幸せになるにはどうしたらいい?簡単に幸せになれる考え方と名言とは

幸せになるにはどうしたらいいか悩むことってありますよね。そこで今回は、幸せになる方法を考え方と行動に分けて徹底解説!さらに、幸せを掴むためにやってはいけないことや、読んでおきたいおすすめの名言と本も紹介します。人生を幸福で満たすために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

幸せになるには何が必要なのか知りたい方へ。

幸せになる13の方法&名言

誰だって幸せな人生を送りたいもの。幸せになるにはどうしたらいいのか、考えることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、幸せになる方法を考え方と行動の観点から分けて徹底解説。

また、幸せを掴みたい人が絶対にやってはいけないNG行動や、読んでおくべき名言と本も合わせて紹介していきます。

自分にとって幸せは何なのか、じっくり考えてみてくださいね。


幸せになるにはどうしたらいい?幸せになる13の方法

まずは、「幸せになるにはどうしたらいいのか」をテーマに、幸せになるための13の方法をレクチャーしていきます。

行動編と考え方編に分けて解説していくので、幸せになりたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。


幸せになる方法:行動編

幸せになるには、普段からどんな行動を心がけるべきなのでしょうか。ここでは、幸せになるために取るべき行動について、解説していきたいと思います。

日頃の自分の行動を、ぜひ一度見つめ直してみてくださいね。


行動1. 人生の目標を見つける

何か目標を持つことで、人生における生きがいを見出せます。目標を達成するために、今何をするべきかが明確になるため、毎日が充実したものになるのです。

また、目標を達成するために必要なことを一つ一つクリアしていけば、達成感や充足感が得られます。

幸せになりたいなら、人生を漠然と生きるのではなく、何か目標を見つけることが大切です。


行動2. 身近にいる家族や友人、恋人を大切にする

身近にいる大事な人を大切にすると、大事な人の笑顔が見られ、幸せを感じられます。

つい忘れがちですが、家族や友人、恋人が自分のそばにいてくれるのは当たり前のことではありません。

大切に思い、愛情があるからこそ関わりをもってくれていることに、感謝する気持ちを持ちましょう。

感謝の気持ちを持って大事な人と過ごす時間を作れば、自然と幸福感が高まります。


行動3. 今の自分を大切にする

今の自分の心や体を大切にすることも、幸せになるために重要なポイントです。

忙しすぎる仕事で健康を疎かにしたり、恋愛で我慢を続けたりしている人は、無理しない生活を意識してみましょう。

頑張り過ぎない、自分の意志を言葉にする、というようなことを心がけると、気持ちにゆとりが生まれて楽になります。

特に、真面目でいつも他人を尊重しがちなタイプの人は、自分を大切にすることが大事です。

【参考記事】はこちら▽


行動4. 健康的な生活習慣を送る

疲れやストレスが多い状態では、せっかく良い出来事があっても十分に幸せを感じられません。

幸せになりたいなら、健康的な生活習慣を持続することが大切です。

規則正しい生活を送る、良質な睡眠をとる、きちんと食事するなど健康を意識すると、体が元気になり活力が湧いてきます。

また、ストレス解消やリフレッシュに効果のある運動を、毎日の生活に取り入れるのもおすすめです。


行動5. 日頃から笑顔を意識する

笑ったり笑顔でいることで心が前向きになります。笑えば心に余裕が生まれ、小さなことでも幸せを感じやすくなるのです。

もし、何も楽しいことがなかったとしても、笑顔の表情を浮かべるだけで、不思議と明るい気持ちになります。

笑顔は幸せになるために絶対欠かせないもの。毎日の生活の中で笑顔を意識することで、幸せな人生へと繋がっていきます。

【参考記事】はこちら▽


行動6. 自分の幸せを周囲の人にも共有する

仲の良い友達や家族など、自分の幸せを共有して共感してもらえると、相手も幸せな気分になりやすいです。

「相手に分かってもらえた」という思いから嬉しい気持ちになって、自分も幸せを感じられるようになります。すると、今度は周りからも幸せを共有してもらえるようになり、今度は自分が幸せな気分に。

小さなことでもいいので、嬉しかったことや楽しかったことを周囲の人と共有していきましょう。


行動7. チャレンジ精神を持って積極的に行動する

幸せになりたいと思っているだけでは、現状を変えることはできません。新しいことにチャレンジしたり、交友関係を広げたりするなど、自ら幸せを掴み取りに行くことが大切です。

積極的に行動していく中で、様々な新しい出会いや変化が訪れるはず。

そこから人生の目標や、運命的な出会いが見つかる可能性も大いにあります。幸せになるには、自分から何かしら行動を起こしていきましょう。


行動8. 人生のパートナーを見つける

恋愛や結婚も、人生において幸福感を高めてくれるものです。

心の拠り所になるパートナーが見つかると、安心感や信頼感が生まれ、自然と笑顔も増えていきます。

もし、結婚して家庭を築くことになれば、人生の目標や生きがいが増え、充実感も得られることでしょう。

恋愛や結婚は簡単にできるものではありませんが、幸せになりたい願望を持ち続けていれば、きっと素敵なパートナーに出会えるはずです。

【参考記事】はこちら▽


行動9. 自分の好きなことを行う時間を作る

幸せになるには、ストレスを溜め込まないことが大切です。意識的に自分の好きなことを行う時間を作り、思う存分楽しみましょう。

好きなことに集中したり夢中になったりすることで、気分がスッキリとリフレッシュします。

具体的な趣味がなくても、好きな食べ物を食べる、ゴロゴロして過ごすなどの簡単なことでもOK。

自分が心地良いと感じるものなら何でも構いません。


幸せになる方法:考え方編

幸せになるには、普段からどんな考え方や心掛けを持つべきなのでしょうか。

ここでは、幸せになるための考え方について、詳しく解説します。

幸せになりたい人は、これから挙げる考え方をぜひ参考にしてみてくださいね。


考え方1. 当たり前のことでも感謝の気持ちを持つ

色々なことに感謝の気持ちが持てる人は、幸福度が高い傾向にあります。幸せになるには、日常の些細な出来事に感謝の気持ちを持つ習慣を作りましょう。

例えば、小さなことでも誰かに助けてもらった時は、きちんと「ありがとう」と相手に伝えることが大切です。

そもそも、自分の周りに家族や友達、恋人がいてくれること自体がありがたいことなのを忘れてはいけません。


考え方2. モノよりも、経験にお金を費やす方が大切

モノで満たされてもそれは一時の感情で、手に入れた瞬間に冷めることはあるものです。

ただし、経験にお金を使えば、自信に繋がり、人生における幸福感を上げることができます。

つまり、幸せになりたいなら、高価な時計や靴を買って物欲を満たすよりも、新しいチャレンジや習い事などにお金を費やす方が大切ということ。

経験は自分の力や人間性を高めてくれるので、より良い幸せな人生が送れるようになります。


考え方3. 常に楽しもうと考える

幸せな人というのは、ポジティブな考え方や性格をしているもの。

日々の生活の中で楽しめることはないかと、常に明るい気持ちでいます。

例えば、通勤電車で周囲の人を観察して、ファッションのトレンドを参考にしたり、仕事中に作業時間の目標を決めて一生懸命チャレンジしてみたり。

一見、つまらないと感じるような場面でも、ちょっとした好奇心や工夫次第で楽しくなることを覚えておきましょう。


考え方4. 逆境こそ成長のチャンスと捉える

「逆境もチャンス」とポジティブに捉えることで、辛い時でも前向きな思考になれるもの。

「この逆境を乗り越えたら、どんな成長した自分が待っているのか」を考えるようにすると、ポジティブ思考が身に付いていき、普段から幸せを感じやすくなります。

「逆境は成長の糧になるもの」という意識が生まれれば、困難な状況もそんなに悪いことだと感じなくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


幸せになるためにやってはいけないこと10選

幸せになるには、ネガティブな感情や他人との比較、過剰な期待は禁物です。ここでは、幸せになりたい人がやってはいけないこと10選を詳しく解説します。

「幸せになりたい」「幸せな人生を送りたい」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


NGなこと1. 他人と自分を比較する

自分が幸せかどうかを決めるのは自分自身の心です。他人と自分を比較して優劣を判断するのは、無意味なことです。

幸せかどうかの判断には、自分にとって何が幸せなのか、どんな時に心が満たされるのかを知る必要があります。

自分を知らない人は、つい他人と自分を比較してしまい、心から満たされた気持ちになれません。

【参考記事】はこちら▽


NGなこと2. 見栄を張って偽りの自分を演じる

見栄を張って偽りの自分を演じても、実際の自分とのギャップが大きくなるだけ。

「すごいね」「羨ましい」と周りから賞賛されて、一時的には満たされた気持ちになるものの、心の中では虚しさが募っていきます

せっかく理想があるのなら、偽りを演じるのはやめましょう。理想を実現できるように努力していく中で、本当の幸福感は得られるものですよ。

【参考記事】はこちら▽


NGなこと3. 完璧主義を貫いて、些細なことでも100%を目指す

人間である以上、全てのことを100%完璧にやり遂げるのは不可能です。

何もかもに完璧主義を貫こうとすると、小さいミスでも落ち込んだりしてしまい、幸せを感じにくくなります。

また、ミスをしないように気を張りすぎることで、いつもピリピリしてしまい、神経質や感情的になることも。

幸せな気持ちを感じたいなら、些細なことはほどほどにしておき、ここぞという時に100%を目指しましょう。


NGなこと4. 過度に期待をする

他人の気持ちや行動は、自分の思い通りにはならないものです。

自分の気持ちを理解してくれるはず、確実に好意を持ってくれているはず、などと過度に期待をしても、なかなかその通りにはいきません。

例えば、恋愛で好きな相手と付き合えたばかりの時期は幸せに見舞われますが、実際は相手からそこまで好かれていなかった場合、極端に落胆してしまう、などです。

幸せになりたいなら、過度な期待や見返りを求めることはやめましょう。


NGなこと5. 失敗やミスをいつまでも深く反省し続ける

失敗やミスを反省するのは必要なことですが、いつまでも引きずり続けていると幸せな気分になれません。

どんなに深く反省し続けてもミスをした過去は変えられませんし、ネガティブな感情に支配されるだけになってしまいます。

幸福感を高めたいなら、ミスも良い経験と捉え、成長の糧にしましょう。ミスを反省した後は、しっかり気持ちを切り替えることが大切です。

【参考記事】はこちら▽


NGなこと6. お金に強い執着心を持つ

お金を稼ぐことに執着しすぎると、自分にとっての幸せを見失います。

自分にとっての幸せをそっちのけで、お金を稼ぐことに固執したり、極端な節制を行ったりしていると、幸せから遠ざかってしまうでしょう。

また、お金に強く執着すれば、周囲とのコミュニケーションに支障が生じ、孤独になってしまうことも。

お金は夢や目的を叶えるための手段にすぎないことを忘れてはいけません。

【参考記事】はこちら▽


NGなこと7. 不幸自慢をする

自分の性格や思考が、口にする言葉に影響されるのをご存知でしょうか。

いつも不幸自慢ばかりしていると、ネガティブな性格になっていき、普段から幸せを感じなくなります。

例えば、「本当にダメな性格で失敗続き」「どうせ私なんか結婚できないし」などのネガティブな言葉は、自分を幸せからどんどん遠ざけてしまうものです。

幸せになりたいなら、不幸自慢や自虐ネタは避けましょう。

【参考記事】はこちら▽


NGなこと8. 自分を無価値な人間と考える

自分に否定的な考え方を持っていると、幸せを感じにくくなります。

「自分は人の役に立てる人間ではない」「価値のない人間だ」というような気持ちが根本にある人は、幸せな出来事が訪れても素直に受け入れられません。

人は生まれて生きているだけで、十分な価値があります。

自分は無価値というネガティブな思考が間違っていることに気付き、自分に自信を持ちましょう。

【参考記事】はこちら▽


NGなこと9. いつかは幸せになれると考える

待っているばかりで、幸せになる行動を何もしなければ、幸せを掴み取れません。

例えば、恋愛で恋人を作って幸せになりたい時でも、自分から恋人を作る行動を起こさなければ、恋人がなかなかできずに幸せになれないという結果になります。

幸せをただ待っているだけ、願っているだけでは、幸せになるのは難しいもの。自分から積極的に行動を起こすことが大切です。


NGなこと10. 過去の恋愛を引きずる

いつまでも過去を振り返ったり、引きずったりしていると、なかなか新しい恋愛に進めません。

せっかく新しい出会いや恋のきっかけがあっても、無意識に避けてしまうため、幸せを逃していまいがちです。

簡単なことではありませんが、新しく幸せな恋愛がしたいなら、「過去は過去」と割り切って、気持ちを切り替えるが必要。

「また同じように失敗するかも」「きっと上手くいくわけない」というような根拠のない不安を思いきって捨てましょう。


幸せになるために知ってほしいおすすめの名言

ここでは、幸せになるために知ってほしいおすすめの名言を3つ紹介していきます。

自分を変えて幸せになりたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

名言を通して、幸せな人生を送るヒントが見つかるかもしれませんよ。


おすすめの名言1. 『幸福というものは、一人では決して味わえないものです。』アルブーゾー

アルブーゾーはソビエト連邦の劇作家。この名言は、「イルクーツク物語」という作品の中に出てきます。

たとえ、どんなにお金があっても、素晴らしい才能があっても、孤独であれば虚しいだけ。幸福とは、一緒に分かち合える人がいてこそ味わえるものという意味の名言です。


おすすめの名言2. 『他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。 ふりかける時、自分にも数滴はかかる。』ユダヤの格言

有名なユダヤの格言です。「香水をふりかける=幸せや喜びを与える」という解釈となります。

自分の行ったことで人が喜んでくれれば、その笑顔を見た自分も幸せになれるもの。人を幸せにすることが自分の幸せに繋がることを意味する名言です。


おすすめの名言3. 『小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ1つの道』イチロー

野球のイチロー選手が、メジャーリーグの年間安打数の記録を更新した時のコメント。

コツコツと地道に練習を継続してきたからこそ、素晴らしい結果を出すことができた、という言葉です。

自主的に努力することの大切さが実感できる名言となっています。


おすすめの名言4. 『一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば自分の幸福なのだ』川端康成

小説家である川端康成の「一人の幸福」の物語の中に出てくる言葉です。

一生の中でたった一人の人間でも自分の力で幸福にできれば、それが自分にとっての幸福だ、という意味を表します。

簡単に言うと、「人を幸福にすること=自分の幸福」ということです。


おすすめの名言5. 『何も贅沢しなければ幸福になれないと言うことはない』武者小路実篤

小説家・詩人・劇作家など複数の肩書を持つ、武者小路実篤の名言。「武者小路実篤人生論集4 幸福の条件」に収録されています。

幸福になるには、お金持ちになることや、出世や成功をすることが必ずしも必要ではない、という意味合いです。

日々のささやかな生活の中でも幸福は見つけられることを説いています。


幸せになるために読んでおきたいおすすめの本

幸せになりたいなら、本から知識や考え方を学ぶのも一つの手です。

ここでは、幸せになるために読んでおきたいおすすめの本を厳選して3冊紹介します。自分が幸せになるにはどうすべきかが、きっと見つかるはずですよ。


おすすめの本1. 『幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII』岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えII

大ベストセラーとなった「嫌われる勇気」の続編です。

本当の意味での「自立」「愛」とは何なのかをテーマに、人が幸せになるための考え方や方法について解説されています。

幸せな人生を送りたい人はもちろん、アドラー心理学に興味がある人や、自分の価値観を変えたい人にもおすすめの一冊です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『幸せな人だけが知っている、シンプルな生き方』鈴木 真奈美 (著)

幸せな人だけが知っている、シンプルな生き方 幸運は、余白に訪れる

自分に合わないものや必要のないものを手放す勇気を持つと、思いがけない幸運が舞い込んでくることが解説されています。

シンプルに楽に生きたい」「抱えているものを取り払って身軽になりたい」という人にぴったりの内容です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『幸せはあなたの心が決める』渡辺 和子 (著)

幸せはあなたの心が決める

理不尽な環境の中での心の在り方について、大きなヒントをもらえる一冊。

生活の中で不満を抱えている人に、前向きになれる気付きを与えてくれる内容となっています。

人生が思い通りにいかなくて悩んでいる人や、辛い気分から抜け出せない人に特におすすめです。

Amazonで詳細を見る


幸せになる方法を試して、よりよい人生に変えていきましょう。

「幸せになりたい」と思っても、何から手を付ければいいのか迷ってしまいますよね。

本記事では幸せになるための方法をいくつか紹介しましたが、「自分にとっての幸せとは何か」ということを、一度じっくり考えてみるのも大切です。

自分の求める幸せや理想を心に描いて、たくさんの笑顔があふれる豊かな人生を送りましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事