慰める方法は男女で異なる?男女別の慰め方&おすすめの言葉を大公開

落ち込んでいる人を慰めるのって難しいですよね。そこで今回は、辛い時に慰める上手な方法を男女別に詳しくご紹介します。さらに、慰める時に気をつけたい注意点も合わせて徹底ガイド。しっかりとマスターして、身近な人を励ましてあげられる素敵な人を目指しましょう!

相手に合わせた“適切な慰める言葉”をレクチャー

男女別の慰め方&おすすめの言葉

落ち込んでいる人に対して適切な言葉をかけるのって難しいですよね。どんな言葉をかけてあげればいいのか、迷ってしまう人もいるかもしれません。

実際、落ち込んでいる人に対して、どんな方法で慰めるのが良いのでしょうか。

今回は、落ち込んでいる人を慰めるコツや方法を男女別に詳しく紹介します。相手が求めている言葉を言ってあげられるような魅力的な人を目指してみてくださいね。


前提として「慰める」の意味とは?

「慰める」とは、悲しんだり泣いている人に対し、心が和やかになるよう優しい言葉をかけることを意味します。

じっくりと話を聞いてあげたり、好きなものを買ってきてあげたりして、悲しみや苦しみを紛らわせるようにサポートしてあげることが「慰める」こと。

一方、「励ます」は前向きで元気な姿勢を取り戻すように促すことを意味します。似ているようで、若干ニュアンスが異なりますので注意しましょう。


男女で異なる?男女別の効果的な慰め方や励まし方とは

夫婦やカップルで、パートナーに対し「今日はなんだか元気がなさそう」と気を遣ったつもりが、「逆に相手を怒らせてしまった」という経験がある人もいるでしょう。

それは、効果的な慰め方や励まし方が男女で異なるのが原因。良かれと思ってした行動が逆効果とならないよう、男性/女性別の効果的な慰め方や励まし方を知っておきましょう。


男性に効果的な慰め方や励まし方

男性はプライドが高く、周囲にはいつも強い自分を見せたいと思う生き物。落ち込んでいる原因を直接的に聞かれると、プライドが傷ついてしまいます。

男性を慰めたり励ましたりするには、とにかくたくさん褒めてあげるのが効果的。

「こんなカッコイイところがあるよね!」「こんなところが素敵!」と具体的に褒めて、自尊心を満たしてあげましょう。


女性に効果的な慰め方や励まし方

女性は、共感を得ることで精神的な安心感を得ます。女性を慰めたり励ましたりするには、話を聞いた上で共感してあげるのが効果的。

「聞いてくれてありがとう、話してすっきりした」と言われれば、慰めは成功したと言えるでしょう。

反対に、悩みへの具体的な解決策をいきなり提案するのはNG。「私の気持ちを分かってない!」と怒らせてしまうので気をつけましょう。


【男女別】落ち込んでる人を慰める方法や具体的なおすすめの言葉

男性と女性それぞれに、効果的な慰め方や励まし方が存在することはお分かりいただけたかと思います。

次は、もっと具体的に落ち込んでいる人を励ますのにおすすめの言葉や行動を紹介。もちろん男女別にありますので、しっかりとマスターしてくださいね。


落ち込んでいる男性を慰める方法

落ち込んでいる男性の部下や彼氏、好きな人が落ち込んでいるのを見たら、慰めてあげたい時もありますよね。

落ち込んでいる時の男性の心理を知り、適切な言葉のかけ方を知りましょう。上手に慰めるコツを知れば、相手の心を掴んで距離を縮めることもできますよ。


男性の慰め方1. 一人で考え込んでいる場合、落ち着くまでそっと見守ってあげる

男性は悩みがある場合、最初にやるのは自分の中で考えを整理すること。男性心理として、考えがまとまらないと、言葉にできないという特徴があるのです。

一人で考え込んでいる場合は、落ち着くまで一人にしてあげましょう

また、悩みや辛いことを素直に打ち明けるのが苦手だという人も多くいます。一人で考え込んでいる場合は、声をかけずにそっと見守りましょう。


男性の慰め方2. プライドが高く、素直になれない男性は食事や飲みに誘って話を聞いてあげる

自分の弱みを人に見せまいとするプライドが邪魔して、素直に悩みを打ち明けられない男性もいるかと思います。

身近にそんな人がいたら、食事や飲みにカジュアルに誘ってあげましょう。

お酒が入ってくると、徐々に打ち明けられるような雰囲気になりますよね。相手が話し始めたら、じっくり話を聞いてあげることが大切です。


男性の慰め方3. 場が和んできたら「なんか辛いことや悩み事でもあるの?」と理由を聞き出す

男性は、「悩みは自分で解決するもの」と考えるため、「話を聞いてくれないか」と自分から相談を持ちかける人は多くありません。

「話聞くよ」と声をかけても、ほとんどの場合「なんでもない」と断られてしまうことがあるのです。

コーヒーやお酒を飲みながら、場が和んだタイミングで「辛いことでもあるの?」とそれとなく聞いてみましょう。


男性の慰め方4. 男友達が落ち込んでいる場合、遊びに誘って気分転換に付き合う

落ち込んだ時は、何もしないと気分がどんどん落ちていってしまいます。

「仲のいい男友達がいつもより元気がない...」と思ったら、遊びに誘って気分転換ができるように付き合ってあげましょう。

相談に乗ったりすることだけが、慰めたり励ます方法ではありません。辛いことや悩みからひと時解放され、元気を取り戻せるように手伝ってあげましょう。


男性の慰め方5. 失恋で凹んでいるなら、「もっといい人に出会えるから大丈夫!」と励ましてあげる

失恋で凹んでいる人は、「自分に魅力がなかったのでは?」と考えて落ち込んでしまいがちです。

そんな時は「もっといい人に出会えるから大丈夫!」と励まし、次の恋に進むよう促してあげましょう。

でも、言葉だけで失恋から立ち直れる人は少ないですよね。失恋を引きずっている場合は、合コンや飲み会などをセッティングし、新しい出会いの場を作ってあげると効果的ですよ。


男性の慰め方6. 「〇〇なら上手くいくよ!」と相手を立てて、自信をつけてあげる

落ち込んでいる人は「自分はダメなんだ」という心理に陥っています。

そんな人を慰めるには、「〇〇なら上手くいくよ!」と相手を立てて、自信をつけてあげる方法が効果的。

一緒に失敗の原因や改善策を考えてあげるのもいいでしょう。仕事などで失敗してしまった彼氏や部下など、励まされた側も、自分に期待してくれることを感じられるはずです。


男性の慰め方7. 彼氏が落ち込んでいる場合、何も言わず元気になるまでそばに居てあげる

男性には「彼女に弱いところを見せたくない」というプライドがあるので、悩んでいることを言い当てられたくありません。

何があったのかしつこく聞いたり、優しい言葉をかけたい気持ちはグッとこらえましょう。

彼氏が落ち込んでいる時は、何も言わずに元気になるまでそばに居てあげるのが重要。あえて何も聞かないのも優しさの一つ。彼もそのことに気づいてくれるはずです。

【参考記事】はこちら▽


落ち込んでいる女性を慰める方法

落ち込んでいる女性部下や彼女を慰める時は、男性と同じ方法では通用しません。

仕方を間違えてしまうと、逆に泣かせてしまったり、怒らせてしまったりと逆効果。落ち込む時の女性心理を抑えて、慰めるコツを紹介していきます。


女性の慰め方1. 「よければ話聞くよ!」と聞き役に徹して、話しやすい雰囲気作りをする

女性は悩みや辛いことを誰かに吐き出し、すっきりしてから解決策を考える傾向にあります。効果的に慰めるには、まずは吐き出し口を作ってあげましょう。

「よければ話聞くよ!」と聞き役に徹して、悩みを打ち明けやすい雰囲気を作ります。

女性が安心しやすいよう、人のあまり多くないカフェなどに誘うのがポイントです。


女性の慰め方2. 優しい口調でなぜ落ち込んでいるのか、理由を聞く

女性だって、誰にでも悩みや辛いことを話すわけではありません。「この人は信用できるな」と感じた人にだけ、心に溜め込んでいることを打ち明けるのです。

まずは、とにかく優しく接して安心感を与えるのがポイント。

「どうしたの?」「何かあるなら相談に乗るよ」と優しい口調で、落ち込んでいる理由を聞き出しましょう。


女性の慰め方3. 落ち込む理由を聞いたら、同調して安心感を与える

女性は共感や同調を得ることで、「自分は間違っていなかった」と安心する生き物。そのためには、悩みや落ち込む理由には必ず同調して、安心感を与えましょう。

例え、それがどんな理由であったとしても、その人にとっては重大な出来事。

「そんなに大変だったんだね」「その気持ち分かるよ」と肯定してあげるのが効果的です。

【参考記事】はこちら▽


女性の慰め方4. 「落ち込むのは、頑張ってる証拠だよ!」と、今までの努力を肯定してあげる

辛いことがあった時、「自分はダメだ」と自己否定してしまう女性もいます。

そんな人を励ますには、「落ち込むのは、頑張ってる証拠だよ!」と今までの努力を肯定し、自信を取り戻してもらいましょう

逆に、「もっと頑張ろうよ!」と励ますのはNG。「やっぱり私はダメなんだ」「才能がないんだ」とさらに落ち込ませてしまうので注意です。


女性の慰め方5. 「出来ることなら協力する!」と味方であることを強調する

味方がそばにいてくれることを感じると、ほっとしますよね。

一人ではないということを伝えて安心してもらうには、「出来ることなら協力する!」と味方であることを強調しましょう。

話を聞いてくれるだけでなく、味方になってくれる人がいるのは、とても嬉しいこと。彼女の場合、言葉だけでなく手を握ってあげるなど仕草でも強調できますよ。


女性の慰め方6. 「ひとまず美味しいものでも食べに行こ!」と言って、外へ連れ出してあげる

ふさぎ込み過ぎてしまうと、どんどん気分も落ち込んでしまいます。そんな時は、食事や遊びに行くことで、気晴らしをするという女性もいます。

友達や彼女が凹んでいたら、「ひとまず美味しいものでも食べに行こ!」と、外に連れ出してあげましょう。

ただ、一番の目的は気分転換。落ち込んでいる理由にはあまり触れないのがベターです。


女性の慰め方7. 立ち直ったとしても「無理しすぎないようにね!」と気遣いの言葉をかけてあげる

体調を気遣ってくれたり、身体を労ってくれるさり気ない気遣いは嬉しいもの。

悩んでいた人が元気になっても「無理しすぎないようにね!」と労いの言葉をかけてあげましょう。

立ち直っているように見えても、周りを心配させないように元気なふりをする人もいますよね。また、無理をしすぎないよう、さり気ない気遣いを見せてあげると良いでしょう。


慰める時に気をつけたい注意点とは

悲しいことや辛いことがあった時、人の心は繊細になります。余計に傷つけてしまわないよう、いつも以上に言葉や言動に注意が必要です。

「元気付けようとしたつもりが、逆効果になってしまった...」とならないよう、慰める時に気をつけたい注意点を抑えておきましょう。


注意点1. 共感が欲しいだけの相手に対して、細かい部分まで口出しをしないこと

解決策やアドバイスを人から受ける前に、「心の中のモヤモヤを一旦吐き出したい...!」そんな時ってありますよね。

心が傷ついている時、相手に共感してもらえるととても安心するもの。相談の聞き役に回ったら、細かい部分まで口出しをせず、まずは受け止めてあげましょう。

途中で自分の意見を出したり、議論を始めようとするのは、聞き役としてNGです。


注意点2. 落ち込む理由を聞いて「全然たいしたことないじゃん!」と軽率な発言をしない

悩みの感じ方は人それぞれ。大小を決められるものではありませんよね。

例え、相手が落ち込んでいる理由に「え、そんなことで?」と思ったとしても、「全然たいしたことないじゃん!」と軽率な発言をしてはいけません。

せっかく悩みを打ち明けてくれたのですから、まずはしっかりと受け止めてあげることが重要です。


注意点3. 「いつまで落ち込んでんだよ!」と威圧的な態度を取らないこと

悩みからすぐに立ち直る人もいれば、数日間、落ち込み切ってからだんだんと回復する人もいます。

回復スピードは人それぞれ。早い遅いの判断をすることはできません。

数日間落ち込んでいる人に、「いつまで落ち込んでんだよ!」と威圧的な態度を取るのはやめましょう。弱っている心に追い打ちをかけてしまい、逆効果です。


相手に最適な慰める言葉をかけてあげてくださいね。

男女別に、効果的な慰める方法、励ます方法を紹介しました。好きな人や大事な人が落ち込んでいる時に、スマートに励ませるとより信頼されますよね。

男女で悩みの解決方法は異なるので、相手の状況に合わせて励ます方法を知っておくのが大切。

適切な対応の仕方やコツを知り、部下や好きな人が困っている時に助けてあげられる存在になってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事