シスコンな人の心理&特徴|姉妹好きな人の恋愛傾向や見分け方も解説

姉妹のことが大好きな「シスコン」な人っていますよね。本記事では、シスコンの意味からシスコンな人の心理と特徴、恋愛傾向、シスコンになる原因を解説!さらに、女性向けにシスコン彼氏の見分け方と上手に付き合う方法をレクチャーします。ぜひ参考にして、シスコンの理解を深めてみてくださいね。

シスコンの人って意外と多いですよね。

シスコンな人の心理&特徴

自分の姉妹に大きな愛を傾けるシスコン。本人たちは幼い頃から当たり前として育っているだけに、周囲の偏見にも似ている視線が不思議だと思っている人も多いです。

この記事では、シスコンな人の心理と特徴、恋愛傾向、原因、見分け方などをご紹介します。シスコンが身近にいる人は、一体どんな思考や心理を抱いているのでしょうか。


シスコンとは?意味を詳しく解説!

シスコンとは、自分の姉や妹に対して強い愛着を継続的にもつ状態や傾向を指しています。シスコンは略語で、正式にはシスターコンプレックスといい、大きく影響を受ける身内を指すことが多いです。

しかし恋愛においては、「姉御肌」「妹キャラ」といったところにタイプがある人のこともシスコンと称することがあり、それぞれのフィールドで対象に変化もみられます。


どんなことを考えてるの?シスコンな人の心理4つ

はたから見ると、血の繋がりがあるのに妙に仲が良すぎて、ベタベタすることもあり引かれてしまいがち。どんな気持ちで姉妹をみているのかが気になってしまう人も多いでしょう。

ここでは、シスコンな人の心理を4つご紹介します。


心理1. 姉妹のことが心配で仕方がない

姉妹が大好きすぎる人は、とても心配症です。そのため大切な姉妹に「変な人に騙されないかな」「1人で泣いていたらどうしよう」などという不安を抱えています

失敗して覚えることもあるのに、先に不安を回避させようと過剰に干渉。姉妹がますます自立が難しくなることもみえず、「守らなきゃ!」と思いガードしてしまうのです。


心理2. 姉妹に対して劣等感を感じている

姉や妹に対して「凄いな」「逆に生まれたかったな」などと感じている人もいます。モテる性格やスタイル、顔などに憧れがある一方で、自分と比較し強い劣等感を抱くようになるのです。

それでも家族への愛情は深く、姉妹を「素直に応援したい」と考えているため、意に反して姉妹に執着し自分を騙し続けていることもあります。


結果として、自分に自信を持てなくなる

特に女性に多いのですが、毎日顔を合わせる姉妹に対して劣等感を感じていると、必然的に自分に自信を持てなくなってしまいます。

両親や親族、友達たちから比較されてしまうことで自尊心を保てなくなるのです。ひどい時は、「自分は姉(妹)に比べて何も出来ない」と悩んで精神的に辛くなってしまう人もいます。

【参考記事】はこちら▽


心理3. 姉妹のことが大好きで、自分にかまってほしい

姉妹のことが大好きな人は、友達や恋人といるよりも姉妹を優先するため、自然と周りとのコミュニケーションが希薄になってきます。

そのため、友人や恋愛経験も少ない人が多く、常に自分の理解者を求めています。必ず側にいる存在に安心感を抱くため、恋人同様に姉妹にも執着するようになるのです。

「今何してるの?」「何時に帰ってくるの?」と大人になってもプライベートな空間に自分が入っていないと不安になり、誰よりも「かまって欲しい」と願っています。

【参考記事】はこちら▽


シスコンの特徴9選。自分や周りの人を診断してみよう!

シスコンにも様々な特徴がみられますが、外見や雰囲気だけでは判断しにくいもの。彼らの性格や行動には、どんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、シスコンの9つの特徴をご紹介します。自分や周囲の人にそれらしい人がいれば、診断してみましょう。


シスコンな人の「性格」の特徴

「シスコンとは」という定義だけでは、なかなかシスコンかどうか診断できません。

まず、シスコンな人の性格の特徴をご紹介します。シスコンの性格の特徴を把握しておけば、お付き合いする際にもいい目安になるはずですよ。


性格1. 姉妹に恋人ができると、どんな相手か気になってしまう

自分の恋人よりも愛情を姉妹に向けているのがシスコンです。姉妹に彼氏や彼女ができる時は「本当に好きなのか」「自分よりも姉妹を大切にできるのか」などと親のような気持ちになって恋人をチェックしてしまうのです。

また、大好きな姉妹が自分より大切だと思う相手はどんな人なのか気になり、姉妹のいない場所で相手を知ろうと詮索することもあります。


性格2. 嫉妬心が強い

基本的にシスコンは寂しがりやです。姉妹は自分を一番心配してくれる存在だと疑わないため、彼氏や彼女ができると「私の理解者を奪わないで!」と嫉妬心を燃やしてしまいます。

自分より過ごす時間が長かったり、連絡に即返信がなかったりすると、愛情が憎悪に変ってしまうことも。態度も優しさと冷たさが交互にみえるようになり、葛藤が始まることで姉妹重視を自覚する人も多いです。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 姉妹をライバルのように考える

シスコンは自己肯定感が低く、どうしても自分と姉妹を比較しがち。姉妹は嫌いじゃなくても比較されて育ったので、何かにつけて姉妹をライバル視するのです。

そのため、自分自身を認めて欲しいという思いは、親ではなく自分にないものをもつ姉妹に向けられシスコン化していきます。内心では「姉妹に負けたくない」という意識がある人は姉妹が大好きな可能性があるでしょう。


性格4. 女性への理解度が高い

愛情をもって姉妹に接するため、いつも姉妹を気遣い、労わろうと心がけています。特に男性は、他の男性よりも女性への気遣いや配慮が優れ、女心も良く知っているのです。

素敵な男性がいて、あまりにも女性へのきめ細やかな対応があれば、兄弟構成を聞いてみるのもいいでしょう。姉妹がいればシスコンの可能性はゼロではありません。


性格5. 依存心が強い

シスコンは、どんなことも自分より姉妹を優先します。自分で意思決定ができないタイプも多く、自分の道しるべとしても姉妹に依存してしまうのです。

悩みを相談することはもちろんですが、ひどいと食べるものや着用する服まで姉妹の意見通りに動いてしまう傾向もみられます。仲良しでも「従う」に徹する傾向があればシスコンといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格6. 一人でいることが苦手

精神的に自立していないことも多いシスコンは、1人でいると過剰に寂しい感情に襲われ、虚無感を感じてしまいます。そのためSNSやInstagramでも多くの交流をはかり、寂しい気持ちの穴を埋めようとします。

一人でいることが苦手なため、一人にならないよういつもスケジュール帳を真っ黒に埋めたがる人や、いつ呼んでも来てくれるような恋人のいない友人が多いのも、シスコンの特徴です。


シスコンな人の「行動」の特徴

シスコンを見極めるポイントは、自ら頻繁に姉妹のことに触れて話すこと。姉妹の話題になったら特に注意して耳を傾け、感情の波を探ってみることが大切です。

ここでは、シスコンな人の行動の特徴についてご紹介しましょう。


行動1. 姉妹の悪口に対しては怒る

思考や行動の多くが姉妹に傾いており、意識的には既に同化していることもあるシスコン。大切な姉妹を悪く言われて気分のいい人はいませんが、一般的には理性で怒りも抑える人も多いでしょう。

しかし姉妹愛が強いシスコンは、猛烈に怒りキレます。少しでも姉妹を非難されて激怒している人がいれば、高い確率でシスコンの可能性がありますよ。


行動2. 姉妹と一緒に出かけることが多い

姉妹が大好きですので、休みの日に一緒に出かけることはもちろん、平日も職場まで送迎したりすることも「あるある」です。中には姉妹に彼氏を作ってほしくないために、休日を独占する人もいます。

会話の中にも頻繁に姉妹が登場し、自慢げに話しながら「可愛い」「頭が良い」などという言葉を使っていれば、シスコンを疑ってもいいでしょう。


行動3. 姉に物をねだりがち

シスコンの姉は、基本的にシスコン男性に優しいです。年齢が離れていたり、親がシングルや共働きで幼いころから2人で過ごす時間が多かったりすると、母親業を姉がすることになるからでしょう。

甘えておねだりすることも、姉には素直にできる人が多いです。物をねだって与えられなくても、姉のお叱りは嬉しいし従順になれます。


シスコンな人の恋愛傾向とは

過剰に姉妹に執着してしまう彼氏や彼女だったら、自分は後回しにされそうな印象がぬぐえません。実際のところシスコンとの恋愛は、どういった傾向がみられるのでしょうか。

続いては、シスコンな人の恋愛傾向についてご紹介します。


恋愛傾向1. デート中に姉妹に連絡してしまう

恋人といる時にも、頭の片隅ではなく、なかなか大きな範囲で姉妹が思考を占領しているのです。そのため、デート中でも姉妹からの電話やLINEを無視することはありません。

デート中に「ご飯食べたかな?」「買ってきて欲しいもの聞くの忘れた」などと、姉妹のことばかり気に掛けるような素振りがあればシスコンの可能性が高いです。


恋愛傾向2. デート服を姉妹に選んでもらう

意思決定ができないシスコンは、デートの服も選ぶ自信がありません。そのため、絶対的信頼を寄せる姉妹にコーディネートをしてもらう人は多く、自分が姉妹に支配されているような感覚こそ安心感につながるのです。

恋人同士のペアルックなども不可能に近いでしょう。また、ひどい恰好でコーデされていた場合、指摘してしまうと「お姉ちゃんにコーデしてもらったのに」と怒る人もいます。


恋愛傾向3. 恋人とのことを姉妹に相談する

恋愛相談をする姉妹はいるかもしれません。しかし、シスコンは恋人からもらった手紙を姉妹に見せたり、パートナーだからこそ話せるプライベートな悩みを姉妹と共有してしまったりします。

彼の家に行って「初めまして」のはずなのに、自分の詳細を怖いくらいに知っている姉妹がいれば、シスコンと考えてもいいでしょう。


恋愛傾向4. 彼女に対して尽くす傾向にある

姉妹に執着しすぎるシスコンですが、中には「自立したい」と考えているシスコンも多いです。きっかけは姉妹の結婚や、執着の怖さを指摘され始める時が多く、姉妹を忘れようとするのでしょう。

愛着対象を恋人に置き換えて接するので、彼女にもとことん尽くす良い彼氏になることも。いいパートナーとマッチングできれば、最高のカップルになれるはずです。


恋愛傾向5. 姉や妹を女性の理想としている

シスコンの彼と付き合い始めたら、いつも姉妹と比較されることが多くなったという話も、シスコンあるあるです。姉妹を理想の女性と思っているため、彼女を姉妹に似せていこうとするのでしょう。

ある意味とても怖い話ですが、「好きな人の色に染められたい!」という女性なら、素直に染められようと努力するかもしれません。


どうしてなるの?シスコンになる3つの原因とは

シスコンは、どんなタイミングで姉妹への愛情が変化してしまうのかも気になるところ。本人の性格や行動ではなく、環境や精神的なものが原因になることも多いようです。

続いては、シスコンになる3つの原因をご紹介します。


原因1. 姉妹への庇護欲が強い

シスコンは長男・長女に多いとされています。幼い頃から、小さくか弱いものを大切にしなければいけないと教えられる人も多いでしょう。シスコンは庇護することの教えが不安に変わり、異常な執着で「守らなくちゃ」と考えてしまうのです。

基本的には、姉妹が自立して「自分でするから」「ウザい」といった突き放しがあれば、収まることもありますが、強く根づいた庇護欲はなかなか抜けないことが多いです。


原因2. 姉妹と一緒に過ごす機会が多かった

幼い時期から、様々な理由で姉妹と2人きりで過ごす時間が多い家庭もあるでしょう。姉妹がいれば、自分も不安な中で支え合いながら成長することになるので、親よりも頼りになる存在になっていきます。

片親や共働き、ネグレクトや虐待などの家庭で育つと、シスコンも重症化することが多いです。お互いが早い段階で自立できないことも原因になるのでしょう。


原因3. 姉妹がブラコンである

男性がシスコンの場合には、姉妹はブラコンである確率は高めです。頼り頼られ、思い思われながら、共に精神的な支えとしてお互いを認識しています。

恋人ができれば、「取られた」感を前面に押し出して邪魔をしてくるケースもあり、中にはひどい嫌がらせなど、制裁を受ける人もいるそう。結婚するのをためらってしまう人も少なくありません。


あなたの彼氏はシスコンかも?シスコン男性の見分け方5つ

もしも自分の彼氏がシスコンだったら、今後のお付き合いも多少考慮する必要はでてきそうです。シスコン男性の的確な見分け方を知って対策していきましょう。次に、シスコン男性の5つの見分け方をご紹介します。


見分け方1. 女性のトレンドに詳しい

シスコンは、姉妹との会話時間も長く、相談相手としても欠かせない存在になっています。そのため女性のファッションやメイク、話題になる人気スポットやグルメなどにも、自然と詳しくなっていくのです。

誕生日やイベントなどのプレゼントが「イマドキ」だったり、いつも人気スポットに連れて行ってくれるような彼に姉妹がいれば、シスコン度が高いでしょう。


見分け方2. 姉や妹の写真や思い出の品をたくさん持っている

シスコンも、周囲からシスコン呼ばわりされることを好ましく感じません。それでもシスコンは簡単に意識から抜くことはできないのです。

そのため、普段から姉妹との写真や贈り物などを持ち歩いていることも。デートの時に何気なく触れたものを奪い返されたり、財布の中に姉妹とのプリクラや写真が入っていたりすれば、シスコンの可能性は高いでしょう。


見分け方3. 彼女よりも姉妹との予定を優先することがある

愛情の優先順位のトップが姉妹であるシスコン。一般的には緊急事態や冠婚葬祭、盆正月など以外は、恋人との予定を優先させる男性も多い中、シスコンは、何もない日のデートも姉妹との予定を優先させてしまいます。

デートキャンセルや「この日はダメ」と言われた理由が姉妹だったら、シスコン気味なのかもしれません。


見分け方4. 彼女と姉妹を比較する

ただでさえ、他の女性と比較されたらショックを覚えますよね。男性も繊細な女心を傷つけないようにする人は多いので、彼女の前で他の女性と比較することは少ないでしょう。

しかし、シスコンは「姉妹なら家族だし!」と気が緩むのか、平然と彼女の前で姉妹と彼女を比較。もちろん自慢の姉妹を優位にして話すため、シスコンが確定するのに時間はかかりません。


見分け方5. 姉妹トークをしがち

シスコンにとって姉妹は、自分の力強い味方であり支えです。自慢したくなるほど愛情を持っていますので、事あるごとに姉妹トークを繰り広げてしまいます。

どこかに旅行に行った話でも「姉妹と行ったことある!」。気になるグルメの話にも「俺、この間姉妹と食べてきた!」といった調子です。自分よりも姉妹との行動や言動の話が多いなと思ったら、シスコンでしょう。


シスコンな彼氏と上手に付き合う方法

今現在付き合っている彼氏が「怪しい」もしくは「間違いない」と思われるシスコンでも、付き合いを継続するなら心がけておきたいポイントがあります。

ここでは、シスコンな彼氏と上手に付き合う方法をご紹介しましょう。


付き合い方1. 姉妹の話をしっかりと聞いてあげる

自分の家族を悪く言われたり、「興味ない」と拒絶されたりすれば、誰もが良い気分はしません。愛情をもって接する男性が大切に思うものを一緒に大切にできるのが、本当の愛情なのです。

少し頻度は多いかもしれませんが、姉妹の話にも耳を傾けてみましょう。


付き合い方2. 姉妹のことを褒めてあげる

シスコンは姉妹が自慢です。何の特技がなくても、存在自体が彼を今まで支えてきたのかもしれません。彼が姉妹を自慢している時には、一緒に姉妹を褒めてあげましょう。

自分が大切にしているものを褒めてもらえると、彼自身の肯定感も上がって自分に自信をもつことができます。仕事も家庭もうまく回りだすこともあるでしょう。一緒に褒めてアゲマンになるのもおすすめです。


付き合い方3. 彼と会う時間を少しずつ増やす

シスコンは一種の依存症です。双方が一定の距離を保っていないと、思考から姉妹が抜けることは避けられません。彼女にできることといえば、彼と会う時間を少しずつ増やすことでしょう。

もし彼が、姉妹よりも自分に会う回数を減らしていることが分かれば、ハッキリと「いい気分はしない」ことを伝えるべきです。我慢はストレスになり、いずれ破綻に向かってしまいます。


付き合い方4. 姉妹に求めるポイントを知って努力する

彼の理想の女性が姉妹というケースも、シスコンでは珍しくありません。彼女にも姉妹の趣味趣向を求める男性は多いでしょう。

彼女としてはショックも大きいですが、拒否ばかりしても彼との距離を縮めることにならないのです。

シスコン男性が求める姉妹の萌えポイントを、一度受け入れてみるのも彼との関係性を良くするための方法。選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。


付き合い方5. 時にはわがままを言う

シスコン彼氏の姉妹三昧に付き合ってあげている女性も、本来なら全力で自分に愛情を注いでほしいと考えるでしょう。我慢ばかりではストレスが増え、表情や態度も好きとはかけ離れたものになってしまいます。

時には「今日だけは私を優先してね」「私が寂しい気持ちだって分かってる?」などと本音でぶつかってみるのも大切ですよ。


付き合い方6. 彼氏の姉妹と仲良くなる

シスコン彼氏といいカップルになるための最高の方法は、彼氏の姉妹との関係性を深めることです。彼氏よりも姉妹を優先させ、姉妹に「彼女なら兄(弟)を任せられるな」という意識をもってもらうようにします。

そうすれば、シスコン彼氏が姉妹と連絡をとっても自分が嫉妬などでイライラする時間が激減しますし、彼と一緒に姉妹を大切にしようと思えるでしょう。


シスコンな男女の心理を理解してあげましょう。

シスコンは強い執着を持っているものの、基本的にはその多くが優しさからできています。ただシスコンの彼氏彼女という立場になると、愛情の方向性にどうしても理解できない点も出てきますよね。

意外と、苦手なものを避けるより、飛び込んだ方が深く理解できることも多いです。シスコンで悩むなら、一緒にシスコンになったつもりで姉妹に飛び込んでみてくださいね。一気に好きなものが2つに増えるかもしれませんよ。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事