター大学のMathew White氏らの研究によると、自然の触れ合っている時間のある人はない人に比べて心身ともに健康であるそうです。

つまり、自然と触れ合う機会が全くない人は健康だったり幸福を感じたりする確率が低いということです。

普段仕事や学校と自宅の行き来のみで自然と触れ合っていない人は、意識して自然と触れ合いましょう。山登りや公園でのピクニック、キャンプなどに挑戦すれば気分がリフレッシュしますよ。


アイディア10. スポーツをして体を動かす

仕事柄長時間デスク作業をする人や課題のため机に向かう大学生も多いはず。年齢を重ねるにつれ体を動かす機会が減り体力が衰えていきます。

そんな人はスポーツを趣味に取り入れて体力保持に努めましょう。仕事や学業、特に女性は子育てなどいいパフォーマンスには体力が必要です。

また運動することで日頃のストレスの発散にもなりますよ。


アイディア11. 勉強や読書をして自己研鑽をする

時間はあるのに有意義な時間の過ごし方がわからない人は、まず自分のスキルアップを目指しましょう。

空いた時間を自分の成長のために自己投資してきた人とそうでない人では将来大きな差が開きます。

資格や試験に挑戦してみたり、プログラミングを学んでみたり。

自分の興味のある分野について積極的に学ぶことで有意義な時間の使い方ができるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


アイディア12. 自分を見つめ直す

アイディア12. 自分を見つめ直す

目標のために頑張っている人は自分のことを考える時間が不足しがち。

時には自分を見直さないと時間を費やすべきポイントがズレているなどのミスが起こるとこも。

現時点での自分の価値観や考え方を紙に書きだすなどして整理してみましょう。

自分の成長を感じたり新たな目標が見つかることもありますよ。


アイディア13. 日帰り旅行

せっかくの休日もちょっと買い物してあとはダラダラして過ごすという人は結構多いはず。

同じことの繰り返しで過ごす生活では何か自分にとって良いことや学びを得ることはできません。

たまには見知らぬ土地に足を運んで、知らない世界と触れ合いましょう

新しいことはあなたにいい刺激を与え、気分をリフレッシュさせてくれるはずですよ。


ちょっとした工夫で、休日や仕事後に有意義な時間を過ごしてみて。

有意義な時間とは、あなたにとって価値や意味のある時間のこと。とはいえ、有意義な時間を過ごすために何をしたらいいか迷ってしまう人が多いでしょう。

でも、今回紹介した有意義な時間を過ごすコツやアイデアの中に、「ちょっとやってみようかな?」と思えるものが見つかったはず。

なるべく新しい刺激を取り入れて、自分にとって価値のある時間を過ごしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事