心が強い人の11の特徴|屈強なメンタルを手に入れる5つの方法とは?

「心が強い人になりたいけれど、どうすればいいの?」この記事では、精神的に強い人の特徴から、メンタルを鍛える簡単な方法まで詳しく解説します。

心が強い人の11の特徴|メンタルが強い男女の共通点とは?

心が強い人の特徴

「心が強い人ってどんな心理なんだろう…」

「私もメンタル強いほうな気がするけど、特徴に当てはまってるのかな?」

心を強くしたいと思っても、神メンタルを持つ人が具体的にどんな特徴があるのか分からない人も多いでしょう。

メンタルが強い人の共通点は、思考や性格だけでなく、目に見える形でも現れます。ここからは、心を強くする方法を解説する前に、心が強い人の特徴や共通点を見ていきましょう。


特徴1. 自分の意思・意見を持っている

自分の意思や意見を持っているのは、自分に自信があって、自分のことを信じているから。

どんなことがあっても人のせいにするのではなく、自分の責任で考えられるので、たとえ一人だけ意見が違うとしても臆することなく自分の意見を発信できます。

これは、自分の意見を変えたくないというわがままな話ではなく、自分の心にぶれない軸があるから周りに流されずに行動できているということ。

周りのせいにしたり、長いものには巻かれろ精神がない人は、心が強い人といえるでしょう。


特徴2. 自分なりに人生の楽しみ方を知っている

自分がどんな時に挫折しそうになるのか、自分がどんなことでテンションが上がるのかをわかっているなど、自分のことをよく理解しているからこそ辛い時も上手に乗り越えられるというもの。

心が強い人は自分のことを上手にコントロールできるので、辛いことがあっても自分の力で乗り越えられます

辛くてもそれを覆すほど楽しむ方法があることを知っていると、何事にも負けずに進むことができますよ。


特徴3. 辛い時は遠慮なく人に頼れる

心が強い人の特徴は辛い時は人に頼れる

特に男性やバリキャリの女性に多いのですが、自分が辛い時に誰かに頼れない女性ってたくさんいます。その理由は意地を張っていたり、誰かに頼ることで負けだと思ったりなど様々。

一見、誰かに頼ることと心が強いことは関係ないように思えますが、辛い時に誰かにSOSを出せる勇気こそ心が強い証

自分一人ではどうしようもなくなった時、このままだと自分がダメになりそうな時は、信頼できる人に連絡するなど、自分の心と体を優先して弱音を吐いてみてくださいね。


特徴4. 「なんとかなるよ!」が口癖

性格的に完璧主義ではなく、できなくて当たり前と自分のレベルを把握しているので、失敗に対する恐怖がありません。

現状の自分を把握しているからこそ、「なんとかなる」と考えることができます。そして、もし失敗したとしても、「ま、なんとかなるっしょ」と思えるので、何かにとらわれて悩み続ける事がありません。

スポーツなど、新しい挑戦をする時は、自分ができないことは分かりきっています。そんな時だからこそ、失敗を恐れず、積極的に行動できる人は心が強い人といえますよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 正直、他人には全く興味がない

他人と比較して自分のことが嫌いになったり、他人の視線を気にして本来の自分を表現できなかったり、周りを意識しすぎて自分の良さを出せない人ってたくさんいます。

心が強い人は、ぶっちゃけると周りに興味がありません。少し冷たい人のように聞こえますが、『人は人、自分は自分』とちゃんと理解しているのです。

「周りがどう思おうが自分はこの服装をしたい」

「周りはどんどん結婚してるけど、自分はやりたいことがあるからまだいいかな」

など、自分らしさを体現できているので心を強く保ち続けられます。


特徴6. 習慣的に体を鍛えている

心が強い人の特徴は身体を鍛えてる

毎日家で引きこもっている人より、運動していたり自分の体を鍛えている人ってポジティブで明るいイメージがありますよね。

運動をすると不思議とハツラツとした気分になってくるので、ポジティブな感情が生まれてきます。

心が強い人は運動や筋トレを普段の生活で自然に行っているのです。

その結果、ちょっとのことでは気分が落ち込まなかったり、嫌な気分になってもイライラしないで気持ちを切り替えられるようになります。


特徴7. 狭く深い交友関係を好む

浅く広い交友関係は、他人から嫌われることを嫌う八方美人に多いイメージがありますよね。

たしかに、友達が多いほうが自分の味方が増えたような気持ちになりますが、心が強い人は自分の芯がしっかりしているので、自分の性格を理解し、受け入れてくれる数人がいれば良いと思っています。

周りにも同じようなタイプの人が集まる傾向があり、お互いの両親とも仲が良い、まるで兄弟のような仲で何年も仲良くしている親友がいる人も多いですよ。


特徴8. 1年間無職でも大丈夫なくらい貯金がある

心が強い人の特徴は貯金がある

心が強いということは精神的に余裕があるということに繋がると今までの特徴で分かったかと思います。そして、その精神的余裕は金銭的余裕ともリンクすることがほとんど。

心が強いと言われる人たちは、普段からしっかり貯金をしていて、いざという時に備えています

具体的には、1年間無職になっても生活できるほどの貯金があることがほとんど。

「たとえ無職になっても大丈夫」という金銭的な余裕が精神的な余裕となって現れるのです。


特徴9. 新しいことに挑戦する勇気や度胸がある

心の強くない人は、変化に対応できるか不安を感じやすくて現状維持を好む傾向にありますが、心が強い人は人生一度きりだし常に挑戦し続けたいと思っていることがほとんど。

例えば、50歳になってから趣味でサーフィンを始めたり、20歳で起業してみたりと、自分の中で未知なことに対してもどんどん挑戦していきます。

挫折しても「なんとかなる」と思っているので、新しいことに挑戦する度胸があるのです。心が強い人はそんな肝が据わっている人とも言えますよ。


特徴10. 守るべき家族や大切な恋人がいる

大切な家族や恋人がいることで、「支えるためにも強くならなければ…」という心理が働くのが心が強い人。

守るべき人ができて「どうしよう」と思うのではなく、大切な人が増えることでどんどん心を強くしてくれるのです。

仕事で大きなミスをしたり、上司に叱られるなどの辛い出来事で心が折れそうになっても、大切な人を支えようという気持ちが、逆境に対しても前に進む力をくれますよ。


目指せ、神メンタル!心を強くする5つの方法とは?

心を強くする方法

「心がとても弱い私でも強くなる方法はあるの?」

「今すぐに心が強くなる方法が知りたい」

心を強くする方法は、思考や行動を変える必要がある分、とても難しいように思えますよね。

しかし、多くの方が心を強くできる簡単で今すぐ試せる方法があるんです。

どのような事をすれば屈強なメンタルを手に入れられるのか、自分を変えたい人は読んでみてください。


方法1. 早寝早起きをして自由な時間を確保する

寝不足では気分が落ち込んでしまうし、遅寝遅起きでは自分が自由に活動できる時間がほとんどなくなってしまいます。

もし心を強くしたいなら、まず早寝早起きを徹底してみましょう。

  • 仕事に行く前にバタバタするのではなく、ちゃんと朝ごはんを食べて日光浴をしつつ駅まで歩いてみる
  • 仕事から帰ってきたらスマホをいじらずにお風呂やご飯を済ませ、寝る前の30分は自分の好きなことに使う

そんな余裕のある行動をすることで、自分の気持ちにも余裕が出てきます

早寝早起きが苦手な人が成功させるコツは、起きる時間を毎日固定させること。生活リズムを整えやすいので、平日も休日も決めた時間の1時間以内には起きるようにしましょう。


方法2. 自宅で筋トレをしてポジティブ人間になる

筋トレは、筋肉をつけるだけが目的ではありません。運動をすることで、お腹が引き締まるなど、見た目に変化があることで自信につながっていきます。

自分も変化できるという自信が、気持ちをポジティブにしてくれるでしょう。そして、さわやかに汗をかくことで気分も晴れやかになります。

わざわざジムに通う必要はないので、自宅でできる簡単な筋トレから試してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 日常のルーティーンを作って心を安定させる

心を強くする方法はルーティンを作る

人間というのは、慣れている行動に安心感を感じる性質があります。

この性質を利用し、日常の中に決まった動作を入れてメンタルを安定させるようにしましょう。

  • 起きてからすぐに軽くストレッチして、シャワーを浴びる
  • 帰ってきたら座る前にお風呂に入ってしまう

このようなルーティーンを決めることで、スムーズに一日を過ごせるでしょう。

靴を履く順番や食べる順番など、細かいルーティーンも効果的なので、自分が安心できるようなルーティンを見つけてみてくださいね。


方法4. 部屋を片付けて心にもスペースを作る

昔から、部屋の乱れは心の乱れ、という言葉があります。

汚いと心も落ち着かないという面ありますが、部屋が汚くても気にならないほど心が不安定になっていると考えましょう。

綺麗に保つように片付ければ、多少なりとも気分が晴れていきます。

毎日1か所ずつ綺麗にしておくか、週に1回は全体を掃除するようにするのがおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


方法5. 自分の気持ちをノートに書き出して心の中を整理する

心が強くなるために大事なことは、今の自分の現状を理解して自分の弱さを知ることです。

日常の出来事に対して、自分はどう感じたのかを書き出す事で、自分の思考の癖や弱みを知ることができます。

まずは、出来事に対して、どんな感情が生まれたかをノートに書いてみてください。

自分の気持ちを客観的に見ることができ、感情を自分の中から離すことで、冷静に理解することができるでしょう。

自分が嫌だと感じる事や、本当に楽しめることも段々と分かってきますよ。


今から試せる対処法を試して、屈強なメンタルを手に入れてよう。

心の強い人は努力で強くなる人もいる

心の強い人の特徴は、目に見えない部分だけでなく、行動にも表れています。

特徴が当てはまらず、やっぱり心が弱いんだ、と思った人もいるかもしれません。

しかし、心の強い人は、生まれた時から強い人だけではなく、努力で強くなった人も多くいます

今弱いと考えている人は、自覚できている事がチャンスだと考え、少しずつ強くなっていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事