「冷却期間は1ヶ月でいい?」別れた彼氏と復縁する方法|元カレの心理も解説!

元カレの復縁したい女性へ。本記事では、冷却期間の意味や1ヶ月間の冷却期間でも復縁の可能性がある別れ方から、冷却期間中の男性心理、冷却期間ですべきことまで大公開!

冷却期間の役割や必要性|よりを戻すには絶対に必要なの?

冷却期間の役割や必要性

「冷却期間は必要なの?」

「どうして冷却を設けないといけないの?」

元カレと復縁したい時に、冷却期間を設けるべきか悩みますよね。

ここでは、どうして冷却期間が必要なのか詳しく解説していきます。冷却期間が復縁のカギとなる可能性があるので、ぜひチェックしてみてください。

冷却期間が必要性
  1. 改めてもらうため
  2. 見方を変えてもらうため
タップすると移動します

1. 相手の気持ちを改めてもらうため

恋人の間は頻繫に連絡を取り合っていたのに連絡が取れなくなると、相手の存在の大切さに気付きます。

  • 毎日のお疲れ様さまのライン
  • おはようやおやすみのあいさつ

など毎日当たり前にしていたコミュニケーションを冷却期間には失ってしまいます。

「やっぱ俺にはあの子しかしない」
「勢いで別れたけど後悔しているな」

と存在の大きさを確認し、自分の思いを見つめ直すきっかけになるのです。


2. 自分自身を変えて、相手からの見方を変えてもらうため

別れたときと自分自身が同じ状態では、元カレの気持ちや見方が変わりません。

冷却期間を設け自分自身を変えることで、

「あの時とは変わったな」
「惚れ直したかも」

と感じてもらうことが大切です。

  • 髪型や服装を変えて思い切りイメチェンをする
  • 別れの原因となった自分の悪いところを反省して直す

など内側も外側も変えて新しい自分に生まれ変われば、元カレの気持ちが変わりもう一度付き合えるかもしれません。


冷却期間は1ヶ月で良い?復縁するために必要な時間とは?

冷却期間は1ヶ月で良い?

「冷却期間は1ヶ月では短い?」

「冷却期間はどれくらいがベスト?」

本当にたった1ヶ月の冷却期間で復縁ができるのか、心配になる人も多いはず。

別れ方や、別れた後の距離感にもよりますが、基本的には冷却期間は1ヶ月で良いケースが多いです。1ヶ月の短い期間でも元カレの心を取り戻し、復縁することは可能です。


冷却期間1ヶ月で復縁の可能性がある別れ方とは?

冷却期間1ヶ月で復縁の可能性がある別れ方とは

「冷却期間1ヶ月で復縁がしたい」

「別れた後に冷却期間を長く取りたくない」

1ヶ月の短い冷却期間で復縁をするには、実は別れ方が重要です。

どのような別れ方をしたかによって復縁できる可能性が変わります。

ここでは、冷却期間1ヶ月で復縁ができる可能性のある別れ方をご紹介。自分が当てはまるのかチェックしてみましょう。


1. 彼氏から別れ話を切り出した

女性は自分の気持ちに整理をつけてから別れを切り出すことが多いため、女性から別れを告げていると修復できない可能性が高いです。

一方で、男性は自分の気持ちに整理がつかない状態で別れを切り出します。

別れの理由として

「マンネリ化している」
「他に気になる人がいる」

などと言っても、彼女への思いを捨て切れていないもの。

そのため、別れた後に「やっぱり元の状態に戻りたい」と考えて、短い期間で復縁できることがあります。


2. 喧嘩した勢いで別れた

喧嘩をしている時は、冷静に考えられないもの。感情的になってしまい勢いで別れてしまったケースもあるでしょう。

ただ、一度別れて冷静になってみると

「何で別れてしまったんだろう」 「別に嫌いになったわけじゃない」

と自分の思いに気付けるようになります。

1ヶ月あれば充分自分の気持ちを見つめ直せるため、お互いが素直になれるとすぐに仲直りできるでしょう。


3. 嫌いじゃないけど、マンネリ化が原因で別れた

冷却期間1ヶ月で復縁の可能性がある別れ方とはマンネリ化で別れた

長年付き合っていると、マンネリ化してしまい特に大きな理由がなくても別れるケースがあります。

長年付き合ったカップルこそ、振った側でも別れた後に感じるのが空虚感。

付き合いたてのようなドキドキ感がなかったとしても、一緒にいるだけで安心感や心地よさがあったんだなと気付きます。

彼女がいないことでいつものLINEがない、休みの日にすることがないなど多くの時間を共有していたことにハッとするはずです。

1ヶ月もあればお互いの存在の大切さを再認識できるため、よりを戻したいと思ってもらえるでしょう。


4. 「好きかわからない」と言われ、振られた

恋愛にドキドキ感やときめきを求める場合、二人の関係が安定してくると自分の気持ちが分からなくなるケースがあります。

その結果「好きかどうか分からない」と振ってしまうことがあるでしょう。

ただし、振った側に別れる明確な理由があった訳ではないので、一度離れてみると彼女の大切さが分かるはずです。

「やっぱり自分にとって一番大切だったんだな」
「好きな人だったんだな」

と思い返すことができ、別れて1ヶ月でも復縁できるでしょう。


冷却期間中の男性心理|元カレは1ヶ月でどんなことを考えるの?

冷却期間中の男性心理

元カレは別れた原因によって、抱いている感情が異なります。1ヶ月の短い間に、元カレがどのようなことを考えているのか気になりますよね。

ここでは、冷却期間の男性の心理を分かりやすく解説

短期間で復縁をして両想いになるためにも、男性が冷却期間にどのようなことを考えているのかチェックしてみましょう。


1. 別れたことを正当化する

自分から振ったものの、正しい選択だったか悩む男性は多いです。しかし、プライドがあるので、すぐによりを戻したいとは言えないと思い、別れたことを正当化する心理が働きます。

  • 彼女のためにも別れて正解だった
  • 二人には別れて考える時間が必要だった

などと、正当化をするために別れるのは必然だった内容を周囲に漏らすことも。

このような言葉が出たら、悶々としながら冷却期間を過ごしている証拠かもしれません。


2. 感情的になって別れたことを後悔し始める

感情的になると、本当の気持ちとは裏腹の言動や行動をしてしまうことがあります。ふと我に戻った時に自責の念に駆られるでしょう。

  • 彼女に悪いことをしたな
  • 彼女の立場に立って考えていなかった

などと、別れた瞬間の自分を振り返り失敗したなと感じながら冷却期間を過ごしています。


3. 解放感を感じていて、フリーを満喫しようと考えている

冷却期間中の男性心理は開放感を感じている

「元カノの束縛が激しかった」
「元カノからのLINEや電話が面倒だった」

など、元カノとの関係に不満を抱いていた場合はフリーになることで開放感を得る場合があります。

女性もいる飲み会に行ったり、大勢で旅行に行ったりなど、今までできなかったことを思う存分楽しもうと、振り切れたような姿勢を見せます。


4. 仕事や趣味の時間に没頭しようと思っている

恋人と別れると、仕事や学校帰りや休日などに予定が空いてしまい

「二人で過ごした時間は楽しかったな」

と失恋の寂しさを感じてしまうことに。

そこで、あえて今まで以上に仕事や趣味に没頭して、気持ちを紛らわそうとします。

冷却期間に、資格の取得や習い事などを始めるケースもあるでしょう。


5. 元カノを忘れるために、次の恋愛に向き合おうとしている

基本的に男性は元カノを引きずりやすいですが、きっぱりとけじめをつける男性もいます。

元カノを追いかけようとしないで新しい恋を見つけようと、恋愛に前向きになるケースも。

恋愛で傷ついた心を次の恋愛で埋めようと考えます。


6. 当分、彼女を作るのはいいかなと思っている

冷却期間中の男性心理は彼女を作るのはいいと思っている

元カノとの関係が上手くいっていなかった場合、別れることができてホッとしている男性もいます。

  • 元カノとの性格や考え方が合わなかった
  • 束縛が激しくて精神的に追い詰められていた

という場合は、恋愛を一休みして一人の時間を大切にしようと考えます。


1ヶ月間の冷却期間ですべきこと|彼に復縁を迫る前に準備することは?

1ヶ月間の冷却期間ですべきこと

「復縁するには冷却期間をどのように過ごせばいいの?」

「復縁したいと迫る前に準備することはある?」

別れて1ヶ月の短い冷却期間は、復縁したい女性によってとても大切な期間です。

ここでは、冷却期間にすべきことを解説していきます。復縁をするためにも、ぜひ参考にしてみてください。

冷却期間にすべきこと
  1. 改めて考える
  2. 何が悪かったのか聞く
  3. 趣味や仕事の時間を大切にする
タップすると移動します

1. 自分が悪かったところがあるか、改めて考える

二人が別れるに至った原因は、彼だけにあることは少ないです。

少なからず自分自身にも、何らかの原因があるはずなので一度立ち止まって考えることが必要。

冷却期間を使い、今までの行動や彼氏への接し方を振り返り自分に悪い部分かなかったかを具体的に考えてみましょう。

ネガティブなことばかり考えるのではなくどのように改善をすれば復縁できるのか考えることで、二人で会う時に前向きな話し合いができます。


2. 共通の知人を通して何が悪かったのか聞く

別れた原因を知ることで、改善すべきポイントが把握できます。

自分で考えても憶測でしかならないので、共通の知人がいる場合は意見を聞いてみましょう。

「どのようなことで別れを切り出したの?」
「何が原因だったの?」

といった友達からの質問を考えることで、自分を見つめ直すきっかけとなり、冷却期間を有意義に過ごせます。

ただし、元カレと仲の良い友達を選ぶと元カレに事情をバレしてしまう可能性があるため、誰に聞いてもらうのか慎重に選びましょう。


3. 趣味や仕事の時間を大切にする

1ヶ月間の冷却期間ですべきことは趣味の時間を大切にする

冷却期間に元カレのことばかり考えていても、自分を追い詰めてしまいます。

どれだけ思い詰めても現状は変わらないので、他のことに注力して気持ちを紛らわせることも大切です。

  • 新たな趣味を作ったり自分磨きをしてみたりする
  • 今まで以上に仕事や勉強に打ち込んでみる

など、没頭できることを見つけてしましょう。一生懸命に取り組んでいれば、1ヶ月の冷却期間があっという間に過ぎるはずです。

【参考記事】はこちら▽


1ヶ月間の冷却期間でしてはいけないことは?

1ヶ月間の冷却期間でしてはいけないこと

「冷却期間にしちゃいけないNG行動はあるの?」

復縁したい場合は、慎重に冷却期間を過ごしたいですよね。

ここでは、1ヶ月の冷却期間でしてはいけないことをご紹介します。

短期間で仲直りするためにも押さえておきたいポイントばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

1ヶ月の冷却期間でしてはいけないこと
  1. すぐに自分から連絡をしてしまう
  2. 異性と夜遅くに2人で遊んだりする
  3. 元カレのSNSを見る
タップすると移動します

1. 別れてすぐに自分から連絡をしてしまう

自分から電話をしたりLINEを送ったりしてまうと、冷却期間の意味がなくなります。

元カレに自分の大切さや存在の大きさを気付かせることができません

元カレから別れを切り出している場合はこちらから連絡をするとキープにされて、セフレになってしまう可能性もあるでしょう。

別れた後は寂しさや後悔で、元カレに連絡を取りたくなる気持ちは分かりますが、ここはグッとこらえてしっかりと冷却期間を作りましょう。


2. 異性と夜遅くに2人で遊んだりする

寂しさから異性と2人きりで会ったり遊んだりしてしまうと、元カレ周辺で悪い噂が広がる可能性があります

元カレと復縁したいと思っていても

「別れてすぐに他の男と遊ぶんだな」

と思われてしまい、復縁の可能性が低くなってしまうことに。

冷却期間に元カレに見られるとマイナスイメージになる行動は、避けるようにしましょう。


3. 元カレのSNSを見る

1ヶ月間の冷却期間でしてはいけないことは元彼のSNSを見る

冷却期間は、自分と元カレの関係を見直す期間です。

この期間に元カレのSNSをチェックしてしまうと、今どうしているのか気になってしまい冷却期間の意味がありません。

元カレのことばかり考えていると、自分磨きや自分を見つめ直すこともできなくなります

冷却期間はSNSやLINEをあえてブロックして、元カレの情報を得られない状態にするといいでしょう。


冷却期間後に元カレに復縁を持ちかける方法は?

冷却期間後に元カレに復縁を持ちかける方法

冷却期間が終わったら、とうとう復縁を持ちかけるタイミングです。

とは言え、どうすればいいのかと悩む女性は多いはず。元カレの気持ちを考えないで一方的に復縁を迫ると、ウザがられて失敗します。

そこでここでは、冷却期間後に復縁を持ちかける具体的な方法をご紹介します。別れた後に仲直りできる方法ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。


1. 「最近、仕事の調子はどう?」など短めの文章を送る

冷却期間を置いた後に急に復縁を迫ると、相手にとって重荷となります。まずは、元カレが手軽に返信できる当たり障りのないLINEやメールを送ってみましょう。

  • 最近の仕事の調子はどうかな?
  • 最近寒くなってきたね。
  • 〇〇に新しいお店ができたらしいよ

など、恋愛とは関係のない短い内容がベストです。メールやLINEを一方的に送り過ぎると負担になるので、頻度も調整するようにしましょう。


2. 連絡を何回かした後に、実際に会って話してみる

実際に会って話すことで、懐かしさや親近感を覚え復縁に繋がります。

しかし、いきなり会おうとしても不自然なので、何回か連絡を取るといいでしょう。

その際、久しぶりに会うのでぎこちないかもしれませんが、話しやすい雰囲気を作ることが大切です。友達感覚で、気軽に話せる関係を構築しましょう。

  • 一緒にご飯を食べる
  • カフェで話をする

など、手軽に会える環境だと良いですよ。


3. 気軽に会えるようになってから、復縁したい気持ちを伝える

冷却期間後に元カレに復縁を持ちかける方法は復縁したい気持ちを伝える

何度か会って、関係性が良くなったらいよいよ復縁したい気持ちを伝えます。

  • 好きという思いを伝える
  • 「〇〇を改善しようと思っている」など自分の改善ポイントやダメだったところを話す

また、ただ好きというだけでなく冷却期間中に変化したことも話しましょう。

この時に、自分の気持ちを一方的に伝えるのはNGです。

元カレの気持ちや考えを聞いて、どうするのがベストなのか二人で考えるようにしましょう。

元カレの気持ちに整理がついていない場合は、時間を空けて再度気持ちを伝えるのも一つの方法です。


冷却期間を上手く使って彼とよりを戻しましょう。

別れたあとに復縁したいときは1ヶ月の冷却期間を置いて**好きと伝えるのがおすすめです

別れた後でもよりを戻したいという気持ちがある場合は、1ヶ月の冷却期間を置いて好きと伝えるのがおすすめです。

ただし、復縁の成功は冷却期間の過ごし方や振った側の気持ちに左右される部分があるので、どのように冷却期間を過ごせるかがポイント。

今回ご紹介した内容を参考にしながら、復縁をして仲直りできるように行動してみましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事