元カノを忘れたい!未練が残る理由や辛い失恋を忘れる対処法とは?

別れた元カノに対して未練が残っている男性へ。元カノを忘れようとしてもなかなか忘れられない時ってありますよね。そこで今回は、元カノを忘れたい男性に向けて、別れた彼女に未練が残ってしまう理由と失恋を忘れるための対処法、まだ好きな元カノと復縁する方法を解説していきます。

元カノを忘れたいのに、未練が残っている男性へ。

元カノを忘れたい

忘れらない元カノとの甘く切ない思い出の数々。忘れたいのになかなか忘れらないし、心の片隅には寄りを戻したいと思う気持ちも少しある。

そんな元カノを忘れられない心を一新して、新しい恋に向かう準備を始めましょう。

どんな理由で忘れられないのか、何が心に残り続けるのか、その原因を知れば新しい恋の道、更には復縁方法までが見えてくるはず。

素敵な恋の見つけ方、忘れ方を探っていきましょう。


元カノを忘れたいのに引きずってしまう男性の心理とは

元カノを忘れたいのに忘れられないのは恋人を失った男性の永遠のテーマ。

なぜ元カノを忘れられないのか、自分と向き合うのは振られた瞬間を思い出したり、振った馬鹿さ加減がフラッシュバックして、少し辛いですよね。

でもその理由を知れば新しい一歩がきっと踏み出せるはずです。そんな元カノを忘れられない3つの心理に迫ります。


心理1. 失って初めて存在の大きさに気づいて後悔している

元カノと一緒にいて当たり前だった色んなことが、別れると全部当たり前じゃなくなります

元カノと別れるまで気づかないで過ごしてきたことが、振られたことでいないことを実感し、大切さに気づき、辛い思いを引きずることになります。

助手席の風景、お揃いのマグカップ、美味しかった手料理、失くした全てに元カノの存在を感じ、その存在はとてつもなく大きいことに気づくのです。

目を閉じて浮かぶ元カノの大きな存在は、失って初めて気づき、後悔するのです。

【参考記事】はこちら▽


心理2. 自分にとっては理想的な女性だったので記憶に残っている

元カノに出会えたように、自分の理想的な女性にまた出会えるのかといったら、それは難しいのでは?と考えてしまいますよね。

たくさんの出会いを経験した人もそうでない人も、女性との出会いは偶然なようで偶然ではなく、出会いは運命や奇跡に近いもの

そうそう理想の女性に出会えることはありません。それだけに自分にとって理想的な女性だった元カノは、深く記憶に残ります。


心理3. なぜ振られたのか正直理解できていない

相手をよく理解したつもりになっていて、実はすれ違い、コミュニケーションがちゃんと取れていない。

そんな理由で振られたりすると、頭の中は「なぜ?」といった疑問符が占めますよね。

すると振られる理由がわからずに、忘れたいのに忘れられない気持ちを引きずってしまうものです。

嫌われてもいない、趣味は合ってる、そんな風に思っているのでなぜ振られたのかわからずに、未練が残ってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


忘れたいのに忘れられない元カノの特徴

別れた彼女を思い出すと、笑顔、性格、仕草、大好きだったところはたくさんありますよね。

そして振り返ってみれば、そんな彼女、元カノが忘れられない理由もそれぞれ。

どうして彼女が忘れたいのに忘れられないのか、忘れさせてくれない元カノの様々な特徴を解説します。


特徴1. 初めて付き合った女性

初めて自転車に乗れた時、初めてお酒を飲んだ時、初めての経験は何事もドキドキワクワクして緊張と興奮が混ざり、とても新鮮で心に残るものです。

初めて付き合った女性とは当然ですが初めてのデートをして、初めての旅行、全てが初めての体験で、初めての思い出として心に刻まれ、忘れたいのに忘れられない彼女となります。

初めての別れに初めての元カノ、初めて振ったり、振られたりするため、忘れられないのも当然です。


特徴2. 付き合うまで苦労した女性

告白して簡単に付き合えた恋と違って、たくさんの努力を重ねてようやく振り向いてもらえたような恋愛は、思い出の数も価値も段違い

恋人との思い出だけにとどまらず、それまでの自分の努力とその成果が様々な場面で思い出にプラスされているので、とても大切な恋の思い出になります。

付き合うまでに苦労したハードルの高さは努力の証でもあり、忘れたいのに忘れられない元カノの特徴ともなるのです。


特徴3. 付き合いが長かった女性

たくさんの思い出があると、当然ですが思い出すきっかけとなるシーンもたくさんあります。

記念日や一緒に見た映画やドラマ、旅行にいった場所、それは長く付き合っていればそれだけたくさんの期間を共に過ごし、たくさんの思い出を2人で作り出すのです。

当然付き合う期間が長かった女性を思い出す場所やシーンはたくさんあるため、忘れたいのになかなか忘れることが出来ないのです。


特徴4. 結婚を前提に付き合っていた女性

何かを諦めるということはそれだけで心に傷を作ります。

結婚を前提にお付き合いしていた女性との恋を失うということは、恋人を失くすとともに将来描いていた結婚という夢も同時に失うということになり、忘れたいのになかなか忘れられない心の傷となります。

描いていた結婚、2人の子供や将来建てるマイホーム、失恋と一緒に全てを失うのでそのダメージは忘れがたく、自分が振ったりしたら自らの手でどちらも失くしたことになり、なおさら辛いものになるのです。


特徴5. 容姿や性格がどストライクの女性

好きな人との恋愛は、一緒にいるだけでも楽しく、心地の良いものです。それが自分の好みにハマるどストライクな女性だったらなおさらのこと。

性格が好みで話すだけで幸せな気分になる、大きな瞳が大好きでただ見つめるだけで飽きることがない、かわいい声は耳にするだけで飽きない。

そんなプラスアルファは失くした時の悲しみも当然倍になります。忘れたいのに忘れられないのは、そんな元カノの魅力のせいかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


元カノを忘れたいのに忘れられない理由や原因

別れた恋人が忘れられないのは真剣に恋をした証。忘れたいのに忘れられなくても当然です。

でも忘れたい、次の恋に向かいたい、そんな思いを抱いた時は、忘れられないその理由や原因ときちんと向き合うことが大切

なぜなら、それは恋を理解すること、そして自分を理解することに繋がるからです。

そして新しい恋で同じ別れとならないように、恋の準備へ。忘れたいのに忘れられない理由と原因を把握しましょう。


理由1. 一緒に共有した思い出が多いから

2人で過ごした時間は2人だけのもの。

その期間は思い出へと変わり、誰かと取り換えの決してきかないかけがえのないものになります。

それだけに、思い出はなかなか忘れられるものではなく、その思い出を共有している元カノも同様に忘れたいのに忘れることが出来ません。

共有した思い出が多ければ多いほど、かけがえのないあの期間は希少な宝物となり、元カノを忘れられない原因となるのです。


理由2. まだ元カノのことが好きで未練があるから

元カノへの強い思いはよりを戻したい願望。それは希望でもあり、断ち切るには勇気が入り、なかなか捨てきれないものです。

「もう一度やり直すことは本当に出来ないのか。」

「どこかに少しでもやり直す可能性が残ってはいないのか。」

わずかでも恋を戻す希望が見つけられるのではないか、そんな思いが心のどこかでくすぶれば、忘れられるわけがありません。

【参考記事】はこちら▽


理由3. 次の恋愛へ進む気力が起きないから

元カノとの過去の恋愛に目が向いていると、どうしてもこれからの未来の恋愛なんてものは二の次になります。

なぜなら、思い出に浸るのは過去と向き合うことで、これからの未来とは真逆にあるものだからです。

「さあ次の恋愛だ」と重い腰をあげるのは、思い出を断ち切る前を向く力が必要です。未練があるうちは忘れたくても忘れることは難しいでしょう。


理由4. 過去の思い出を無意識に美化しているから

映画みたいな恋に、なんでも出来る完璧な理想の元カノ。そんな恋があったら忘れたくないし、捨てたくもありませんよね。

失くしてしまった恋は思い出すたびにその姿を変えて、無意識に美化され、とても素敵な恋の思い出へと変わるときがあります。

仮に今カノがいたとしても、現実の今カノと理想となった元カノでは勝負は目に見えたもの。無意識に美化された思い出は、忘れたくても忘れられません。


理由5. 元カノ以上の女性に出会えていないから

他の女性と出会うたびに元カノと比べてしまうのは、未練のある男性にありがちな行動の1つです。そして元カノの素晴らしさを再認識してしまい、恋の未練がムクムクと育ちます。

「これからも元カノ以上の女性に出会えないのでは?」と更に不安になって、今までの元カノとの思い出はことさら忘れられないものになるのです。


理由6. 感情的になって自分から振ったから

「もしもあの時こうしていたら…」、そんな未練が心に残っていると、忘れたくても忘れることはなかなか難しいものです。

もしも感情的になって振ったりせずにあの時話せていたら、もしも勢いにまかせて別れを告げていなかったら、未来は変わっていたかも知れないと思うと未練が残ります。

振ったという行為に未練が残っている時は、忘れるのは至難の業です。


元カノを忘れたい時の最適な対処法

元カノへの思いがなかなか忘れられない。本当は忘れたくてもうまくいかない時ってありますよね。だからといってウジウジしていても仕方がありません。

ここでは元カノを忘れたい時の最適な5つの対処法を用意。1つ1つ比べてみて、自分に合った対処法を試してみましょう。


対処法1. 仕事や趣味など、恋愛以外のことに打ち込む

元カノを忘れたい時には頭や心のリフレッシュが大切です。なぜなら、忘れられない思い出や元カノへの思いはあなたの心や気持ちのほとんどを占めていて、過去に縛り付けてしまうから。

仕事や趣味、なるべく没頭しやすいものに頭を使って、他のことが心や気持ちに入り込む余地を作ることが気分転換になり、心をリフレッシュさせます。

頭の大半を占めていた元カノを忘れる為に、仕事や趣味に打ち込むことが対処法となるのです。


対処法2. 彼女との思い出の品や二人で撮った写真を処分する

ただ忘れよう忘れようと考えながら思いを断ち切るのはなかなか難しいもの。

しかし、元カノとの思い出の品や二人で撮った写真を処分することで、まずは元カノを思い出すきっかけを減らすことは出来ます。

見たり触れたりして思い出す過去を捨て去ることで、少しずつ思い出を遠くにやり、元カノへの思いを減らしていくのです。


対処法3. 髪型や服装をイメチェンして、心機一転する

元カノと付き合っていた当時の髪型や服装、鏡を見るとあの頃の自分を、そして元カノを思い出すきっかけになることも。

そんなきっかけとなる髪型や服装を一新することで、過去を捨て、新しい自分になったと自覚します。心機一転することで前を向くきっかけを作るのも元カノを忘れる対処法の1つです。

彼女が好きだった髪型、服装とは違う新しい自分。そんな自分との出会いが元カノを忘れる手助けをしてくれます。


対処法4. 休日は予定を入れて、一人で悩む時間を無くす

1人で部屋にこもったりすると、どうしても元カノとの思い出にひたりやすく、思い悩んでしまう環境になりがち。

まずは具体的に行動、物理的に思い出す時間をなくすことで、元カノを忘れる対処法を作ってみましょう。

自ら一人になりやすい休日に予定を入れて、1人の時間を実際に減らし、他のことを考えざるを得ない環境を作ってしまうのです。

体を動かして汗を流したり、刺激を受ける映画を観たり趣味の時間を習慣づけることで、おのずと忙しい期間は増えて、元カノを忘れる時間は増えていくでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法5. 自己肯定感を高めて、自分に自信をつける

過去の恋を悔やむ気持ちや未練は、「自分がふがいないから」「自分があの時しっかりと元カノを支えきれなかったから」などといった後悔の念と共に後ろを向く傾向があります。

そんな気持ちを払拭するのは自分に自信を持つこと。

自分は出来る、自分はやれるのだといった気持ちが高まれば、過去の思い出を乗り越えるイメージをしやすくなり、もっとやれる、今カノが出来ても彼女を支えられる、といった前を向く姿勢に変わっていきます。

【参考記事】はこちら▽


元カノがやっぱり好き!復縁してもう一度付き合う方法

忘れたくても忘れられない元カノ。やっぱりどう考えても元カノが好きで、復縁したい気持ちがぬぐえない時って、ありますよね。

だからといっていきなり告白する賭けにでるわけにもいきません。復縁するにも、ものには順番というものがあるんです。

そんな復縁までの幸せへの道筋を、順を追って説明していきます。


1. まずは冷却期間を設ける

別れてすぐは感傷的な気分に陥りがちで、振られたなら更には感情的にもなっているものです。そんな時期はまず冷静な気持ちで考える時間が必要になります。

復縁したい気持ちは本当なのか、恋に恋する自分ではないのか、冷静な判断が出来るまで、しっかりと頭を冷やして考えましょう

同じ職場だとしてもすぐに声を掛けたりしてはいけませんよ。まずは冷却期間が必要です。

もしその間に元カノに恋人が出来たなら、辛いですがその恋は終わった恋と考えるのが賢明です。

【参考記事】はこちら▽


2. 誕生日や年末年始の挨拶など、自然なタイミングで連絡してみる

復縁するまでの流れは自然な流れ、違和感のない寄り添い方がベスト。もう一度出会いから始まるくらいの気持ちで考えるのが望ましいです。

なぜなら恋は焦らずゆっくりと、相手を考えて行動するものだから。

いきなり何の前触れもなく連絡をすると、元カノはそれだけで復縁を迫られるのではないか、と不自然に身構えてしまうかも。

あくまでも連絡は自然なタイミングで、まずは何気ないあいさつから始めましょう。


3. 連絡が続いたら、再会する日程を決める

連絡が取れたら何度かそのやり取りを続け、再会する日程を切りましょう。そして、再会までの期間で心の準備を整えることが大切です。

心の準備は、あなただけでなく、元カノも一緒。それぞれの心がお互い向き合わなければ、お互いに連絡をしようとは思いません。

連絡が行き交う流れを作ること、それはお互いの心が互いに向き合ってきたということ。心の準備が整ってきた合図になるのです。


4. 会う頻度が増えて距離が再び縮まったら、告白して復縁する

1度別れたという事実は、自然とお互いに距離を作ってしまうものです。その距離を再び縮めるには、ある程度の期間とコミュニケーションが必要になります。

恋の始まりが出会いからであるように、復縁も始まりは再会から

1度別れた理由も考えて、もう一度お互いによく話し合い、理解し合って、復縁につなげましょう。

【参考記事】はこちら▽


元カノを忘れて次の恋を探す方法は?

忘れたいのに忘れられない元カノ。そんな元カノのことをなんとか忘れて、新しい恋にチャレンジする気持ちはとても大切です。

そんな次の恋に向かうには何が必要でしょうか。

心の準備から告白までを5つのステップに分けてみました。心躍る軽やかなステップで覗いてみましょう。


1. 自分の好きな女性像を紙に書き出してどんな人か明確化する

新しい恋に向かうには、自分の好きな女性像が必要です。なぜなら今までの好きな女性像は元カノだったので、思い描くと元カノがすぐに浮かびあがります。

次はどんな人と付き合いたいのか、紙に書き出して、元カノとは全く違う新たな今カノ像を描いてみましょう。

恋の理想像があなたを新しい恋に導いてくれます


2. 合コンなど、出会いの場に足を運んでみる

普段の生活を送っていては出会いはかなり限られています。同じ職場、同じ学校では出会う世界は狭すぎます。

そんな中で出会いを待っていては、いつになったら次の恋に出会えるのかわかったものじゃありません。

ですから、まずは積極的に出会いの場を設け、合コンなどに足を運ぶことで、新しい恋を始めるきっかけを作りましょう。恋を始めるには、まずは出会いからです。


3. いいと思う女性がいればアプローチして信頼を構築する

出会っただけでは恋に発展することはありません。次の恋に進むには、出会いから繋がる入り口となる、あなたの恋のアプローチが必要になります。

そしてお互いを知り、少しずつ信頼関係を築いていくことが恋の種への水やり作業

しっかりと信頼関係を築いていくことこそが、次の恋を育てるための準備となるのです。


4. 相手からの脈ありサインが見受けられたら告白しよう!

相手から脈ありサインが見受けられたら、それはお互いの信頼関係がしっかりと築けた証拠。告白すると、きっと良い返事がもらえます。なぜなら、深い信頼関係が恋愛には必須だからです。

恋は2人で始めるものなので、きちんと相手からの信頼関係が築けているサイン、脈ありサインがあって、初めて2人で恋が始まります

逆に信頼関係のないまま暴走して自分のペースだけで告白したなら、悪い結果は目に見えています。

【参考記事】はこちら▽


彼女を忘れたくても忘れられない時は、自分の気持ちに素直になってみましょう。

忘れたくても忘れられない恋にはたくさんの理由と原因があり、忘れたいと一言でいってもなかなか一筋縄ではいかないものです。

本人の心理も複雑だし、忘れられない元カノも様々。なかなか次の恋に足が向かないのも当然といえます。

それでも、やがては次の出会いがあり、時には終わった恋をやり直し、新たな恋の道は必ず見つかります

自分に合った対処法を試して、一歩踏み出してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事