社内不倫はバレやすい!既婚者と付き合うリスク/断ち切る方法を解説

同じ職場の人と不倫する方って意外と多いですよね。そこで今回は、社内不倫に進展する原因から、社内不倫が発覚する理由、バレないカップルの特徴をご紹介します。さらに、同じ職場で不倫をするリスクや関係を断ち切る方法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

社内不倫をするカップルが見落としがちな盲点を解説!

社内不倫がバレやすい理由

同じ職場にいる異性とは、お互いが辛い壁なども理解できるので、恋愛関係に発展しやすいですよね。しかし、その相手が既婚者だったら、不倫関係になってしまいます。

今回は、社内不倫に進展する原因や、社内不倫が発覚する原因に迫ります。

また、同じ職場で不倫をするリスク、関係を断ち切る方法も解説するので、社内不倫をしている方、不倫がバレたくない方は、ぜひ参考にしてくださいね。


社内にいる既婚者と不倫関係になってしまう原因とは?

職場で毎日顔を合わせている相手と恋に落ちることは、よくあります。そしてそんな恋の始まりは、社内不倫でも同じです。まずは、社内不倫が進展する主な原因を解説します。


原因1. 飲み会で意気投合する

職場での飲み会は、仕事ではないので気楽に過ごせる時間です。仕事をしている時よりも、素の自分が現れます。

相手が上司であってもラフに話せるので、意気投合することもしばしば。男性的な部分や、女性的な部分に気付くこともあるでしょう。

すると、普段とのギャップを感じて「好きかもしれない」という気持ちになってしまうのです。


原因2. 残業で2人きりの状態になる

2人きりになると、プライベートな空気が流れます。すると、いつもよりもオープンになれますよね。職場で勤務時間内に仕事をしていたら、なかなか味わえない感覚です。

いつも難しい顔をしている上司がリラックスしていたり、せかせかしている部下がのんびりとしているなど、普段とは違う姿を見ると、きゅんとしてしまうことも少なくありません。

さらに、「一緒に残業を頑張った」という共通点も、恋愛関係に発展するきっかけになります。男性と女性が職場で2人きりになることは、社内不倫に進展するのに申し分ない環境です。


原因3. 仕事終わりに2人で食事や飲みに行く

「2人で食事デート」というと難易度が高く感じますが、仕事終わりの食事や飲みなら気軽に行けますよね。男性女性問わず、職場の人と食事を共にするのは普通のことです。

仕事が終わると、開放的な気持ちになりますよね。上司に誘われても、気軽について行けるでしょう。そして、食事や飲みに行って良い雰囲気になったからと、そのままホテルへ直行することもよくあります。

そのつもりがなくても、実は社内不倫へ足を一歩踏み入れているのです。


原因4. 同じチームやプロジェクト担当になり、過ごす時間が増える

恋愛では顔を合わせる回数が増えるほど、相手へ好意を抱くとされています。

同じチームやプロジェクト担当になると、1日の大半を一緒に過ごすことになりますよね。相手がどんな人かも知れるので、好きになるきっかけにも溢れているのです。

不倫関係になるにはぴったりの環境と言えるでしょう。


原因5. 仕事の相談をしている

親身になって話を聞いてもらえると、恋心を抱いてしまうことも少なくありません。それは、弱音を見せることで親密に関係になるからです。

特に上司くらいの年齢になると、大人の余裕を感じますよね。ついつい相談したくなる雰囲気を醸し出しています。

相談する前は、仕事関係の人としてしか見ていませんが、親密になればなるほど、男性として、女性としてお互いを見てしまうことも。

相手が既婚でも、好きな気持ちを止められなくなってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


隠していてもなぜバレる?社内不倫が会社内で発覚する理由

不倫は良くないとい考え方は、誰もが持っているものです。だからこそ、社内不倫をしていることを隠したいカップルは多いですよね。

ここでは、社内不倫が会社内でバレてしまう理由を解説します。なぜ不倫関係がバレるのか疑問に思っている方は、必見ですよ。


理由1. 会社の外で2人きりで過ごしているのを職場の人に目撃される

一緒にいる理由が分からない人同士が社外で会っていると、不自然に思いますよね。

食事をするだけならまだしも、手を繋いだりホテルへ入るのは、付き合っていなければしないこと。そんな姿を目撃されたらバレるのは時間の問題で、噂はすぐに広まり発覚してしまうのです。

バレないように遠くへ行っても、社内の人がいる可能性は大いにあります。


理由2. 職場の人へ恋愛相談をしたから

不倫を良く思わない人は多いです。そんな人へ恋愛相談してしまったら、社内に不倫がバレることは防げません。うわさとなってすぐ広がります。

「秘密にしてほしいんだけど...」と伝えたとしても、人から人へと渡っていくのです。周囲からすれば、社内の2人が不倫しているなんて放っておけないもの。自分の中だけに留めておけず、ついつい人へ話してしまいます。


理由3. 会社内での接し方や距離感が異常に近いため

社内不倫をしている2人は、独特の雰囲気を放っています。あからさまにお互いを男性、女性と見ていて親密です。

2人きりの時と同じように接すれば、周囲は怪しいと感じます。自然と距離が近くなるのも、不倫を疑われる要因です。

当人たちはバレたことを不思議に思っていますが、発覚する原因は自分たちが作っているのですよ。


理由4. 希望休を同じ日に取るなど、露骨に休みを合わせている

希望休がかぶることって、そうそう多くないですよね。そんな中で同じ日に休みを取っていると、怪しいと思われても仕方ありません。

決まった休日の仕事だと、職場の人たちは仕事をしている時に休むことになります。そこで一緒に希望休をとると目立つので「あれ?またあの二人休み?」と思われ、不倫を疑われてしまうのです。


バレずにうまく関係を構築している不倫カップルの特徴

社内不倫をしているカップルの中には、バレないで付き合っている人もいます。どうやったらバレないでいられるのか、気になりますよね。ここでは、バレずにうまく関係を構築している不倫カップルの特徴を紹介します。


特徴1. お互いに仕事とプライベートをハッキリと分けている

社内不倫がバレるのは、仕事とプライベートが混ざってしまっているカップルです。

職場でいちゃいちゃしていたら、誰でも社内不倫に気づきます。仕事中はいつも通りの対応を心がけるだけでも、周囲から疑われることを避けられます。

仕事は仕事、恋愛は恋愛。カップルモードになるのは2人だけの時にとどめる不倫は、周囲に気付かれにくいです。


特徴2. 会社の近くでは会わないなど、デートに気を配っている

社外で2人きりになるのは、怪しさ満点です。手をつないでいたり寄り添う姿を目撃されれば、不倫がバレてしまいます。

不倫がバレないカップルは、「バレてしまったらそこで終わり」と分かっているのです。だからデートをしたい気持ちにもなっても、その場限りの感情では動きません。

お互いの知り合いがいそうな場所は避けるなど、2人で会う時は細心の注意を払っています。


特徴3. LINEのやり取りなど、証拠は絶対に残さない

既婚男性、既婚女性の場合、奥さんや旦那さんが不信がってスマホをチェックする可能性があります。

LINEや電話の履歴は、不倫を突き詰めるにもぴったりの材料。「カップルらしいやりとりをしていたら、不倫を咎められても逃れられない」と分かっているので、リスクを最小限に減らします。

思い出として残しておきたくても、付き合い続けるのを優先するのがバレない不倫カップルです。


いくら好きでも別れた方が吉。社内不倫をするリスクとは

社内不倫をしている真っただ中は、幸せに溢れているでしょう。ですが、数々のリスクがあることを忘れてはいけません。

ここでは、社内不倫をするリスクについて紹介します。バレれば人生を左右するレベルのことなので、リスクを確認して一度冷静になりましょう。


社内不倫のリスク1. 発覚した時に会社を辞めなければいけない恐れがある

社内不倫でもっとも怖いのは、バレた瞬間に仕事がなくなる可能性があることです。

世間一般的に、不倫は人道外れた行為。会社側からしても、周囲が良く思っていない人を残しておくわけにはいきません。

どちらかが会社を辞めても、残った人は「不倫をした人」というレッテルを貼られます。居心地が悪くなるのは、目に見えていますね。


社内不倫のリスク2. 慰謝料を請求されるリスクがある

結婚は、契約関係でもあります。不倫は契約違反として法に触れる行為なので、相手の奥さんや旦那さんが裁判を起こす可能性も。

裁判で不倫が認められれば、多額の慰謝料を請求されることもあるのです。「大事にしたくない」と裁判をやめたい場合でも、多額の示談金が必要になります。

たった一回の過ちでも大きな負担を強いられることは、忘れてはいけません。


社内不倫のリスク3. 不倫が発覚することで社会的信頼を失う

どれだけ仕事を頑張っていても、不倫は許される行為ではありません。積み上げてきた信頼も、簡単に崩れ去っていきます。

いくら仕事ができるからといって、不倫をする上司に信頼はおけないですよね。出世や昇進など、キャリアにも大きな傷がつきます。

今まで頑張ってきたものを全て失うほど、不倫にはリスクがあることを頭に入れておきましょう。


社内不倫のリスク4. 離婚に繋がるリスクがある

不倫が発覚したら、誰よりも傷つくのは奥さんや旦那さんです。結婚して添い遂げると決めた相手に裏切られることほど、辛いことはありません。

自分を傷つけた相手と生きるのは、心が裂けるほど苦しいもの**。会社もクビになり、多額の慰謝料を請求された相手との将来なんて、考えられません。

中には許して結婚生活を続ける人もいますが、離婚を選ぶことも少なくないです。奥さんや旦那さんまでいなくなったら、何も残りませんよ。


社内不倫のリスク5. 異動されたり、役職を降格されたりする可能性がある

会社を辞めることは避けられても、いまある環境が続くとは限りません。

同じ部署内で社内不倫をしていれば、異動することもあるでしょう。責任のある役職についていれば、信頼がなくなって降格される可能性もあります。

不倫をしても受け入れてくれるほど、世の中は甘くないです。発覚すればいまの環境がなくなるリスクも、忘れてはいけませんよ。

【参考記事】はこちら▽


同じ職場の人との不倫関係をキッパリと断ち切る方法

社内不倫を辞めたいけど、辞められない。そんな悩みに頭を抱えている人も、たくさんいますよね。

最後に、同じ職場の人との不倫関係をキッパリと断ち切る方法を紹介します。バレる前に社内不倫を終わらせて、誠実な人生を歩みましょう


断ち切る方法1. ハッキリと別れを申し出て、今後は2人で会わないようにする

自分の意思で不倫関係を終わらせると、自分を裏切れないから継続しやすいです。一度別れてしまえば、復縁したくてもぐっとこらえるでしょう。

強制的にやらされたことって、あまり長く続きません。

別れることを告げたら、物理的な接触を避けるのも忘れずに。2人きりで会うと、決意が揺らいでまた不倫関係が始まる可能性があります。


断ち切る方法2. 別れた後が気まずい場合、部署異動の希望を出して会わないようにする

不倫関係でなくても、別れたあとは気まずい雰囲気になります。社内不倫なら、なおさら気まずさも倍増。上司と付き合っているなら、別れた相手の下にいると働き辛いでしょう。

その空気に耐えられないなら、部署移動の希望を出すのも一つです。

一緒に働く機会がなくなれば、顔を合わせる頻度も減ります。会わなければ気持ちも薄れていくものです。新しい部署で新しい仕事に追われれば、恋愛も忘れられるでしょう。


断ち切る方法3. 少しでも心残りがある場合、思い切って片方が転職をする

別れた直後は、心にぽっかりと穴が空いた気持ちになります。「不倫は良くない」という理由だけで別れることになったなら、まだ好きな気持ちが残っているでしょう。

もし少しでも心残りがあるなら、転職してしまうのも良い方法です。環境が変われば生活習慣も考え方もガラッと変わります。

新しい環境で素敵な人に出会い、幸せな恋が始まる可能性もありますよ。

【参考記事】はこちら▽


社内不倫は誰も幸せにならないのでやめておきましょう。

社内不倫の渦中にいる時は、幸せに溢れていることでしょう。

ですが、冷静になって考えると、不倫には数えきれないリスクが伴います。一度バレてしまえば、もう後戻りはできません

もし少しでも心に引っかかることがあるなら、いますぐに別れる方向で動いてくださいね。

男性と女性である以上、恋愛関係に発展する可能性は、どこにでも溢れています。不倫を選ばなくても、幸せな恋愛はありますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事