「寄り添う」の意味とは?相手の気持ちに共感して寄り添える人の特徴を解説

人に寄り添うことができる人とはどんな人を指すのでしょうか?そこで今記事では、寄り添うの意味や類語、相手に共感し寄り添うことができる人の特徴や、寄り添う人が得られるメリットまで解説!さらには、寄り添う人になるための方法までお教えします。

相手の気持ちに寄り添える人って素敵ですよね。

人の気持ちに共感して寄り添える人の特徴

しんどい時や辛い時、誰かに寄り添ってもらった経験をした方も多いのではないでしょうか。「自分もこんな風になれたらいいな」と思ったこともあるはず。

そこで今回は、寄り添うとはどんな意味なのか、相手に共感して寄り添うことができる人とはどんな特徴があるのかを解説!

寄り添うことができる人になって、周りから好かれる魅力あふれる人になりましょう。


寄り添うとは?寄り添うの意味や類語を解説!

そのままの意味だと寄り添うとは「そばにぴったりと寄る」という意味です。それはただそばにいるだけでなく、相手の気持ちに共感して、自分の気持ちと相手の気持ちを同調させるといった意味合いも含んでいます。

相手の気持ちがどれだけ分かっているか、自分の気持ちをどれだけ寄せることができるかで寄り添いの度合いは違ってくることもあるのです。


寄り添うの類語とは?

人の気持ちの共感し、相手の気持ちを慮ることが寄り添うの大きな意味です。

似た意味を持つ類義語として「協力し合う」「肩を寄せ合う」「助け合う」「相談に乗る」「サポートする」「結束する」「持ちつ持たれつ」などがあります。


相手の気持ちに共感して寄り添うことができる人の特徴

相手の気持ちに寄り添える人は周りからも信頼され、好かれる傾向がありますよね。

ここからは、相手の気持ちに共感して寄り添うことができる人の特徴にはどんなものがあるのかご紹介します。


特徴1. 相手の変化に敏感に気づく

誰かに寄り添うには、まず相手の気持ちをしっかり知らなければいけません。相手が寄り添って欲しい時は悲しい時や辛い時がほとんど。

そのため、はっきりと助けを求められた時だけではなく、「悲しんでいるな」「辛そうだな」と思った時に寄り添う必要があるのです。

相手の変化に敏感に気づければ、そういった時に素早く寄り添うことができます。


特徴2. 感受性が豊かで、気持ちを察知するのが早い

寄り添う人になるには、相手の気持ちになることが大切です。感受性が豊かな人は、相手の気持ちを素早く察し、相手の気持ちになって考えられるのが特徴。

相手の気持ちが分かると、相手が辛そうな時や悲しそうな時に自分も悲しくなってしまいます。そのため、寄り添うことのできる人は素早く相手の懐に入って寄り添えるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. さり気ない気配りができる

世の中の人は、「悲しい」「辛い」「誰かにいて欲しい」とはっきり口にできる人ばかりではありません。プライドや迷惑をかけたくないとの思いから、遠慮してしまう人の方が多いのが現状です。

さりげない気配りができる人は、悲しんでいる人にはあえて「大丈夫?」とは口にだしません。そっと寄り添うことで心配していること、一人じゃないことを伝えてあげるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 価値観を柔軟に受け入れる

人に寄って考え方は千差万別。価値観も当然異なります。人に寄り添う事の出来る人は、そんな様々な価値観を柔軟に受け入れることができるのが特徴。

寄り添うことが出来る人は、自分とは違うということをはっきり理解した上で、柔軟にその人の考え方や価値観を受け入れることが自然とできています。そのため悲しい時や辛い時にそっと寄り添ってくれるでしょう。


特徴5. 強い好奇心を持っている

誰かに関わるのは少なからず面倒くさいこともあります。特に寄り添うとなると面倒くさいことが増えることも。

しかし、人に寄り添う事のできる人は、強い好奇心を持っている人が多いのです。積極的に人と関わろうとするため、人の様々な気持ちと出会うことも。そのため、結果的に人の辛そうな場面に立ち合う事も多く、寄り添う事が増えるのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 周囲を巻き込む力がある

人に寄り添う事が出来る人は、その人を「どうにか助けてあげたい」と思うもの。それには周囲の人の助けが必要な事も多いです。

そのため、寄り添う事の出来る人は周囲を巻き込み、問題を解決しようとします。その必死な姿を見て、周囲も「助けてあげたい」という気持ちになるのです。

また、人を助けようとする共感力の高さが、周りから見て「何かしてあげたい」という気持ちになっていきます。


相手に寄り添う事が出来る人の3つのメリット

寄り添う人はメリットを考えて行っていないこともしばしば。その打算の無い姿に、人は惹かれるのです。

では相手に寄り添う事が出来る人のメリットには他にどんなものがあるのか、代表的なものを3つご紹介します。


メリット1. 周囲の人と信頼関係を築きやすい

相手に寄り添う事の出来る人は、相手の気持ちを理解し、共感できる人ということ。人は自分の気持ちを分かってくれる人に対して、信頼を置きやすいものです。

そのため、どんどん周囲の人と信頼関係を築けるようになります。また、その姿を見てさらに「あの人は信頼できる人なんだな」と周りから思われることで、その輪はどんどん広がっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 恋愛で異性にモテるようになる

恋愛には信頼関係は必要不可欠。相手を信じることで、相手をさらに思いやれるようになるのです。

さらに、相手に寄り添える人は、相手の気持ちを分かってあげられるので信頼関係を築きやすく、恋愛関係に発展しやすいのが特徴。

また、「自分のことを分かってくれている」という部分に、異性はどんどん惹かれていきます。それが恋愛関係になった後も長続きするのです。

【参考記事】はこちら▽


メリット3. 仕事で大きなプロジェクトを任されやすい

特に顧客のいる仕事は、顧客の気持ちになって考えることが大切です。相手に寄り添える人は、相手の気持ちになって考えられるので、プロジェクトでも成功をおさめやすいのがメリットの一つ。

また寄り添えるという事は、仕事仲間との円滑な人間関係も築きやすいということ。仕事仲間と信頼関係を築くことで、仕事が円滑にすすみ、物事が成功しやすくもなります。


相手の気持ちに寄り添うための8つの方法

寄り添う事が出来る人の特徴やメリットをご覧になって「こんな人になりたいな」と思った方も多いと思います。

そこで相手の気持ちに寄り添うためにはどうしたら良いか、その方法をご紹介します。8つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


寄り添う方法1. 様々な経験をして、価値観を広げる

誰にでも寄り添えるようになるには、多様な価値観を受け入れることが大切です。まずは人の様々な経験をして、自分の価値観を広げましょう。

色々な人と話したり、触れ合ったりすることで、様々な考え方に出会うことができます。中には全く新しい価値観に出会うことも。全てを否定せず受け入れることで自分の中の価値感が広がり、多くの人に寄り添えるようになるのです。


寄り添う方法2. 上手に質問をして、相手の話を引き出す

相手に寄り添える人は、聞き上手でありながら話し上手である人も多いです。たくさんの人と話して経験値を高めましょう。

そうすれば寄り添いたい人に上手に質問し、相手の話を引き出すことができます。相手としっかり話すことで、初めて相手の考えが理解できることも多いです。

相手に寄り添うのはそれから。相手を理解し初めて共感して寄り添えるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


寄り添う方法3. お互いの共通点を見つける

相手に寄り添う方法は様々ですが、その中でもきっかけになりやすいのは共通点です。自分と相手の共通点を見つけることで、話が弾み、相手の話を引き出せます。

趣味や仕事、好きなものなど何でも良いので共通点を見つけましょう。そうすることで相手の考え方や価値観を知ることができ、いざという時にそっと寄り添えます。


寄り添う方法4. 表情や仕草をじっくり観察する

落ち込んでいる時や悲しんでいる時に、はっきり口に出してくれる人ばかりではありません。普段から表情や仕草をじっくり観察する癖をつけましょう。

そうすることで、その人に何か変わったことがあればすぐに気付けます。落ち込んでいたら「どうしたの?」「大丈夫?」と声をかけることで、相手も心配してくれていると気付くはずです。


寄り添う方法5. 読書をして知識を得る

交友関係を広げるには人の価値観を知ることが大切です。人の価値観に触れるには、本を読みましょう。いきなり交友関係を広げるのは大変ですが、本であれば手軽に多様な価値観に触れることができるからです。

特に、エッセイ本がおすすめ。エッセイはその人の考え方や価値観がストレートに表現してあることが多く、普段本を読まない方でも分かりやすいでしょう。

そうして得た知識を実際に人間関係に当てはめることで、相手の気持ちをより理解しやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


寄り添う方法6. 心から相手に関心を寄せる

見せかけの共感は相手にすぐ見抜かれてしまいます。また上っ面だけの心配など誰も欲してはいません。相手に寄り添う時に大事なのは、心から相手に関心を寄せること。

そうすれば相手も心を開いてくれて、自分の考えや感じたことを話してくれます。相手に気を遣うあまり「大丈夫?」といった短い言葉しか出ない場合でも、相手のことを本当に思っていれば伝わるものです。


寄り添う方法7. 自分の考えや価値観に固執しない

人は無意識のうちに、自分を基準で考えてしまいます。自分の考えや価値観に固執するあまり「それは違うんじゃないか」「それはあなたがおかしい」と思ってしまうことも。

しかし、自分の価値観に固執していては、相手の気持ちや考え方を理解するのは難しいです。本当に相手に寄り添いたいと思うなら、相手の考え方や価値観を尊重し、思いやりを忘れないようにしましょう。


寄り添う方法8. 心理学を学び、日常で実践する

人の心理とは複雑なもの。そこで人に心理の在り方や対処法などを知りたいなら、心理学を学ぶことも一つの方法です。

心理学には人が陥りやすい考え方や、その対処法などが記されていることも多く、日常においても役に立ちます。

本を読んだり、学校で本格的に心理学を学んだりし、日常で実践することで、相手の気持ちをどんどん理解できるようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


相手の気持ちに寄り添える人になりましょう。

相手に寄り添う事の出来る人は、多様な価値観を受け入れ、それに共感できる人です。そのため信頼関係を築きやすく、人間関係において様々なメリットがあります。

自分も人に寄り添える人になりたいと思うなら、まずは相手の考え方や価値観を知りましょう。そのためには、自分の中の価値観を広げたり、相手の立場に立って考えたり、多くの人と話をしたりすることが大切ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事