不倫はどこから?法的な不倫の境界線&男女が思う不倫の基準を解説

不倫の定義って、具体的にどこからか分かりづらいですよね。そこで今回は、不倫の法的な境界線から、世間一般で言われる不倫の基準やパートナーの不倫を予防する方法まで詳しくご紹介します。不倫はリスクを伴うからこそ、知識を蓄えて予防して、いつまでも円満な家庭を築きましょう!

どこからが不倫になるのか知りたい方へ。

法的な不倫の境界線&男女が思う不倫の基準

もう既に誰かと結婚している人との、道ならぬ恋が不倫です。

「不倫ダメ。ゼッタイ。」なんて声をよく聞きますが、一体どこからが不倫になるのでしょうか?

今回は、分かっている様でよく分からない不倫の境界線について、詳しくご紹介。法的な不倫の境界線から男女が思う不倫の基準について詳しく解説していきます。


そもそも、不倫の意味とは?

浮気とよく間違われやすい不倫ですが、不倫は、恋愛関係にある2人のうちのどちらか、もしくは両方が他の人と婚姻関係にある状態を意味します。

浮気は、恋愛関係にある2人が独身である状態で、片方、もしくは、お互いにそれぞれ別の人とも関係を持ってしまう状態の事。いわゆる、二股です。

最近よく聞く「W不倫」とは、お互いに別の人との婚姻関係があるにも関わらず恋愛関係になってしまう人達のこと。

最近は不倫のことを、「婚外恋愛」などという言葉に置き換えて話す人もいますよね。しかし、「婚外恋愛」なんて言っても、家庭を持つ身で自分の配偶者以外と恋愛関係になるのは、不倫以外の何ものでもないのです。

【参考記事】はこちら▽


どこからが不倫なの?法的に不倫とみなされる境界線とは

法的に不倫とみなされる境界線がはっきりと決まっている事知っていますか?

不倫は、法的には「不貞行為」という行動に当てはまります。二股なんて言葉より不貞とはっきり言われてしまうと、事の重大さが重くのしかかりますよね。

そして、この不貞行為に該当するかどうか、どこからが不倫なのかという境界線は、ズバリ「異性と肉体関係があるかどうか」

手を繋いで歩いていた、路上でキスをしていた、などの行動は、世の中では不倫と言われるかもしれませんが、それらの行動は肉体関係を持った事にはならないので、法的には不倫に当てはまりません。(参照記事:https://ricon-pro.com/


【男女別】法的ではなく、世間一般で不倫だと線引きされやすい基準や境界線とは

「既婚者が配偶者以外と肉体関係を持てば不倫、なければ不倫じゃない」なんて言っても、それはあくまで法的な話。

世間一般では、一体どこから不倫と判断されるのでしょうか?

ここでは、世間一般で不倫だと言われやすい基準や、どこから不倫なのかという境界線と定義について、詳しくみていきましょう。


一般的に男性が不倫と感じやすい境界線や基準

どこから不倫とするかの定義は、男性か女性かによっても違います。

まずは、一般的に男性の多くが不倫だと感じやすい境界線や基準、その定義についてチェックしていきましょう。

「え、それも不倫に入るの?」なんて、女性が思ってしまいそうな境界線もあるので、要チェックですよ。


男性の基準1. 自分(旦那)に内緒で男性と2人で会う

結婚したからといって、それまでの友人関係を全て切る必要はありませんが、異性の友人や知人などと、「配偶者に内緒で会う」という時点で不倫と考えてしまう男性も多くいます。

勘違いしてほしくないのは、例えば、妻が夫以外の男性と2人で会うのがダメなのではなく、妻が夫以外の男性と2人で会うのを夫に言わない事がダメなのです。

「配偶者に内緒=配偶者に言えない事をしている」と判断され、不倫だと思われてしまうのです。


男性の基準2. 手を繋いだり、腕を組んだりする

仲の良い女友達だと、お互いに恋愛感情がなくても手を繋いで歩いたり、腕を組んだりするのは当たり前。しかし、男性同士の場合、「手を繋ぐ」「腕を組む」という行為は、恋人同士で行うもの。

仲が良いなら、せいぜい「肩を組む」どまりです。男性からみたら、手を繋いだり、腕を組むのは不倫の定義にばっちり当てはまっています。


男性の基準3. ハグをする

友人知人などと、挨拶や喧嘩の仲直りなどで何かとハグをするヨーロッパの文化と違い、日本の場合は友人知人とのハグが一般的とはいえませんよね。

ハグは、どちらかといえば、恋人や夫婦、親子などがするものです。

そのため、夫婦なのに、奥さんが自分以外の男性とハグをするなど、不倫に値する行為だと感じてしまいます。


男性の基準4. キスをする

恋人関係に至るまでのステップの一つでもあるキス。特に、口と口を重ねあわせるキスは、お互いの好意がなければしませんよね?

もし、自分の奥さんが、自分以外の男性とキスをしているのを目撃してしまったら、しばらくはそのシーンが頭から離れません。キスは不倫であると考える男性は数多くいます。


男性の基準5. 肉体関係を持つ

法的にも、「肉体関係を持つ=不倫行為である」とされているように、肉体関係、いわゆる性的関係を配偶者以外と持つ事は、立派な不倫。

「どこからが不倫なの?」という境界線に関する問いかけに、100人中100人が答えるのが肉体関係の有無でしょう。不倫相手に慰謝料の請求をされても文句は言えません。

手をつないだり、キスをしたりなどの行為とは違い、100%アウトなのが肉体関係なのです。


一般的に女性が不倫と感じやすい境界線や基準

では、女性は一体どこから不倫だと考えるのでしょうか?

不倫に該当しそうな行為でも、男性と女性では見解が少し違います。

男性には不倫の定義であっても、女性の場合は、許容範囲の場合もありますよね。もちろん、その逆も然り。「どこからが不倫か?」という問いかけに対する答えは、性差が大きい答えでもあります。

ここでは、一般的に女性の多くが不倫と感じやすい境界線や基準について一つずつチェックしていきましょう。


女性の基準1. 手をつなぐなど、スキンシップを積極的にとる

好きでもない異性とのスキンシップに、抵抗がある女性はたくさんいます。スキンシップは、恋人や夫婦など、親密な関係にある2人が行うもの。

そのため、手をつないだり、腰に手を回したり、などスキンシップに該当する行為を夫婦でも恋人でもないのに、お互いに積極的しあっている場合は、「あの2人、不倫をしているのでは?」と疑ってしまうのです。


女性の基準2. お泊りをする

「ただ、一緒にお喋りしただけ。一晩飲み明かしてだけ。」

なんて、お泊まりの言い訳によく使われますが、限りなく黒に近いグレーな言い訳ですよね。お互いに恋慕う気持ちがなければ、一晩一緒になんていられません。

特に、お泊まりしたのがホテルや相手の家だった場合、「一晩飲み明かした」なんて言い訳は誰も信じられないはず。

そのため、どこから不倫かと問われた時に「お泊まりした時」と答える女性が多いのです。


女性の基準3. 奥さんには秘密で他の女性と食事や飲みに行く

男女関係なく既婚者であっても、仕事や友人付き合いの関係で、異性と2人で食事や飲みに行くのは、よくある話。しかし、異性と2人きりで出かけるのを、妻や夫に秘密にする時点で怪しさ満点。

「2人きりだって言ったら、君が心配すると思ったからあえて言わなかったんだよ。」

なんて一見思いやりに溢れた言い訳に聞こえますが、騙されないで!

既婚者が配偶者には秘密で他の異性に会いたいのは、「配偶者には知られたくない事をしたいから」という可能性がありますよ。


女性の基準4. キスをする

キスも男性と同じく、女性にとっては浮気に入ります。いくら相手の女性から無理やりされたとしても、男性が受け入れたことには変わりありません。

キスをしたという事実そのものが女性にとっては不倫の判断になってしまうのです。


女性の基準5. 肉体関係を持つ

既婚者なのに、配偶者以外と肉体関係を持った場合、どんな言い訳があったとしても、それは、完全に不倫です。

「お互いに、旦那や奥さんに悪いって気持ちになっちゃって、最後までしなかったよ。」

なんて言い訳しても不倫です。肉体関係の行為の中で、「どこからが不倫に入るのか?」なんて質問は意味がありません。行為の長さや濃さ、回数などは関係ないのです。


基準は人それぞれでも予防策は同じ?不倫を未然に防ぐ方法とは

出来れば避けたい不倫問題。キスだけであろうと、肉体関係があろうと、1度でも不倫に該当する行為をしてしまったら、夫婦間に大きな溝を作ってしまいます。

「2人で食事は不倫に入る?どこから不倫?どこまではOK?」なんてグレーゾーンを心配するのもストレスですよね。

ここでは、不倫で夫婦関係を壊してしまわないよう、不倫を未然に防ぐ方法について詳しくチェックしていきましょう。


不倫を未然に防ぐ方法1. 最低でも月に一度は夫婦水入らずの時間を設ける

お互いに独身の時は、あんなに楽しみだった毎回のデート。結婚して、夫婦になって、毎日顔を合わせるようになると、一緒にいる事が特別な事から日常へと変化していきます

そして、子供が出来れば、子供中心の生活へとなり、「最後に夫婦2人だけでデートしたのっていつだったっけ?」と、もはや思い出すのすら難しい状態に…。

既婚者が不倫に走る原因には、様々なものがありますが、その一つが「夫婦仲がよくない」という致命的な原因です。

そこで、お互いの仕事が忙しくても、子供のお世話に追われていても、最低でも月に一度は、夫婦水入らずでデートしたり、のんびりできる時間を作りましょう。夫婦仲が円満であれば、既婚者の目が家庭の外への向いて不倫などという二股行為に走る事もありませんよ。

【参考記事】はこちら▽


不倫を未然に防ぐ方法2. 二人で楽しめる趣味を見つける

共通の趣味があると、それだけでお互いに一緒に過ごしたいという気持ちになるだけでなく、実際に一緒に過ごす時間が長くなりますよね。

また、共通の趣味があると、趣味を通じてコミュニケーションをとりやすくなるので、独身でお互いに恋人同士だった時のように新鮮な気持ちでいられます。

「共通の趣味なんてないし、お互いに興味の対象がバラバラ…。」という場合は、趣味とまでいえなくても、お花見や紅葉狩りに一緒に出かけたり、話題の映画を一緒に観に行ったり、共通の話題を増やしてみるのもおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


不倫を未然に防ぐ方法3. 子育てや人生設計など、共通の夢や目標を設定する

お互いに都合の良いときだけ会っていた独身時代とは違い、結婚し夫婦になったら、今後の人生設計や子供の育て方についてなど、様々な出来事を協力して乗り越えていかなくてはなりません。

「子供が小学校にあがったら、もう少し大きな家に引っ越そうよ。」

など、夫婦で協力して叶えていきたい共通の夢や目標を設定してみましょう。同じ目標に向かって頑張っていくと、自然と夫婦の絆も深まっていきますよ


不倫を未然に防ぐ方法4. 普段から感謝や好きの気持ちはパートナーに伝えるのを心がける

既婚者が不倫に走ってしまう原因に一つに「家庭内で自分が大事にされていないと感じているから」というものがあります。

不倫相手とのデートで食事を奢ったらお礼を言われ、デートの度に嬉しそうな笑顔を向けてくれたら、「ああ、この子は俺の事大切に思ってくれてるんだな。」などと、気持ちが不倫相手への傾いてしまうのです。

夫や妻の気持ちが外に向いてしまわないようにするためにも、常日頃から感謝の気持ちやどれぐらい好きなのかなどを、こまめに伝えるようにしましょう。

感謝の気持ちや愛情がきちんと伝わっていれば、夫婦仲も自然と円満に保てるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


夫婦円満のためにも、お互いの不倫境界線を知っておきましょう。

「どこからが不倫なの?」という不倫の定義は、人それぞれ。

とはいえ、「食事ぐらいは不倫じゃないと思ってるから。」なんて独りよがりな判断で、配偶者の気持ちを無視して、異性と遊びまくるのはおすすめできません。

円満な夫婦関係を築くためにも、お互いに「どこからが不倫になるのか?」などと不倫の定義を話し合っておくのがおすすめですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事